柳井正の名言

柳井正のプロフィール

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

柳井正の名言 一覧

危機感がなければ企業経営をやっていても意味がありません。企業は安定することはなく、変化をし続けます。変化がなくなってきたとしたら、それは倒産の前兆です。

柳井正の名言|変化がなくなってきたとしたら、それは倒産の前兆

チャレンジしない人生は、意味がない。
チャレンジしない企業も、意味がない。

柳井正の名言|チャレンジしない人生は、意味がない

ビジネス=実行です。ビジネスは、勉強とは違います。勉強しても、できなければ意味がない、それがビジネス。

柳井正の名言|ビジネス=実行

エネルギーがある若いうちに徹底的に勉強して、徹底的に実行することが財産になる。自分で判断する場面をたくさん経験しないと、成長していけないと思う。

柳井正の名言|自分で判断する場面をたくさん経験しないと、成長していけない

上に立つ人が強いチームを作ろうと思ったら、部下がどういう気持ちで仕事をしているかを理解しないといけない。

柳井正の名言|強いチームを作ろうと思ったら、部下がどういう気持ちで仕事をしているかを理解しないといけない

海外で店を作ることは苦労も多いけれど、リスクを取って取り組むからこそ、得られるものも大きい。

柳井正の名言|リスクを取って取り組むからこそ、得られるものも大きい

我々は零細企業から出発した会社です。私を含めて経営陣の中には、まだ現場の感覚が残っている。現場の感覚を持ちながら高い意識で経営にあたってきたから、うまくやってこられたんじゃないでしょうか。

