桑田真澄の名言

桑田真澄のプロフィール

桑田真澄、くわた・ますみ。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。PL高校野球部で清原和博とともにKKコンビと呼ばれ、1年生で甲子園にエースとして登板した。その後、巨人にドラフト1位指名を受け入団。沢村賞1回、最優秀選手賞1回、最優秀投手賞1回、最優秀防御率2回、ゴールデングラブ賞8回、オールスターゲーム出場8回、通算173勝・三振1980という記録を残した。

桑田真澄の名言 一覧

目標を達成できたから偉いわけでもなく、達成できなかったからダメでもない。目標を立ててそこへ向かっていくというのは人生の喜び。


時間は誰にでも平等に同じリズムで刻まれている。秒針がひとつ進む瞬間に対してベストを尽くす。それが何よりも大事なこと。


プラスの中にはマイナスがあるし、マイナスの中にはプラスがある。


人はいろんなことを言うかもしれないけど、僕の人生なんだからカッコ悪くてもいい。僕は野球しかできないし、とにかく野球が好きなんで、最後まで追い続けて、燃え尽きたらボールをそっと置きたいんだ。それを人にカッコ悪いと言われても、自分の人生、自分が納得できればそれでいい。


野球をやっていれば、スーパースターになりたいって気持ちになってしまうことってあると思う。でも、僕は巨人の二軍で練習していたときも、パイレーツでリハビリしていたときも、エースじゃなきゃやってられないっていうんじゃなくて、野球をやりたいと思っていたから、我慢できたんだ。


複雑な気持ちなんて全然ないよ。だって人間、いずれはそうなるわけじゃない。みんな同じだよ、時代は流れる。それは自然なことだからね。
【覚書き|松坂選手は若くしてメジャーデビューして大きな結果を残していた。一方桑田選手は39歳現役最後のチャレンジとして米国に渡りマイナーリーグでプレーしていた。そんな状況で松坂大輔選手と食事をしていたとき、松坂選手だけがサインを求められた。そのとき複雑な心境にならなかったかと尋ねられての発言】


プロだけではなく少年野球などを含めた球界全体をさらに発展させたい。それが最大かつ最後の目標。のために引退後は10年かけて勉強しようと決めていたんです。
【覚え書き|引退後、大学院に入学したことについて】


毎日朝練があり、学校があり、放課後練習を終えて帰ると9時。最後に1時間ほど勉強して寝る。本当に毎日クタクタだったから、どうすれば無駄な時間がなくなるか常に考えることが習慣化されました。
【覚え書き|学生時代を振り返って】


桑田真澄の経歴・略歴

桑田真澄、くわた・ますみ。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。PL高校野球部で清原和博とともにKKコンビと呼ばれ、1年生で甲子園にエースとして登板した。その後、巨人にドラフト1位指名を受け入団。沢村賞1回、最優秀選手賞1回、最優秀投手賞1回、最優秀防御率2回、ゴールデングラブ賞8回、オールスターゲーム出場8回、通算173勝・三振1980という記録を残した。

他の記事も読んでみる

江口克彦

「運がいい」ということと「運が強い」ということは違う。「運がいい」というのは、たまたま「幸運」に恵まれること。例えば、宝くじに当たったとか、お店に行ったら思いがけず3割引の日だったり。まあ、偶然に左右されるもの、一時的なものということである。しかし、「運が強い」「強運」というのは、いい運が継続されるということだと思う。では、「運を強くする」には、どうしたらいいのか。人生には、いいこともあれば、悪いこともある。それを、すべてひっくるめて運が強い、あるいは運がいいと受け止めること。言い換えれば、いいことも悪いことも、「大肯定すること」によって、運を強くすることができるということである。


岩田弘三

私は独立してはじめて欧州料理店を開いたとき、あるホテルから「この人しかいない」と見込んだシェフを招きました。彼の働いているホテルに毎日通って「私にはあなたが必要です」と訴え、「私を大きく上回る給料を払いますから」とお願いして、ついに来てもらうことに成功したのです。彼のおかげで店は行列ができるほどの人気店となり、いくつも支店を出すことができましたし、彼から多くのことを学びました。そのことが今日の発展の礎となっていると思います。


