名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

栩木敬の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

栩木敬のプロフィール

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

栩木敬の名言 一覧

厚生労働省の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」の結果を見ると、正規・非正規社員の大半が金銭的な報酬以外に「仕事の内容、やりがい」「職場の人間関係、コミュニケーション」を重視していることが分かります。同じ給料なら人間関係が良好な職場でやりがいをもって働きたい。人は賃金のためだけに働いているわけではないのです。


福利厚生とは、経営理念に大きくかかわるものであり、経営者が理想とする事業活動において社員をどう処遇し、生かしていくかという戦略の柱になります。


社員が生き生きと働く明るい職場では、その逆の職場に比べて数倍、生産性が上がるとの調査があります。福利厚生を社員が喜びや誇りを持って働ける職場づくりに有効活用すれば、業績の向上や企業の発展も可能になります。


日本の社員は簡単に休めないのが現状ですから、休暇中のバックアップ体制など、社員がすんなりと休める環境を整えることが先決です。そのうえで永年勤続者には、自分磨きの時間となる長期休暇を用意するのが理想だと思います。旅行や趣味、資格取得の勉強、社会貢献活動など何でも構いません。その機会を会社負担でプレゼントするのがいいでしょう。そういう施策なら、現在のみならず将来の生きがいや自立にも結びつく贈り物として、経営者の温かい「思い」が伝わると思います。


経営者には「社員=パートナー」と考えるタイプと「社員=コスト」と考えるタイプがいて、後者は利益が上がらなくなると人員削減や労働力の非正規化に走り、福利厚生もまた単なるコストとして切り捨てます。しかし、福利厚生はむしろ投資であって、上手に活用すれば会社に多大な恩恵をもたらしてくれるのです。


さまざまな休暇制度も現状では必ずしも歓迎されていません。容易には使えないためでしょう。休暇の権利が発生すればすぐに利用する欧州などと違い、日本の会社は代替要員を確保していません。というより、日本の休暇制度はほとんど使わないことが前提だからこそ、代替要員もいないのかもしれませんね。


栩木敬の経歴・略歴

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

三遊亭歌る多

先日、お子さん連れの噺家との会食で、お子さんがタラコを食べたいというので、弟子に買い物を頼んだんです。ところが、買ってきたのはカチンコチンの冷凍タラコ。お子さんがすぐに食べるところまで気が回っていない。結局、お子さんは凍ったタラコで食事をするかわいそうはハメになりました。でも、私はその場でガガッとは怒りません。後日、私の自宅の食事会で、弟子に冷や飯と凍ったタラコを出しました。そこでやっと「すみませんでした」と反省です(笑)。


大屋晋三

老害ということは、一般には、体力も、気力も、判断力も衰え、知識も時代遅れだ。それなのにへばりついている、それを老害という。しかしながら、一律に全部が全部、何十歳以上はいかんということは言えない。これはやっぱり若さというものが、年齢でなしに個人差があるということですね。だからエクセプション(例外)があるというふうに考えないとね。


兼元謙任

学歴や受賞歴など、過去の栄光が変なプライドとなって、謙虚さがなくなり、自分の成長を妨げている人は少なくありません。会社で生き残りたいなら、過去の栄光はきっぱり捨てるべきです。


上西京一郎

ゲスト(お客様)にハピネス(幸福感)を感じていただくためにはどうすればいいのかを感じていただくためにはどうすればいいのかをその都度考え、最善の判断と行動をとれば、ゲストの満足度が上がり、仕事の生産性はあとからついてきます。ひいては経営の効率化も向上していきます。


吉越浩一郎

誤解を恐れずに言えば、会社に民主主義はいらない。会社としてどうすべきかは、多数決で決めるのではなく、現場の声を聞いたうえでトップが決めるべきだ。


清水信次

事業を軌道に乗せるまで、いろいろな人に助けてもらいました。何もない若造でしかない僕を多くの人が信頼してくれました。戦争に負けて、世の中どうなるかわからないときに、僕のような向こう見ずが飛び込んできて、いろんな話をするのが珍しかったのでしょう。僕も取り入ろうという野心もなく、天衣無縫でした。
【覚書き|19歳で戦後の焼け野原で事業を開始した当時を振り返っての発言】


木川眞

宅急便というオンリーワン商品をつくり、新しい需要を生み出す。仮にここで他社の参入を阻んでいれば、宅配便市場はいまほど広がっていなかったでしょう。1社だけだとどうしても、成長スピードが限られますから。


渡辺修(通産官僚)

私が毎年、新入社員に言っていたことが2つあります。1つは、はじめは大した仕事を与えられないと思うけれども、それをつまらないと思うか、自分を鍛える磨き石だと思うかは自分の考え次第だよと。もう1つはどんなことでもいいから、この会社の中では誰にも負けないと思うことを、まず1つは見つけようと。


リチャード・カールソン

たまにはぼうっとしたらどうか、という提案を皆さんはたぶん聞いたことがないだろう。退屈することを自分に許すと、毎日絶えず何かをしなくてはいけないという大きなプレッシャーが取り除かれる。


ダニエル・L・ドクトロフ

この数年間、金融に対する規制強化の流れが強まっているのは事実です。それによって、関連業界の収益や当社のビジネスは影響を受けるでしょう。一方で、規制や監督が強化されれば、それに付随する情報へのニーズが新たに生み出されるはずです。そうした情報を提供できるように努力しています。


村上龍

給料が上がらないというのは「悩み」ではなく、「目の前に立ちはだかった現実」だということに気づいてほしい。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どんなサービスであっても、最終的には実在する拠点と、フェース・トゥ・フェースの対応ができる営業スタッフが必要になる。逆にいえば、店舗というインフラさえあれば、そこで売買でもライドシェアでもレンタカーでも何でもできる。