柳井正の名言|現場の感覚を持ちながら高い意識で経営にあたってきたから、うまくやってこられた

世界一にならない限り儲からない。世界一でない限り成長できない。

柳井正の名言|世界一にならない限り儲からない

理想を持つと持たない、夢を持つと持たないでは全然違う。

柳井正の名言|理想を持つと持たない、夢を持つと持たないでは全然違う

勉強するかしないか。勉強しない限り、あとは衰退するだけ。ベテランになればなるほど、駄目になる。それは勉強しないから。

柳井正の名言|勉強しない限り、あとは衰退するだけ

経営者にはある種の覚悟が必要だと思いますし、熱の無い人はダメですよ。クールと熱がないのをはき違えて、淡々と偽紳士みたいにやっている人はダメ。

柳井正の名言|熱の無い人はダメ

人格は重要。いい人はいい人を使えるけれど、悪い人はいい人を使えない。

柳井正の名言|いい人はいい人を使えるけれど、悪い人はいい人を使えない

たとえ再建に失敗したとしても、失敗した人のほうが見込みがあります。何もしない人が一番ダメ。

柳井正の名言|失敗した人のほうが見込みがある

会社を沸騰させて飛び上がるほど熱くしないと、普通のサラリーマン体質の人には危機感が伝わらない。

柳井正の名言|会社を沸騰させて飛び上がるほど熱くしないと

僕は常日頃から会社というのは、何も努力せず、何の施策も打たず、危機感を持たずに放っておいたらつぶれる、と考えている。

柳井正の名言|危機感を持たずに放っておいたらつぶれる

一足飛びの成功はありえない。毎日、少しずつ前進していけば、いつか成果を収めることはできる。

柳井正の名言|一足飛びの成功はありえない

前もって考えて、いろいろ準備をしていないと、チャンスがきても見逃してしまう。

柳井正の名言|前もって考えて、いろいろ準備をしていないと、チャンスがきても見逃してしまう

根無し草の生活は長続きしない。人間には、やっぱり拠って立つところがないとダメ。

柳井正の名言|人間には、やっぱり拠って立つところがないとダメ

誰にでも得意な分野があるはず。必死になって10年間磨いていったら、必ず活路は拓ける。

柳井正の名言|必死になって10年間磨いていったら、必ず活路は拓ける

こんな時代にどうやって希望を持てばいいのかと思っているかもしれませんが、希望を持たないと生きていけない。それも、社会にではなく、自分に対して希望を持つこと。

柳井正の名言|希望を持たないと生きていけない

失敗から学んでいくしかない。試さないで失敗するのが一番よくない。

柳井正の名言|失敗から学んでいくしかない

自分が主役だという信念を持ち、自分に期待すれば活路は拓ける。

柳井正の名言|自分が主役だという信念を持ち、自分に期待すれば活路は拓ける

自分に期待すれば、どんな人でもいろんな夢を持って、実現できる。「ひょっとしたら自分はこういうことができるんじゃないか」って僕は思えたからいまがある。

柳井正の名言|自分に期待する

いつの時代も「世界は一瞬で変わった」とみんな錯覚するんだけど、本当はその前に変わっているんですよ。

柳井正の名言|本当はその前に変わっている

全ての企業が創業期になる。創業期だからこそ、どんな企業も根源を改めて問い直す必要がある。それなしには決して成り立たない。

柳井正の名言|全ての企業が創業期になる

今までの産業分類というのは、既存の事実を積み上げた常識が範囲を決めていると思うんです。でも今から来る世界は、産業分類を超えていく。

柳井正の名言|今から来る世界は、産業分類を超えていく

明日の仕事を今日するのが経営だ。

柳井正の名言|明日の仕事を今日するのが経営だ

単純労働から知識労働に変わらない限り、付加価値を上げられない。

柳井正の名言|単純労働から知識労働に変わらない限り、付加価値を上げられない

最も大きいのは社員の意識の問題。物理的なことよりも、社員の習慣や仕事のやり方の見直しが、大きな挑戦になる。

柳井正の名言|社員の習慣や仕事のやり方の見直しが、大きな挑戦になる

すべての企業が新たな創業期。我々もいま、創業している最中。

柳井正の名言|すべての企業が新たな創業期

問題は、失敗と判断したときに「すぐに撤退」できるかどうかだ。

柳井正の名言|問題は、失敗と判断したときに「すぐに撤退」できるかどうかだ

外に出ないと生き残れない。だから、宇部を出て広島へ、東京へと出て行き、世界にも店舗を広げていったのです。

柳井正の名言|外に出ないと生き残れない

人間はいつか死ぬ。生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか。

柳井正の名言|生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか

いつ死ぬか分からないなら、生きているうちに自分ができることをやったらいい。本気でやれば、できないことはない。

柳井正の名言|本気でやれば、できないことはない

自分で考えなければ、実際の行動に移せない。

柳井正の名言|自分で考えなければ、実際の行動に移せない

世の中はもう危機だらけで、危機を楽しみながら、どうやって世界を変えていくかを考えないといけない。

柳井正の名言|危機を楽しむ

自分から変わろうと思わないといけない。評論家や傍観者ではダメだ。

柳井正の名言|自分から変わろうと思わないといけない

あらゆることは原点に返って、目的は何なのか、結果としてどういうものが必要なのかということを、よく考えないといけない。

柳井正の名言|原点に返ってよく考えないといけない

誰も期待しないのであれば、少なくとも自分が自分に期待しないといけない。

柳井正の名言|少なくとも自分が自分に期待しないといけない

経営者に熱意がないと何も始まらない。

柳井正の名言|経営者に熱意がないと何も始まらない

経営者がいいかげんな仕事をしていたら、社員は絶対に仕事をしない。

柳井正の名言|経営者がいいかげんな仕事をしていたら、社員は絶対に仕事をしない

熱意を伝えようと思えば、何千回、何万回と同じことを、本当にイヤになるくらい言い続けなければならない。それも心をこめて真剣に語ることが大切。

柳井正の名言|心をこめて真剣に語ることが大切

会社は、経営者次第、トップ次第。うちの海外事業を見ても、うまくいっているところと、うまくいっていないところ、全部トップで決まっています。

柳井正の名言|会社は、経営者次第、トップ次第

部下の欠点ばかりを指摘する上司もいますが、欠点に目をつむって長所を活かすことのほうが大切。

柳井正の名言|欠点に目をつむって長所を活かすことのほうが大切

社員の長所を伸ばして活かすのも経営者の仕事。

柳井正の名言|社員の長所を伸ばして活かすのも経営者の仕事

自分より相手のことを考えている人は、これからの時代、必ず活躍できる。

柳井正の名言|自分より相手のことを考えている人は、これからの時代、必ず活躍できる。

商売というのは体得です。経営も体得。知識でできるなら学者がみんな経営者になっていますよ。

柳井正の名言|商売というのは知識ではなく体得

会社には夢がないといけない。ダメな会社ほど夢がない。夢がなくて、昔のことばっかり考えている。

柳井正の名言|会社には夢がないといけない

いい会社、いい組織をつくろうと思ったら、当たり前のことが当たり前にできるようにすること。

柳井正の名言|当たり前のことが当たり前にできるようにする

傲慢になると、人は小さなこと、部下のちょっとした心の変化などに気づけなくなる。

柳井正の名言|傲慢になると、人は小さなこと、部下のちょっとした心の変化などに気づけなくなる。

未来をつくるのが経営者。

柳井正の名言|未来をつくるのが経営者。

オンリーワンでは世の中を変えられない。ナンバーワンでなければならない。

柳井正の名言|オンリーワンでは世の中を変えられない。ナンバーワンでなければならない。

知らせなければ誰が買ってくれるんですか?
【覚え書き|広告宣伝についての発言】

柳井正の名言|知らせなければ誰が買ってくれるんですか?

あらゆる産業においてナンバーワンが儲かります。ナンバーツーやナンバースリーはそこそこ儲かり、それ以外は儲からない。

柳井正の名言|ナンバーワンが儲かる

時代が変わったという事をもっと認識してほしい。年寄りの言う事を聞いていたら駄目。

柳井正の名言|年寄りの言う事を聞いていたら駄目

リーダーシップとハングリーさが欠けている事は経営者やリーダーとして致命的です。与えられるのを待っているような人は駄目です。

柳井正の名言|与えられるのを待っているような人は駄目

未来を創るのが経営者です。未来を創るという事は、ある意味ではクリエイターなのです。

柳井正の名言|未来を創るのが経営者

自分たちは、世の中に役立つものをこれからもつくり続けなければいけない。

柳井正の名言|自分たちは、世の中に役立つものをこれからもつくり続けなければいけない

真っ当に生きれば、怖いものはない。

柳井正の名言|真っ当に生きれば、怖いものはない。

店を開けていればお客様は来て当然、売れるのは当たり前と考えるのは大間違い。

柳井正の名言|店を開けていればお客様は来て当然は大間違い

去年と同じことをやっていたら、お客様はどんどん減って行く。

柳井正の名言|去年と同じことをやっていたら、お客様はどんどん減って行く

経営で一番大切なのは顧客の要望に応えることである。顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない。

