名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

栢野克己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

栢野克己のプロフィール

栢野克己、かやの・かつみ。日本の零細企業コンサルタント。福岡県出身。立命館大学経営学部卒業後、ヤマハ発動機、コンピューターシステムリース、ミッド、自営業などを経てコンサルタントとして開業。著書に『弱者の戦略』『逆転バカ社長 天職発見の人生マニュアル』。

栢野克己の名言 一覧

強い相手と正面から戦っては勝てるわけがない。弱者の戦略が必要。


成功するまで諦めるなという考え方には反対です。無謀なチャレンジャーからビッグビジネスが生まれるのも確かですが、極めて稀。ある程度やってダメなら次に行くべきです。


栢野克己の経歴・略歴

栢野克己、かやの・かつみ。日本の零細企業コンサルタント。福岡県出身。立命館大学経営学部卒業後、ヤマハ発動機、コンピューターシステムリース、ミッド、自営業などを経てコンサルタントとして開業。著書に『弱者の戦略』『逆転バカ社長 天職発見の人生マニュアル』。

他の記事も読んでみる

中川淳一郎

紙の雑誌とインターネットでもつけるタイトルは変わります。ターゲットメディアである紙の雑誌はいつもの読者が手に取る「会報誌」と言えますが、「いつもの読者」ではない人の目にも触れるのがインターネット。


理央周

自分の時給を把握しておくことも大事です。月給を勤務時間で割れば簡単に分かります。自分でやるより外注した方が生産性が高いという業務があれば、上司に提案してみましょう。時間は限られた資源ですから、それを有効に使うためにはそんな発想が必要になってきます。


田中仁(経営者)

誰と仕事をするかが一番大事だと思っていますので、この人ならば大丈夫だと確信した人にこそ海外地域を任せます。


坂下英樹

モチベーションクライシスの背景には、構造的な問題が潜んでいます。組織である以上、そこには「組織の目標達成」と「個人の欲求充足」の衝突が多かれ少なかれ存在するものです。必然的に、この両者を結び付ける媒介役として「報酬」が必要になります。つまり、従業員から組織の全体目標達成に結び付く貢献活動を引き出すためには、個人に対して、何らかの見返り=「報酬」の提供が不可欠なのです。この「従業員が組織に提供する貢献活動」と「組織が従業員に提供する報酬」の価値交換状態のバランスが良ければ、モチベーションクライシスは起こりにくいものです。ここで言う「報酬」とは「金銭報酬」「地位報酬」のみを意味するものではありません。従業員が魅力的だと感じるモノやコトすべてを包括する「広義の報酬」だととらえなければならないのです。


山内隆司

国内と比べて海外の案件が魅力的だったら海外を取る。海外よりも国内の案件が魅力的だったら国内を取る。ただそれだけです。


田村次朗

交渉は、実は人としているのではない。人を相手に問題を交渉しているのだ。「人」と「問題」を分けて考え、問題にすべての焦点を当てることができる人は最高の交渉者。


藍原節文

飲み会は良い人間関係を作る絶好の機会。かいがいしく宴会の手助けをしていると途中で、その献身的な姿勢に好感を持った「偉い人」が話しかけてきてくれる場合が多い。


池上彰

ビジネスパーソンがプレゼンテーションをする場合などは、いつもよりゆっくり話すことを心がけてみてはどうでしょうか。聞き手側は、普段、早口になれている分、新鮮で、思わず引き込まれるかもしれません。さらにいえば、スピードに緩急をつけるとより効果的です。


美崎栄一郎

多くの人は名刺を名前や会社名の五十音順で整理しているでしょうが、デジタル時代の今、その整理法にはあまり意味がないと思います。名前や会社名を覚えている人の名刺は、デジタルデータ化してしまえば、検索機能を使ってすぐに見つけられるからです。問題は、「名前や会社名を思い出せない相手の名刺をどう探し出すか」です。そのために、私の場合、名刺をもらったら、その日のうちに日付のスタンプを押しています。使っているのはシヤチハタ「Xスタンパー」の回転日付印。ポンポン押すだけなので、手書きで日付を書き込むより簡単でスピーディーです。なぜ日付を入れるのかというと、一番思い出しやすいのが「いつ会ったか」という情報だからです。


マハトマ・ガンジー

私たちの体は奉仕に捧げるためのものである。決して自分だけのものではない。だから、一人一人が自分の体を守るボディガードとなって、体調を万全に整える術を身につけよう。いざというときに、この体を差し出し、役立てることができるように。


廣瀬禎彦

米国にも阿吽の呼吸で意味がわかる言葉もあります。ただ、それはラテン系の人たちの世界や黒人の世界のように、均質な人たちが集まったときの話です。多様な人々がいる公の場では、暗黙の了解を前提にした言葉を使うことはできません。ですから、言葉の定義を明確にしますし、その言葉がどういう人にどう受け取られるのかをきちんと考えるのです。米国系企業が論理的な判断をきちんと実行することには、こうした背景があるのではないでしょうか。


徳重徹

よく「海外で営業するのは大変でしょう?」と聞かれますが、私はむしろ海外のほうがセールスはしやすいと感じています。なぜなら、海外では日本企業の価値が高いからです。とくに私たちが勝負をかけている東南アジアや南アジアでは、「日本製品は品質が良い」「アフターサービスも行き届いていて安心」といった好印象を持たれています。なぜ他の日本企業は、このアドバンテージを活用して積極的に海外へ打って出ないのか不思議なほどです。