名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

栗原洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

栗原洋のプロフィール

栗原洋、くりはら・ひろし。男性用整髪料で有名なマンダムの相談役

栗原洋の名言 一覧

暖簾(のれん)にあぐらをかいた商売を続けていては、座して死を待つようなもの。だから商品政策を抜本的に見直すべきだと、当時の西村彦次社長に直言しました。社長も同意し、限られた予算の中で社内クリエイターを含むプロジェクトチームを作って新しい男性用整髪料の開発に取り組みました。


伝統は、ひとつ間違えると会社をつぶす。そう実感したのは、マンダムの前身である丹頂に入社して間もない高度成長期の真っただ中でした。会社の即戦力となって自分を試したいと喜び勇んで営業に出ると、自分が描いていた丹頂のイメージと実態とのギャップにショックを受けました。丹頂のイメージは中高年以上には堅実とか老舗という具合に良かったけれど、若者には野暮ったいと映っていたのです。


当社には「ギャツビー」「ルシード」という息の長いブランドがあります。絶えずブランドの鮮度を保ちつつ、新しいことに挑戦してきた成果です。伝統は、ひとつの理念に基づき時代の変化を上手くとらえれば、成長の役割を果たします。でも油断をすれば、発展の足かせになるのです。


社員には機会があるごとにマーケティングの実践学を説きました。まず、こういう会社にしたいという夢を持つ。夢があるから理想、そして理念が生まれる。その理念を目指すために指針ができて、それを具現化するための戦略、戦術が必要になる。この現実・執行機能が極めて大事なんです。マーケティングには成功しかない。成果が出なければ意味がありませんから。


失敗に学んで組織は変化します。そして会社の歴史が古くなっても、変えてはいけないものと、変えなくてはいけないものがあります。変えてはいけないのは、企業理念です。当社の理念は「美と健康を通じ、快適な生活にお役立ちする」。だから開発ではマンダムらしさにこだわる。これがなければ並みの会社になってしまう。変える必要があるのは時代とともに変化する価値観に柔軟に対応する頭脳だと思います。


成功するには、従来と同じことをやってはダメ。常識への挑戦という発想で開発を進めるとともに、具体的にどう若者に知らしめていくかという広告戦略を徹底的に練りました。間近に迫る70年代に求められる男性像のキーワードは「知性と野生と愛」。我々はこうイメージしました。そんな男性像に合う人物として、ハリウッド俳優のチャールズ・ブロンソンでした。
【覚書き|1960年代後半を振り返っての発言】


栗原洋の経歴・略歴

栗原洋、くりはら・ひろし。男性用整髪料で有名なマンダムの相談役

他の記事も読んでみる

大倉忠司

私の性分で、祭り上げられたり、特別扱いされたりすることも苦手なんです。だから社長室もありません。スチール机と椅子だけちょっとゆったりしたものを使わせてもらっています。椅子は合成皮革で1万5000円くらいですが、ヘッドレストとひじ掛けがあり、ちょっと偉そうなんですけど、それくらいしないと私の席がどこにあるのか分からない。互いに机をくっつけているので、よく隣の社員の荷物が私の机の上になだれ込んできていますしね(笑)。よく社員に言うんですよ。「社長は偉いわけではないんだ、責任が大きいだけなんだ」と。


中村友哉(経営者)

お客様と一緒に新しくサービスを作っていくことが必要になる。


兼元謙任

40代ともなると経験も積み、スキルもついてくる。これまでの積み重ねで仕事ができるので、手を抜こうと思えばできてしまう。だからこそ、仕事に情熱を注げる人と注げない人では、結果や成長に大きな差が出てしまう。


安田隆夫

お客様に対する貢献というのは、そのまま社会に対する貢献につながります。しかし、社会にはいろいろあって、必ずしもお客様だけではない。地域の特定の考えを持った住民の方々もそうですし、目の前のお客様だけが全てではない。社会は全方位に対応しなければならないということですね。


三島愼次郎

統合前はばら積み船やタンカーに依存していた。統合で品ぞろえが厚みを増したことで、特定の船舶の需要変動にさらされにくくなった。全体的に受注環境はよくないとはいえ、統合していなければもっと状況は悪かっただろう。


山下徹

画期的な汎用ツールを作ろうと精鋭を集めましたが、必ずしもうまくいきませんでした。革新は現場が起こすということを痛感しました。でも、ソフトウエアの自動生成を実現させよう、と号令をかけていたことはよかったと思います。そうしなければ、前進はなかったでしょうか。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その3】数ヶ月間、または数年間の株価の動きと企業業績の動きには相関関係が見られないことがよくある。しかし、長期にわたっては、企業の成功と株価の上昇には密接な関係がある。両者の不均衡に着目することが、株で利益を上げる秘訣である。成功している企業を辛抱強く持ち続けることが、必ずよい結果に結びつく。


吉村篤(不動産)

10年以上住んだ入居者には毎月の家賃を1万円下げることをオーナーに推奨しています。それでも高利回りが実現可能で、入居者に住み続けてもらうことで空室リスクを免れることができるのです。入居者に長く住んでもらうことはオーナーにとって、家賃収入が確実に入ってくることと共に、初期投資額の回収時期が見えるという利点もあります。目標の利益金額まで貸し出してから、住み続けたい入居者に安く譲る場合もありますし、新築に建て直して当社が分譲販売することもできます。この出口戦略の練りやすさは、古家投資ならではです。


漆紫穂子

大切な子供を預かる学校は、保守的、安全志向であることも大事ですが、準備で時間を費やしてしまってはいけません。完璧を期して準備に1年もかければ、来年の生徒はいいかもしれませんが、今年の生徒が得るものはゼロになるからです。だから安全性さえ確保できれば、6割くらい準備ができたところでチャレンジするようにしています。


杉山博孝

街というものは、時代を映して変わり、成長していくものです。最初の丸の内開発は明治・大正期。丸ビルが開業したのは1923年(大正12年)です。2回目の開発を行った当時は、日本が高度成長に向かい、オフィススペースの確保が最優先に求められた時代でしたが、20世紀の終わりごろから経済の状況が変わりました。人びとのライフスタイルも変わり、丸の内にも、ただ働くだけでなく、アメニティ(快適さ)や文化的なものが求められるようになりました。


トニー・レオン

僕は、成果や結果があまり重要だと思っていません。終わったあとに残る成果よりも、仕事が終わるまでの過程の方が、よっぽど価値が高いと思うのです。


鈴木義幸

コーチングとは、相手の考え方や能力、知識を最大限に引き出し、短期間で成果を出せるようにサポートしていくコミュニケーションスキルを意味します。相手の自発的な行動を促しながら、目標達成に向けその道筋を共につくりあげていくのです。