柳井正の名言|顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない

ライトノベルやハウツー本を読んで、偉くなったり、本当にいい経営者になった人はいない。

柳井正の名言|ライトノベルやハウツー本を読んで、偉くなったり、本当にいい経営者になった人はいない

顧客の創造が重要です。お客さんが来て「これください」と言われてはじめてビジネスが成立するのです。

柳井正の名言|顧客の創造が重要

会社は自分の為にあるわけではありません。社員の為でもありません。お客様のためです。

柳井正の名言|会社はお客様のためにある

終点はありません。企業は満足したらそれで終わりです。

柳井正の名言|企業は満足したらそれで終わり

経営者の覚悟とは「会社が存続して成長していく為だったら何でもやる」という気概です。その先頭に立つ覚悟を持つべきです。

柳井正の名言|経営者の覚悟

逃げたらダメ。砕けても良いから正面から突破することを考えるのが企業家ではないでしょうか。その姿を見たら、絶対誰かが協力してくれるはずです。

柳井正の名言|砕けても良いから正面から突破することを考えるのが企業家

単純に商品が良いだけでは売れません。我々が何を目指しているかを理解していただいて初めて商品が売れると考えています。

柳井正の名言|単純に商品が良いだけでは売れない

ブランド戦略=企業創りなので、ブランドをどのように伝えていくかが重要。

柳井正の名言|ブランド戦略=企業創り

「その会社やその事業が無いと困る。世界にとってその会社が絶対必要だ」と思われる企業にしたい。

柳井正の名言|目指すべき企業像

世の中を変えるにはナンバーワンでなければならない。

柳井正の名言|世の中を変えるにはナンバーワンでなければならない。

ビジョンなき事業は売った方がいい。

柳井正の名言|ビジョンなき事業は売った方がいい。

重要なのは成長し続けること。僕は死ぬまで成長したい。それが一番いい人生だと思うんですよね。

柳井正の名言|僕は死ぬまで成長したい

考えないと、会社というのはすぐ潰れます。

柳井正の名言|考えないと、会社というのはすぐ潰れます。

未来に向かって次はこういうことをやろうと考えないと、いまのこの位置すら危ない。

柳井正の名言|未来に向かって次はこういうことをやろうと考えないと、いまのこの位置すら危ない。

昔のことを振り返るのではなく、つねに将来のことを考えないといけない。だから危機感がないところには未来はない、と思います。

柳井正の名言|昔のことを振り返るのではなく、つねに将来のことを考えないといけない

個人でも、企業でも、国でも同じ。安心感を持った途端に終わりなんです。「これで達成した」と思った途端に終わり。

柳井正の名言|安心感を持った途端に終わり

現場を経験することは、すごく大事。上から下を見るだけでなく、下から上を見る。上下両方とも経験することで、偏りなく見ることができますから。

柳井正の名言|現場を経験することは、すごく大事

自分から進んで、仕事の幅を広げていく必要がある。

柳井正の名言|自分から進んで、仕事の幅を広げていく必要がある。

経営者が「善い」ことをしようとしているからこそ、周囲は協力する。

柳井正の名言|経営者が「善い」ことをしようとしているからこそ、周囲は協力する。

日米欧など国・地域によって経営スタイルは違うと言われるが、原理原則はどこでも一緒。

柳井正の名言|原理原則はどこでも一緒

まだ小さな会社でも、夢に共鳴する人が多ければ、事業を拡大できる。

柳井正の名言|まだ小さな会社でも、夢に共鳴する人が多ければ、事業を拡大できる。

経営者には高い倫理観が求められる。悪だくみや単なる金儲けのために協力してほしいと求めたら、社員も取引先も手を差し伸べてはくれない。

柳井正の名言|経営者には高い倫理観が求められる

最も重要なのが顧客だ。顧客が不在なら、そもそもビジネスは成立しないからだ。

柳井正の名言|最も重要なのが顧客

困難な時代だからこそニーズが産まれる。

柳井正の名言|困難な時代だからこそニーズが産まれる。

既存の枠組みを超えない限りチャンスはつかめない。

柳井正の名言|既存の枠組みを超えない限りチャンスはつかめない。

本当のイノベーターは辺境から現れる。

柳井正の名言|本当のイノベーターは辺境から現れる。

仕事は自ら創り出すもの。仕事を見つけるのではなく発明するものです。

柳井正の名言|仕事は自ら創り出すもの。仕事を見つけるのではなく発明するものです。

つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべきです。トップが夢を実現しようといわない限り、社員は信用しない。

