柿木隆介の名言

柿木隆介のプロフィール

柿木隆介、かきぎ・りゅうすけ。日本の医師、脳科学者。福岡県出身。九州大学医学部卒業。神経内科医として活動した後、ロンドン大学医学部神経研究所などを経て自然科学研究機構生理学研究所教授、国立大学法人総合研究大学院大学教授などを務めた。著書に『どうでもいいことで悩まない技術』『記憶力の脳科学』。

柿木隆介の名言 一覧

人生を左右するような大きな選択で悩み、決断することで、人はどんどん成長していく。だから、考えること自体は決して悪いことではない。

柿木隆介の名言|人生を左右するような大きな選択で悩み、決断することで、人はどんどん成長していく

横暴になる必要はないが、自分を一番に信じる。結果も他人の言葉も気にしない。これが悩まない最大の方法だ。

柿木隆介の名言|悩まない最大の方法

日常的な悩みのほとんどが、時間をかけて悩んでも仕方がないことだ。それなのにすべて平等に悩んでいると、せっかくの成長のチャンスがただのストレスになってしまう。

柿木隆介の名言|日常的な悩みのほとんどが、時間をかけて悩んでも仕方がないこと

悩みは先延ばしするのではなく、逃げるのでもなく、進んで解決のために動く。これが悩みを「いいストレス」として成長の糧に変える唯一の方法。

柿木隆介の名言|悩みを「いいストレス」として成長の糧に変えるには

予想外のことでパニックに陥ったとき、思考を整理するために一度立ち止まる。直感でこれだと思っても、罠がないか確認することが重要。

柿木隆介の名言|一度立ち止まることが大切

もし失敗しても、「もっと経験を積もう」と前向きに考えること。後悔すると、嫌な記憶が脳に残り、次の選択で迷いが生じる。

柿木隆介の名言|失敗を前向きに考える

柿木隆介の経歴・略歴

柿木隆介、かきぎ・りゅうすけ。日本の医師、脳科学者。福岡県出身。九州大学医学部卒業。神経内科医として活動した後、ロンドン大学医学部神経研究所などを経て自然科学研究機構生理学研究所教授、国立大学法人総合研究大学院大学教授などを務めた。著書に『どうでもいいことで悩まない技術』『記憶力の脳科学』。

ページの先頭へ