名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

柴田憲佑の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柴田憲佑のプロフィール

柴田憲佑、しばた・けんすけ。日本の経営者。「Crevo」社長。愛知県出身。中央大学商学部卒業後、ソフトバンクテレコムを経てPurpleCow(のちのCrevo)を設立。

柴田憲佑の名言 一覧

マーケティング目線でお客さまの達成したい目的を考え、それを柱に据えた動画のプランニングをしています。


動画の美しさは大切ですが、最も重要なのは、目的に合わせ、いつ、どこで、どのような形で動画を出すかを決めることです。


起業当時はベンチャー企業のお客さまが中心でしたが、最近では大手企業からの依頼も増え、また、大学の研究論文の内容を国内外の企業や一般の方でも理解しやすくするための動画制作の依頼など、求められる動画の種類も広がっています。今後もお客さまや市場が求める新たなニーズに応えられるよう、動画制作サービスの拡充に取り組んでいきたい。


当社が構築した効率的な動画制作のノウハウを他社にもオープンに使っていただけるように、動画制作会社向けのソリューションを提供していきたい。効率的な方法で生産性を上げれば提供価格が下がり、動画活用のハードルも下がると思います。


日本の企業は良いモノを作っているのに、プロモーションが苦手です。そうした問題を、短時間で情報量があり、分かりやすく説明できる動画を活用することで解決できると考え、今の事業を展開しています。


今後日本が向き合う労働力の減少という課題に対して唯一の解決策は、世界中の人と一緒に価値あるものを作ることだと感じ、グローバルワークができる環境をつくりたいと思ったのが起業のきっかけです。


柴田憲佑の経歴・略歴

柴田憲佑、しばた・けんすけ。日本の経営者。「Crevo」社長。愛知県出身。中央大学商学部卒業後、ソフトバンクテレコムを経てPurpleCow(のちのCrevo)を設立。

他の記事も読んでみる

細谷英二

後継者育成は企業風土を変える経営戦略作成よりも大事だと考えています。後継者の指名を間違えて衰退した企業もたくさんあるわけで、どう選抜するかが大きな焦点なのです。


竹田和平

人の言うことを真に受けて何かをしても、十のうち九は失敗します。だって、相手があなた自身のことを、あなた以上に本気で考えているはずがありませんから。


高宮敏郎(髙宮敏郎)

論理的な思考力や、それを記述する表現力が見直されています。この2つは社会に出てからも非常に必要とされるもの。


森本雄司

物があふれている中で価値を伝え、商品を入れ替え、その人たちのライフスタイルを考えて提案するなど、まさに人が人に接しているところでしか分からない。データはありますけど、データで次の予測はできない。いくらAI(人工知能)が進んだとしても感情は伝えられませんから。思いを伝えることはできません。


小山昇

もらうことだけ考えてたら情報は入ってきません。水にたとえて考えてください。溢れそうなコップを持って「もっと欲しい」と頼んでも渡す人なんかいない。まず自分の水を、ほかの人に分ける。そうすれば、相手もあなたの空になったコップに水を注いでくれるんです。


田口智隆

名投資家はプロとして、一瞬の判断の狂いが莫大な損失につながりかねない大リスクを背負って、常に緊張の伴う決断を強いられています。だからこそ、銘柄選択や売買タイミング認リスク対策において、一般の投資家とはひと味もふた味も違う哲学を持っているのです。


冨澤文秀

現在の技術でできることと、できないことがあります。それを判断するためには、世界の最新技術を常にチェックする他ありません。実現可能な範囲でどこまで挑戦できるのかを考えたゴール設定が重要です。


吉田忠裕

創業者が亡くなってから、「吉田忠雄記念室」という展示室で企画展を9回開催したのですが、私は第1回目のテーマに「創業者に叱られたこと」を提案しました。そのテーマに決定し、叱られたエピソードを社内で集めたら、多くの社員が手を挙げて「俺の話を聞いてほしい」と言うんです。叱られたこと、失敗したことを自慢したいんですね。それは、吉田忠雄との思い出を語りたいという気持ちと同時に、失敗というのが財産だということをみんなが気付いているからでしょうね。


稲盛和夫

最初は勝算も何もなく、どうすれば良いかという策も持っていませんでした。JALという会社はどういう会社なのか、どんな経営陣が残っているのか、それらを知ることから手探りでやらなければならない状況だった。
【覚え書き|JALの経営再建に取りかかった当時を振り返っての発言】


藤沢武夫

トップが一緒に行動する必要がどこにありますか。年中一緒にいるということは、裏を返せば、お互いの意思が完全につながっていないことを示すものではありませんか。縦糸さえ通っていれば、一見お互いにばらばらの行動であってもいいのではないでしょうか。
【覚書き|本田宗一郎との仲について聞かれたときの発言】


柳弘之

自身はナイジェリア、アメリカ、フランス、インドと、合計4カ国、18年間海外で仕事をしましたが、そのおかげで、これらの国々の市場と工場のことが肌感覚でわかります。この、海外のことが理屈ではなく肌でわかるということが、非常に重要なポイントだと思います。


佐々木正悟

段取りをするということは、あるプロジェクトのゴールに至るまでに必要なタスクを、カレンダーの上に順序良く並べるということです。プロジェクトのゴールがわかっていれば、必要なタスク自体はわかるはずです。