柳井正の名言|つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべき

自分の頭で考えて、実行できる人。こういうものを絶対に作りたいという理想や希望を持って、人の力を引き出せる人でなければ経営者は務まりません。

柳井正の名言|理想や希望を持って、人の力を引き出せる人でなければ経営者は務まらない

日本の経営者の多くが勘違いしています。経営は勉強でなく実行です。ビジョンを作って、全社員の力を使って成果を出す。調査や分析が1としたら、実行が30です。

柳井正の名言|経営は勉強でなく実行

失敗してもそれを認識して行動し、また失敗しても最後までやる。それを早くやれば、絶対に成功する。

柳井正の名言|絶対に成功するには

規模が大きくなってもやることは変わらない。同じことをやって、より多くの人を幸せにできて、社会に貢献できる。利益を伴っている限り、成長するほどいい。

柳井正の名言|利益を伴っている限り、成長するほどいい。

働く人も経営者もサプライヤーさんも、成長しない会社に何の楽しみがあるんですか。

柳井正の名言|働く人も経営者もサプライヤーさんも、成長しない会社に何の楽しみがあるんですか。

即断、即決、即実行。考えてもわからないことはサイコロを振れ。またわからなかったら周囲の人に聞け。今はスピードが大切。

柳井正の名言|考えてもわからないことはサイコロを振れ

常に今日、スタートしたばかりと思って、革新・挑戦し自分を変えていくということが大切。

柳井正の名言|自分を変えていくということが大切

当社は大きくはありません。大きいことはいいことではありません。大きくなると動きが鈍くなる。もっと俊敏にならないと。

柳井正の名言|企業が大きいことはいいことではない

これで安心してはいけません。世界にはまだまだすごい会社がある。世界に通用する会社になるには今のままではいけない。将来に向けて自分たちを変えていかないと。

柳井正の名言|よりすごい会社を目指す

絶対にこの事業をやりたいという強い思い、情熱があるかどうか。パッションがなければ成功できません。

柳井正の名言|パッションがなければ成功できない

人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。

柳井正の名言|人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。

最近は金儲けの手段として事業をやる人が多すぎます。それでは一定のところまででお終いだし、自分が死んだら終わりです。

柳井正の名言|金儲けのための事業は一定のところまででお終い

社会にとっていい事業、お客様にとっていい事業をやろうと思うことが大切です。そうした事業がお客様に評価されてはじめて売上が上がり、成長できる。

柳井正の名言|成長する事業の条件

若い企業家の中には上場して終わりという人も見受けられる。それでは駄目。一生の仕事としてやってもらいたいですね。

柳井正の名言|企業家は一生の仕事

会社とは経営者そのもの。

柳井正の名言|会社とは経営者そのもの。

強い思いと執念、最後の一線はそこに尽きます。

柳井正の名言|強い思いと執念、最後の一線はそこに尽きます。

自分はまだまだだと、未熟だと思っていないと長期的に成長しません。

柳井正の名言|自分はまだまだだと、未熟だと思っていないと長期的に成長しません。

経営者は好き嫌いはいっていられません。世の中がその方向に動いているなら素直にそれに従うべきです。

柳井正の名言|世の中がその方向に動いているなら素直にそれに従うべき

経営とは矛盾を解決することに尽きると思います。矛盾は解決できると思わないと駄目だし、矛盾解決が社長の役割です。

柳井正の名言|矛盾解決が社長の役割

「ピンチ=チャンス」「チャンス=ピンチ」だと思います。苦しければ苦しいほどチャンスは大きい。

柳井正の名言|苦しければ苦しいほどチャンスは大きい。

自分はこれをやりたいと心底思わないといけない。人の意見でやっていては駄目です。

柳井正の名言|人の意見でやっていては駄目

自分で業界を創るという覚悟がなければ絶対大成功はありえない。

柳井正の名言|自分で業界を創るという覚悟がなければ絶対大成功はありえない。

買収されるのが嫌なら上場するなと言いたい。上場したということはうちの会社売りますということです。経営者は高く売れるように経営すべきです。

柳井正の名言|買収されるのが嫌なら上場するなと言いたい

クローズドになったら進化が止まってしまうし、それで成功した会社は存在しない。

柳井正の名言|クローズドになったら進化が止まってしまうし、それで成功した会社は存在しない。

現実を知らない限り、リーダーシップは発揮できない。

柳井正の名言|現実を知らない限り、リーダーシップは発揮できない。

一直線に成功ということはほとんどありえないと思う。成功の陰には必ず失敗がある。

柳井正の名言|成功の陰には必ず失敗がある

僕の場合、仕事は30歳前後から面白くなってきました。いろんなことを体験して、自分の感覚とか、立ち位置みたいなものがつかめるようになってから。

柳井正の名言|仕事は30歳前後から面白くなってきた

チャンスはあらゆる人の前を通っている。でも、ほとんどの人は気づかない。「もし、こうなったら」っていうことを前もって把握し準備して、自分から取りに行かなきゃチャンスは掴めない。

柳井正の名言|自分から取りに行かなきゃチャンスは掴めない

日本は自主規制みたいなことがすごく多いんですよ。その自主規制が日本人とか、日本の企業を駄目にしていると僕は思います。

柳井正の名言|自主規制が日本人とか、日本の企業を駄目にしている

少しだけ無理して壊れないことが大切。「無事これ名馬」なんですよ、人間も。少しだけ無理して生きないと。

柳井正の名言|少しだけ無理して壊れないことが大切

世界中の英知が集まり、文化と文化がぶつかり合うことで新しい発想が生まれてくる。

柳井正の名言|文化と文化がぶつかり合うことで新しい発想が生まれてくる

新しいことをやろうと思ったらほとんどが失敗ですよ。あきらめないで失敗から学習し、将来に生かす。これを繰り返すから成功につながる。

柳井正の名言|あきらめないで失敗から学習し、将来に生かす

ピラミッド型の組織、秩序ではなかなか新しいものは生まれない。

柳井正の名言|ピラミッド型の組織、秩序ではなかなか新しいものは生まれない

様々な人種が集まる場では、階層がかえって邪魔になる。

柳井正の名言|様々な人種が集まる場では、階層がかえって邪魔になる

「できない理由」を考えるために考えるのではなく、僕は「できる理由」を考える。どうやったらできるかを考え、着々と実行していけばできる。

柳井正の名言|どうやったらできるかを考え、着々と実行していけばできる

世界で甘い企業で成功している企業は一社もない。とくに労働集約的な産業で甘い企業で成功している企業は一社もないと思う。

柳井正の名言|世界で甘い企業で成功している企業は一社もない

日本で一番心配なのは「ゆでがえる状態」だということです。株価が上昇しているだけで、景気は決してよくありません。今は金余りで投機に向かっていますが、その資金が実事業に向かうようになった時が本当の景気回復だと思います。