寺尾玄

当社の目標は「クリエイティブで夢見た未来を、テクノロジーの力で実現して、世界の役に立つ」こと。これからも、家電に限らず、様々な素晴らしい体験につながる商品を開発していきたい。


作山若子

有機栽培、そしてフェアトレードで世界中の美味しくて安全なお茶を提供していきたい。


荒井邦彦

初めてのオフィスはマンションの一室。当時は経済的に厳しかったので、家賃をシェアするため、同じく独立して別の仕事をしていた先輩の人と共同でこの一室を間借りしていました。しかし入居して驚いたのは、このマンションは当時でも築約30年という古い建物だったこともあって、床に穴が空いているところがあったり、冬場にゴキブリの死骸が転がっていたり、という酷いところだったのです。「これは大変なところに来てしまった」、というのが正直な気持ちでした。何とか早くここから抜け出さなくてはいけない、という思いで仕事をしていました。しかしそれが却って、頑張りの原動力になったのだと思います。


金川千尋

リスクには「踏んではいけないリスク」と「踏まざるを得ないリスク」の二つがある。カントリーリスクやPL(製造物責任)リスクを侵したら企業にとって致命的になります。しかし、リスクを恐れてタイミングを逸しては、勝てないビジネスがある。投資が大きいビジネスは、早く立ち上げたものだけが勝者になれる。


近藤宣之

社員の教育にはお金がかかるものもありますが、将来の社長や役員、マネジャーに育てようと思うなら必要な投資。


入山章栄

ツイッターでは相互認証が必要なく、誰とでも(一方通行ですが)つながることができるため、ミクシィやフェイスブックよりもさらに「弱い結びつき」のSNSであるといえます。業界の深い情報は手に入らないかもしれませんが、多様な情報を効率的に得るには、最も向いたメディアといえます。


野本弘文

強い企業集団となるために何をすべきか。イメージしやすい言葉として2012年に発表した現在進めている中期経営計画で、私は「3つの日本一」「ひとつの東急」を掲げました。


西任暁子(西任白鵠)

上手に話すための一番のカギは「自信」です。自信とは自分の中にブラインドスポットがないことだと私は思っています。何が出来て何が出来ないかをわかっていれば、自信を持って話すことが出来るのです。


塙昭彦

「おいしかったね。楽しかったね。また来ようね」。三つの「ね」はまさに商売の真髄。


澤上篤人

我々長期投資家からすれば相場の需給など、まるで関心がない。何しろ、相場が大きく崩れたら買えばいいし、噴き上げたら薄く薄く売り上がっていくだけのことなんだから。相場の需給などに神経を尖らせる必要はかけらもない。実は、ここからが大事なところである。短期投資家はじめ市場関係者は市場の需給をやたら気にするが、そのほとんどが目先の需給動向についてである。長くても、せいぜい数か月から半年先を読むぐらいだろう。半面、10年ぐらいの時間軸で市場の需給を読むといったことは、誰もやらない。面白いことに、我々長期投資家はそういった構造的な需給変化に関する読みは、すごく大事にする。


弘兼憲史

いまはむしろ前例がないからやってみる時代だ。激しい変化は前例踏襲では乗り切れない。いままでの上司のやり方は手本にならないということになる。何を受け継いで、どこを変えるのか。取捨選択する能力が問われるのではないだろうか。思い切って変えていかなくてはならないものとは何か。それは前例踏襲主義だ


長岐隆弘

日本人は資本集約型のビジネスを「不労所得」などと呼び、間違ったことだと考えがちです。ただ、額に汗して稼ぐことは尊いことですが、人の時間には限りがあります。欧米の人たちが当たり前のように身につけているこうしたマネーリテラシーを、ぜひ身につけていただきたいと思います。


有本均

我々は現場を知っている人間が教えています。例えば、評価制度を作る会社はたくさんありますが、「店長は何を評価されると嬉しいか」「どんな報酬と評価があればモチベーションが上がるのか」、こういうことを感覚としてわかっている。この違いは、実はとても大きい。


ページの先頭へ