名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

柳内光子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柳内光子のプロフィール

柳内光子、やない・みつこ。日本の経営者。「山一興産」社長。東京都出身。兄とともに家業の建材業を継ぎ、内山コンクリート、山一興産を設立。そのほか、浦安商工会議所会頭、浦安観光コンベンション協会会長、社会福祉法人江戸川豊生会理事長、医療法人社団健勝会常務理事、学校法人草苑学園学園長などを務めた。

柳内光子の名言 一覧

困った時には原点に帰るというのが大事。


やはり「経営者」の考え一つだと思います。経営者のものの考え方と、おそらく価値観の違いが出る。


世のため人のためにお金を回す発想を持てば、それが結果的に従業員が安定した生活を送ることにつながり、ご家族が老後をどう過ごすかを考えることができる。


上からではなく、下から目線になることで相手にも自分の言い分をわかってくれたと思ってもらえます。そういう姿勢が大切だと学んできました。


命令調ではなく、目線を低くしてお願いすることで彼ら(職人)の印象は大きく違います。「申し訳ないですね」と謝れば「いいよ、いいよ」と言っていただけますからね。


大事なのは、どんな環境であろうと、寝たきりにさせないことです。寝たきりになるから介護が必要になるのです。その一歩手前でリハビリができる程度に保ちながら、一緒に家族などの健常者が過ごし、農業など働く場所がある。そういうコミュニティが実現できればいいのだと思います。


今は年金だけで食べていける時代ではありません。ある意味で、年金をあてにせず、一生働く覚悟が必要になるのかもしれません。そのためにも健康寿命を高めることが大事になってきます。20代、30代のうちから運動や和食中心の食事などに気をつける必要が出てくるでしょう。


中小企業のオーナー社長が生きていくためには、地場産業が活性化し、地域密着型のビジネスを展開していくしかありません。ですから、浦安の商工組合も含めて浦安商工会議所としてはどんなことでも困ったことがあれば相談に来て欲しいという姿勢を心がけているのです。


私は愛の溢れる形は絶対に食べ物だと思うんです。私が現場に行くときは仕事終わりのタイミングであればビールを、仕事途中であれば飲み物を差し入れたりもしましたが、やはり最も喜ばれたのは何といってもご馳走でしたね(笑)。


私の仕事に対する姿勢は自分の仕事に寄り添いながらも、仕事相手を褒めて思いやるというやり方なんです。反対に相手が怒っているときは一緒になって怒る。たとえその人が悪くても一緒になって怒るんです。心を寄せ合うことが大事なのです。そうすれば、相手も理解し、怒りも収まります。


柳内光子の経歴・略歴

柳内光子、やない・みつこ。日本の経営者。「山一興産」社長。東京都出身。兄とともに家業の建材業を継ぎ、内山コンクリート、山一興産を設立。そのほか、浦安商工会議所会頭、浦安観光コンベンション協会会長、社会福祉法人江戸川豊生会理事長、医療法人社団健勝会常務理事、学校法人草苑学園学園長などを務めた。

他の記事も読んでみる

山崎将志

大切なのは、自分に意見があるかどうか。相手に伝えたいことがあれば、臆することなく話せるはず。


仲谷善文

誰もが見捨てる後工程にこそ会社の活路があるのではないか。


齋藤正勝

毎日30分早く出社すると、偉い人に顔を覚えてもらえます。経営者や責任あるポジションにいる人ほど、早めの出社を実践しているものです。そういうキーパーソンから「あいつはいつも頑張っているな」と認識してもらうことが、異動や昇進など、思わぬところでプラスに働くこともあるはずです。


川崎秀一

業績が伴わないことには自信もつかない。業績が悪いと社員の顔もうつむきがちになりますから、まずは業績を立て直そうと。私も必死で構造改革を進め、経営基盤の強化を図るとともに、成長力を高めてきました。


東原敏昭

グローバルで勝つために、グループ内で統合可能なものは、できるだけ一緒にしていくべきだと考えている。事業やカンパニーごとに設立してきた販社も、近隣地域にあるのであれば間接コストを下げるために、大胆に統合していく発想が当然必要になる。


大川豊

現場に足を運ぶのが好きなのは、まあ、単純に「面白い」ってのが一つ。そして、もう一つは猜疑心かな。実際に自分の目で見て、頭で考えないと世の中を見誤っちゃう、という感覚があるんです。


佐野陽光

どんなにやりたいことをやって欲しいもの全て手に入れたとしても、周りの人たちが苦笑いだったらやっぱり嫌。


土井健資

弊社には、創業者の曾祖父や二代目社長の祖父が教えを書き記した古い冊子が伝わっています。曾祖父は明治34年(1901年)に「志ば漬」の製造と食品小売業を始めたわけですが、その冊子に創業期の苦労や家内工業ならではのノウハウなどを書き遺してくれました。祖父は、戦後、法人化するなど店を発展させましたが、「力以上のことをしてはいけない」といった商売上の教えを遣してくれていて、今も私どもの伝統として守り続けています。


鑄方貞了(鋳方貞了)

いつまでも経営を続けることはできません。まだ正常な判断ができるうちに、バトンタッチするのがベストだと思います。


マーガレット・サッチャー

豊かな人を貧しくしたからといって、貧しい人が豊かになるわけではない。それでも豊かな人を貧しくしたがるのは嫉妬です。嫉妬は人類最大の劣情。劣情に駆られた政治は決して良くない。


ウォルト・ディズニー

好きなことだけにのめり込んではいけない。他の分野へチャレンジできなくなってしまうからだ。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは馬鹿げたことだ。


矢野博丈

じつは、5年ほど前から「もしかしたら、もう会社はつぶれないかもしれない」と思うようになりました。業績が悪化してもどこかが買ってくれるだろうと。そうしてある程度安定してから、自分は人間として劣化してしまったなと感じるようになりました。つぶれるかもしれないという恐怖心があったからこそここまでやってこれたのです。