柘植康英の名言

柘植康英のプロフィール

柘植康英、つげ・こうえい。日本の経営者。「東海旅客鉄道(JR東海)」社長。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄新潟鉄道管理局総務部人事課長などを経て、分割民営化時にJR東海に入社。総合企画本部経営管理部管理課長、人事部企画担当課長、人事部勤労課長、人事部人事課長、総務部次長、総務部長、取締役人事部長、常務取締役秘書部長、副社長などを経て社長に就任。

柘植康英の名言 一覧

人は置かれた環境次第で能力以上のものを発揮するし、堕落もする。


いま、わが社は外から見ても内から見ても順調だ。しかし事故がひとつでも起きれば信用は一瞬で崩れる。


組織が本当に順調なときこそ、緊張感を持って、規律正しくきちんとした仕事をする必要がある。


技術や能力がいくらあっても、本人の気持ちが荒んでいてはそれを活かせない。裏を返せば、社員の気持ちが前向きであれば自ずと安全も担保される。


「安全」と「技術」と「人」。その3つが揃って初めて安全・安定輸送が可能になる。この鉄道事業の本質・ベースを疎かにせず磨き続けるのが使命だと考えている。


「1人の10歩より、10人の1歩」と私はよく言っている。鉄道はチームワークであり、優秀な人間が1人でいくら頑張っても動かない。その10人が2歩目、3歩目への余力を残しながら、足を前に踏み出し続けることが大切だ。


目標を持つ会社と持たない会社は決定的に違う。特にリニアは、夢がいよいよ形となる事業でもあり、世の中の大きな期待の高まりを感じる。こうした目標を持つことは、社の内外に対する大きな求心力になる。優秀な人材を集められるうえに、まさに社員一人ひとりの「前向きな気持ち」を支える事業だととらえている。


国鉄の最後、私は新潟で人事課長をしていました。合理化と職業斡旋が私の役目で、1万人ほどいた職員のうち3千人弱の人間を、配置転換したり別会社などに転籍させたりした。当時の組織は末期症状、断末魔でした。職員がモチベーションなく働く会社は、おのずと消滅することを痛感した。


リニアは何十年もかかる事業であり会社の生命線でもある。ですから一社長や一経営者の判断でなく全社員が納得して進めなくてはいけない。取締役会はもちろんのこと、その下の経営会議などでもよくよく議論を重ねて、資料を出して、説明して議論を徹底的にやる。みんなが同じことを頭に描いているので、突然方向性が変わることはありません。


国鉄の分割民営化までの最後の2年間には、新潟鉄道管理局の人事課長として職員の合理化と雇用斡旋を担当した。1万人余の局の職員を4分の3ほどに減らすという仕事だ。仲間が不本意にも職場を去る姿を見送るのは極めてつらい仕事だった。その体験が私の原点となっている。企業の業績が落ち込むと人の人生が不幸になる。


柘植康英の経歴・略歴

柘植康英、つげ・こうえい。日本の経営者。「東海旅客鉄道(JR東海)」社長。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。国鉄新潟鉄道管理局総務部人事課長などを経て、分割民営化時にJR東海に入社。総合企画本部経営管理部管理課長、人事部企画担当課長、人事部勤労課長、人事部人事課長、総務部次長、総務部長、取締役人事部長、常務取締役秘書部長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

内藤誼人

食事をおごるときは、「おごってやってる」感を醸し出さないこと。「頼む、○○(後輩の名前)! オレにおごらせてくれ、いや、おごりたいんだ!」と誘ってみましょう。人は、お願いされるとうれしく感じる習性があります。先輩から無理強いされている感じも薄れ、結果、食事の時間が楽しいひとときに。その好印象は、そのままあなたへの好意へと転換されます。


上西京一郎

ゲスト(お客様)にハピネス(幸福感)を感じていただくためにはどうすればいいのかを感じていただくためにはどうすればいいのかをその都度考え、最善の判断と行動をとれば、ゲストの満足度が上がり、仕事の生産性はあとからついてきます。ひいては経営の効率化も向上していきます。


ロバート・キヨサキ

起業家になれない人がこんなに多いのには、いくつか理由がある。その一つは、失敗を恐れることだ。間違いを犯したらどうしようと思う。お金を損するのを怖がる。こうした恐怖心を克服できない人は、会社勤めを辞めないほうが身のためだろう。


