名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

柴崎友香の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柴崎友香のプロフィール

柴崎友香、しばさき・ともか。日本の小説家。大阪府出身。大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。咲くやこの花賞(文芸その他部門)、織田作之助賞大賞、芸術選奨新人賞、野間文芸新人賞、芥川龍之介賞を受賞。『きょうのできごと』『寝ても覚めても』が映画化された。

柴崎友香の名言 一覧

私は知らないところへ行って、細かいところを見てあれこれ考えるのが好きなんです。


これ(小説『公園へ行かないか? 火曜日に』)を読んで、何かやってみよう、と思っていただけたらいいですね。私も、わからない、何もできないみたいな状況でなんとかなった(笑)。自分が知らないもの、わからないものに興味を持ったり新しいことを始めてみたりするきっかけになればうれしいです。


これまでも身近なことを題材に(小説を)書いてきたので、「本当のこと?」と訊かれることが多いんですけれど、元になってことがあっても距離を置いて書いている。でも今回は、今までこんなに自分に起きたことを書いたことはなかったというものになりました。実体験率が高いし、自分の考えもストレートに書いている。こんな書き方は今までしたことがなかった。


アメリカに行っている最中から何かしらの形で書きたいと思っていましたが、「小説で」という気持ちがだんだん強くなりました。エッセイの方がしっかり道筋を追っていけるけれど、ここでのことは小説だからこそできる考え方の回路や感じ方で書きたいなと。ちょっと飛躍したり、妙なことが急に展開していったり。


(アメリカの公園は)あまりにも果てしなくて。私は大阪や東京の建物が密集した街に住んできたので、「これは、私が予想したパークではない」と。でも「パーク」といえばこういうところだという人もいたし、そのずれから見えてくることがいっぱいあって。ひとつの言葉、ひとつの出来事から考えられることが本当にたくさんありました。


この(アメリカでの)3か月、流れるプールで流されている感じだったんです(笑)。「来週、私、何しているんだろ?」とか、ランチに誘われ、車に乗ったはいいけど、「これ、どこ走っているんだろ?」とか、でもその状況って、つい自分の楽なやり方でしか行動しない日本にいるとなかなか体験できないことで。だからここでは飛び込んでおこうと思いました。そうじゃないとわからなかったこと、感じられなかったこと、そのわけのわからなさを形にしたいなと思いました。


コミュニケーションとは、言語とは、小説とは……そういうの、ひと言で割り切れない、線が引けるものではないというのが、強く感じることです。何に関しても複雑だし、入り組んでいる。それをそのまま伝えられたらと思って書いていました。結論はないし、考えはあっちに行ったり、こっちに行ったり蛇行しているので、「結局、どうなんだ」という感じになるかもしれないですけど、安易に線を引こうとするから、いろんなことに軋轢が出てくるんじゃないかとも考えたりしていたので、そのぐねぐねした道筋をたどって体感してもらえたら。複雑さを複雑なまま抱えながら。


(アメリカでの3か月間)以前から気になっていた、いま、多用されている「共感」という言葉についても一層考えました。たとえばSNSで自分と同じ考えを集めるの、すごく簡単なんですよね。「わかる、知ってる」って。でも、それはただ確認をしているのかもしれない。それだけならコミュニケーションは何のためにあるんだろうって。助けになる一方で、知らないこと、自分と違う考えを遠ざけてしまいがちな危うさもそこから感じていたんです。わからないからこそわかりたいとか、わからない人とやっていくため、どういう可能性があるのかを探るために、コミュニケーションってあるはずなんじゃないかと。そして、その間にある言葉って何だろう、何を伝えるためにあるんだろう、ということも、英語が第一言語ではない人たちと英語という言葉=道具を使い、どれだけ理解できるのか、伝えられるのかという状況のなか、毎日、考え続けていました。


柴崎友香の経歴・略歴

柴崎友香、しばさき・ともか。日本の小説家。大阪府出身。大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。咲くやこの花賞(文芸その他部門)、織田作之助賞大賞、芸術選奨新人賞、野間文芸新人賞、芥川龍之介賞を受賞。『きょうのできごと』『寝ても覚めても』が映画化された。

