名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

根本次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

根本次郎のプロフィール

根本次郎、ねもと・じろう。日本郵船社長

根本次郎の名言 一覧

経済的、社会的問題と並んで、これからはコインの裏側に潜む問題、つまり心の問題が重要になってくるでしょう。一つは人間性の尊重、すなわち人道主義です。もうひとつは、長期的な視野に立った経営です。実際、日本の経営はこの二つの哲学があったからこそ成功してきたと言っても過言ではありません。この経営哲学は普遍的なものであって、簡単に変えてはならない。


欧米企業は業績が悪化すればドラスチックに従業員のレイオフ(一時解雇)を行いますが、日本企業はこれまでそのようなことをしてきませんでした。それは従業員がいちばん大事だからです。その意味で、終身雇用は人道主義的な立場に立った素晴らしい制度であり、日本が世界に誇れる経営システムだと断言できます。


終身雇用や年功序列賃金体系は、人道主義的な立場に立った経営を行う中から生まれてきたものだといえます。その意味でいえば、経営環境や産業構造が変わったと言って、これらのシステムをすべて捨て去っていいのかと言えば、答えはノーです。考えてみてください。企業が労使協調路線を維持できたのは、経営が終身雇用を保障してきたからではありませんか。


日本型経営と言った場合、戦後の高度成長の中で生まれた制度であるかのように思いがちですが、その萌芽は戦前、戦中の国家総動員体制の中にすでにみられました。戦後、経済復興を目指した傾斜生産方式がとられる中で、これを支えるシステムとして終身雇用、年功序列、労使協調などの日本型経営システムが浸透していったわけです。一口に日本型経営の見直しと言っても、このように今日の繁栄が先達の血のにじむような努力によって築かれたものであることをよく認識したうえで、新しい方向を探ることが必要でしょう。


確かに欧米人から見れば終身雇用という日本的な制度はエキセントリックに映るかもしれませんが、それは短期雇用であるのか、中期雇用であるのか、長期雇用であるのかという違いにすぎません。終身雇用は長期雇用のたくさんある中の一つなんです。


根本次郎の経歴・略歴

根本次郎、ねもと・じろう。日本郵船社長

他の記事も読んでみる

松下幸之助

元気な人間は陣頭に立って突っ走るものだが、振り返ると誰もついてきていないことが多い。陣頭に立って、自分についてこいと、独裁になる者が多い。自分は半病人的経営だから、社員たちの後ろからついていく。


宇野郁夫

若い人には人間のさまざまな価値観、生き方を深く教えてくれる伝記や小説を幅広く読むことをお勧めしたい。それが自分の人間の奥行き、深さを与えてくれるのです。


青木高夫

欧米企業は、商品開発と同時にルールづくりに着手する。ドイツはEV用リチウム電池を完全に製品化する途上で、先行して国際規格案を提出したように思う。製品化してから規格提案をする日本とは発想が違う。日本企業もそれくらいのスピード感を持たないと、勝てない。


大田友昭

人生は100メートル走ではなくマラソン。私は、五里霧中で頑張ってきた中で自分のペースを見つけることができた。


おちまさと

テクニック的なものは、あくまでプラスアルファです。いくら企画書が立派でも、中身がつまらなければ絶対に通らないということは覚えておいてください。


フローレンス・スコーヴェル・シン

人に善意を贈るあなたのために、地上に平和がある。


亀井民治

合同研修では各社持ち回りで会場になります。すると、会場になった会社は、外からお客様を迎えることになります。この「外から見られる」ということが、大きなポイントです。一般家庭でも、同じではないですか。普段は散らかっていても、誰かが家に来るとなれば、途端に部屋を片づけたり玄関を掃除したりします。外から人が来ると、人は言われなくてもきれいにするものです。


大内厚

マナー教本の付け焼き刃のマナーではなく、もっと深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる。


鈴木貴博(コンサルタント)

現代の仕事の現場では、(新しい)事業や業務の勝ちパターンを設計し、それを横展開できるようにすることが正社員の仕事だ。そしてこのようなことを行なう業務こそが事業開発である。この事業開発の仕事を「人工知能を武器にして遂行する」ことができる人材は、まだ世の中には圧倒的に不足している。これが文系のビジネスパーソンが目指すべき、これからの十年間で一番成功できるビジネス領域なのである。


中原淳

部下に声を掛ける際、避けたほうがよいのは「大丈夫?」と尋ねることです。なぜなら、部下は「大丈夫です」としか答えようがないから。相手が自由に返答できるオープンクエスチョンを心掛けてください。


岡崎嘉平太

現在でも中国に対して、共産主義だから嫌だ、見るのも聞くのも嫌だという人がいますが、私はその考え方、行き方に同意できない。共産主義の国が悪いと思うならば、それだけにかえってますます研究して相手の状況を十分に知ることが大切だと思うのです。お互いに両立できるところを探し出して両立するように、両立できないところはお互いが適当に避けるように工夫していくべきでしょう。嫌がってばかりいたのでは仕方がない。


大坪智子

あちこちに散らばっていると結局、探す時間がかかってしまう。無駄な労力を使うので、企画関連の書類はラック、スケジュールと取材メモは手帳にそれぞれまとめています。