大坪勇二

私が生命保険の営業をしていた当時は、金曜日は、バックオフィスの仕事が中心です。月曜から木曜までにできなかった資料づくりや事務処理などの作業をまとめてこなします。もし翌週に空いているコマ(1コマ2時間単位の時間のブロック)があったら、金曜日に集中的に電話をかけて埋めていきます。翌週の計16コマがすべて埋まっていれば、月曜から再び何も考えずに仕事にとりかかります。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

私は子育ての専門家として、周囲の大人が「結果」ばかりを褒めることで、子どもたちの伸びしろを摘み取ってしまうケースをたくさん見てきました。人育ては成長を期待しながらも、「結果」だけではなくそのプロセスを見てあげることの必要性を感じます。


野口悠紀雄

自分の仕事の本質は何かを考え抜くことが大切。レストランの仕事を例にすると、(技術の進歩で)会計処理の仕事や仕入れの仕事などは自動化できますし、それによって効率化できるでしょう。また、料理の自動化も可能だと思います。膨大なデータから最適なレシピを導き出し、それを最適な調理法で料理する。しかし、客は機械の作った料理より、人間のシェフの作った料理を食べに来るはずです。それがその仕事の本質的な価値だからです。つまり、シェフにとってテクノロジーの発達は、会計や仕入れなどに忙殺されず、本当にやりたい仕事だけに集中できる絶好のチャンスだということになるのです。


福島文二郎

もちろん、叱るだけではいけません。褒めることこそ、スタッフを成長させる何よりの栄養です。必要な行動のうち、7割ができていない。そんな時も、まずはできている3割を褒める。「ゲストに笑顔で応対できていてよかったよ」。そのうえで「でも、走っている子に、ちゃんと注意できなかったね。ここからは歩いていこうねと笑顔で言えればよかったね」。改善するためのポイントと一緒に伝えます。褒める、叱る、どちらが欠けても十分ではない。


兒玉圭司

私は監督として多くの選手を見てきましたが、「世界一になるだけの才能がある」と思っても、努力が足りずに消えていった選手はたくさんいました。一方で、才能はいまひとつでも、必死に努力を積んで、日本チャンピオンになった選手もいる。日頃から努力をしている人だけが、いざというときに実行力を発揮できる。


瀧本哲史

「わからない」ときは、ハイリスクでも成功したときのリターンが高そうなら勝負に出るべきでしょう。一方でリターンが悪そうであればやらない方が良い。


ケリー・マクゴニガル

自分の努力や周囲の人の支えによって、挫折は学びと成長を促す触媒になり得る。


小川仁志

自分が望んだことなら、すべてがよい経験になり、それによって感性も磨かれて、よりよい人生へとつながっていくでしょう。


金田一秀穂

あえて黙って怒りを表現してみる。言葉で怒りを表すのが苦手な人は、黙るのも手。「空気を読む」のが得意な日本人同士なら、あえてムスッと黙る方が効果を発揮することも多い。


ウィリアム・ウェルドン

顧客である患者の近くにいて、その声に耳を傾けなければ、彼らが必要としている製品をつくりだすことはできません。


藤巻健史

モルガン銀行勤務時代は、私の発言でいつもマーケットが動き『私の発言力ってすごいんだな』と思っていた。しかし、モルガン辞めて7年目にしてやっとわかった。マーケットが聞いていたのは私の発言ではなく、モルガンの金のささやきだった。モルガンで大きな金を動かしていたからこそ私の相場観を聞いてくれたのだ。動かす金を持っていない今は、誰も聞いてくれない。世の中、口じゃ動かない。世の中、金で動くのだ。


大橋悦夫

私も、この前のゴールデンウイークには執筆の仕事が入っていたので、ついでに通常業務の前倒しを実践してみました。前倒しで片づけた仕事を「仕事ストック」と呼んでいますが、いまは一週間分の仕事ストックがあるおかげで、これまでと同じスピードで仕事をしていても、心に余裕がもてます。「今週の仕事は先週のうちに終わっている」という安心感が「快感」となって、さらなるやる気を呼び起こすという好循環が生まれてくるのです。つまり、いったん目覚めたやる気は、預金と同じように、複利でどんどん増えていくものなのです。


ページの先頭へ