他の記事も読んでみる

野口晴巳

経営を預かる立場では、人の話をただ聞くのではなく、いったん自分の頭で考えてから判断しなければなりません。ということは、それまでの1.5倍から2倍は深く考えなければいけません。毎日何十回も手帳を開いては、事業や人事・組織に関することを含めて、こうすべきだということを書き込んでいきました。


細田治(経営者)

伝統と革新は相反するものではありません。商いとは時代対応業。何より大切なのは、お客様の価値観を常につかんでいくことです。


山田明良(経営者)

創業以来、弊社は主に名刺メーカー最大手から仕事を請け負ってきました。今も大切なクライアントです。ただ、2006年頃からじりじりと下請け仕事と利益が減少していました。強い危機感を感じるほど激減していたわけではなく、本当にじりじりとで、このまま右肩上がりになることはなさそうだなあ、ぐらいの、うっすらとした悪い予感があったんです。僕はアパレル業界出身でデザインが好きですが、弊社にはデザインの要素がまったくなかった。だから、ちょっとつまらなくて、何か新しいことをやりたいと思っていた。そんなときに、国立市の「つくし文具店」店主でデザインディレクターの萩原修さんと出会い、デザイナーと直接ものづくりができる「かみの工作所」というプロジェクトを一緒に立ち上げました。


高原豪久

変革には抵抗がつきものだが、なるべく抵抗が小さいうちに対処しないと、時間的にもエネルギー的にもロスが生じる。抵抗の拡大を防ぐには、周到に準備をすることが一番だ。「居合は鞘の内にあり」と言うではないか。


横山光昭

貯蓄は、口座を「使う」「貯める」「増やす」の用途別に分けるのがおすすめ。病気など万一の時のお金をプールする「貯める口座」があれば、「増やす口座」から切り崩さずに、貯蓄を増やしていくことができます。


哀川翔

遊び心がなかったら映画なんて面白くないでしょう。昆虫もそうだけど、オレなんか子供のころに楽しかったことを、カタチを変えながらもずっと継続してきたような気がしますから。20代のころって、背伸びしたくて忘れてたりするんだよね。釣りにしたってそうだし、大人になって手を出したゴルフにしても、考えたら親のクラブを持ち出して子供のころに遊んだりしてましたからね。


大橋博(教育者)

学校でのしっかりとした基本教育が、人間としての立ち振る舞いや学ぶ姿勢を作ると思いますので、我々としても常に生徒や学生との真剣勝負が続いています。


西成活裕

残業を減らすためにすぐにできることは、残業の5W1Hを洗い出すことです。「誰が、何を、いつ、どこで、なぜ」残業したのかを徹底して調べて、「どのように」改善できるかを考えます。たとえば、ある職員に残業の理由を聞いたら、「教授から問い合わせの電話が入って、対応に時間がかかってしまった」という。続けて、「なぜ問い合わせがきたのか」と聞くと、「書類の記入方法がわからないといわれた」と。では、なぜ記入方法がわからなかったのか。それは「書類のフォーマットがわかりにくいから」です。だったら、その書類を改善すればいい。


坂本孝

普通の会社なら、前例がなければOKは出せないでしょうが、私たちの場合は前例がないから良しとした。そこが成功のカギだったのでしょう。


川村隆

社内外の知見を横断的に集めて、徹底的に議論を戦わすことで、変革は絶え間なく実行される。


朝倉千恵子

最終的には、粘り強く真摯にやり続けられる人が伸びる。


松尾スズキ

初演は緊張したけど、出たかったし笑わせたかったな。そのうち、だんだん「今回は何で失敗したんだろう」ということが次にやる公演のモチベーションになっていきました。何回かやるうちに「客はどうやれば笑うのか」が見えてきて、2年か3年経った大学3年か4年の頃には劇場の客をほぼ全員笑わせられるようになったけど……そうなったら逆に目的を失い、芝居に疑問を持つようになりました。
【覚書き|大学の演劇研究会演劇を始めた当初を振り返っての発言】