名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

柘植康英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柘植康英のプロフィール

柘植康英、つげ・こうえい。日本の経営者。「東海旅客鉄道(JR東海)」社長。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄新潟鉄道管理局総務部人事課長などを経て、分割民営化時にJR東海に入社。総合企画本部経営管理部管理課長、人事部企画担当課長、人事部勤労課長、人事部人事課長、総務部次長、総務部長、取締役人事部長、常務取締役秘書部長、副社長などを経て社長に就任。

柘植康英の名言 一覧

人は置かれた環境次第で能力以上のものを発揮するし、堕落もする。


いま、わが社は外から見ても内から見ても順調だ。しかし事故がひとつでも起きれば信用は一瞬で崩れる。


組織が本当に順調なときこそ、緊張感を持って、規律正しくきちんとした仕事をする必要がある。


技術や能力がいくらあっても、本人の気持ちが荒んでいてはそれを活かせない。裏を返せば、社員の気持ちが前向きであれば自ずと安全も担保される。


「安全」と「技術」と「人」。その3つが揃って初めて安全・安定輸送が可能になる。この鉄道事業の本質・ベースを疎かにせず磨き続けるのが使命だと考えている。


「1人の10歩より、10人の1歩」と私はよく言っている。鉄道はチームワークであり、優秀な人間が1人でいくら頑張っても動かない。その10人が2歩目、3歩目への余力を残しながら、足を前に踏み出し続けることが大切だ。


目標を持つ会社と持たない会社は決定的に違う。特にリニアは、夢がいよいよ形となる事業でもあり、世の中の大きな期待の高まりを感じる。こうした目標を持つことは、社の内外に対する大きな求心力になる。優秀な人材を集められるうえに、まさに社員一人ひとりの「前向きな気持ち」を支える事業だととらえている。


国鉄の最後、私は新潟で人事課長をしていました。合理化と職業斡旋が私の役目で、1万人ほどいた職員のうち3千人弱の人間を、配置転換したり別会社などに転籍させたりした。当時の組織は末期症状、断末魔でした。職員がモチベーションなく働く会社は、おのずと消滅することを痛感した。


リニアは何十年もかかる事業であり会社の生命線でもある。ですから一社長や一経営者の判断でなく全社員が納得して進めなくてはいけない。取締役会はもちろんのこと、その下の経営会議などでもよくよく議論を重ねて、資料を出して、説明して議論を徹底的にやる。みんなが同じことを頭に描いているので、突然方向性が変わることはありません。


国鉄の分割民営化までの最後の2年間には、新潟鉄道管理局の人事課長として職員の合理化と雇用斡旋を担当した。1万人余の局の職員を4分の3ほどに減らすという仕事だ。仲間が不本意にも職場を去る姿を見送るのは極めてつらい仕事だった。その体験が私の原点となっている。企業の業績が落ち込むと人の人生が不幸になる。


柘植康英の経歴・略歴

柘植康英、つげ・こうえい。日本の経営者。「東海旅客鉄道(JR東海)」社長。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄新潟鉄道管理局総務部人事課長などを経て、分割民営化時にJR東海に入社。総合企画本部経営管理部管理課長、人事部企画担当課長、人事部勤労課長、人事部人事課長、総務部次長、総務部長、取締役人事部長、常務取締役秘書部長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

渡部恒三

若さというものは足りないことだらけで当然だ。勉強すればいいのだ。


ハリー・ハーロウ

母親から孤立状態で育ったサルは、常におびえ、自分の体を抱いたり、噛んだり、隅にうずくまったりして、他のサルと交渉はなかった。この状態で育ったメスが出産したとき、赤ん坊を踏みつけたり、床に押し付けたり、中には頭をポテトチップスのように噛み砕いてしまったものもいる。


伊藤嘉明(経営者)

他人が当たり前にやっていることができない人は、どの組織でも必要とされません。その現実を直視すべきです。


内田樹

「もう日本はダメだ」とか「先がない、崖っぷちだ」と、ここ20年ほど、メディアは人々の不安を煽ってきました。危機感を煽って情報の価値を高めようとするのはメディアの本性ですけれど、本当に日本はそんなに危ないのか? 「そんなことないよ」と僕は言いたいわけです。たしかに安全保障もエネルギーも心配だし、地震もあるかもしれない。システムはあらゆるところで破綻している。でも、日本には豊かな国民資源がある。「国破れて山河あり」の「山河」がまだあるのです。森林率は68%だし、きれいな水がいくらでも湧き出ている。飲料水を輸入に依存しているシンガポールのような国から見たら、うらやましいほどの豊かさですよ。


横山光昭

お金を貯めることと関係ないように思えますが、本を読むことは大事。「学び」の意識が高まると、「お金も賢く使おう」と考えるようになる。


ジョエル・ティリングハスト

株式投資で失敗する人が多いのは、株式投資をギャンブルと考えている人が多いからだと思う。失敗を防ぐためには、長期投資の仕方と合理的な思考を学ぶ必要がある。企業の事業内容を理解できるだけでなく、「この事業は5年以内にこのようになっている」と推測できるようになることも求められる。


樺沢紫苑

タスクを紙に書くことで、漠然とした思考を明確に意識化できます。たとえば、今日すべきことが3つあるとしましょう。頭の中でわかっていたとしても、書き出すことで脳がタスクを達成しようと意識しやる気が上がり、作業スピードが上がるのです。「仕事のエンジンがかからない」と言う人がいますが、メモ書きはそういう人には絶大な効果を発揮します。クルマを発進させないとエンジンが温まりませんが、温まったエンジンはより加速力が強まるイメージです。


齋藤茂(経営者)

京都人であることを自分でも意識しています。京都は長く安定して事業を続けることを大切にする土地です。そしてもともとBtoBの企業が多い。BtoCでいえば、世界的な企業は任天堂などを含めて数社のみ。ただ、素材、電子部品などをつくって、その分野では世界的にシェアを持っている企業はたくさんあります。


松井道夫

朝はなかなか頭が働かないため、出勤前に水泳をして頭を覚まし、思考のスイッチをオンにしています。20~30分かけて1kmをクロールで泳ぐのですが、最初は慣らし運転。体が慣れてきた15分後くらいから、泳ぐというより、体が勝手に動いて、ただ水に浮遊しているようなスイマーズハイの状態に入ります。脳がリラックスし、研ぎ澄まされていく感覚が得られます。この時、自分から積極的に何かを考えたりはしない。いろいろなことが頭に浮かんだりはしますが、基本的には「脳の休息時間」になっています。


大島真寿美

私は小説家として、読んで元気になれるようなものを書かなければなぁ、と。でも、そういうことをちゃんと書こうと思ったわけじゃないんです。自分のなかに、その言葉を埋めておいたら、何かがふーっと芽吹くみたいに物語は始まってきた。その種には世界の感触みたいなものがあったんですよね。夢を見ている途中で目覚めたとき、その感触を覚えているような感じってあるじゃないですか。あんな感じで、書き進めながら、探っていきました。


森川亮

「知らぬが仏」という言葉もあるように、人間は知らない方が挑戦できる。


松岡修造

意外と思われるかもしれませんが、僕自身、ネガティブ思考なので、現役時代に数々のメンタルトレーニングを試し、自分に合ったものを選んできました。