柳井正の名言|資金が実事業に向かうようになった時が本当の景気回復

不安や失敗ばかり考えているから、失敗する。

柳井正の名言|不安や失敗ばかり考えているから、失敗する

安全に階段を上がっていくような世界は、ビジネスではあり得ない。

柳井正の名言|安全に階段を上がっていくような世界は、ビジネスではあり得ない

海外で失敗して帰ってきた人も、銀座の旗艦店で店長をやっています。失敗の経験は、必ず役に立つんです。

柳井正の名言|失敗の経験は、必ず役に立つ

企業のバイタリティーは新陳代謝を活性化する政策からしか出てこない。

柳井正の名言|企業のバイタリティーは新陳代謝を活性化する政策からしか出てこない

皆さんが店長ならば、改めて自分の店を隅から隅まで見ることです。それも、一番厳しいお客様になったつもりで、自分の店を点検する。従業員の動き、表情、売り場が整頓されているか、店舗の清掃はちゃんとされているか……。すると、問題点はいくつも出てくる。

柳井正の名言|一番厳しいお客様になったつもりで点検してみる

企業のセクションで最も重要なのは販売、営業の現場です。若い人はとかく企画室スタッフのような格好のいい仕事を望むけれど、理論や能書きだけでは物事は進まない。販売の現場でそれが実現できなければ、何の意味もありません。

柳井正の名言|理論や能書きだけでは物事は進まない

店長がやるべきことは、とにかく「儲ける」ことです。商品を売って、お客様に満足していただいて、結果として利益を上げる。儲けないとダメですよ。儲からない事業を続けていたら、すべての関係者が不幸になってしまう。

柳井正の名言|儲からない事業を続けていたら、すべての関係者が不幸になってしまう

企業理念を実現する場所は現場であり、そのための指揮者が店長です。いくら本部や企画室のスタッフが優秀でも、店長がダメだと企業は繁栄しない。販売の最前線にいる人間が、企業の生命線なんです。

柳井正の名言|販売の最前線にいる人間が企業の生命線

すでに世界はバーチャルとリアルが融合している。リアルもバーチャルもなくなって、とにかくデジタルの世界に変わった会社が勝つ。

柳井正の名言|リアルもバーチャルもなくなって、とにかくデジタルの世界に変わった会社が勝つ

世界中をみれば100兆円以上の市場があるんですよ。だから、日本企業は海外に出て行けばまだまだ成長できる。

柳井正の名言|世界中をみれば100兆円以上の市場がある

自分には必ずいいところがあると信じて、どんな境遇でもやっていくことが大切です。

柳井正の名言|自分には必ずいいところがあると信じて、どんな境遇でもやっていくことが大切です

「燃える闘魂」を持っていれば人生はがらりと変わる。希望を持つことで人生の回転が変わり、いい方向に進んでいく。

柳井正の名言|「燃える闘魂」を持っていれば人生はがらりと変わる

日本には人、モノ、カネ、インフラのすべてが揃っています。やる気さえあれば、日本は最高の立地と言える。チャンスはたくさんある。

柳井正の名言|やる気さえあれば、チャンスはたくさんある

チームの先頭に立ってビジョンを示し、問題があったら真っ先に飛び込む。経営者がまず変わるべきです。

柳井正の名言|経営者がまず変わるべき

最初からそこそこでいいなんて甘い考えでいたら、箸にも棒にもかからない程度の水準でしか生きていけない。それだと将来的に食えなくなる。

柳井正の名言|最初からそこそこでいいなんて甘い考えでいたら、箸にも棒にもかからない

そこそこの水準であればいいなんていうのはダメ。卓越するとか、傑出する能力というものを身につけてもらいたい。

柳井正の名言|そこそこの水準であればいいなんていうのはダメ

日本は全体に、つくることにおいて職人気質なので、ものすごく狭い了見にとらわれて技術自慢する。技術自慢で自己満足におちいっている。

柳井正の名言|職人気質の短所

従来の繊維産業、旧来の小売業にとどまっていては生きていけない。それには自らが創り出すという考え方が必要。

柳井正の名言|自らが創り出すという考え方が必要

何でも1回目でうまくいくはずがないだろう。1回失敗したぐらいで何を言っている。経験を次に生かせ。

【覚え書き|ユニクロ野菜事業の失敗で30億円の赤字を出してしまった担当者に対して】

柳井正の名言|何でも1回目でうまくいくはずがないだろう

私はハングリー精神とは「勉強する心」だと理解しています。求めて勉強していく心を持てるようにならないといけない。

柳井正の名言|ハングリー精神とは「勉強する心」

海外に行って世界を見ないと、一流の経営者にはなれない。

柳井正の名言|海外に行って世界を見ないと、一流の経営者にはなれない

いい経営というものは、どの国に行っても、どの時代になっても変わらない。

柳井正の名言|いい経営というものは、どの国に行っても、どの時代になっても変わらない

企業がグローバル進出を目指す時は、それぞれの国に新しい価値を持っていかなければならない。

柳井正の名言|企業がグローバル進出を目指す時は、それぞれの国に新しい価値を持っていかなければならない

会社というのは毎日が創業です。そして、会社は危機の連続。だから、創業者精神がない会社はつぶれるんです。それはサラリーマン会社にしても、伸びているのは創業者精神を持ったところですよね。

柳井正の名言|会社というのは毎日が創業

ビジネスチャンスは世界中にあるんですよ。その際に大事なのは、その国の国民のためにビジネスをすること。その企業がその地域(ローカル)の人たちに支えられることが最も大事なんです。

