根津嘉一郎(2代目)の名言

根津嘉一郎(2代目)のプロフィール

根津嘉一郎(2代目)、ねづ・かいちろう。東武鉄道社長・会長。根津財閥第二代総帥。東京帝国大学経済学部卒業後、東武鉄道に入社。取締役を経て社長、会長を務めた経営者。53年にわたり社長を務めた。父は根津財閥創業者の初代根津嘉一郎。

根津嘉一郎(2代目)の名言 一覧

世の中の変化に応ずることも大切だが、変化の中で不変のものもあるということだ。
【覚書き:長年の経営者経験から堅実さがいかに大切か語った言葉】


根津嘉一郎(2代目)の経歴・略歴

根津嘉一郎(2代目)、ねづ・かいちろう。東武鉄道社長・会長。根津財閥第二代総帥。東京帝国大学経済学部卒業後、東武鉄道に入社。取締役を経て社長、会長を務めた経営者。53年にわたり社長を務めた。父は根津財閥創業者の初代根津嘉一郎。

他の記事も読んでみる

松沢卓二

経営者は自らがトップの座にすわったとき、得手不得手を離れて、いかに会社の状況を客観的に把握できるかだ。
【覚書き:富士銀行頭取時代の発言。経営トップは自分の専門分野・得意分野から離れて会社全体の状況をしっかりと見極めろという趣旨の発言】


福原義春

会社なのだから、利益を上げることが第一の価値だとおっしゃる方もおられるかもしれません。しかしながら、昨今の様々な企業の不祥事を見るにつけ、単純な利益第一主義では、会社を存続させ発展させることはできないという思いは強まるばかりです。


佐藤昌弘(コンサルタント)

お客様が興味を持ってくれたとしても、いきなり商品やサービスを提案してはいけません。なぜならこの時点ではお客様の本当の欲求を聞き出せていないからです。「○○が欲しい」とハッキリ言われたとしても、鵜呑みにしてはいけません。


長島徹

集中と選択でどんどんやってきた中身を見てみると、時代が移り変わる中で将来性のあるものとそうでないものが混在していました。そこで社長就任から3年間、選択選択、見直し見直しでいきました。たとえ前任の安居社長の時代に始めた事業であっても、やめます、撤退します、撤収しますと。


友野典男

人の経済行動は感情や本能を抜きには語れない。その考えは経済学における原点回帰でもあります。アダム・スミスやケインズなどの古典にも、行動経済学的な分析が見出せる。経済学は数式モデルを偏重した結果、現実離れしたものになってしまいました。くわえて、想定された「合理的経済人」のモデルにおいては、人の幸せも軽んじられ、金銭至上主義が支配的になった。しかし、経済学はそもそもの出発点が、どのような経済状態が幸福に結びつくかの考察だったはずです。


澤田秀雄

海外事業はあまり急速に発展させると、サービスの質が落ちてしまいますから、人の養成が一番の課題です。


茂木信幸

営業員が一方的に情報を提供するのに対し、顧客は「はぁそうですか」といった反応しかせず、だんだんいらだちを覚えるようになる。こういうとき営業員はじっくりと論理的タイプの顧客に合わせるように演技したい。たとえば、商品やサービスの利点を、理由を添えて具体的に強調していくことが有効だろう。


川島正次郎

脇役としての生き方がある。主役は息が短いが、脇役は息が長いものだ。


出原洋三

ビジョンがハッキリしていないと、「そう長くトップを続けるわけではない。在任期間を無難に過ごそう。いつ辞めるかわからないのだから」と尻込みしてしまうからです。


松村厚久

社員には本気で遊んでほしい。遊びの中に仕事があるし、仕事の中に遊びがあるんです。


菊原智明

数字で説得力を高めるには、数字のあとに相手がイメージできる具体例を補足するのがコツです。「冷暖房効率が25%アップする」という説明であれば、そのあとに「一般的な家庭なら約2500円、ちょうど外食1回分に相当します」と補足します。そうすれば「25%」→「2500円」→「外食1回分」とイメージできるので、お客様がすんなりと理解できる説明になります。


アルバート・アインシュタイン

教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。


松下幸之助

感謝の心が高まれば高まるほど、それに比例して幸福感が高まっていく。


清水亮

プログラマーが得意なのは「最速化」ではありません。「最適化」です。「最適」は、1つの対象にフォーカスして、ベストな状態にフィットさせること。最適化はすべての仕事で求められる能力。


糸井重里

面白そうと思った周囲の人は、そのアイデアに乗っかりたがる。つまり、楽しいところを攻めれば、実現するスピードも速まる。


ページの先頭へ