名言DB

9490 人 / 112001 名言

染谷和巳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

染谷和巳のプロフィール

染谷和巳、そめや・かずみ。日本の幹部育成コンサルタント。東京都出身。東京教育大学(のちの筑波大学)卒業後、出版社、社員教育機関勤務などを経て独立。部下の指導法などを経営幹部に教えている。著書の『鬼とならねば部下は動かず』は50万部の大ヒットとなり、いまなおロングセラーとなっている。そのほかの著書に『統率力と指導力』『上司が鬼とならねば組織は動かず』『めざせ!仕事のプロ』『仕事のプロになるための成功法則99』など。

染谷和巳の名言 一覧

叱るのは瞬間的な判断です。その場の行為を見て、「このやろう」と思ったときに叱るのです。タイミングを失ったら叱る効果がなくなります。しかも、私は人前で叱るべきだと思います。そうすることで周囲の人間にもぴーんと響きます。次の日、応接間に呼んで叱っても意味はありません。叱るにもタイミングが大切なのです。


お客様がいらしても挨拶をしない社員がいるとします。もちろん教えますし、注意もします。しかしそれでも、お客さんに対して知らん顔をしている社員がいたら、私なら真っ赤になって怒鳴りつけますね。そうすると、その社員は直るんですよ。そのかわり、私のことを憎むでしょう。恨んで復讐しようとするでしょう。しかし、それはしょうがないことなんです。上司というのはそういう役割なんです。


部下との間に敵対関係ができるのを恐れるから、大半の上司はグッと我慢をしています。叱らないで済まそうとするのです。しかしどうでしょう。叱らないで済むこともありますが、済まないことの方が多いと思います。


上司が叱ることができないから「話し合いましょう」「よく説得して」と別の手段を持ち出すことになるわけです。しかし、叱ることと話し合うことや説得することは、まったく違います。叱るというのは最後の手段です。その前に、「教える」「注意をする」というステップを踏んでいます。そのうえで、部下が何回注意されても直さない。たとえば、いくら言っても遅刻を繰り返す。そういうときに、上司は頭に来るわけです。感情を込めて「何やってるんだ、お前!」と怒るのです。本当はそうすることは自然です。


叱ることのできる上司が減っているのは煎じ詰めれば、心の弱さです。また、いまどきの上司たちが受けてきた学校教育の在り方も問題です。先生の言うことを真に受ければ、叱ってはいけないことになります。家庭教育でも、子供を叱るときに殴ってはいけないことになっています。殴られず、叱られず。そうやって育ってきた人が叱る側に回っても、叱れるわけはないですよ。


ガツンと叱ることのできる上司はどんどん減っています。絶滅しているといってもいいでしょう。人を叱るには多大なエネルギーを使います。たとえば、やっちゃいけないことをしている人間に「そんなことはするな!」と言いますね。これは相手を否定することです。プライドや心を傷つけます。だから相手は、言ってくれた人間を憎みます。嫌います。最悪の場合は殺したいと思います。それを感じるから、上司は叱ることを躊躇するのです。


職場では「鬼」という鎧を身にまとう。とくに上司には、その必要がある。叱る、褒める、注意する。これは全部、上司の仕事なんですよ。部下を指導・育成するために不適切な行為を指摘する。その勇気を持ってるかどうかが、優秀な上司になるかダメ上司になるかの境目。


「いままで私は皆さんに甘かった。これからは細かいことも厳しく言わせていただきます」と宣言して、その日から厳しくすればいい。最初は慣れてないだろうし、周囲からも反発を食らいますよ。でも、やり通すこと。当社の研修を終えた人も、やり続ければ板についてくる。周囲も受け入れてくれるから、この人の言うことを聞かなければダメだと上下関係がピシッとします。


部署や相手を良くするための正論を言って、相手に嫌われるのは勲章。大体、嫌われることを恐れるといっても、軽蔑されたら終わりですからね。相手に迎合してばかりで、厳しいことを言えなくなれば、今度はナメられて、心がすり減るんじゃないですか。むしろ、いつも厳しいことを言ってる人が、相手を認めて褒めたら、すごく効果が高いですよ。


