名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

柳橋仁機の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柳橋仁機のプロフィール

柳橋仁機、やなぎはし・ひろき。日本の経営者。クラウド人材管理ツール「カオナビ」社長。東京理科大学大学院基礎工学研究科電子応用工学専攻修了後、アクセンチュア、アイスタイルなどを経てカオナビを設立。

柳橋仁機の名言 一覧

人材マネジメントにおける基本は「相手を知る」こと。その第一歩が「顔と名前の一致」。


会社が成長するためにも、「人と会って話す」ことが何よりも大切。


マネジメントとは、あくまでも“人対人”の営みであり、「相手を知る」ことが大前提となる。


カオナビは従業員が持つタレント(能力や資質)やスキル、経験などの情報を一元管理し社内横断的に最適な人事配置を行う「タレントマネジメント」のジャンルですが、独自の「シンプルな仕組み」の思想のもと、企業の業種業態を問わず活用いただいています。


大学の先輩が創業者だったアイスタイルに移り、企業が成長していく様子を間近で見て、自分も起業しようと独立。しかし、当初は具体的な事業プランができず、人事コンサルやシステム受託業務で食いつなぎました。その後、顔写真を並べて並び替えができるシステムを作ってほしいという依頼を受けたのが「カオナビ」の原型になりました。


マンパワーだけに頼り過ぎず、ある種の仕組み化、視覚化を実践していくことが、企業の規模の拡大と成長を両立させるための欠かせないポイント。


人事の役割というと、一般的には、制度や研修などの手段を目的化しがちです。しかし、人手不足が問題となる昨今、既存の人的財産をしっかり活用するためにも、本来のゴールを見据え、人事制度の構築、運用などの手段にしばられないことが重要。


マネジメントの第一歩として、顔と名前が一致しなければ、評価はおろか会話さえもおぼつかない。組織全体のパフォーマンス向上を図るには、欠かせないポイント。


もはや分野にかかわらず、画一的なトップダウンの経営手法には限界が見え始めている。マネジメント層も、従来の人材管理のあり方を見直さねばならない時代が到来している。


ビジネスにおいては、人手不足や市場ニーズの多様化などを受け、現場で社員一人ひとりが考え、決断し、行動する力がより強く求められるようになっている。


HRコミュニティ「カオナビのWA」を始めたのは、カオナビに関係するすべての企業や人の共創・交流の場になるようにと。多くの企業が直面する新たな経営課題や人事課題を、セミナーや交流会を通じて各社の知見を共有することで課題解決につなげ、ひいては事業発展の後押しをしていきたい。セミナーではカオナビの活用事例紹介、有識者による講演や、ユーザー同士がオンライン・オフラインでディスカッションできる場も提供していきます。


柳橋仁機の経歴・略歴

柳橋仁機、やなぎはし・ひろき。日本の経営者。クラウド人材管理ツール「カオナビ」社長。東京理科大学大学院基礎工学研究科電子応用工学専攻修了後、アクセンチュア、アイスタイルなどを経てカオナビを設立。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

「いい人」にならないためには、自分なりにこれは正しいと思う考えをしっかり持つことです。上司と考えが合わなくても、安易に妥協することなく、勇気を持って自分の考えを主張し、説得を重ねていく。


中原淳

組織が安定・安泰であるなら、それでもいいのでしょうが、惰性を獲得し、世間感覚を失った状態というのはリスクです。だから僕は、マネジャー以上の人に対して、積極的に社外へ越境して学ぶことを勧めています。


中桐啓貴

相談に来られる方の多くは30~50代。人生100年時代を前提に「何か対策を」という方が多いですね。ただ皆さん、自身の家計や資産状況を細かく把握しているかというと、必ずしもそうではありません。特に共働きのご家庭などは、財布が二つあるため案外アバウトな場合も見受けられる。私たちのような第三者に一度客観的に見てほしいというニーズは高まっているように思います。


松本幸夫

意外と盲点となりがちですが、ToDoリストで仕事をやり残した場合、やり残しの仕事を把握して帰ることが大切です。疲れたところで仕事をパッと切り上げてしまい、翌朝出勤した際、もう一度ゼロからどこまで仕上げたかを確認していると、午前中は確認作業だけで終わってしまいます。それを防ぐには、やり残した仕事を翌日分のToDoリストとして転記するだけ。これで、翌朝からの仕事がスムーズにスタートできます。


中鉢良治

ひとつの話題から連想を広げ、リンク先を探していくと、情報がどんどん連結していきます。知識とは、情報をつなげていく連結点のことです。つまり学びとは、情報をつなげていく行為だと僕はとらえています。そうしていかに情報やアイデアを拡張していけるか、これは、ビジネスマンにとっては必須能力なのではないでしょうか。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

勝利目前という場面でも、負け癖がついていると「ミスをするかも」といった考えが頭に浮かび、それが体を硬くさせ、ミスにつながってしまう。


綾辻行人

(『深泥丘奇談』は)オチのない話を書いてみる、というところからスタートしたんです。僕が書いてきた小説はミステリにしろホラーにしろ、何かしらの「解決」があるんですね。それをあえて排除して、オチのつかない投げっ放しの小説を、と。いつもはトリックから考えるんですが、このシリーズは真逆。こんな景色が出てきたら「変」だろうな、というところから作りました。面妖な風景や現象を思いついたら勝ち、みたいな。読者にどう受け止められるか不安だったんだけど、意外に好評でした。


大宮久

当社では欧米をはじめとする世界での日本食材卸網の構築に取り組んでいます。食というものはコンサバティブ(保守的)なものですから、根気強くチャンスを見極めて挑戦していくことが必要です。


新浪剛史

リスクは当然取らなければいけない。よく分からないリスクは取らないが、分かるリスクの中でもこれは取ろうよと。


一瀬邦夫

4店舗を経営するようになったとき、売り上げは伸びずに赤字続き。原因は僕自身にあった。従業員に辞められたら困るという気持ちから、僕は部下を叱れない社長になっていたんです。どうすれば部下を上手に指導できるのか。そんな悩みを抱くビジネスマンは多いと思いますが、結論から言えば、部下にモノが言えないリーダーには、部下のほうが失望するんですよ。


武永修一

毎月少しずつ会員さんの増え方が大きくなって、開設から2年後頃から急カーブを描いて増え始めたんです。そこでようやく「何とかなりそうだ」と思えるようになりました。


岩城賢

ライフプランナーと呼ばれる男性の営業社員が、お客様の家族構成や人生設計に合わせて詳しい保険プランを作り、その結果をプリントアウトして示す。既存の商品のお仕着せではなく、お客様の相談に乗って、人生に合わせた保険を提供する。その姿勢をパソコンの活用で強調しました。当時は、保険勧誘といえば女性の仕事という印象が強く、決め手はGNPと言われていました。G(義理)、N(人情)、P(プレゼント)というわけです。保険商品より人間関係が契約の決め手となっていたわけです。
【覚書き|ソニーからソニー生命社長になったとき、他社とどうやったら差別化できるか考えたことについて】