柳井正の名言|大事なのは、その国の国民のためにビジネスをすること

グローバルはローカルだし、ローカルはグローバルである。グローバルを前提に、この二つが共存するのが望ましい。この二つが共存しない限り、我が社に未来はない。

柳井正の名言|グローバルとローカルが共存しない限り、我が社に未来はない

今は、本当に付加価値があって、生活が豊かになるような要素がないと、服は売れない。

柳井正の名言|今は、本当に付加価値があって、生活が豊かになるような要素がないと、服は売れない

早い段階で自分の将来を考え、行動した方がいい。

柳井正の名言|早い段階で自分の将来を考え、行動した方がいい

去年と今年を変えない限り、会社は潰れると思って欲しい。

柳井正の名言|去年と今年を変えない限り、会社は潰れる

変革しろ、さもなくば、死だ。

柳井正の名言|変革しろ、さもなくば、死だ。

世の中の変化と市場は暴力的です。そこでは自分の都合や自社の都合は一切許されません。

柳井正の名言|市場では自分の都合や自社の都合は一切許されない

自分が自分に対しての最大の批判者です。

柳井正の名言|自分が自分に対しての最大の批判者です。

目標がどんなに高くても「できない理由」ではなく、「できる理由」を考え、着々と実行する。

柳井正の名言|できない理由ではなく、できる理由を

お客様はシビアです。商品と自分のお金を交換するわけだから、お金にふさわしい価値があるかないかを瞬時に見ぬきます。ですから、絶対に騙すことはできません。もし、お客様を騙そうとすれば必ず大きなしっぺ返しに遭います。

柳井正の名言・格言|お客様は絶対に騙すことはできない

寛容性や他人への共感がないとビジネスの現場は回っていきません。いろいろな人に会って、いろいろな考え方を知る。いろいろな現象を分析する能力がなければ経営はできません。

柳井正の名言・格言|経営者に必要なのは寛容性や共感

「わかる」ということは身にしみることです。自分で体験して、これが原理原則なんだなと実感しない限り、その後の行動指針にはなりません。本で読んだり、他人に聞いても、本当の意味はわかるものじゃない。僕は「知った」ではなく「わかって」よかったと思っています。

柳井正の名言・格言|「わかる」と「知る」は違う

経営書を読むとき、漠然と活字を追っているわけではなく、読みながらこの会社を自分が経営していたらどうする、と登場する経営者を自らに置き換えて考える。著者が書いたことと自分の想像を突き合わせながらページをめくっています。そうしないと本を読んだという気がしない。

柳井正の名言・格言|経営書の効果的な読み方

頭のいい人は自分の考えがすべてだと思いがちです。なかなか他人の意見を受け入れようとしません。けれど実際に仕事をするには他人の意見に対する理解力が必要なんです。自分の視点だけで世の中を眺めるのでなく、上の人の視線になって想像する場面もあれば、下の人の視線で考えることもある。

柳井正の名言・格言|他人を理解する力をつける

会社のオーナーは一人の後継者をつくるだけではいけない。社内に経営者のチームを育てなければならない。組織や仕組みで会社が成長を続けていけるようにする。一人の優秀な経営者を待ち望むよりも、組織自体を確実にする方が正しいように思います。

柳井正の名言・格言|一人の後継者より、社内に経営チームをつくる

儲けた後の行動は他人がちゃんと見ています。大金を手に入れた若いベンチャー経営者の中には金銭感覚がズレた人がいます。30代くらいでプライベートジェットを買ったり、高級車を何台も車庫に置いたり。仕事をほったらかしにして、ゴルフしたり、世界旅行したり。世間や取引先がそんな経営者を信用しますか?社員だってやる気がなくなるでしょう。銀行なんて実にシビアだから、生活が派手になった経営者には冷たくなる。

柳井正の名言・格言|儲けた金を使うときにはよく注意する

僕は仕事が一番楽しい。どんなことよりも面白い。ゴルフをやるより、仕事の方がはるかに充実します。

柳井正の名言・格言|仕事はどんなことよりも面白い

僕はベンチャー起業家と言われるより小売業の経営者と呼ばれたい。小売業の中でしっかりした会社だと評価されたい。僕らの仕事は日々、売り場に立って、一生懸命に売ることです。毎日が戦いと言っていい。いい加減な仕事をしたらすぐに脱落してしまいます。小売りの世界で最終的に勝っている企業を見てみると、地道に仕事しているところしか残っていません。

柳井正の名言・格言|ベンチャー起業家よりも、小売業の経営者と呼ばれたい

意見を自由に言える社風は大切です。僕はいつも言うのだけれど、社長の指示した通りに現場の社員が実行するような会社は間違いなくつぶれます。現場の人間が「社長、それは違います」と言えるような会社にしておかないと知らず知らずのうちに誤った方向に進んでしまいます。ただし、現場の社員は社長が本質的に何を指示しているのかを理解しておくこと。それを現場の判断で組み替えていくのが仕事なんです。

柳井正の名言・格言|社長の指示通りに社員が動く会社は必ずつぶれる

レイ・クロックのことを知ったのは一冊の本からです。大学を出て、宇部に戻り、父親が設立した衣料品の会社に勤めていたころでした。ある本の中にレイ・クロックの印象的な言葉が載っていて「Be daring(勇気を持って)Be first(誰よりも先に)Be different(人と違ったことをする)」。これこそ商売の真髄だと思って、手帳に書き写したのを覚えています。

柳井正の名言・格言|レイ・クロックから学んだ商売の真髄

若い人は、もっと自分自身に期待していいんですよ。遠慮しないで自分に期待して、世の中を渡っていってほしい。日本を復興するのは年寄りじゃない。政治家でも、財界人でもない。復興の主役は若い人ですよ。

