名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

栢野克己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

栢野克己のプロフィール

栢野克己、かやの・かつみ。日本の零細企業コンサルタント。福岡県出身。立命館大学経営学部卒業後、ヤマハ発動機、コンピューターシステムリース、ミッド、自営業などを経てコンサルタントとして開業。著書に『弱者の戦略』『逆転バカ社長 天職発見の人生マニュアル』。

栢野克己の名言 一覧

強い相手と正面から戦っては勝てるわけがない。弱者の戦略が必要。


成功するまで諦めるなという考え方には反対です。無謀なチャレンジャーからビッグビジネスが生まれるのも確かですが、極めて稀。ある程度やってダメなら次に行くべきです。


栢野克己の経歴・略歴

栢野克己、かやの・かつみ。日本の零細企業コンサルタント。福岡県出身。立命館大学経営学部卒業後、ヤマハ発動機、コンピューターシステムリース、ミッド、自営業などを経てコンサルタントとして開業。著書に『弱者の戦略』『逆転バカ社長 天職発見の人生マニュアル』。

他の記事も読んでみる

村上憲郎

どんなに小さくてもいいから会社の中で自分で課題を発見し、それを解決する方法を自分で考え、行動すること。そして、「やりきった」という実感を得ること。それがいわゆる自信につながる。自信と言っても、「勝ち抜く」といった激しいものではなくて、「生き抜く」という穏やかな自信ですね。


辻本憲三

カプコンは進化の速いゲーム業界の中で環境変化を上手く捉えて成功しているとよくいわれますが、実際は違うといいたい。早いタイミングで飛び込んでいって、失敗しながら対策を練るという思考錯誤を繰り返しているだけです。


ソクラテス

ぜひとも結婚しなさい。もし良い妻を得たならば、あなたは幸せになるでしょう。もし悪い妻を得たならば、あなたは哲学者になるでしょう。


内田篤人

もともと海外のサッカーに強い興味を持っていたわけでもないし、欧州でプレーしたいという夢があったわけでもない。ただ、周りが「行った方がいい」と言ってくれるから、行くべきなんだろうと。僕は厳しい環境じゃないとサボっちゃうから、マガトさん(フェリックス・マガト監督)のもとでプレーしたいと思った。


木村達央

私は数年で変わる顧客の彼女たちの姿をとらえきれませんでした。ですから私は社長時代、早々に白旗をあげたんです。「わからないことはわからない。だったらわかる人に任せよう」。それが社長時代の私の経営哲学でした。


金川千尋

あふれる情報の中で、私が最も重視するのは営業マンが集めてくる需要家の生の声です。毎日の仕事もそれを起点に始まります。朝、私は出勤途中の車中から、アメリカにある子会社で世界最大の塩化ビニル樹脂メーカー、シンテック社の現地駐在幹部へ電話をかけます。アメリカにはこの人がこんなことをいうなら、市場のサインであると察知できるようなキーパーソン需要家が何人かいて、その言葉はまさに神の声です。それを毎日確認するのです。


カルロス・ゴーン

昨年、我々は電池事業を売却しました。研究開発は自社に残しましたが、バッテリーの内製化はもうしません。この決断の論理は非常にシンプルです。日産でバッテリー事業を立ち上げたのは07年ごろでしたが、それは単にバッテリーを供給してくれる会社がなかったから。今は多くの会社がバッテリー事業に参入していて、競争も激しくなっています。競争の原理が働いている状況においては専業会社に任せた方がいい。その方が効率的に資金やリソースが投じられるので、より良いバッテリーが生まれやすいのです。


野村重幸

製品を標準化することで、発注からお届けまでの納期を短くできる。


冨田英揮

リーマンショック時、同業の中には、戦線を縮小するために人員削減に踏み切るところが多かった。当社でも当然、検討しましたが、あくまで最後の手段と決めていました。というのも、採用した社員を育ててきて、ようやく一人前になってきた。その段階でリストラしてしまうと、それまでの投資が全部無駄になってしまう。リストラをしなかったのは大正解でした。その後求人市場が回復した時のダッシュ力がすごかった。もし彼らがいなければ、これほどまでの業績の拡大はあり得なかった。


豊田泰光

当時(三原脩監督時代)の西鉄はレギュラー陣が協力で、二軍の選手が入り込める余地はほとんどありませんでした。しかし、若い選手も腐ることなく練習していました。絶妙な人の使い方で、それほど組織を活性化させたことが三原さんの隠れた功績だったと思います。


石井和徳

様々な製品の電子・電動化が進む現在、「つなぐ」役割を果たすコネクタは、その成長性の高さゆえ、非常に期待の大きいビジネスであると言えます。ただ、すべてのコネクタメーカーが成長し続けられるわけではありません。今後さらに競争は激化し、各企業の勝ち負けが明確になり、「淘汰の時代」が訪れると考えています。厳しい時代にも成長を維持していくためには、更なる企業力の強化を図らなくてはなりません。


岸見一郎

そもそも、なぜストレスが生じるのかと言えば、それは理想と現実のあいだにギャップがあるからです。「こうあるべきだという理想に現実が合わないとストレスを感じる。このギャップが大きければ大きいほど、ストレスは大きくなります。ですから、ストレスを小さくする方法の一つは、理想を低くすることでしょう。