名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

栩木敬の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

栩木敬のプロフィール

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

栩木敬の名言 一覧

厚生労働省の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」の結果を見ると、正規・非正規社員の大半が金銭的な報酬以外に「仕事の内容、やりがい」「職場の人間関係、コミュニケーション」を重視していることが分かります。同じ給料なら人間関係が良好な職場でやりがいをもって働きたい。人は賃金のためだけに働いているわけではないのです。


福利厚生とは、経営理念に大きくかかわるものであり、経営者が理想とする事業活動において社員をどう処遇し、生かしていくかという戦略の柱になります。


社員が生き生きと働く明るい職場では、その逆の職場に比べて数倍、生産性が上がるとの調査があります。福利厚生を社員が喜びや誇りを持って働ける職場づくりに有効活用すれば、業績の向上や企業の発展も可能になります。


日本の社員は簡単に休めないのが現状ですから、休暇中のバックアップ体制など、社員がすんなりと休める環境を整えることが先決です。そのうえで永年勤続者には、自分磨きの時間となる長期休暇を用意するのが理想だと思います。旅行や趣味、資格取得の勉強、社会貢献活動など何でも構いません。その機会を会社負担でプレゼントするのがいいでしょう。そういう施策なら、現在のみならず将来の生きがいや自立にも結びつく贈り物として、経営者の温かい「思い」が伝わると思います。


経営者には「社員=パートナー」と考えるタイプと「社員=コスト」と考えるタイプがいて、後者は利益が上がらなくなると人員削減や労働力の非正規化に走り、福利厚生もまた単なるコストとして切り捨てます。しかし、福利厚生はむしろ投資であって、上手に活用すれば会社に多大な恩恵をもたらしてくれるのです。


さまざまな休暇制度も現状では必ずしも歓迎されていません。容易には使えないためでしょう。休暇の権利が発生すればすぐに利用する欧州などと違い、日本の会社は代替要員を確保していません。というより、日本の休暇制度はほとんど使わないことが前提だからこそ、代替要員もいないのかもしれませんね。


栩木敬の経歴・略歴

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

中川政七・13代目(中川淳)

100年続いている自動車産業を伝統とは言わない。それは変わり続けているからだ。工芸も変わらなければ未来はない。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

単純に、単純に、単純に。諸君の問題を百とか千とかではなく、二つか三つにしておきなさい。百万のかわりに半ダースを数え、あなたの親指のつめに勘定書きをつけておきなさい。


見舘好隆

「アルバイトは社員とは別だから、簡単な仕事だけやらせておけばいい」「新人は新人らしくしていろ」と社員や古株のアルバイトから見下されていたら、非正統的周辺に置かれることになって意欲は下がるばかりだ。つまり若手や新人を差別せず、全員が会社という船の重要な乗組員だという意識を持たせることが重要なのだ。


隈研吾

歌舞伎座の改修では、全く新しいデザインの劇場にするというチョイスもあったわけですが、ある意味、昔のイメージを使ったわけですよ。瓦屋根の載った昔の歌舞伎座のスタイルをうまく人々の頭にちらつかせ、過去の記憶と現代をうまく重層させるようなテクニックを用いた。観光客に昔の東京を想起させるように。それは想像以上に効果がありました。銀座では着物姿の人が増えたと言われます。あの劇場だから着物を着ていこう、和食を食べよう、とね。


笠井伸啓

ローデ・シュワルツは未上場のプライベート・カンパニーです。「投資する余裕があるなら配当に回せ」という株主や、短期的な業績だけを見て「リストラせよ」という株主はいません。研究開発を含む投資を長期的に確保し、お客様にとって価値のある製品を継続的に生み出し続けられる会社であるというのは、当社を選んでいただくうえでの大きな理由になると考えています。


岡田民雄

会社の事業が存続・発展していくためには、会社の岩盤をしっかりと固めた上で、「新製品の開発」、「新市場の開拓」、「新事業の構築」を行っていくことが重要。


堀場雅夫

これまでの日本企業の価値観は、幼稚園児100人が大学生一人と綱引きをすれば幼稚園児が必ず勝つ。だから幼稚園児を団結しようというものだった。まさに旧型の発想である。しかし、当社のような開発型・頭脳型企業の場合はまったく違う。幼稚園児100人と、そこそこのレベルの大学生一人に対して簡単な微分方程式を解かせるとしたら、大学生は10分で方程式を解けるが、幼稚園児には絶対にできない。


プラユキ・ナラテボー

欧米では、誰もが瞑想の実践によってクオリティ・オブ・ライフの実現が図れるとの認識が定着している。ブッダの「気づきの瞑想」は「マインドフルネス・トレーニング」と呼ばれ、精神医療の現場では有効なストレス軽減法として、また、グーグルやインテルなど多くの企業では社員のメンタルヘルスと仕事のパフォーマンス向上を目的として、取り入れられてきている。


川村隆

僕の仕事は、前を批判することではありません。この4月以降をどうやってやろうかということです。


いっこく堂

入門書を読んでみると、腹話術とは腹話術師が1体の人形を使い、甲高い声で……という芸の型が書いてありました。だったら、人形を2体にしてみたらどうだろうか。低い声のキャラクターを出したらどうだろうか……。師匠のいない僕は、腹話術の常識から自由でした。


中村獅童(二代目)

世の中どうなっちゃうんだろう? と思うことのひとつに、「今しか考えない人が多い」ことがあります。すぐに結果を求めたがる。でも、長期的な視野で「こうしていきたい」と、思い続けて、諦めないことが大事じゃないかな。


林ハミルトン

以前はグローバルの大企業の中で仕事をしておりましたが、ここまでハードルが高かった挑戦は、私のこれまでのキャリアの中ではありませんでした。ベンチャー的に新しい会社、ブランドをゼロから立ち上げるという、これまでとは全く違う経験をしているという意味で、非常に勉強になっています。