名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

柘植康英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柘植康英のプロフィール

柘植康英、つげ・こうえい。日本の経営者。「東海旅客鉄道(JR東海)」社長。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄新潟鉄道管理局総務部人事課長などを経て、分割民営化時にJR東海に入社。総合企画本部経営管理部管理課長、人事部企画担当課長、人事部勤労課長、人事部人事課長、総務部次長、総務部長、取締役人事部長、常務取締役秘書部長、副社長などを経て社長に就任。

柘植康英の名言 一覧

人は置かれた環境次第で能力以上のものを発揮するし、堕落もする。


いま、わが社は外から見ても内から見ても順調だ。しかし事故がひとつでも起きれば信用は一瞬で崩れる。


組織が本当に順調なときこそ、緊張感を持って、規律正しくきちんとした仕事をする必要がある。


技術や能力がいくらあっても、本人の気持ちが荒んでいてはそれを活かせない。裏を返せば、社員の気持ちが前向きであれば自ずと安全も担保される。


「安全」と「技術」と「人」。その3つが揃って初めて安全・安定輸送が可能になる。この鉄道事業の本質・ベースを疎かにせず磨き続けるのが使命だと考えている。


「1人の10歩より、10人の1歩」と私はよく言っている。鉄道はチームワークであり、優秀な人間が1人でいくら頑張っても動かない。その10人が2歩目、3歩目への余力を残しながら、足を前に踏み出し続けることが大切だ。


目標を持つ会社と持たない会社は決定的に違う。特にリニアは、夢がいよいよ形となる事業でもあり、世の中の大きな期待の高まりを感じる。こうした目標を持つことは、社の内外に対する大きな求心力になる。優秀な人材を集められるうえに、まさに社員一人ひとりの「前向きな気持ち」を支える事業だととらえている。


国鉄の最後、私は新潟で人事課長をしていました。合理化と職業斡旋が私の役目で、1万人ほどいた職員のうち3千人弱の人間を、配置転換したり別会社などに転籍させたりした。当時の組織は末期症状、断末魔でした。職員がモチベーションなく働く会社は、おのずと消滅することを痛感した。


リニアは何十年もかかる事業であり会社の生命線でもある。ですから一社長や一経営者の判断でなく全社員が納得して進めなくてはいけない。取締役会はもちろんのこと、その下の経営会議などでもよくよく議論を重ねて、資料を出して、説明して議論を徹底的にやる。みんなが同じことを頭に描いているので、突然方向性が変わることはありません。


国鉄の分割民営化までの最後の2年間には、新潟鉄道管理局の人事課長として職員の合理化と雇用斡旋を担当した。1万人余の局の職員を4分の3ほどに減らすという仕事だ。仲間が不本意にも職場を去る姿を見送るのは極めてつらい仕事だった。その体験が私の原点となっている。企業の業績が落ち込むと人の人生が不幸になる。


柘植康英の経歴・略歴

柘植康英、つげ・こうえい。日本の経営者。「東海旅客鉄道(JR東海)」社長。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄新潟鉄道管理局総務部人事課長などを経て、分割民営化時にJR東海に入社。総合企画本部経営管理部管理課長、人事部企画担当課長、人事部勤労課長、人事部人事課長、総務部次長、総務部長、取締役人事部長、常務取締役秘書部長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田二美

以前の職場では7年間勤務すると係長に昇進するのが暗黙のルールでした。しかし、そのときふと考えたのです。周囲の人間に倣えば昇進の話を受けるべきだけど、そもそも私は生涯いまの仕事を続けたいのだろうか、いまの仕事は「やれる」仕事ではあるけれど、「やりたい」仕事ではないのではないか……と。それからはとくに、前しか見なくなったように思います。


マザー・テレサ

大きなことを出来る人はたくさんいますが、小さなことをしようとする人はごくわずかしかいない。


森下一喜

二番煎じも必勝法の一つですから否定はしませんが、それをしている限り、絶対に一番手にはなれません。


澤田秀雄

「未来の数字」というのは、将来の業績を予測するための指標になる数字のことです。H.I.S.でいえば、航空券やホテルの予約数などがそれにあたります。ハウステンボスでも、周辺のホテルの予約率など、将来の業績を予測するための指標がいくつかあります。こういった指標を見ることで将来の業績が予測できるわけです。「過去の数字」とは違って、確定している数字ではありません。「このままだと、これから業績が下がるな」ということがわかれば、対策を打つことで、業績を下げないように、あるいは上げるようにできるわけです。


井上直美(経営者)

こんなものも商売になるよ、あんなものも商売になるよと。ある種の岡目八目ですよね(笑)。そういった試行錯誤を繰り返して、これまでは何とか凌いできた。お金がない中でも知恵を出して新しいことに取り組んできた結果だと思います。


坂本孝

ブックオフを立ち上げた当初は、周囲から「気でも違ったのか」という目で見られました。大々的に中古書販売をやろうとすれば出版業界から非難を浴びるのは目に見えていたし、考えられるリスクはいくらでもありました。しかも50歳で新たに起業するなんて、当時の常識ではとんでもないこと。今でこそ中高年で起業する人も増えましたが、その頃、取材に来た記者から、「墓場に片足を突っ込んだような歳で」と失礼な言われ方をされたこともあったほどです(笑)。でも私は、「やる!」と決めた。そして、いったん決めたら、怒涛のごとく突っ走ったのです。


ヘンリー・フォード

進歩と歩調を合わせて進む方が、進歩を妨げるよりも健康的である。


尾堂真一

権限を委譲すれば、確実に事業のスピードが高まる。それで失敗が増えたとしても、私はスピードの速いほうがいいと考えています。そのためには、口だけで権限委譲を言うのではなく、ルール化するべきでしょう。


西村和義

人を評価するにあたり、私は、「平等」「公平」な処遇が大事だと思います。誰にでも機会を均等に与えて、その能力によって仕事を創造することが大切。


冨安徳久

人を喜ばせようとすることは、自分の喜びに繋がる。


鈴木義幸

自分一人で変化を起こすのは難しいことです。コーチに就くことが理想ですが、自分自身への質問力を鍛えることでもかなりの効果が期待できます。日ごろ、自分自身に何を問いかけているかで人の行動は決まるといっていいでしょう。


木村清

大きくチェーン展開していっても、ノウハウやマニュアルよりも大切なのは、従業員の覚悟なのだ。それを悟ることで、1年で店の売上を2倍、3倍にする店長はザラだ。