名言DB

9412 人 / 110637 名言

柳橋仁機の名言

twitter Facebook はてブ

柳橋仁機のプロフィール

柳橋仁機、やなぎはし・ひろき。日本の経営者。クラウド人材管理ツール「カオナビ」社長。東京理科大学大学院基礎工学研究科電子応用工学専攻修了後、アクセンチュア、アイスタイルなどを経てカオナビを設立。

柳橋仁機の名言 一覧

人材マネジメントにおける基本は「相手を知る」こと。その第一歩が「顔と名前の一致」。


会社が成長するためにも、「人と会って話す」ことが何よりも大切。


マネジメントとは、あくまでも“人対人”の営みであり、「相手を知る」ことが大前提となる。


カオナビは従業員が持つタレント(能力や資質)やスキル、経験などの情報を一元管理し社内横断的に最適な人事配置を行う「タレントマネジメント」のジャンルですが、独自の「シンプルな仕組み」の思想のもと、企業の業種業態を問わず活用いただいています。


大学の先輩が創業者だったアイスタイルに移り、企業が成長していく様子を間近で見て、自分も起業しようと独立。しかし、当初は具体的な事業プランができず、人事コンサルやシステム受託業務で食いつなぎました。その後、顔写真を並べて並び替えができるシステムを作ってほしいという依頼を受けたのが「カオナビ」の原型になりました。


マンパワーだけに頼り過ぎず、ある種の仕組み化、視覚化を実践していくことが、企業の規模の拡大と成長を両立させるための欠かせないポイント。


人事の役割というと、一般的には、制度や研修などの手段を目的化しがちです。しかし、人手不足が問題となる昨今、既存の人的財産をしっかり活用するためにも、本来のゴールを見据え、人事制度の構築、運用などの手段にしばられないことが重要。


マネジメントの第一歩として、顔と名前が一致しなければ、評価はおろか会話さえもおぼつかない。組織全体のパフォーマンス向上を図るには、欠かせないポイント。


もはや分野にかかわらず、画一的なトップダウンの経営手法には限界が見え始めている。マネジメント層も、従来の人材管理のあり方を見直さねばならない時代が到来している。


ビジネスにおいては、人手不足や市場ニーズの多様化などを受け、現場で社員一人ひとりが考え、決断し、行動する力がより強く求められるようになっている。


HRコミュニティ「カオナビのWA」を始めたのは、カオナビに関係するすべての企業や人の共創・交流の場になるようにと。多くの企業が直面する新たな経営課題や人事課題を、セミナーや交流会を通じて各社の知見を共有することで課題解決につなげ、ひいては事業発展の後押しをしていきたい。セミナーではカオナビの活用事例紹介、有識者による講演や、ユーザー同士がオンライン・オフラインでディスカッションできる場も提供していきます。


柳橋仁機の経歴・略歴

柳橋仁機、やなぎはし・ひろき。日本の経営者。クラウド人材管理ツール「カオナビ」社長。東京理科大学大学院基礎工学研究科電子応用工学専攻修了後、アクセンチュア、アイスタイルなどを経てカオナビを設立。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・アレン(自己啓発)

自分と同じように、誰もが自分の心に従って生きていることを認め、それを尊重しましょう。人はそれぞれの心に導かれて生きているのです。あなたと違う考え方や価値観で生きている人たちがいるのは、当然です。


村瀬治男

どの企業でも、上のポジションに行けばいくほど応用問題を解くことを要求されます。そのとき、新しい分野で自分のポテンシャルを広げられるかどうかは、常日頃からの幅広い知識の習得にかかっています。


小倉昌男

人間にとって何がつらいといって、自分が何の役にも立っていないと感じるほどつらいことはない。仕事の価値は収入の多寡で決まるわけではない。その仕事を通じて社会にコミットメントして、世のため人のために役に立っているという実感が得られたときに初めて、私たちは働く喜びや生きがいを持つことができるのである。


