名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

柳内光子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柳内光子のプロフィール

柳内光子、やない・みつこ。日本の経営者。「山一興産」社長。東京都出身。兄とともに家業の建材業を継ぎ、内山コンクリート、山一興産を設立。そのほか、浦安商工会議所会頭、浦安観光コンベンション協会会長、社会福祉法人江戸川豊生会理事長、医療法人社団健勝会常務理事、学校法人草苑学園学園長などを務めた。

柳内光子の名言 一覧

困った時には原点に帰るというのが大事。


やはり「経営者」の考え一つだと思います。経営者のものの考え方と、おそらく価値観の違いが出る。


世のため人のためにお金を回す発想を持てば、それが結果的に従業員が安定した生活を送ることにつながり、ご家族が老後をどう過ごすかを考えることができる。


上からではなく、下から目線になることで相手にも自分の言い分をわかってくれたと思ってもらえます。そういう姿勢が大切だと学んできました。


命令調ではなく、目線を低くしてお願いすることで彼ら(職人)の印象は大きく違います。「申し訳ないですね」と謝れば「いいよ、いいよ」と言っていただけますからね。


大事なのは、どんな環境であろうと、寝たきりにさせないことです。寝たきりになるから介護が必要になるのです。その一歩手前でリハビリができる程度に保ちながら、一緒に家族などの健常者が過ごし、農業など働く場所がある。そういうコミュニティが実現できればいいのだと思います。


今は年金だけで食べていける時代ではありません。ある意味で、年金をあてにせず、一生働く覚悟が必要になるのかもしれません。そのためにも健康寿命を高めることが大事になってきます。20代、30代のうちから運動や和食中心の食事などに気をつける必要が出てくるでしょう。


中小企業のオーナー社長が生きていくためには、地場産業が活性化し、地域密着型のビジネスを展開していくしかありません。ですから、浦安の商工組合も含めて浦安商工会議所としてはどんなことでも困ったことがあれば相談に来て欲しいという姿勢を心がけているのです。


私は愛の溢れる形は絶対に食べ物だと思うんです。私が現場に行くときは仕事終わりのタイミングであればビールを、仕事途中であれば飲み物を差し入れたりもしましたが、やはり最も喜ばれたのは何といってもご馳走でしたね(笑)。


私の仕事に対する姿勢は自分の仕事に寄り添いながらも、仕事相手を褒めて思いやるというやり方なんです。反対に相手が怒っているときは一緒になって怒る。たとえその人が悪くても一緒になって怒るんです。心を寄せ合うことが大事なのです。そうすれば、相手も理解し、怒りも収まります。


柳内光子の経歴・略歴

柳内光子、やない・みつこ。日本の経営者。「山一興産」社長。東京都出身。兄とともに家業の建材業を継ぎ、内山コンクリート、山一興産を設立。そのほか、浦安商工会議所会頭、浦安観光コンベンション協会会長、社会福祉法人江戸川豊生会理事長、医療法人社団健勝会常務理事、学校法人草苑学園学園長などを務めた。

他の記事も読んでみる

飯野修一(経営者)

これだと思ったことは「徹底的に」やること。自分の得意分野を突き詰めれば、それが周囲からはみ出していても怖くありません、自信がありますから。自分なりの指針で自身をジャッジすることも大事。


田口佳史

指示を出す時に、みんなで話し合ったり合議していたら間に合いませんから独断で次々と指示を出す。「権力」とはその為にあるのです。だから権力者に不可欠なのが「人格」なのです。権力を持ちながら人格がないということになったら、国家や企業は混乱をして、何のためにリーダーがいるのかわからなくなります。


諸井貫一

企業経営は、大量生産だ、オートメーションだといわれる時代になればなるほど、かえってモラルを必要とするのではあるまいか。いまはPRの時代だという。たしかに世をあげて広告宣伝の時代になったが、それだからこそ本当に責任のもてる商品をつくらなければならない。


松田憲幸

父は何かにつけて行動が速い人でした。たとえば、旅先で誰かと一緒に写真を撮り、その写真を相手に送ってあげるとします。普通なら、1週間後か1か月後くらいに届けるという場合が多いと思うのですが、父に言わせると、それでは遅い。父は遅くとも次の日には発送します。それも知り合いだけではなく、旅先で偶然一緒になった人にも、同じように送るのです。きっと、相手は驚くと同時に、強い印象を持ってくれるでしょう。父は「速い」ことは相手への何よりのサプライズと考えているようです。現在父は71歳ですが、この点で私はまだまだ敵いません。


北上弘明

起業に必要なものは100%、アイデアだと思います。第三者の作為で多くの大手企業が風評被害を受けていた。業績や採用にも関係する部分なので企業のウェブ上の風評被害を解消する事業なら需要があると考え事業化しました。


茂木友三郎

アジアはしょうゆ文化圏ですから、その国の経済力が十分でないうちに、他社の安いしょうゆが市場にあふれるかもしれません。安売り競争をするつもりはまったくありませんから、そのときはアジアと同時に南米に入っていくことも考えています。南米の所得はまだ高くありませんが、肉が主食の地域です。肉としょうゆは相性が良く、期待できます。


大喜多寛

私たちメーカーができることは、クルマ本来の走る楽しさを実感してもらえるようなモデルを積極的に投入していくことです。日本ではワンボックスやSUVなどの実用的なクルマがとても増えてきました。だからこそ、アウディを含めて輸入車の役割は、ワクワクするような走りのクルマ、魅力的なデザインのセダンやクーペを提供し続けることです。そうすれば「輸入車っていいなぁ」「いつかは輸入車に乗りたいなぁ」という気持ちを喚起できるし、ユーザーを取り戻すチャンスはあると思っています。


エスティ・ローダー

最も幸せな瞬間は、店頭でのデモンストレーションや顧客とふれあうこと。
【覚え書き|晩年に語った言葉】


北尾吉孝

常務以上にならなかったら野村(證券)を辞めようと考えていました。この会社で僕の才や人物が生かされないなら鶏口となるも牛後となるなかれ、小さいところでも自分が思い切り働ける職場で働きたいという思いでした。会社の中で自分が主体的に生きるということは僕にとって非常に大事だった。


田崎正巳

30代は20代で経験したことや、自分の希望、実力などを鑑みて、得意分野、得意技を絞り込んでいくことが重要である。20代で経験したすべてのことを自分の強みにすることはできない。そこで一度、何が必要で、何が必要でないかを熟考してみる。そして、自分の仕事の意味合いを理解することも必要だ。20代のときのように目の前の仕事に没頭するだけでなく、自分の仕事のなかでどういう位置づけにあるのかを理解し、推し量る時期でもある。


佐古一

これからは建設業もソフトで勝負の時代だ。
【覚書き:建物を建てるハード面だけでなく、お客さんのニーズを聞いたり、それに対して技術・資金計画も含めて提案するようなソフト面が今後重要になってくるという趣旨の発言】


鈴木敏文

数値目標は「一人歩きをする目標」にもなれば、「自分の殻を破る目標」にもなる。重要なのは、何のための目標なのか、意味合いが組織の中できちっと理解されていることです。