名言DB

9425 人 / 110833 名言

栗原洋の名言

twitter Facebook はてブ

栗原洋のプロフィール

栗原洋、くりはら・ひろし。男性用整髪料で有名なマンダムの相談役

栗原洋の名言 一覧

暖簾(のれん)にあぐらをかいた商売を続けていては、座して死を待つようなもの。だから商品政策を抜本的に見直すべきだと、当時の西村彦次社長に直言しました。社長も同意し、限られた予算の中で社内クリエイターを含むプロジェクトチームを作って新しい男性用整髪料の開発に取り組みました。


伝統は、ひとつ間違えると会社をつぶす。そう実感したのは、マンダムの前身である丹頂に入社して間もない高度成長期の真っただ中でした。会社の即戦力となって自分を試したいと喜び勇んで営業に出ると、自分が描いていた丹頂のイメージと実態とのギャップにショックを受けました。丹頂のイメージは中高年以上には堅実とか老舗という具合に良かったけれど、若者には野暮ったいと映っていたのです。


当社には「ギャツビー」「ルシード」という息の長いブランドがあります。絶えずブランドの鮮度を保ちつつ、新しいことに挑戦してきた成果です。伝統は、ひとつの理念に基づき時代の変化を上手くとらえれば、成長の役割を果たします。でも油断をすれば、発展の足かせになるのです。


社員には機会があるごとにマーケティングの実践学を説きました。まず、こういう会社にしたいという夢を持つ。夢があるから理想、そして理念が生まれる。その理念を目指すために指針ができて、それを具現化するための戦略、戦術が必要になる。この現実・執行機能が極めて大事なんです。マーケティングには成功しかない。成果が出なければ意味がありませんから。


失敗に学んで組織は変化します。そして会社の歴史が古くなっても、変えてはいけないものと、変えなくてはいけないものがあります。変えてはいけないのは、企業理念です。当社の理念は「美と健康を通じ、快適な生活にお役立ちする」。だから開発ではマンダムらしさにこだわる。これがなければ並みの会社になってしまう。変える必要があるのは時代とともに変化する価値観に柔軟に対応する頭脳だと思います。


成功するには、従来と同じことをやってはダメ。常識への挑戦という発想で開発を進めるとともに、具体的にどう若者に知らしめていくかという広告戦略を徹底的に練りました。間近に迫る70年代に求められる男性像のキーワードは「知性と野生と愛」。我々はこうイメージしました。そんな男性像に合う人物として、ハリウッド俳優のチャールズ・ブロンソンでした。
【覚書き|1960年代後半を振り返っての発言】


栗原洋の経歴・略歴

栗原洋、くりはら・ひろし。男性用整髪料で有名なマンダムの相談役

他の記事も読んでみる

福嶋康博

私は、事業を起こす際は必ず「ナンバーワンになろう」と思い、行動していました。それによって「どうしたらナンバーワンになれるか」という事業企画を考えるからです。単に会社を経営するのと、ナンバーワンを目指すのとでは、結果が大きく異なります。


ヴィットーリオ・アルフィエーリ

人間誰しも過ちを犯すものだが、犯罪に対して感じられる悔恨は、悪人と有徳者を区別する。


蛭子能収

人間はひとりで死んでいくのだから、もっとひとりの過ごし方、楽しみを覚えたほうがいいと思います。


深沢真太郎

数的な論理的思考にあまり慣れていない人は、話の内容を羅列したり、箇条書きにしがちだ。確かに箇条書きできれいに並べられていると、「整理」されているように見える。しかし並べただけでは、本当の整理とはいえない。整理するというのは、わかりやすくいえば、どこに何があるかわかる状態にすること。あるいは、必要なときにすぐに取り出せる状態だ。


萩原朔太郎

非常な善人と、非常な悪人とは、感じがほとんど同じです。


松本大

そこまでして創ったから大切なのではなくて、マネックスで頑張れば自分の人生がちゃんと充足できるように創ったから、僕はマネックスという会社が 大切なんです。要は僕が持っている、ビジネスマンとしてのものとか、一市民としての思いとか、ミッション、使命感とか、いろんなものがあるじゃないです か。それを全部まとめてマネックスに表現したつもりなんです。プライベートでも、あるいは市民としても、あるいは経営者としても、ビジネスマンとしても、 一市民としても、個人としても、マネックスにすべてエネルギーを費やすことで、たとえ1日20時間働こうが、何しようが、満足できるように、会社をデザイ ンしたんです。だから、大切というか、もう、マネックスが「僕」なんです。


柳井正

いつの時代も「世界は一瞬で変わった」とみんな錯覚するんだけど、本当はその前に変わっているんですよ。


松本大

経営者の仕事は決断することに尽きます。決断によって事態が良くなる確率が5割以上なら、理論上は決断をすればするほど成果が上がるわけです。すべての決断が奏功するのは難しくとも、7割は成功させたい。


御手洗冨士夫

流動性の高い社会は、せっかくその人材に投資しても辞めてしまうので、教育投資効率が悪いともいえる。終身雇用は安心して生涯教育ができる。それから、入社して一生勤めるつもりであれば、自分の会社を傷つけることはしないはず。終身雇用には文化的ガバナンスがある。


赤羽雄二

具体的なやり方、ノウハウを書いて部下に伝える。口頭では曖昧にしか伝わらず、再現できないので、文字で具体的に伝える必要がある。そして、部下に手本を見せる。部下が「クライアントの部長のアポがなかなか取れない」と言うなら、上司が目の前で電話をしてアポを取ってみせる。この2つを実践することで、部下の成長が加速する。