木村宏

1999年、米たばこ大手RJRナビスコの海外たばこ部門を9400億円で買収する大型案件を決断した。その際も1から2か月ほどテンションが高い状態が続いた。2006年は英国のたばこ大手ガラハーの買収を決めた。総額は2兆2500億円以上と、RJR買収を上回る国内最大級の買収案件である。この案件では、最終交渉を始めるころから2・3か月にわたり、フル回転の状態だった。こうした長丁場の緊張状態に耐えられるのは、20代後半から30代初めにかけて火事場を経験させてもらったのが大きい。


アマーティア・セン

マハトマ・ガンジーが言っているのですが、「仕事の変化は一種のレジャーである」と。若いころは、この意味がよくわかりませんでした。仕事は何であれ厳しいもので、どう変わろうとそれが楽しみだとは思えませんでした。年をとったいまではこう思っています。疲れたなと思うのは、必ずしも肉体的に消耗したときとばかりは限らない。むしろ同じことの反復に飽きて、打込めなくなったときにこそ疲労するのです。


家本賢太郎

読みたい本があるのに、それを犠牲にして仕事ばかりしていると、逆に仕事のアイデアを逃してしまう可能性すらあります。


長谷川和廣

いまの時代、自分を鍛えるチャンスです。西洋には「荒波だけが優秀な船乗りを育てる」ということわざがあります。また、高校野球や高校サッカーなどは勝ち残っていくチームの選手はどんどん成長します。激戦の中を生き延びていくほど、人は成長します。ギリギリの勝負をするためには、自分の全身全霊をかけて戦わなければなりません。たとえそこで力尽きても、自分の力で戦ってきたという実力が身につくのです。


坂口幸雄

危機を乗り切れるかどうかは、優れた人材がどれだけいるかによって決まる。経営のポイントは人材の教育にある。私は社内教育を優先した。毎年1、2名を留学させている。エリート人材が活躍するには、学閥は大変に障害となるので、大学の指定はしていない。今でも社員の出身校はバラバラである。


阿部絢子

節約だけでは息が詰まってしまう。大切なのは、優先順位を付けること。


国谷裕子

問題の本質を見極めるため、考えるための軸線を明示し、提供していく役割がメディアに求められる。


大江英樹

行動を起こすにあたって、専門家などのアドバイスを聞くのもいいでしょう。ただし、自分の判断を最優先することを決して忘れてはいけません。私も、資産運用関迎のセミナーで講師を務めることがありますが、最後に「結局、何を買えば儲かるの」という主旨の質問をされる方がいます。これでは思考停止しているのと同じ。仮に何らかのアドバイスを得て、成功しても次につながりません。ぜひ、自ら考え、判断し、自分に合った資産形成の方法を見つけてほしいと思います。


瀧本哲史

「あいつは傍流だから、付き合わなくてもいいだろう」という考え方は危険です。ビジネスモデルの変化の激しい時代では、主流が壁にぶつかり、突然、傍流が主流となることがあります。


鳥羽博道

私がコーヒー豆の焙煎・卸から一歩進んでコーヒーショップ経営に乗り出したのは1972年のことだった。当時の喫茶業というと、私が考えるに、実に非効率な商売のように思えた。退廃的で不健康なイメージの店が多かったのである。そのまま進めば確実に日本の喫茶業は衰退してしまう。私の危機感は並大抵のものではなかった。何が何でもそれは避けたい。そのためには自ら日本の喫茶業に革命を起こさなければならない。その思いが「健康的で明るく老若男女ともに親しめる」というコンセプトのコーヒー専門店「カフェ・コロラド」を誕生させ、日本の喫茶業界に新風をもたらすことにつながった。


白石徳生

学生の頃から頭でっかちでは駄目です。実際、私も何の知識もなかったところから、純粋に人の意見を聞きながら、20年かけてスキルを身につけてきましたから。


樋渡啓祐

修正はしますが、反省も分析もしません。気分が暗くなるだけですから。ただ、人よりも速く走りたい。