名言DB

9412 人 / 110637 名言

柴田ヨクサルの名言

twitter Facebook はてブ

柴田ヨクサルのプロフィール

柴田ヨクサル、しばた・よくさる。日本の漫画家。北海道出身。高校卒業後、上京。漫画アシスタントを経て『谷仮面』でデビュー。代表作に『エアマスター』『ハチワンダイバー』。

柴田ヨクサルの名言 一覧

マンガを描くのって、何もないところにポンと何かを生み出すということなので、きついなぁとは思います。でもマンガだけじゃないですよね。現実って、きついじゃないですか。だからみんな、エネルギー源になるものを見つけないといけない。


エネルギー源はマンガを描くこと自体ですかねえ。ずっと籠って描いてはいるんだけれど、マンガの中で旅をしたり、いろんなことを経験できる。それと、キャラクターって一度生み出したら、自分が描かない限り動かないんです。だから放置するわけにはいかない。作り出したからには、そのキャラクターの目標を必ず成就させよう、という気持ちで、いつも描いています。


3人がアイドルを目指し挫折しながらも一生懸命頑張る、というのが基本の筋ではあるんですが、それをそのまま描いたら予定調和になってしまう。だから『プリマックス』はものすごく蛇行するんです。自分でもどうなるのか予想できない時があって。2巻に、ツバメ(登場人物)が突然観客に殴り掛かるシーンがあるんです。せっかく自分たちの踊りを見て盛り上がってくれているのに。読者もこんな展開、嬉しくないよなって思うんですけど、なぜか描いてしまう。「俺の好きなパターンじゃない」って離れていく読者もいると思います。でも「今まで見たことないものを見せます!」と思って描いているので……ファールになったとしても、ホームラン目指してブンブン大振りしていきます(笑)。


今、世界がきな臭くなってきていますよね。そんな中で日本は何ができるかって言ったら、独自の文化を広めることなんじゃないかと僕は思っていて。昭和の時代に文化が変な熟成を起こしていく中で、突然ぴょーんと出てきたんですよ、「カワイイ」っていう新しい概念が。これはほかの国にはないものだと思います。その先駆者でありアイコンがアイドルなんだと思います。これはほかの国にはない。本当にすごいですよ、日本のアイドルは。


柴田ヨクサルの経歴・略歴

柴田ヨクサル、しばた・よくさる。日本の漫画家。北海道出身。高校卒業後、上京。漫画アシスタントを経て『谷仮面』でデビュー。代表作に『エアマスター』『ハチワンダイバー』。

他の記事も読んでみる

常見陽平

採用担当者はネット上に書かれた悪い情報を見る。良い情報は面接時に話してもらうのであまり見ない。


川路耕一

アジアだけではありませんが、海外でビジネスをするにあたっては、人の「縁」が非常に大きい。


本田幸大

日頃の環境とは異なる場所に身を置くことによって突然、閃きが起こったり、新しいことに挑戦するアイデアが生まれたりする。


森川亮

集中力が高まらないなら、やはり無理に高めようとしないで、思い切ってやめた方がいいというのが私の考えです。寝るなり、食べるなり、お酒を飲むなりして、気分をリセットしましょう。人間は1日に我慢できる総量が決まっていて、睡眠を取るとリセットされるそうです。


山田淳

私がエベレストに登り、七大陸最高峰登頂の最年少記録を塗り替えたのは、2002年5月のこと。もしもエベレストではなく世界で最も難しいといわれるK2が目標であれば、まったく違うトレーニングが必要でした。真夏に登れるK2に対して、夏のモンスーンのせいで春と秋にしか入れないエベレストでは、耐寒トレーニングを重視しなければなりません。K2を目指すならさらに登攀(とうはん)技術を磨く必要もあったはずです。つまりエベレスト登頂という具体的な目標から逆算して計画を立てたからこそ、「最年少登頂」という記録を達成できたのです。


朝倉千恵子

上司にとっては、部下に正しく仕事を与え、仕事の何たるかを教え、能力を上げていくことこそ、その部下の上に立っ者として欠かせない礼儀だと常々考えています。


鎌田薫

これまでの社会では、大学生までに身に付けた知識で一生、生きていけるという考え方があった。でもこれからは卒業後も一生涯、勉強して能力を伸ばし続ける必要がある。


午堂登紀雄

1年間無収入でも生活できる程度の貯金するといいでしょう。いまは雇用状況が厳しいですが、選り好みをしなければ1年くらいで再就職先や転職先が見つかると仮定して、とりあえずは、その間の生活費があればいいのではないでしょうか。


陰山英男

世間から批判され、我慢するしかない時期もありましたが、ここまで辿り着いて思うのは、「最後に勝てばいい」ということです。


和田裕美

意見や思いには、心の中に確かにあっても、言葉以前のぼんやりとしたものである段階があると思います。それに真逆の主張をぶつけることで、鮮明なコントラストが生まれ、思いを明確な言葉にできることもある。


石黒成直

創業から80年間、TDKは磁性材料の特徴を生かした製品を、素材とプロセスの開発から手掛け、製品まで一貫して作ってきました。TDKの磁性に対する強い思いと、素材技術での強みは、今後の新製品、新事業を進めるうえでも競争力の拠り所であり続けます。磁性という揺るがないコア技術と、M&Aなどで得た新しいリソースを生かしてTDKは時代の要請に応える製品を提供し、グローバル市場の厳しい競争に勝ち抜いていきます。


加藤隆生

お金を生むか生まないかは、世の中が決めることで、僕らが戦略として考えることではありません。


本庄八郎

お客様第一主義が伊藤園経営の中核。お客様とは、商品を買っていただく消費者だけでなく、原材料の購買先、地域社会と私たちと取引や関係のある企業や人たちすべて。


石田淳(コンサルタント)

知り合いのトップセールスの中に、マネジャーとして成功した人がいました。その理由を尋ねると、ある人は「いつも失敗談を話していた」と答えてくれました。失敗談は相手の共感を呼び、親密度を増す効果があります。仕事以外のプライベートを明かしていくのもいいでしょう。いずれにしても同じ目線で話すことが大事です。


加留部淳

私は数字にこだわるつもりはありません。トヨタグループの「PDCAサイクル」のように、何をすべきか、その結果何が良くて何が悪かったのかをつかんで「カイゼン」する。数字を追うよりその過程を繰り返すことが、豊通をより強くする。