栗林忠道の名言

栗林忠道のプロフィール

栗林忠道、くりばやし・ただみち。日本の軍人。最終階級は陸軍大将。硫黄島で日本軍の指揮をとった人物。圧倒的戦力差、勝ち目がない戦いを組織戦で挑み、アメリカ軍に大きな損害を与えた。敵国だったアメリカでも高い評価を得た指揮官。長野県出身。

栗林忠道の名言 一覧

断じて戦うところ、死中おのずから活あるを信ず。我らは各自敵数十人を倒さざれば死すとも死せず。


栗林忠道の経歴・略歴

栗林忠道、くりばやし・ただみち。日本の軍人。最終階級は陸軍大将。硫黄島で日本軍の指揮をとった人物。圧倒的戦力差、勝ち目がない戦いを組織戦で挑み、アメリカ軍に大きな損害を与えた。敵国だったアメリカでも高い評価を得た指揮官。長野県出身。

他の記事も読んでみる

村岡恵理

人間関係が大事だからといって、無理に好かれようと媚びを売ったり、自分に有利になるような人脈を築けば良いというわけでもありません。そうした甘い策略は、自分も疲弊する上に、かえって裏目に出ることさえあります。


横井啓之

新聞に「ABCクッキングスタジオが首都圏進出」と書かれた直後、税務署の調査が入り、多額の追徴金を科せられました。財務について自分は勉強不足だったと反省しています。一方で、「出る杭は打たれるんだな」と感じましたね。この件があり、しばらくの間、おとなしくしていたんです(笑)。


ミシェル・オバマ

自由を当たり前のものと思ってはいけません。自分の自由を守るには自分の役割を果たさなければなりません。


間川清

とくに優先順位が高いタスクや、すぐにしなければならないタスクは、全面がノリになっている付箋に書いて携帯電話の裏に貼り付けています。そうすると早くはがしたいと思うので、すぐに行動に移すようになります。


山田佳臣

株主利益ばかり追求すると将来の備えやリニアへの投資はできません。我々は日本の鉄道の成り立ちを十分理解してから株を持っていただきたい。株主としては、目先の株主を大切にしろという気持ちになるかもしれません。ただ未来に投資していないと、いざという時にはもう手の打ちようがなくなってしまうんです。


川田修(ライフプランナー)

自分の軸は、環境の変化や自分の成長とともに変わってもいいと思います。私の場合はセミナーがきっかけでしたが、普段の仕事を離れて自分と向き合う機会を持てると、心が求めているものが変わっていることに気づきやすいかもしれませんね。


ヒッチコック

まだ笑うことができる限り、彼はまだ貧乏ではない。


立石剛

SNSを通じて仲間を募る場合は、自分の主張や勉強会の趣旨や目的を明確にすること。相手も自分と合うかどうかをジャッジでき、共感する人が集まってきやすくなる。


佐藤剛志(経営者)

私がやる気を維持できている理由の一つは、「モチベーションを下げている暇はない」という思いかもしれません。私は若い頃から「これをやりたい」という目標を常に持つようにしていましたが、30~40代の頃はまだ時間があるからと、あまり切迫感がなかった。それが50代になってからは、「あと10年でやらなければ」などと期限がリアルに迫ってきたことで、日々を漫然と過ごすことがもったいなく感じられてきたのです。そのため、周りの人があきれるほど、仕事ややるべきことを詰め込んでいます。


竹下佳江

身長が低いというコンプレックスがあるからこそ、プレーや強い心で勝負しなければいけないと覚悟したところから、私のバレーボール人生は始まっているんです。だからこそ技術を磨き、頭を使い、心が強くないと、バレー界では生きていけないと思ってきた。そのために、365日休みなく練習し、弱音も吐かなかった。


野村恭彦

「ほとんど誰かの話を聞いているだけ」という会議はすぐに改善した方がいい。自由に意見が飛び交う活発な会議を目指すなら、会議で使えるゲームを取り入れてみてはどうでしょう。会議で参加者が意見を出し合う前に、隣同士でペアを組んで数分話し合うだけでも、ゲーム的な要素が生まれて効果がある。ゲーム性を導入するのは、何より参加者同士の対話を増やすため。対話が増えれば、充実した会議になります。ゲームには必ずルールがあります。自分の役割が明確に決まるので、ボーッとはできず、自然と主体的に会議に参加するようになります。


平野敦士カール

大きなプロジェクトを成功させるためには、「ひとりで一億円を稼ぐより、100人で100億円稼げる仕組み」をつくらなければなりません。その前提となるのが、プロジェクトメンバーの信頼関係です。ランチの習慣は、人との信頼を築き、「自分をプラットフォーム化する」ための方法なのです。


高橋英樹(俳優)

時間というのは誰にも公平で1日24時間。しかし、使い方次第でいくらでも広がってくる。たとえば、みなさんがいま、恋をしているならば、どんなに忙しくても恋人に会いたいと思うのは自然なことです。そして、会いたい人となら、たった1分の立ち話でも嬉しいじゃないですか。イヤなことも吹き飛んでいきます。


谷正人

僕らが言うのはクリエイションに関してではなくて、お客様がブランドに対してどう思っているのかです。デザイナーって意外とお客様の顔が見えていないことが多いので、良くも悪くも現実を伝えるようにしています。


福島文二郎

行動指針があっても、優先順位がはっきりしないと、判断を誤ることになりかねません。ですから、優先順位をつけておくことも大事です。


ページの先頭へ