名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

柘植康英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柘植康英のプロフィール

柘植康英、つげ・こうえい。日本の経営者。「東海旅客鉄道(JR東海)」社長。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄新潟鉄道管理局総務部人事課長などを経て、分割民営化時にJR東海に入社。総合企画本部経営管理部管理課長、人事部企画担当課長、人事部勤労課長、人事部人事課長、総務部次長、総務部長、取締役人事部長、常務取締役秘書部長、副社長などを経て社長に就任。

柘植康英の名言 一覧

人は置かれた環境次第で能力以上のものを発揮するし、堕落もする。


いま、わが社は外から見ても内から見ても順調だ。しかし事故がひとつでも起きれば信用は一瞬で崩れる。


組織が本当に順調なときこそ、緊張感を持って、規律正しくきちんとした仕事をする必要がある。


技術や能力がいくらあっても、本人の気持ちが荒んでいてはそれを活かせない。裏を返せば、社員の気持ちが前向きであれば自ずと安全も担保される。


「安全」と「技術」と「人」。その3つが揃って初めて安全・安定輸送が可能になる。この鉄道事業の本質・ベースを疎かにせず磨き続けるのが使命だと考えている。


「1人の10歩より、10人の1歩」と私はよく言っている。鉄道はチームワークであり、優秀な人間が1人でいくら頑張っても動かない。その10人が2歩目、3歩目への余力を残しながら、足を前に踏み出し続けることが大切だ。


目標を持つ会社と持たない会社は決定的に違う。特にリニアは、夢がいよいよ形となる事業でもあり、世の中の大きな期待の高まりを感じる。こうした目標を持つことは、社の内外に対する大きな求心力になる。優秀な人材を集められるうえに、まさに社員一人ひとりの「前向きな気持ち」を支える事業だととらえている。


国鉄の最後、私は新潟で人事課長をしていました。合理化と職業斡旋が私の役目で、1万人ほどいた職員のうち3千人弱の人間を、配置転換したり別会社などに転籍させたりした。当時の組織は末期症状、断末魔でした。職員がモチベーションなく働く会社は、おのずと消滅することを痛感した。


リニアは何十年もかかる事業であり会社の生命線でもある。ですから一社長や一経営者の判断でなく全社員が納得して進めなくてはいけない。取締役会はもちろんのこと、その下の経営会議などでもよくよく議論を重ねて、資料を出して、説明して議論を徹底的にやる。みんなが同じことを頭に描いているので、突然方向性が変わることはありません。


国鉄の分割民営化までの最後の2年間には、新潟鉄道管理局の人事課長として職員の合理化と雇用斡旋を担当した。1万人余の局の職員を4分の3ほどに減らすという仕事だ。仲間が不本意にも職場を去る姿を見送るのは極めてつらい仕事だった。その体験が私の原点となっている。企業の業績が落ち込むと人の人生が不幸になる。


柘植康英の経歴・略歴

柘植康英、つげ・こうえい。日本の経営者。「東海旅客鉄道(JR東海)」社長。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄新潟鉄道管理局総務部人事課長などを経て、分割民営化時にJR東海に入社。総合企画本部経営管理部管理課長、人事部企画担当課長、人事部勤労課長、人事部人事課長、総務部次長、総務部長、取締役人事部長、常務取締役秘書部長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山本亮(コンサルタント)

人は人に影響されるもの。親しい人の口癖や話し方などがうつりやすいのはそのせいです。そこでその習性を逆利用します。たとえば、新しいことを始められない、何事も長続きしない、そんな自分の性格を変えたいなら、サクッと行動できる人、地道に続けられる人とつき合ってみましょう。つまり、よい習慣や考え方、行動パターンを持つ人と一緒に行動すれば、知らない間にいい影響を受け、だんだん相手に似てきて、気がつけば自分自身が変わっているのです。


大塚寿

接待はビジネスでもプライベートでもない外と内の間、つまり縁側のような場であり、そうしたシチュエーションでは本音も出やすいもの。ですから接待を企画する際は、「オフィシャルとカジュアルの間」を意識し、話しやすい雰囲気作りを目指しましょう。


大山健太郎

「大山さんは未来が見えるのですか」とよく聞かれます。当然、未来は見えません。だからこそ、切るカード、選択肢は常に多く持っていたい。最近では家電やヘルスケアの事業も注力し、事業領域は多岐にわたっています。


鳥羽博道

私の小学校の時の校長先生は毎朝、下駄の鼻緒を手に持って正門に立ち児童に挨拶をしていました。鼻緒が切れた生徒がいると手に持った鼻緒を手渡していました。長い間に渡ってこれが続くと、校長に対する尊敬の念がわいてきます。教育改革は必要なんでしょうが、これによって教育はできるものではなく、教育の問題は結局、校長をはじめ、教師、親が子供の幸せを願っていると、子供は自ら教師、親への尊敬の心を持つようになると思うのです。そういうことから教育の基本ができるのではないでしょうか。


世良公則

大人が階段を下りて、子供たちの機嫌を取るような音楽や文化や、流行を一生懸命探るようなことをしているから、いつの間にか大人の文化がなくなっていく。大人は大人然としていれば若い人もついてくる。それでいいんじゃないかと僕は思います。


赤塚保正

先代からは感謝を伝える事の大切さを学びました。相手の方に感謝する時は、3回ありがとうを言うべきだと教わりました。例えば私がお茶をご馳走になった場合、その日は当然「ありがとうございました」とお礼を申し上げます。そして2回目、3回目に会った時に再度お礼を申し上げると、相手の方は「お茶一杯くらいでそこまで仰って頂かなくていいのに」と思うかもしれませんが、その方の心の中に感謝が刻まれます。心に刻まれて初めて、その方に私たちの感謝の気持ちが伝わると思います。


松下幸之助

勤勉は喜びを生み、信用を生み、そして富を生む。


山本幸美

今、リーダーをしている女性は、立候補よりも上司から打診されたという人が圧倒的。人をまとめるのは大変と思うかもしれませんが、打診されたらぜひ受けてほしいと思います。リーダーは、売上げなど仕事に直結した喜びの他、人を育てる喜びも得られます。その経験は自信となり人生の幅を広げ、家庭のマネジメントにも役立ちます。


鈴木貴子(経営者)

「洗浄力モコ泡わトイレクリーナー」を新発売しました。便器にスプレーするとモコモコと広がる泡でトイレ掃除ができるという手軽さが受けたのだと思います。発売後の3か月で年間販売目標60万本を達成するヒット商品になりました。それまで、トイレクリーナーというとリキッドタイプがほとんど。ブラシでゴシゴシこすらなければなりません。でも、ユーザーの立場からすれば、もっと楽にトイレをきれいにしたいはずです。そんな洗浄剤があってもいいという発想から開発がスタートしました。


山口晋二(経営者)

直接のお客様であるトヨタの販売店や自動車整備事業者のために何ができるのかを考え、さらに、その先のお客様である自動車ユーザー一人ひとりのために何ができるのかを考えて行動していくことが、私たちの仕事。


関根純

お客様の店舗の利用の仕方は、時代とともに変化しており、店舗に求められる役割も変わってきた。


坪内知佳

結果として、今では会社も大きく成長することができました。でも、私は決して漁師たちを「たばねる力」なんてないんです。ただ、一人ひとりの個性を認め、自由に伸びていくことを目指しています。そう、円が少しずつ広がっていくイメージですね。先日、学習障害のある子が入ってきましたが、そういう子だって指示の出し方一つで大きく変わる。特性を見抜いた上で、その円を広げていくことが大切なんだと思っています。