柳井正の名言・格言|若い人はもっと自分に期待していい

本を読むことは、ビジネスマンに限らず、誰もがやらなくてはならないことでしょう。そして、本を読むうえで大切なことは、頭でっかちにならないこと。ビジネスマンならば読書を通して知識を増やすことよりも、仮説を頭に描きながら、考えながら読むこと。本来読書とはそういうものでしょう。脳から汗を流して読むこと。

柳井正の名言・格言|読書は考えながら、脳から汗を流しながら読め

私たちが売っている商品はベーシックカジュアルです。流行に左右されない美的な服のことで、お客様が選んで、好きなように着こなすことができる。そして、そういった服ならば国境も問わないし、年齢にも左右されることはない。あらゆる人が買うことができる。私たちが対象にしているマーケットは流行の服よりもはるかに大きなものです。

柳井正の名言・格言|流行に流されない大きな市場で戦う

いつの時代からか、商売人気質を忘れ、製造業の職人気質だけを強調するようになった。しかし、「オレたちはいいモノを作っている」という自負だけでは商品は売れません。

柳井正の名言・格言|製造業の職人気質だけでは商品は売れない

これから問われるのは、自分の頭で判断して、決めること。周りの空気、隣の人の行動に左右されるなんてことは情けないことだ。

柳井正の名言・格言|空気を読まず自分の頭で判断しろ

いま若い人の中で「頑張らない生き方」が流行っているとも聞きます。しかし、本当ですか?頑張らないで、いったいどうするんですか?私は、生きることはすなわち頑張ることだと思うし、仕事とはつらいことだと信じている。確かに、仕事はつらくて苦しい。しかし、それでこそ正しいのです。楽しく仕事をしたいと言っている人は現実を見つめていない。いい仕事をしようと思ったら、精一杯頑張らないといけない。

柳井正の名言・格言|生きることはすなわち頑張ること

私は若い人に対して説教をするつもりはない。希望を持て、自分で自分の希望をつくれと言っているのです。私だって若いころはフリーターだったし、縁故入社で入った会社をすぐに辞めてしまって、ダメなやつと思われていた。将来のことなんて何も考えていなかった。他人に説教する資格なんてありません。ただ、仕事を通して研鑽を積んでいくうちに、仕事が面白くなって、一人前の社会人になることができた。私を育ててくれたのは仕事であり、社会です。

柳井正の名言・格言|ダメな自分を良くするのは仕事

経営者として先頭に立つ。従業員、社会に向けて、第一声を発する。現実を直視して、受け止める。自分たちに過酷な現実であっても、受け止めて、何らかの言葉を出す。従業員を意気消沈させないように「いまは厳しい状況かもしれないが、いずれはこうしていく」と伝える。危機、災害は必ずやってきます。平時のうちに準備をして、パニックを起こさず、淡々とやっていく。危機の時代に必要なのは平時における準備です。

柳井正の名言・格言|危機のときは淡々とやっていく

私は店長たちに、つねづね「店長の仕事でいちばん大切なのは、作業を割り当てることだ」と言っています。デキる店長とデキない店長がいる。デキない店長は自分一人で頑張る。自分一人の理想の店をつくろうとする。それに対して、デキる店長は全従業員と一緒になって仕事をする。従業員それぞれの立場を考えて、仕事を割り振っている。

柳井正の名言・格言|デキる管理者と、デキない管理者の違い

売れるためには3つの要素が必要です。商品がいいこと、商品のイメージがいいこと、商品情報がいいこと。3つが揃わなくてはヒット商品にはならない。ところが日本のメーカーの大半は「商品が良ければ自然と売れていくだろう」と考えている。しかし、商品自体が良くても、売れないものはたくさんある。いくらいいモノでも、モノを作って、そのままにしておいて、売れる時代ではありません。

柳井正の名言・格言|商品を売るための3要素

僕はうちの社員や日本の若い人に世界で活躍できる商売人になってほしい。日本は資源のない国です。敗戦のときには設備やインフラがすべてなくなった。それから、みんなが一生懸命、商売をして、外国へ出かけていって、輸出を伸ばして豊かな国を築き上げた。戦後、日本人は商売人として頑張ったから、復興を果たすことができた。

柳井正の名言・格言|世界に冠たる商売人になれ

我々ビジネスマンは稼ぐことが使命です。働いて、金を稼いで生活を豊かにする。金が回るようにして、日本の景気を上向きにしていく。

柳井正の名言・格言|ビジネスマンの社会的使命は稼ぎお金を社会に回すこと

僕は若いころからストレートにモノを言いすぎる。生意気だと評されてましたから。いまでも、まだ言われるけれど……。

柳井正の名言・格言|ストレートにモノを言う

SPA(製造型小売業)は調整しやすい。全部のリスクをウチが負っているので、情報が正確かつ迅速に集まってくる。従って、生産・販売・調整ができる。

柳井正の名言・格言|全部のリスクをとることで、リスクをコントロールできる

行動してみる前に考えても無駄です。行動して修正すればいい。致命的にならない限り失敗してもいい。やってみないとわからない。

柳井正の名言・格言|行動しながら考えないと無駄

他人に学ぶとは自分より上の人、自分よりすごい人を素直に尊敬すること。それには「いいものはいい、悪いものは悪い」という客観的な判断基準が自分の中になければいけない。僕らが成功した要因も、そこにあると思います。たとえばSPA(製造小売業)を学んで自分でもやってみようと思ったのは、「いいものはいい」と考えたからです。

