名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

栗山敏昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

栗山敏昭のプロフィール

栗山敏昭、くりやま・としあき。日本の経営者。「ばかうけ」などで知られる菓子メーカー「栗山米菓」社長。新潟県出身。明治大学商学部卒業、アメリカ国際経営大学院(のちのサンダーバード国際経営大学院)修了。永谷園を経て栗山米菓に入社。専務などを経て社長に就任。

栗山敏昭の名言 一覧

人のためにやっている人が成功する。自分のことだけを考える人はうまくいかない。


社員がミスをしたらそのとき対処すればいい、業績が下がってきたら上げればいい。流れに任せることで、心穏やかでいられる。


一番大切なのは、「こうなりたい」と思うこと。思いがあるとそのとおりに行動するし、周りも応援してくれる。だから、不思議と思ったとおりになってしまう。


常に悩んでいますが、あまり物事を深く考えずに動くということも心がけています。


「なんで自分が?」と、思ったらうまくいかない。まずは「よし、新しいことをやってやろう」という前向きな気持ちがなければリーダーは始まらない。


社長になったばかりの頃、ある方から「自分の判断基準、座標軸を持て」と言われました。以来、自分なりの座標軸を持って、なるべくブレないようにしてきました。「人間として何が正しいことか」ということですね。たとえば、挨拶を大事に、家庭を大事にしようと。それを社員と一緒に理解し合う、という努力をしてきました。


社長になると、社員は絶対私に遠慮するでしょう。だから、勉強会に参加したり、自ら主催したりして、遠慮なく文句を言ってくれる仲間を外部に持つようにしています。


挨拶がいい加減になっていったり、人の気持ちがわからなくなってくると危ない。人の気持ちがわからないというのは、おごりが出ているということですから。挨拶や、感謝の気持ちを忘れないことは重要です。


栗山敏昭の経歴・略歴

栗山敏昭、くりやま・としあき。日本の経営者。「ばかうけ」などで知られる菓子メーカー「栗山米菓」社長。新潟県出身。明治大学商学部卒業、アメリカ国際経営大学院(のちのサンダーバード国際経営大学院)修了。永谷園を経て栗山米菓に入社。専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

監督が叱るか叱らないかが大事なのではなく、その選手が逆転ホームランを打ってくれたり完封してくれたりすれば、その監督は結果的に名監督になる。選手が緊張しようが伸び伸びしようがどっちでもいい。要は、ちゃんと戦力になってくれればいいのだ。


渡邉美樹

自分の夢に日付けをつけたなら、まずは夢を実現するためにジャンルを絞って勉強するのが一番の近道です。ただ、ノウハウ本に頼ることはやめるべきでしょう。ノウハウものというのは、「こうやって、こうすればいい」とやり方が書いてあるので、読んだだけでわかったような気になってしまいます。なんでもそうですが、やり方がわかっても意味はありません。「なぜ、そういうやり方が必要なのか」ということがわかって、初めて意味があります。大事なのは「どのようにやるか」ではなく、「なぜこうなるか」の方なんです。


石破茂

私みたいにめちゃめちゃ悪い子でいる必要もないが、「本当かな、これ」ということを若い人が言わないでどうする。


大山健太郎

アイリスは会社の核となる商品が次々に入れ替わることから、変化対応型の企業経営として紹介される機会が少なくありません。なぜ私が変化対応型の経営を身につけたのか。その背景には、幾度となく当社を襲った危機の存在があります。


山内溥

コンピューターグラフィックスを教える専門学校を作れればと考えている。採算重視のビジネスではなく、若い力からいまだかつてない創造性あるゲームを生み出すことに力を注ぎたい。
無名だが優れたゲームの発掘にも興味がある。クリエーターの登竜門として文学賞のようなものを設け、表彰作品を入札にかける。それを落札したソフトメー カーが商品化して売るというのも手だろう。ゲームビジネスは今や混沌の状況にある。経営者を引退しても、業界の発展について思いを巡らせてしまう。


波戸内啓介

私たちが重視しているのが入念なコンサルティングです。お客様が新たなリーダーを求めているのは何のためなのか、それが事業にどのようなインパクトを与えるのか、しっかりと理解したうえで、成果につながる提案を行います。


川淵三郎

Jリーグを作るとき、僕はリーグの総務、経理の制度設計をシビアに進め、お金の扱いと流れの透明性を保つことにこだわりました。Jリーグには実務を担える人材がいませんでしたから、銀行から能力のある人を招き、ドイツのブンデスリーガやイングランドリーグを参考にガバナンスを整えていったんです。なぜ、僕がそこにこだわったかと言えば、経営基盤がしっかりしないまま、「百年構想」のような大きな夢を語っても実現は難しいからです。


クリス・ベンハム

デジタル社会の到来により、現場のデータをいかに速く収集して解析し、経営判断の参考にさせるかが大きな鍵になっています。経営の意思決定において、よりスマートで、より速いデータが収益を上げることに直結する時代になっているのです。したがって、全世界で起こっている事象をほぼリアルタイムのデータとして収集することができれば、企業は最も有効な次の一手を打ち出すことができるということになります。そして、そのデータがグラフのように可視化できれば、さらに意思決定を下しやすくなるはずです。


御手洗冨士夫

今の日本では社長というポジションが「あがり」で、4年経ったら「はい、次」となるのも問題だ。任期4年は短すぎる。私も社長に就任して、即断即決ができるようになるまで5年はかかった。たった4年だと問題を解決する余裕がないので先送りになる。そして次の社長になって放置してきた問題が爆発する。その社長はクビを切られるが、元凶の社長はとっくに辞めている。ほかの電機メーカーを見てもそういう話ばかり。実は、グローバルな一流企業では、役員もあまり動かない。米国式経営の導入を、という人は私に言わせれば二流企業の物まねをしている。だから成功しないんでしょう。


長谷川豊(経営者)

独自の接着加工技術に磨きを掛ければ、まだまだ新たな需要を開拓することができる。


馬渡修

当社のCEOであるビンセント・ローチは、「お客様の抱える最も難しい技術課題、そして社会の課題に挑戦しろ」といつも言っています。それがアナログ・デバイセズのビジョンとなっていますし、そのために毎年売り上げの約2割を研究開発に投資しているのです。


坂根正弘

競合他社にモノづくりのコストで負けていないことをデータで示し、贅肉を削いでいけば我々は復活できるんだ、ということを皆に訴え続けた。犠牲となる社員への配慮は必要ですが、物事の本質論に照らせば、この工場を存続させることはありえない。それだけの確信があるのであれば、後は地道に説得していくしかない。