根本裕幸の名言

根本裕幸のプロフィール

根本裕幸、ねもと・ひろゆき。日本の心理カウンセラー。静岡県出身。
著書に『つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法』『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』『心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ』。

根本裕幸の名言 一覧

受け止め方によっても、ストレスの大きさは変わる。ストレスと上手に向かい合うテクニックを身につけることは、自分を守ることにつながる。


根本裕幸の経歴・略歴

根本裕幸、ねもと・ひろゆき。日本の心理カウンセラー。静岡県出身。
著書に『つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法』『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』『心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ』。

他の記事も読んでみる

BNF(ジェイコム男)

今回の儲けはそれほどでもないですよ。単一銘柄での儲けとしては確かに大きいですが、20億なんて、今年1年の利益からすれば3分の1とかそんな程度ですよ。だって60億くらい儲かってましたから。ジェイコム株は安かったから買っただけです。これまでにも1日で2億5千万円もうけたこともあったし、逆に1億6千万円損した日もあった。


星野佳路

私は教科書になる本を探して、理解できるまで何度も読んで理論をそのまま実践しました。


豊田章男(モリゾウ)

リコール問題が起きたときに、「なぜこんなことが起きたのか」という質問を多くの方から受けました。そのときの私の答えの一つは、「会社の成長のスピードが人材育成のスピードを上回ってしまった」というものでした。市場が大きく伸びたとき、企業としてシェアを維持しないと、「トヨタは成長が止まったのではないか」と言われてしまう。その恐れから、人材の成長を上回る計画を立ててしまったと思っています。


松田雅也

鮮魚流通という歴史のある業界に新規参入した我々が急成長できたのは、それだけこの業界に問題が多かったからでもあります。


松本洋(コンサルタント)

組織力と業績を上げ、個人の仕事の質を高めるには、自責の思考が必要です。この場合の自責とは、自分を責めて悲しい気持ちになることではなく、問題を解決し、発生を未然に防ぐ責任は自分にあるのだと考えて行動する態度です。


垣内威彦

状況が悪いのに竹やりで突いてでも滅びるまでやりたいという人が、社内には結構いるんですよ。担当事業に入れ込む精神と情熱は評価しますし、忠誠心とかフォー・ザ・チームとか、会社のDNAとしては素晴らしい。しかし、事業や商品の寿命が近づき、市場から駆逐されようとしているのに、そこで頑張り続けていても夢はない。


福川伸次

日本は明治時代、イノベーションを「技術革新」と解釈したので、技術開発に焦点が当たっていますが、シュンペーターのいう「創造的破壊」、イノベーションは、もっと広範囲な意味を持っています。今は、シュンペーターのいう創造的破壊、イノベーションを加速しなければいけない時期です。


茂木健一郎

いま日本では「裕福な親の子供しか、いい教育を受けられない」という教育格差が話題になっている。しかしインターネットは万人が平等にアクセスできるものだ。ということは、勉強するかどうかは本人のやる気次第。勉強しようという「志」があるかどうかである。


河野貴輝

これまで様々なピンチがありましたが、逆にチャンスに変えていくという発想でやってきた。


森永卓郎

いままで、多くの仕事をしていますが、若いころ必死に取り組んだ経済関係の仕事がベースにあったから派生していけた。これがなかったら私、ただの変態おやじですよ(笑)。


黒川博昭

実際に付加価値が生まれるのは、設計・開発のところが一番大きいのです。そこに人の知恵を活かすという工夫を持ち込む必要があります。


赤羽雄二

会議を有意義なものにするためには、発言しやすい雰囲気を作ることも重要です。意識して若手の発言を促します。仮にテーマから少し外れた発言があっても、否定はせず、「後で検討しましょう」などと伝えて、ホワイトボードの隅に書き留めます。こうすることで、議論の流れが寸断されず、建設的な雰囲気で議論ができます。


南部靖之

日本企業は海外とも戦いをしていますが、勝つためにはアントレプレナーシップ(企業家精神)が必要です。ですから私は、自分の子どもに対しても学費を出さず、「自分の力で大学に行け」と言いました。でも父親が金持ちだと、日本では奨学金をもらえないのだそうです。そこで娘はファミリーレストランでアルバイトをし、結局、奨学金制度が整っているアメリカの大学に進学しました。アメリカではロックフェラーのような大富豪でも子どもの入学金など出しません。


藤沢武夫

株にだって手を出せないわけではないんですが、私はやりません。自分の身の回りはいつもきれいにしている。だから、みんながついてきてくれる。つまり、私が何を言っても安心していられるのは、私の身のきれいさ――それは金の問題に関してですが――それが重要なポイントです。そうすれば、私が苦しむときに、みんなも苦しんでくれるといえます。


鈴木幸一(経営者)

昔から断るのが下手でした。相手を一生懸命手助けした結果、無理がたたって災いと化すことが少なくありませんでした。東京・上野で毎年開かれる音楽祭の実行委員長を務めていますが、ここへの個人出資を断っていれば、今頃は豪邸に住んでいたはずです。いまは歳を重ね、断るのも少しは上手くなりました。


ページの先頭へ