名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

桃山透の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桃山透のプロフィール

桃山透、ももやま・とおる。日本のフリーライター、整理・ファイリング術の専門家。大阪出身。流通科学大学商学部卒業後、金融系会社の営業、コピーライター、出版社の企画・編集、業界誌編集長などを経て、フリーライターとして独立。T&Eネットワークを主宰。著書に『残業がイヤなら朝ひと駅歩きなさい! 出勤前15分の習慣で効率アップ』『頭のいい人がしている整理・ファイリング術』『頭のいい人がしている1日1分のビジネス手帳術 1分の手帳付けで1日・1週間の仕事が平和に片づいていく』ほか多数。

桃山透の名言 一覧

整理が苦手な人は、自分に合ったツールを使っていないのかもしれません。こまめに文房具店に足を運ぶのもお勧めです。


仕事のスピードは、必要なものがすぐに出せるか否かによって、大きく変わります。


書類を捨てる3つのルール。

  1. 【データ化されているものは捨てる】必要になった場合も、プリントアウトすればOK。
  2. 【一年以上使っていないものは捨てる】期間は仕事内容によって変更しても構いません。
  3. 【上司や先輩に尋ねる】自分だけの判断で迷う場合でも、適切な判断ができます。また、上の人の了解をとっておけば、あとで「なぜ捨てたのか」と言われることもありません。

書類のファイリングが下手な人によくあるのが、手元にある書類が多すぎるケースです。8~9割が、実は、紙で持っておく必要がない書類だということさえあります。今は誰もがパソコンを使う時代。わざわざプリントアウトして紙で持つ必要がある書類が、どれほどあるでしょうか? まずは、不要な書類の処分をするべきです。


仕事の区切りがつくたびに、デスクの上の書類を片づけるようにしましょう。忙しいと、少しの整理でも煩わしいかもしれません。けれども、そのときに使っていた書類を元の場所に戻すことは、数秒もあればできます。その数秒で、仕事の効率が格段に上がるのです。


私も、かつては勤めていた職場で一番、整理が下手でした。けれども、整理を心がけるようにしてから、仕事の効率が格段に上がりました。習慣化されていないと、整理は面倒に感じますが、習慣をつければ手間ではありません。


紙で持つ必要がある書類は、次の2種類しかないはず。ひとつは、紙のほうが使いやすい書類。もうひとつは、紙でしか存在しない書類です。ただし、紙でしか存在しない書類も、スキャンすれば、パソコンの中にデータとして保存できます。


桃山透の経歴・略歴

桃山透、ももやま・とおる。日本のフリーライター、整理・ファイリング術の専門家。大阪出身。流通科学大学商学部卒業後、金融系会社の営業、コピーライター、出版社の企画・編集、業界誌編集長などを経て、フリーライターとして独立。T&Eネットワークを主宰。著書に『残業がイヤなら朝ひと駅歩きなさい! 出勤前15分の習慣で効率アップ』『頭のいい人がしている整理・ファイリング術』『頭のいい人がしている1日1分のビジネス手帳術 1分の手帳付けで1日・1週間の仕事が平和に片づいていく』ほか多数。

他の記事も読んでみる

斉藤惇

ドン・キホーテのように非現実的な夢を一足飛びに実現させようとするのではなく、徐々に足場を固めていきたい。


笹野和泉

本当に肯定して大丈夫なのか、信じられる相手なのか、緻密に検討することも必要ですが、それは信頼を基盤としたうえで、その信頼度を高めていくためにやるべき作業なのです。


並木裕太

僕は影響を受けやすいので、新聞や本を読むと、人の意見を自分の意見のように勘違いしてオリジナルの発想ができなくなる。みんなが思いつくことを自分が思いついて新しい発明をしたような気になることはしたくないんです。知っている情報を増やしていろいろなことに詳しくなる「情報屋」になることと、オリジナルのアイデアを生むことは僕の中ではトレードオフになると思っています。


コシノジュンコ

長きにわたってファッションの最前線で活躍できたのは、今日という日を、毎日毎日大切にしてきたから。


鈴木茂晴

人件費はコストではなく、投資である。今まで働き方改革などを通じて生産性を上げることに注力してきた企業ならば、ある程度の賃上げは必ずできるはずだ。賃上げで従業員が安心して働く環境を整備し、やる気を出してもらう。結局はそれが、自社の経営方針や哲学を貫くことにもつながる。


ジェイ・エイブラハム

いまあなたは明日のことや、昨日のことを考えすぎている。明日ではなく、昨日でもなく、いまを考えて欲しい。いまという現在に生き、この瞬間に力を注いでください。


高橋宣行

「○○キャンペーンのための企画アイデアについて」「○○イベントでの販促企画のご提案」といった見出しをつける人は多いと思います。しかし、こうした見出しは、単にテーマを説明しているだけ。これでは相手の興味を引くことはできません。見出しの役割は、企画の狙いを伝え、相手に期待感を持たせることだからです。


ロバート・ルービン

意思決定においては、小手先の細工を用いてはならない。真剣な分析と配慮にまさるものはない。


鈴木俊宏

中小企業のオヤジ(父・鈴木修)に依存した体質の脱却は一人では難しい。これからは社員全員が自主的に行動する「チームスズキ」となって進めたい。


岡崎嘉平太

私の郷里の先輩に畠山蔵六さんという方がいます。若いころに聞いていまでも覚えていることのひとつは「人から手紙なり葉書なりを受け取ったら、必ず返事を書け」という教えです。向こうの人はこちらから何か言ってくるのを待っている。待たせるというのは相手に対し失礼だし、うっかりしてこちらが忘れてしまうと、相手の人は感じを悪くしてこちらを信用しなくなる。立派に書こうとか、丁寧に書こうとか思って長く置くと、つい忘れてしまう。だから葉書でもいいからあまり時間をおかないで返事を出しなさいと言われました。今日でも私は実行しております。


寺尾恵介

業者の言うことを鵜呑みにするのもNGです。たとえば、家賃保証を謳う管理会社は多くありますが、その原資はなんなのかを考えてみるべきでしょう。その会社が管理している物件がほぼ満室なのであれば問題ないでしょうが、空室が多ければ、ビジネスモデルとして破綻する可能性が高いはずです。


野口孝広

住宅にたとえれば、仕事やお客様に向き合う姿勢・スタンスが「基礎や土台」で、その上に立つ「上物」がスキルなのです。