栩木敬の名言

栩木敬のプロフィール

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

栩木敬の名言 一覧

厚生労働省の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」の結果を見ると、正規・非正規社員の大半が金銭的な報酬以外に「仕事の内容、やりがい」「職場の人間関係、コミュニケーション」を重視していることが分かります。同じ給料なら人間関係が良好な職場でやりがいをもって働きたい。人は賃金のためだけに働いているわけではないのです。


福利厚生とは、経営理念に大きくかかわるものであり、経営者が理想とする事業活動において社員をどう処遇し、生かしていくかという戦略の柱になります。


社員が生き生きと働く明るい職場では、その逆の職場に比べて数倍、生産性が上がるとの調査があります。福利厚生を社員が喜びや誇りを持って働ける職場づくりに有効活用すれば、業績の向上や企業の発展も可能になります。


日本の社員は簡単に休めないのが現状ですから、休暇中のバックアップ体制など、社員がすんなりと休める環境を整えることが先決です。そのうえで永年勤続者には、自分磨きの時間となる長期休暇を用意するのが理想だと思います。旅行や趣味、資格取得の勉強、社会貢献活動など何でも構いません。その機会を会社負担でプレゼントするのがいいでしょう。そういう施策なら、現在のみならず将来の生きがいや自立にも結びつく贈り物として、経営者の温かい「思い」が伝わると思います。


経営者には「社員=パートナー」と考えるタイプと「社員=コスト」と考えるタイプがいて、後者は利益が上がらなくなると人員削減や労働力の非正規化に走り、福利厚生もまた単なるコストとして切り捨てます。しかし、福利厚生はむしろ投資であって、上手に活用すれば会社に多大な恩恵をもたらしてくれるのです。


さまざまな休暇制度も現状では必ずしも歓迎されていません。容易には使えないためでしょう。休暇の権利が発生すればすぐに利用する欧州などと違い、日本の会社は代替要員を確保していません。というより、日本の休暇制度はほとんど使わないことが前提だからこそ、代替要員もいないのかもしれませんね。


栩木敬の経歴・略歴

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

俣野成敏

オンやオフの境を考えずに過ごしてみてはいかがでしょうか。私は、仕事で成果を上げ始めた頃から、オンオフの切り替えを意識しなくなりました。常にオンであり、常にオフであるというイメージです。オフに仕事をするのにも抵抗がなくなりました。


むのたけじ

眠るなら目をつぶりなさい。考えるなら目を開けなさい。目をつぶって考える中身は大概くだらない。決断に向かって思考するとき、目は必ず見開かれて輝いている。


植木理恵

個性豊かに人員配置された組織では、メンタル疾患が少なくなる。性格において多様性を重視することは生産性を上げることになる。


ジャン=パスカル・トリコワ

若くして経営を任せられると、必然的に長期的なスパンで意思決定するようになります。これは企業にとってはプラスです。40代でグローバル企業のCEOに就任するのは大きなプレッシャーですが、同時に仕事にエキサイティングに取り組める年代でもあります。


西田敏行

声音にはその人の想いが如実に出るから、僕もどういうトーンで語るかは悩みました。


森章(経営者)

不透明な中だからこそ、事象を俯瞰して眺め、企業として安定的な基盤を整えつつ、多面的に布石を打っていく必要がある。


吉本隆明

個人個人が当面している、最も大切なことを大切にして生きなさい。


山下茂(経営者)

周りの人と関係を構築するために、私が大切にしているのが「気」です。言い換えれば雰囲気、気配りです。いかにうまく接したつもりでも、嫌いな人と話していれば、相手に気づかれてしまう。逆に、相手のことを思って話せばちゃんと伝わります。


浜矩子

じつは、これまで一度として証券口座を作ったこともなく、一切、投資はやっていません。昔から「紺屋の白袴」というじゃないですか。仮に、わたくしが円ドル相場に投資をし、当事者となってしまったら、やはり客観性を失ってしまうでしょう。自分の我欲に惑わされた発言をしないためにも、投資とは一線を引くことが大切だと考えています。


所ジョージ

サラリーマンが仕事をしていて「つまらない」と聞くけど、それで正解なんですよ。会社が遊園地のように面白い場所でないのは当たり前。つまらなくて当然と考えてからがスタートだよね。


野村克也

才能には限界がある。でも、頭脳に限界はない。


登坂絵莉

残り30秒を切ってからの記憶はまったくありません。記憶のない中で逆転して金メダルをとれたわけですから、頭ではなく、身体が勝手に動いたことになります。日頃から残り数秒で逆転する場面も想定しながら、ギリギリまで追い込む練習を積んでいますので。

【覚え書き|リオ五輪決勝を振り返って】


樋口武男

リーダーたる者には4つの力が必要です。「先見力」「判断力」「統率力」そして「人間力」。この人間力が一番難しい。後ろ姿で部下を引っ張れる力で、俗にいうオーラです。「おまえ、俺にオーラを感じてくれ」と言って感じられるものではありませんが、人間的魅力がないと部下はついてきません。


樫尾和雄

Gショックは一度飽きられた時に電波時計の技術を盛り込んで復活しました。最近はGPSを入れて、電波とGPSの両方の技術を採用しています。


山崎将志

本来、会議を終えるのは、終了時間が来たときではありません。事前に決めた会議のゴールが達成され、次に何をやるべきか、いわゆるアクションプランが決まったときです。しかし実際は、終了時間が来るとなし崩し的に解散したり、アクションプランの確認が疎かになったりするなど、「会議のしっぱなし」で終わることが多いのです。それではいくら議論が活発だったとしても、その会議は失敗です。


ページの先頭へ