いまの人は職場のコミュニケーションを取り過ぎてすり減ってるんです。もっと社内の人間関係は距離を取ればいい。コミュニケーションは潤滑油なんだから、適度にあれば気持ちよく仕事ができます。とはいえ、なければなくてもいい。むしろ潤滑油がありすぎるとツルツルと滑って逆効果。私が見てきた経験上、社内の人間関係がギクシャクしてる企業のほうが業績が上がってます。多少は上司と部下の仲が悪いくらいのほうが緊張感もあるし、見返してやろうと部下も仕事を頑張るものです。


染谷和巳の経歴・略歴

染谷和巳、そめや・かずみ。日本の幹部育成コンサルタント。東京都出身。東京教育大学(のちの筑波大学)卒業後、出版社、社員教育機関勤務などを経て独立。部下の指導法などを経営幹部に教えている。著書の『鬼とならねば部下は動かず』は50万部の大ヒットとなり、いまなおロングセラーとなっている。そのほかの著書に『統率力と指導力』『上司が鬼とならねば組織は動かず』『めざせ!仕事のプロ』『仕事のプロになるための成功法則99』など。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

子供が興味を持ち、それをできるようになりたいという願望を、周囲はサポートすべきです。逆に言えば、知識ばかりを詰め込むような教育は、子供から願望を奪っていくように感じます。たとえば、塾に通うことで知識は身に付きますが、自分の願望を素直に追求する時間も気力も体力も、奪ってしまいそうです。偏差値が高い大学を卒業しても社会で活躍できない人がいるのは、「こうなりたい」「これをしたい」という願望が奪われてしまっているからではないでしょうか。


和田秀樹

成功した人の話を聞いて、「前からやろうと思っていた」という人は、愚痴をこぼす前に、まず自分でやってみるべき。世の中はやったもん勝ちなのです。


秋山智史

どういう経済社会を築き上げていくのか。そのために何をすべきなのか。考えていくと、「企業は社会の公器」という理念が見えてきます。人々から存在価値を認めてもらえなければ、組織の意味がありません。


瀬戸薫

ウイークポイントに自分で気づいて失敗を反省できるようになると、ものごとを論理的に考えられるようになります。


東村アキコ

最近、「女の人にとっての幸せって何?」ということをいろんなところで訊かれるんです。でね、気づいたんですけど、私の周りで本当に幸せを満喫している女たちは既婚も独身も関係なく、みんなアイドルが好きなの。彼女たちは、求めるトキメキを全部アイドルに委ねていて、コンサートは疑似デートとして楽しんでいる。しかも、そこで夫や恋人をないがしろにするんじゃなくて一緒にアイドル道へ引きずり込んだりするんだよね。


山元賢治

人間には、どうしようもなく生理的嫌悪感を覚えてしまう相手がいるのも事実だ。そんな人と仕事をしなければならないとき、僕は、彼が食事をしている姿を眺めることにしている。すると、彼も必死で生きているひとりの人間なのだとしみじみ思えてきて、たいていの人を許すことができてしまう。


二宮清純

私は自分の仕事を養蜂業だと思っています。試合が行われている場所、選手がいるところに自分が飛んでいかなければ、何もみえないし始まりません。たとえ、今日の試合はエースと二線級の先発だから観なくても結果はわかると思っても、足を運ぶのです。そうすれば必ず何かしら、「えっ」と思うことに出くわします。


塚越寛

人間というのは、追い風が吹くと、それが自分の実力だと思いがち。


宮坂学

全部のアプリが2位か3位で、ならすと総合1位、というのでは意味がない。単品で勝負して強いものが群を成す、というのが正しい姿だと思って、取り組んでいます。


デイル・ドーテン

必要は発明の母かもしれない。だけど、偶然は発明の父なんだ。


本田直之

月に5万円貯めたいのなら、収入の中からあらかじめ5万円を差し引いて、貯金に回せばいいだけの話です。勉強も同じで、1日2時間勉強したいのなら、勉強する時間帯を決めてしまえばいいのです。それで生活が苦しくなるかといえば、そんなことはありません。必ずやると決めた時間以外は遊んでもいいわけで、修行僧のような生活を送れ、といっているわけではありません。


佐藤弘志

人のために汗をかき、愚直に努力する人間が評価される。この企業風土が揺らがなければ、我々の会社も揺らぐことはないと思っています。