名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

栗山浩一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

栗山浩一(経営者)のプロフィール

栗山浩一、くりやま・ひろかず。日本の経営者。ディスプレイデザイン会社「船場(せんば)」社長・会長。横浜国立大学経営学部経営学科卒業、同工学部建築学科卒業。船場に入社。監査役、取締役、常務、副社長などを経て社長・会長。

栗山浩一(経営者)の名言 一覧

顧客に感謝してもらえることが私たちにとって最大の喜び。


株式上場の狙いは、認知度の向上と採用強化が目的です。うちのことをよく知ってもらえれば絶対に面白いし楽しい仕事ができるという自信があります。


最近、オフィス関係のプロジェクトを社内に設置しました。働き方改革でオフィスが変わろうとしており、当社の出番があるかもしれません。


秋葉原はアニメや漫画の聖地として若者がたくさん集まる場所なので、(献血ルーム)施設のデザインを近未来風に変え、献血後の休憩時間に漫画やアニメを好きなだけ楽しめるようにしました。施設に来訪者を呼び込むための仕掛けは建物だけの問題ではありません。献血者が増えたと日本赤十字社さまからも褒めていただきました。


当社は顧客が多岐に広がっています。お客様からご相談を受けると最初の企画コンセプトの段階から議論を深めて最高の解決策を導き出します。長年積み上げた経験とノウハウを駆使して理想の姿を具現化させるのが当社の企画力です。またデザインや施工も社内スタッフだけでなく、優秀な外部人材や協力企業のネットワークが全国にあり、あらゆる課題解決に応えられる自負があります。


当社の経営理念は、サクセスパートナー「商環境の創造を通じて社会の繁栄に貢献する」ということです。ここでいうところの商環境とは単なる商業施設ではなく、もっと大きな意味として、成功を求められている場所と捉えています。だから顧客は商業施設だけでなく、金融、サービス、医療、学校やオフィスまで広がっています。


栗山浩一(経営者)の経歴・略歴

栗山浩一、くりやま・ひろかず。日本の経営者。ディスプレイデザイン会社「船場(せんば)」社長・会長。横浜国立大学経営学部経営学科卒業、同工学部建築学科卒業。船場に入社。監査役、取締役、常務、副社長などを経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

川野幸夫

「経営理念」は重要です。単なるお題目ではなく、それを社員やパートナー(パート社員)さんを含む全員に浸透させ、行動に結びつける。それこそがヤオコーの競争力の根底にあります。


羽海野チカ

私も生きてるので、ブレブレにぶち当たりながら、それもエネルギーに代えて描いていけたらと思っています。


マーチ菊本

心のブレーキを解除するためには、3つの方法があります。

  1. セラピーやイメージトレーニングを通して、自己否定イメージを手放すこと。
  2. 自己否定イメージを刺激しなくてすむように、最初の一歩を確実にできそうな小さな一歩にして進むこと。
  3. ナンバーワンではなく、オンリーワンの生き方を選択し、自分の心の声に従うこと。

米山公啓

運動によってさまざまな脳内物質が増えます。たとえば、身体の活動性を高めるノルアドレナリン、意欲や前向きさ幸福感に関係のあるドーパミン、精神的な安定をもたらすセロトニンなどです。脳内物質は、いわば脳の中の潤滑油のようなもの。これが適正に分泌されることで、脳内の情報伝達がスムーズに行なわれるようになり、頭が冴えた状態になるのです。


小杉俊哉

考えてみたが達成困難だと判断したときには、「このままでは難しいので、こうしてみてはどうでしょうか」と別の案を用意します。「できない」で終わらせない姿勢が、上司からの評価を高めます。


スティーブン・コヴィー

効果的な目標設定とは、活動や手段よりも、最後に到達する結果の方に重点を置くものだ。どうなりたいかを定義すると同時に、目標に対していまどの段階まで達しているのかも教えてくれるものである。どうしたらそうなれるのかということについて大切な情報を与えてくれる。


山口智充

僕も41歳になりました。受け入れる量が増した分、切り離しているものもたくさんあります。見切りをつけるのが早くなりましたね。20代、30代のときより、自分にあてはまらないものが見えてきて、これはいらない、これはオッケーという判断に迷いがなくなりました。


松本晃(経営者)

人を動かすということは、「何のために」するのかという問いかけから始まります。「何を求めているか」をはっきり示さないと、社員は動きようがありません。


瀬戸大也

金メダルを獲るためには何が必要で、ひとつひとつのレースに対して何をしなければいけないのかという課題を持って挑むようになった。たとえば、このレースでは勝負にこだわって力を抑えるのではなく、タイムを狙って前半から積極的に挑んでみようとか。


川田修(ライフプランナー)

初対面のお客様には、商品の話をいっさいしません。まずお伝えするのは、こんな言葉です。「私が一番自信を持ってできる社会貢献は、保険の正しい使い方、考え方をお伝えすることです」。また、こんなことも話します。「もし私と話していて、この人は顧客のことではなく、自分の都合を優先していると感じたら、すぐに席を立っていただいてかまいません」。すると、お客様の表情が変わります。「保険を売りつけようとしても、そうはいかないぞ」と身構えていたのが、「この人の話なら聞いてもいいかな」とスイッチが切り替わるのです。これも他の営業マンとは違うことをする一例です。お客様が「営業は商品を売り込むものだ」というイメージをお持ちなら、それを良い意味で裏切ることで、私に興味を持っていただける。それが信用にもつながります。


横田光弘

ビジネスの世界では、1:8:1の法則ということが言われます。1割の熱狂的なファンと、8割の普通客、1割はあまりいい顧客ではない。8割の普通客に振り回されるより、絶対的な信者客を狙うことで経営は十分成り立つ。信者客をどう増やすかが鍵。


アルバート・アインシュタイン

第三次世界大戦はどう戦われるでしょうか。わたしにはわかりません。しかし、第四次大戦ならわかります。石と棒を使って戦われることでしょう。