名言DB

9425 人 / 110833 名言

栩木敬の名言

twitter Facebook はてブ

栩木敬のプロフィール

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

栩木敬の名言 一覧

厚生労働省の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」の結果を見ると、正規・非正規社員の大半が金銭的な報酬以外に「仕事の内容、やりがい」「職場の人間関係、コミュニケーション」を重視していることが分かります。同じ給料なら人間関係が良好な職場でやりがいをもって働きたい。人は賃金のためだけに働いているわけではないのです。


福利厚生とは、経営理念に大きくかかわるものであり、経営者が理想とする事業活動において社員をどう処遇し、生かしていくかという戦略の柱になります。


社員が生き生きと働く明るい職場では、その逆の職場に比べて数倍、生産性が上がるとの調査があります。福利厚生を社員が喜びや誇りを持って働ける職場づくりに有効活用すれば、業績の向上や企業の発展も可能になります。


日本の社員は簡単に休めないのが現状ですから、休暇中のバックアップ体制など、社員がすんなりと休める環境を整えることが先決です。そのうえで永年勤続者には、自分磨きの時間となる長期休暇を用意するのが理想だと思います。旅行や趣味、資格取得の勉強、社会貢献活動など何でも構いません。その機会を会社負担でプレゼントするのがいいでしょう。そういう施策なら、現在のみならず将来の生きがいや自立にも結びつく贈り物として、経営者の温かい「思い」が伝わると思います。


経営者には「社員=パートナー」と考えるタイプと「社員=コスト」と考えるタイプがいて、後者は利益が上がらなくなると人員削減や労働力の非正規化に走り、福利厚生もまた単なるコストとして切り捨てます。しかし、福利厚生はむしろ投資であって、上手に活用すれば会社に多大な恩恵をもたらしてくれるのです。


さまざまな休暇制度も現状では必ずしも歓迎されていません。容易には使えないためでしょう。休暇の権利が発生すればすぐに利用する欧州などと違い、日本の会社は代替要員を確保していません。というより、日本の休暇制度はほとんど使わないことが前提だからこそ、代替要員もいないのかもしれませんね。


栩木敬の経歴・略歴

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

澤上篤人

株式投資を短期間で儲ける手段だと思い込んでいる人が世の中には多すぎる。


関根眞一

何を言いたくて相手がクレームを入れているのかがわかれば、自然とこちらの対応の仕方も見えてきます。相手の真意を突くには「お困りなのだな」と、本気で相手の身になって考えることです。心の中で「クレームかぁ……」と思った途端、相手に対して隔たりが生じ、結局は察知されてしまいます。


佐々木常夫

いきなり会社全体を変えるのは難しいかもしれない。でも、自分のチームを変えることはできる。そこで結果を出せば、それを認めてくれる人も少しずつ増えていくはず。


三津原博

今後は、この業界(調剤薬局)も「まっとうな競争」が始まるでしょう。それについていける数少ない企業が市場をとっていくことになります。


澤上篤人

サラリーマンの財産づくりといっても、難しいことは考えなくていい。ある程度の規模があって、ビジネス基盤のしっかりしている企業を5社から7社ほど選んでおく。そして、暴落相場を待っては買い仕込む。後は値上がりを待って、その一部に利益確定の売りを出していく。そして、次の暴落相場でまた買うのだ。この繰り返しを淡々と続けていくのが長期投資である。そのうち複利効果が出てくることから、とんでもない財産づくりができてしまう。


村田恒夫

長きにわたる経験こそ、我々の強みです。


西山知義

アンケートを毎日実施するのは、社員全員がお客様の変化に気づくためです。また、タイムリーなアンケートを検証することで、次の手を打つための仮説の精度を高めることができます。


鈴木孝博

社会人として初の人事異動のとき、意気揚々と赴任したものの空回り。専門業務知識も無く戦力とみなして貰えず、悶々とした日々を送ることとなった。そんなある日、上司から「前任地では、活躍していたが、今度は新しい仕事だしな……。でも、単純な作業の中からでも本質を探ってみろ。必ず何かが見えてくる。仕事は自分で創るもんだ」と言われた。鮮烈だった。そして、いつの頃からか何が本質かを考える習慣が出来た。


大山健太郎

僕は採用基準に、はっきりと順番をつけています。一に人柄、二に意欲、三に能力です。おわかりだと思いますが、これ、世の一般企業と逆です。


勝間和代

いまの自分にとって何を勉強すれば得になるかを把握できないなら、ビジネスマンの最大公約数で、かつ昇給や昇進に直結するものを選ぶべきです。