柴田健一(経営者)の名言

柴田健一(経営者)のプロフィール

柴田健一、しばた・けんいち。日本の経営者。大阪出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業後、日本生命保険相互会社に入社。国際投資部で外国株とファンドの投資業務に従事したのち退社し、ハーバード大学ビジネススクールでMBAを取得。ベンチャーキャピタルを経て独立。ベスタグ、ベンチャーリパブリックなどを経営している。

柴田健一(経営者)の名言 一覧

夜を徹して勉強するより、集中力が高まる朝の時間を活用したほうが、ずっと効率がいいのです。


会社員時代は朝6時に起きて、7時には会社近くの喫茶店に到着。2時間はたっぷり自分のために時間を使うことで、やりたいことを実現してきました。
【覚書き|柴田氏はMBAと米国公認会計士を独学で取得した】


現在は毎朝6時に起きて、会社近くのファミレスに直行し、ここでコーヒーを飲みながら、昨日のレビュー(復習)をしています。朝だと気持ちが前向きだし、昨日から一日経過しているから、冷静に自分と向き合えるんです。


柴田健一(経営者)の経歴・略歴

柴田健一、しばた・けんいち。日本の経営者。大阪出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業後、日本生命保険相互会社に入社。国際投資部で外国株とファンドの投資業務に従事したのち退社し、ハーバード大学ビジネススクールでMBAを取得。ベンチャーキャピタルを経て独立。ベスタグ、ベンチャーリパブリックなどを経営している。

他の記事も読んでみる

矢野博丈

お客さんの買い物スタイルが変わったら、当然、それに合わせて店づくりも工夫する必要があります。安ければそれだけで商品を買ってもらえる時期は過ぎました。安さが当たり前になれば、お客さんの要求はもっと高くなります。


ウォーレン・バフェット

初めから売りを考えて買うような株は、10分たりとも持ってはいけない。


前川孝雄

できる上司は「作業」ではなく「仕事」として任せる。必ず目的を明確にする。それを作業に落とす工夫の部分、つまり裁量を部下に任せてこそ、仕事を任せると言えるわけです。ダメな上司は、単に作業内容とスケジュールだけを伝えているのではないでしょうか。


森田英一

質問すると部下は考えるようになります。「この仕事の本来の目的は何?」「どうやったら成功すると思う?」、そうやって質問を繰り出すうちに、部下は考えながら仕事をする楽しさを感じ始めます。


カルロス・ゴーン

経営は車の運転と同じで、助手席に座って見ているのと自分が運転するのとでは全然違う。


森田勉(経営者)

東京の立川市にホテルを建てるっていうので、企画立案、将来予想、競合店調査、立川の風土・経済力・今後の動向などをすべてマーケティングして調べて、結局建てるのをやめさせました。というのも、お客さんは立川ではまずホテルを利用せず、みんな新宿のホテルに宿泊すると予測したからなんです。商圏が近すぎてバッティングしてしまい、立川に建てても商売になりませんよと提言したわけです。なんとそのおかげで、400億円の損失から免れることができたんですが、これも伝説になってますね。建てないで伝説を作るっていうのもおかしな話ですが(笑)。
【覚書き|ホテルオークラ勤務時代を振り返っての発言】


鳥羽博道

単なる1の働きはどんなに働いても1の成果しかない。しかし、アイディアをもって1の働きをすれば、5の成果が出る。つまり、アイディアが重要でアイディア次第で目標達成のスピードや達成の度合いが変わってくると考えています。


前刀禎明

今の日本で、与えられたことをただこなすだけ、つまり「自分の時間を売ってお金を稼いでいる」という人はまだ多いかもしれませんが、それではいずれ行き詰まります。


神戸守一

美味しいと喜んでもらえるものを作れば、人は来てくれるもの。材料にこだわり、ひとマネをせず、儲けに走らず。これが私の商売。


近藤宣之

いずれ切られる(かもしれない)と思っている社員が、会社のために力を発揮することはない。「自分は会社から大切にされている」という実感を持って初めて、社員は会社存続のために一所懸命働く。


南部靖之

私は最初から、社会の問題点を解決するということを経営理念として掲げていました。だから売上をいくら上げるとかということではなく、雇用を生むことによって社会問題を解決するということで人材派遣会社を創業したのです。まだ関西大学の学生だった24歳のときでした。


小山龍介

画期的なイノベーションは、計算式を解くようにして起こすことはできません。試行錯誤を繰り返しながら、あるとき思わぬところから偶然、発見されるもの。


松井忠三

守るべき原則がズレるとおかしなことになる。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

今後、世界はますます不安定、不確実、複雑、曖昧になってくる。これを乗り越えるには、ブレない信念が必要。


森田敏宏

やらなければいけないことがたくさんあるとき、あるいはありそうに感じているとき、頭の中が混乱し、やる気がなくなったことがあると思います。どんな仕事でも単独の作業で完結するものはあまりなく、たいてい複数の作業から成り立っています。それらをステップに分け、ノートや付箋を使って、頭の中にあることをすべて文字に書き出して「見える化」するとクリアになります。漠然と「やらなければいけないことがいろいろある」と思っているだけでは、不安になり、面倒くさくなってしまうもの。小さなステップに分解した後は、一つ一つのステップに集中して片づけていくだけです。


ページの先頭へ