名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

根津嘉一郎(2代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

根津嘉一郎(2代目)のプロフィール

根津嘉一郎(2代目)、ねづ・かいちろう。東武鉄道社長・会長。根津財閥第二代総帥。東京帝国大学経済学部卒業後、東武鉄道に入社。取締役を経て社長、会長を務めた経営者。53年にわたり社長を務めた。父は根津財閥創業者の初代根津嘉一郎。

根津嘉一郎(2代目)の名言 一覧

世の中の変化に応ずることも大切だが、変化の中で不変のものもあるということだ。
【覚書き:長年の経営者経験から堅実さがいかに大切か語った言葉】


根津嘉一郎(2代目)の経歴・略歴

根津嘉一郎(2代目)、ねづ・かいちろう。東武鉄道社長・会長。根津財閥第二代総帥。東京帝国大学経済学部卒業後、東武鉄道に入社。取締役を経て社長、会長を務めた経営者。53年にわたり社長を務めた。父は根津財閥創業者の初代根津嘉一郎。

他の記事も読んでみる

須原清貴

2年で赤字から黒字に転換できた理由は、「お客様の立場に立ってサービスする」など、私たちがすべきことを社員の間で確認し、毎日ひたすら、その基本を徹底したことにあります。


茂木健一郎

脳の強化学習を支えるドーパミンという物質は、「100%できる」という状態よりも「できるかできないかの不確実」な状況の方がより分泌される傾向にあります。向き合う学習問題が簡単でも難しくてもダメ、ちょうどその中間あたりの学習をすることで脳が活性化されるのです。つまりドーパミンが分泌されるような学習法がベスト。


松本晃(経営者)

私にとっての経営の軸は何かと考えると、ビジョン、プラン、リーダーシップの3つで、これらが会社経営で最も大事なものだと思います。


斎藤広達

あえてネガティブな未来を考え抜くことは、たしかにしんどいですよ。でも、昨日と同じ今日、今日と同じ明日はこない時代ですから、それは仕方がない。昔は近くに座っている上司をみれば未来の自分を想像する手がかりになりましたが、いまは1か月後には世の中の仕組みが変わっている可能性だってある。そんな変化の激しいなかで先延ばしをせず、コミットをしていかなくてはならないのですから、気持ちが沈みがちになるのも道理でしょう。しかし、こんな時代だからこそ、無理に前向きにならず、そうしたネガティブの力を活かすべきです。過去には明治時代もそういう時代でした。福沢諭吉だって「このままでは日本は欧米列強に蹂躙される」とネガティブなことをいつも考えていた。だからこそ、先人たちは先延ばしなどとは無縁に、国難に立ち向かうことができたのです。いまこそネガティブな気持ちと真摯に向き合って、日本人の潜在能力を引き出すときだと思います。


廣瀬光雄

私が若い人たちに訴えたいことがあります。それは「とにかく海外に出てみましょう」ということです。日本では起業の必要性などが指摘されていますが、私が自分の人生を通じて感じるのは、事業の機会で言えば、世界に出た方がたくさんあるということです。


斉藤惇

自律(立)が基本。ルール化しないとできないというのは、いささか情けないといえば情けない。


藤井隆太

ものが売れなくなると、たいていは「なぜ売れないのか」を考えます。でもそれだと「悪いところを直そう」という流れになります。逆に私は、「なぜ売れているのか」に目を向けました。売上げが下がっているとはいえ、愛用してくれている人も確実にいるわけです。そこで私は龍角散の愛用者たちを集めたグループインタビューを行いました。それも何十回にもわたって何度も。するとどうでしょう。龍角散の存在意義がはっきり浮かび上がってきました。


ビル・エモット

既存の産業や企業がパワーを維持した状態では、創造的破壊が起きにくい。立場や世代を超えた「平等」を実現して、開放性を高めなければ、若い人たちのエネルギーは解き放たれない。


安宅和人

数ある問題の中から、今、答えを出す必要性が高い問題を選び出す。その選択が適切だったかどうかで、得られる結果は大きく変わる。


川鍋一朗

現場に行けば、ネタは転がっている。ニーズがあれば、事業がうまくいく可能性はある。


村井知光

フリーランスエンジニアの場合、圧倒的に多い問題は「案件が続かない」こと。3か月ほどで開発案件が終了後、次の案件がすぐに見つからないという問題です。特に、高度な専門性を有し、月に80万円ほど稼ぐような人材に多いです。専門性が高いがゆえに、マッチする案件が見つかりにくいからです。ですから、独立する前に何でも手がける少人数のシステム会社を経験し、言語など技術の幅を広げておくといいでしょう。


坂根正弘

東京から地方にいろいろな機能をシフトしなければなりません。東京が廃れることと、地方が活性化することの双方の影響を勘案すると、圧倒的にプラス面が大きくなります。一般企業も工場だけではなく、本社機能の一部を移すのです。そうした動きが起きたときに初めて、この国は変わっていくのだと思います。