根本次郎の名言

根本次郎のプロフィール

根本次郎、ねもと・じろう。日本郵船社長

根本次郎の名言 一覧

経済的、社会的問題と並んで、これからはコインの裏側に潜む問題、つまり心の問題が重要になってくるでしょう。一つは人間性の尊重、すなわち人道主義です。もうひとつは、長期的な視野に立った経営です。実際、日本の経営はこの二つの哲学があったからこそ成功してきたと言っても過言ではありません。この経営哲学は普遍的なものであって、簡単に変えてはならない。


欧米企業は業績が悪化すればドラスチックに従業員のレイオフ(一時解雇)を行いますが、日本企業はこれまでそのようなことをしてきませんでした。それは従業員がいちばん大事だからです。その意味で、終身雇用は人道主義的な立場に立った素晴らしい制度であり、日本が世界に誇れる経営システムだと断言できます。


終身雇用や年功序列賃金体系は、人道主義的な立場に立った経営を行う中から生まれてきたものだといえます。その意味でいえば、経営環境や産業構造が変わったと言って、これらのシステムをすべて捨て去っていいのかと言えば、答えはノーです。考えてみてください。企業が労使協調路線を維持できたのは、経営が終身雇用を保障してきたからではありませんか。


日本型経営と言った場合、戦後の高度成長の中で生まれた制度であるかのように思いがちですが、その萌芽は戦前、戦中の国家総動員体制の中にすでにみられました。戦後、経済復興を目指した傾斜生産方式がとられる中で、これを支えるシステムとして終身雇用、年功序列、労使協調などの日本型経営システムが浸透していったわけです。一口に日本型経営の見直しと言っても、このように今日の繁栄が先達の血のにじむような努力によって築かれたものであることをよく認識したうえで、新しい方向を探ることが必要でしょう。


確かに欧米人から見れば終身雇用という日本的な制度はエキセントリックに映るかもしれませんが、それは短期雇用であるのか、中期雇用であるのか、長期雇用であるのかという違いにすぎません。終身雇用は長期雇用のたくさんある中の一つなんです。


根本次郎の経歴・略歴

根本次郎、ねもと・じろう。日本郵船社長

他の記事も読んでみる

河野英太郎

メールには、一斉同報ができること、資料として残せること、時間が拘束されないなどのメリットがあります。しかしこれらの利点を活かす必要がないときは、直接、対面で話すべきです。


小笹芳央

初めてドラッカーの『マネジメント』を読んだのは20代の頃でした。当時の私には何のことやら、さっぱり分かりませんでした。しかし、何年かかけて何度も読み返すうちに分かることが増えてきた。それを記録し、アウトプットしていった結果が、独立・起業につながっていると思っています。


森下一喜

実を言うと、パズドラ(パズル&ドラゴンズ)がここまでヒットするとは思っていませんでした。私自身、気合を入れて開発したので、とても面白いと感じていましたが、社内での反応は決して高くはありませんでした。


川田修(ライフプランナー)

もし今、自分の状況がしんどくて燃えられないのなら、無理に「元気を出そう」と思う必要はありません。気分がふさぎきっているときに、週末に何かエネルギッシュなことをして燃える魂を取り戻すなんて難しいですよ。平日は忙しくしていても、休日だけでもゆったり休むこと。そして今の自分を認めてあげることです。


中原淳

無気力は決して個人の資質の問題ではありません。無気力は学習されて獲得されるものです。


橋下徹

いちいち言われなくてもちゃんとできる人はもちろんいるだろうけど、でもいちいち言わなければできない人もたくさんいる。「自由が大事だ!」と単純に言う人たちは、あらゆる人間が何もしなくてもルールを守り、自らを律する人間であり、そんな人間を信じることが重要だと、きれいごとばかり言う人。こういうきれいごとを言う人たちは、善人ぶっているのか、世間を知らないのか。自由を謳歌できる社会を維持するためには、各人が必死に努力して他人の自由を侵害しないようルールを守る必要がある。自由を享受するためには自らルールを遵守する努力が必要なんだよ。


吉村篤(不動産)

10年以上住んだ入居者には毎月の家賃を1万円下げることをオーナーに推奨しています。それでも高利回りが実現可能で、入居者に住み続けてもらうことで空室リスクを免れることができるのです。入居者に長く住んでもらうことはオーナーにとって、家賃収入が確実に入ってくることと共に、初期投資額の回収時期が見えるという利点もあります。目標の利益金額まで貸し出してから、住み続けたい入居者に安く譲る場合もありますし、新築に建て直して当社が分譲販売することもできます。この出口戦略の練りやすさは、古家投資ならではです。


江上剛

役員一歩手前までは行けたものの、それ以上出世するとなると、異端児のままでは駄目なようです。あるパーティーの時、支店長の分際で、頭取に「ボーナスカットなどするから、各支店が目先の業績に走るんです」と説教したのもよくなかったらしい(笑)。人事には「大人しくしていれば役員になれるのに」とも言われました。でも、私は一切後悔していません。仮に役員になっても、「あいつはうるさい」とすぐクビになったでしょう。それに、支店長の仕事を通じて、多くの素晴らしい取引先と出会えたし、前代未聞の残業禁止を始めたことで、行員には喜ばれた。取引先や支店の仲間とは、退行後10年以上経った今も、親しくつき合っています。また、残業ゼロにして生まれた時間を使い、文章講座に通ったからこそ、作家への道が拓けましたからね。そう考えると、人生、何が幸いするかわかりません。KYになったほうが、案外、道が拓けるかもしれませんよ。


田島貴男

作曲は経験が生きない世界なんです。常に初心者。積み重ねが効かない。今までの経験で作っていると、いわゆる手癖で作ってしまっていて、全然面白い曲ができてこない。


北尾吉孝

はっきりとモノを言うタイプなので、若いころは生意気だとよく言われました。それは会社のためになっているのか。社会正義と照らして正しい選択なのか。きちんと判断したうえで言うべきことを言うのなら、上司との摩擦や軋轢をあまり気にする必要はないと思います。


ビル・ゲイツ

私は模範を示さなければならない。エコノミーを利用すれば旅費は少なくて済む。ファーストクラスでも、飛んでいる時間は変わらない。それに、私はエコノミーの席に収まらないような体型じゃない。ものすごく太っていたり、背が高ければまた考えも変わるかもしれないが。


松井忠三

下指導の目的は、「自分の頭で考えて仕事をしてもらうこと」に尽きる。


佐藤公平

企業が将来ずっと、社会に役立つものとして残っていくためには、個社だけ頑張ってもダメで、業界が変わり、業界のイメージから変わってもらわないといけない。


清野智

レールの敷かれていない未知の世界を開拓する自負をもって、新たな顧客価値を想像していきたい。


後藤清一(三洋電機)

優れた指導者に共通しているのは、姿勢がよいこと、目がイキイキしていること、そして常に好奇心を持っていることです。姿勢が崩れ、仕事にも関心を示さなくなったら、老化は本物です。


ページの先頭へ