名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

栗山浩一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

栗山浩一(経営者)のプロフィール

栗山浩一、くりやま・ひろかず。日本の経営者。ディスプレイデザイン会社「船場(せんば)」社長・会長。横浜国立大学経営学部経営学科卒業、同工学部建築学科卒業。船場に入社。監査役、取締役、常務、副社長などを経て社長・会長。

栗山浩一(経営者)の名言 一覧

顧客に感謝してもらえることが私たちにとって最大の喜び。


株式上場の狙いは、認知度の向上と採用強化が目的です。うちのことをよく知ってもらえれば絶対に面白いし楽しい仕事ができるという自信があります。


最近、オフィス関係のプロジェクトを社内に設置しました。働き方改革でオフィスが変わろうとしており、当社の出番があるかもしれません。


秋葉原はアニメや漫画の聖地として若者がたくさん集まる場所なので、(献血ルーム)施設のデザインを近未来風に変え、献血後の休憩時間に漫画やアニメを好きなだけ楽しめるようにしました。施設に来訪者を呼び込むための仕掛けは建物だけの問題ではありません。献血者が増えたと日本赤十字社さまからも褒めていただきました。


当社は顧客が多岐に広がっています。お客様からご相談を受けると最初の企画コンセプトの段階から議論を深めて最高の解決策を導き出します。長年積み上げた経験とノウハウを駆使して理想の姿を具現化させるのが当社の企画力です。またデザインや施工も社内スタッフだけでなく、優秀な外部人材や協力企業のネットワークが全国にあり、あらゆる課題解決に応えられる自負があります。


当社の経営理念は、サクセスパートナー「商環境の創造を通じて社会の繁栄に貢献する」ということです。ここでいうところの商環境とは単なる商業施設ではなく、もっと大きな意味として、成功を求められている場所と捉えています。だから顧客は商業施設だけでなく、金融、サービス、医療、学校やオフィスまで広がっています。


栗山浩一(経営者)の経歴・略歴

栗山浩一、くりやま・ひろかず。日本の経営者。ディスプレイデザイン会社「船場(せんば)」社長・会長。横浜国立大学経営学部経営学科卒業、同工学部建築学科卒業。船場に入社。監査役、取締役、常務、副社長などを経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

迫俊亮

私が社長になり、「あ、この会社終わりだ」「こんな若い奴が」と、多くの社員が懐疑的でした。でも、初の人事を実行して「もしかしたら上手くいくかも……」と少しずつ状況が変わっていきました。


本田健

今後の日本を考えると、会社の業績が右肩上がりでいくことはむずかしいでしょう。だとすれば「いつ、その船から降りるのか」という判断が求められます。あるいは、国から脱出する戦略もあります。そこでは、自分の人生を大局的に見据えることが不可欠。


渡辺秀一(経営者)

学生時代はあんまり勉強しませんでしたよ。43歳で本部長になったころから、1日10分、本を読むようになりました。1週間で70分、1年で60何時間。10年続けたら600何時間。積小為大。小さなことを積み重ねたら大きなものになると自分に言い聞かせてね。人の上に立つようになって変わりました。「口で言っているけれどもやっていることは反対じゃないか」。そんなふうに言われたくないので、自分を律するようになったのです。


池谷裕二

いいアイデアが思いつくのは、パソコンの画面をにらんでいる時ではありません。仕事の合間に、ちょっと席を立ったり、トイレに行った瞬間、フッとひらめくことが多い。歩く、場所を変える、ということが重要でそういうときには、脳の海馬周辺からシータ波という脳波が出ると考えられます。シータ波が強くなるのは、外部の情報を収集しようという意識的検索モードのときなんです。


藤崎雄三

誰しも、自分を守ってくれる人の言うことは聞くもの。


富川悠太

視聴者には様々な世代の人がいますから、誰に対してでも伝わりやすい「シンプルな表現」で伝えるようにもしています。シンプルな表現とは、いわゆる普通の会話で出てくる言葉です。家族や友達に「この間、面白いことがあったんだ」と話す時のように、「自分が感じたことをそのまま素直に伝えるだけでいい」と考えています。


赤澤健一

未だに人(社員)をコストとして見ている会社が多い。働いている人は安い方がいいという見方をしてしまっている。しかし、これから生き残っていくためには人はコストではなく貴重な資源であると見なければならない。


殿村美樹

かつては「東京」や「大企業」が発信する最先端の情報に従おうとするトップダウンの風潮が日本中を支配していたが、今は、一人ひとりが情報を発信するボトムアップの時代。東京にいると逆に感覚が狂い、自由な発想や大胆な挑戦がしにくい。


ジョン・ウェルス

現在向かっている先がどこなのかについて、我々は結局だいたいのことしかわかりません。有効な戦略や経営手法も、非常に速いスピードで刻々と変化しています。


関根眞一

交渉前に業界の相場や慣習、法律などの知識を身につけておくためには、業界の専門家や弁護士などの有識者と日頃からつき合いを持ち、何でも相談できる関係になっておくことが大切です。


御手洗冨士夫

経済は心理で動きますから、先行きが明るくなれば経済も好転する。


柳井正

自分で業界を創るという覚悟がなければ絶対大成功はありえない。