柳井正の名言 格言|ユニクロの成功理由の一つは他人に学んだこと

いまの若い人は豊かになったからか、他人に学ぶ心がないし、物事を多面的に見る力が欠けているように思います。モノの見方が教科書的だし、常識的なところも気になります。若い人にはもっと日本の先人たちに学んでほしいと思います。

柳井正の名言 格言|若者にはもっと他人に学んでほしい

僕の好きな経営者は松下幸之助です。松下さんは経営に必要なことをほとんど経験し、そこから多くを学び、現代に通じる経営哲学を伝えています。どんなに技術が進歩しても経営の基本は松下さんの時代と変わることはありません。僕は松下幸之助や本田宗一郎の本をほとんど読んでいます。経営ってこういうことなのか、とずいぶん教えられました。

柳井正の名言 格言|僕の好きな経営者は松下幸之助

経営とはいろいろな人が集まって、自分の一番の強みを活かすことだと考えています。うちの社員にもよく言っているのですが、いまできるとか、できないということではなく「自分としてこうありたい」「これがしたい」ということを思い描かなければいけない。人は高い目標があるほど頑張ろうと努力します。ですから、私の役割は目指すべき理想の会社とか、理想の商売を描くことだと考えています。

柳井正の名言 格言|経営とは何か。経営者の仕事とは何か。

会社組織の進歩はコンピュータの進歩と同じだと考えています。かつては中央の汎用コンピュータにいくつもの端末がぶら下がっていましたが、今日ではパーソナルコンピュータがインターネットにつながり、世界中のコンピュータが同時に動く。インターネットは時間や距離を圧倒的に短縮しましたが、組織も同様に進化しなければいけない。

柳井正の名言・格言|会社組織をクライアントサーバー型からP2P型へ進化させる

大多数の日本企業は、いまだにクライアントサーバー型にとどまっていて、作業や仕事を同時進行し、同期化する感覚を持てずにいます。ですからリーダーについても柔軟に考えることができない。リーダーはその仕事にふさわしい人がなればいいし、これからは一人一人が全体最適を考えながら自立し、その力が有機的につながっている会社を目指すべきだと思います。

柳井正の名言・格言|一人一人が自律的、有機的に行動する会社を目指すべき

商売とは成功したと思った時点でダメになります。成功はマンネリ、保守化、形式化、慢心を生むからです。だから企業の存続発展のためには、小さい失敗をどんどんすべきだと思います。致命的な失敗をする前に、ちいさい失敗を何回もして、それを財産にとらえて次に生かすのです。失敗して、転んで、起き上がる。その繰り返しの中で学んでいかなければいけない。最悪なのは失敗を恐れて立ち止まったり、ためらって何もしないことです。

柳井正の名言・格言|成功したと思った時点で商売は駄目になる

私が撤退の決断を急ぐのはできるだけ早く失敗し、致命的な失敗に至る前に早く対処したいからです。ですから、エフアールフーズも、かすり傷程度の失敗で、骨折までには至っていない。ところが、多くの企業は失敗に気付かず、骨折をしてもまだ行けると思って突き進み、どんどん傷口を深くしてしまう。大切なのは、失敗で会社を潰さないことです。ですから私は、かすり傷の時点で撤退を決めます。【覚書き:エフアールフーズは高級野菜を販売する事業を展開したファーストリテイリングの子会社。ユニクロが野菜販売を始めたと当時話題になったが数年で撤退】

柳井正の名言・格言|撤退の決断は「かすり傷」で済むうちに行う

日本の大企業の経営者のほとんどはサラリーマン経営者だから、失敗のリスクを100%背負わない。自分のお金で会社を動かすわけではないし、任期が終われば責任から解放される。だから、よほどせっぱつまらない限り、自分のしたことを否定しない。私は常に否定してこそ商売だと思うんです。

柳井正の名言・格言|自分の行ったことを常に否定してこそ商売

自分のやっていることが間違っているのではないかと、いつも考えるべきです。経営、店舗、商品、人事などについて日頃から根本的に否定していくことです。ずっと自己肯定が続くと、時代とズレていき、ある日、気づいたら手遅れだったということになりかねない。昨年売れた商品が、今年も売れるという保証はない。もちろん、経営の本質的な部分は通用しますが、表面的な方法は変えなければなりません。

柳井正の名言・格言|日頃の自己否定によって、会社が時代遅れにならないようにする

2002年9月に設立したエフアール・フーズの撤退について一言でいうと、我々にとっては大きすぎる仕事でした。エフアール・フーズのトマトなどの農作物は、水や肥料をできるだけ与えずに農作物が持つ力を引き出して育てる永田農法で生産し、品質や味への高い評価をいただいたのですが、手間暇がかかるため残念ながら生産効率と販売効率が合わなかった。当時、フリース・ブームが終わり、何度目かの停滞期に入っていたことから、行き詰まり感を打破する意味でも、チャレンジを試みたのですが、慢心があったのかもしれません。

柳井正の名言・格言|ユニクロ野菜の撤退について

自分のお金で会社を経営して、100%自分でリスクをとってきたので、責任が自分以外の人間にあるとか、他の要因にあると思った瞬間、僕は自分に負けるような気になるんです。言い訳をせずに全部自分に責任があると割り切った方が気持ちがいいんです。だいいち、失敗を直視し、かつ客観的に原因を分析してこなければ、生き延びてこられなかったでしょう。

柳井正の名言 格言|言い訳せずに客観的に失敗原因を分析したから生き延びてこられた

柳井正の経歴・略歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

ページの先頭へ