名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

染谷和巳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

染谷和巳のプロフィール

染谷和巳、そめや・かずみ。日本の幹部育成コンサルタント。東京都出身。東京教育大学(のちの筑波大学)卒業後、出版社、社員教育機関勤務などを経て独立。部下の指導法などを経営幹部に教えている。著書の『鬼とならねば部下は動かず』は50万部の大ヒットとなり、いまなおロングセラーとなっている。そのほかの著書に『統率力と指導力』『上司が鬼とならねば組織は動かず』『めざせ!仕事のプロ』『仕事のプロになるための成功法則99』など。

染谷和巳の名言 一覧

叱るのは瞬間的な判断です。その場の行為を見て、「このやろう」と思ったときに叱るのです。タイミングを失ったら叱る効果がなくなります。しかも、私は人前で叱るべきだと思います。そうすることで周囲の人間にもぴーんと響きます。次の日、応接間に呼んで叱っても意味はありません。叱るにもタイミングが大切なのです。


お客様がいらしても挨拶をしない社員がいるとします。もちろん教えますし、注意もします。しかしそれでも、お客さんに対して知らん顔をしている社員がいたら、私なら真っ赤になって怒鳴りつけますね。そうすると、その社員は直るんですよ。そのかわり、私のことを憎むでしょう。恨んで復讐しようとするでしょう。しかし、それはしょうがないことなんです。上司というのはそういう役割なんです。


部下との間に敵対関係ができるのを恐れるから、大半の上司はグッと我慢をしています。叱らないで済まそうとするのです。しかしどうでしょう。叱らないで済むこともありますが、済まないことの方が多いと思います。


上司が叱ることができないから「話し合いましょう」「よく説得して」と別の手段を持ち出すことになるわけです。しかし、叱ることと話し合うことや説得することは、まったく違います。叱るというのは最後の手段です。その前に、「教える」「注意をする」というステップを踏んでいます。そのうえで、部下が何回注意されても直さない。たとえば、いくら言っても遅刻を繰り返す。そういうときに、上司は頭に来るわけです。感情を込めて「何やってるんだ、お前!」と怒るのです。本当はそうすることは自然です。


叱ることのできる上司が減っているのは煎じ詰めれば、心の弱さです。また、いまどきの上司たちが受けてきた学校教育の在り方も問題です。先生の言うことを真に受ければ、叱ってはいけないことになります。家庭教育でも、子供を叱るときに殴ってはいけないことになっています。殴られず、叱られず。そうやって育ってきた人が叱る側に回っても、叱れるわけはないですよ。


ガツンと叱ることのできる上司はどんどん減っています。絶滅しているといってもいいでしょう。人を叱るには多大なエネルギーを使います。たとえば、やっちゃいけないことをしている人間に「そんなことはするな!」と言いますね。これは相手を否定することです。プライドや心を傷つけます。だから相手は、言ってくれた人間を憎みます。嫌います。最悪の場合は殺したいと思います。それを感じるから、上司は叱ることを躊躇するのです。


職場では「鬼」という鎧を身にまとう。とくに上司には、その必要がある。叱る、褒める、注意する。これは全部、上司の仕事なんですよ。部下を指導・育成するために不適切な行為を指摘する。その勇気を持ってるかどうかが、優秀な上司になるかダメ上司になるかの境目。


「いままで私は皆さんに甘かった。これからは細かいことも厳しく言わせていただきます」と宣言して、その日から厳しくすればいい。最初は慣れてないだろうし、周囲からも反発を食らいますよ。でも、やり通すこと。当社の研修を終えた人も、やり続ければ板についてくる。周囲も受け入れてくれるから、この人の言うことを聞かなければダメだと上下関係がピシッとします。


部署や相手を良くするための正論を言って、相手に嫌われるのは勲章。大体、嫌われることを恐れるといっても、軽蔑されたら終わりですからね。相手に迎合してばかりで、厳しいことを言えなくなれば、今度はナメられて、心がすり減るんじゃないですか。むしろ、いつも厳しいことを言ってる人が、相手を認めて褒めたら、すごく効果が高いですよ。


いまの人は職場のコミュニケーションを取り過ぎてすり減ってるんです。もっと社内の人間関係は距離を取ればいい。コミュニケーションは潤滑油なんだから、適度にあれば気持ちよく仕事ができます。とはいえ、なければなくてもいい。むしろ潤滑油がありすぎるとツルツルと滑って逆効果。私が見てきた経験上、社内の人間関係がギクシャクしてる企業のほうが業績が上がってます。多少は上司と部下の仲が悪いくらいのほうが緊張感もあるし、見返してやろうと部下も仕事を頑張るものです。


染谷和巳の経歴・略歴

染谷和巳、そめや・かずみ。日本の幹部育成コンサルタント。東京都出身。東京教育大学(のちの筑波大学)卒業後、出版社、社員教育機関勤務などを経て独立。部下の指導法などを経営幹部に教えている。著書の『鬼とならねば部下は動かず』は50万部の大ヒットとなり、いまなおロングセラーとなっている。そのほかの著書に『統率力と指導力』『上司が鬼とならねば組織は動かず』『めざせ!仕事のプロ』『仕事のプロになるための成功法則99』など。

他の記事も読んでみる

阿部雅行

リーダーシップやコミュニケーション、営業スキル、課題特定など、企業によってプログラムは違いますが、健康が仕事とリンクしていることに気づいて頂ければ日々の業務が活性化します。労働人口が減っていく中でも従業員一人ひとりの「健康防衛」を大切にして仕事のピーク寿命を上げることができれば日本のGDPの下降を最小限に抑えることにも繋がるでしょう。


小田兼利

やるべきことを見つけ、走り始めたら「やりぬくこと」。いわばマラソンだね。やめたいと思うときもある。だけど絶対に完走するという気持ちが大切。私の場合、周囲の歓声が凄すぎて、途中で棄権できなくなっちゃってるんだけどね。


吉山勇樹

達成したい夢や目標があるなら公言する。そうすれば、自分を追い込むことになり、夢や目標が「やりたい」ことから、「やらねばならない」ことに変わる。


今泉嘉久

一般的なオフィスは、家具を選ぶに際しても座り心地のよさや収納性の高さなどといった利便性を追求している場合が多いと思います。しかし、オフィスは利便性だけではなく自社をPRするメディア的機能も併せ持ったほうがいい。一石二鳥で投下資本の効率性も高まります。


田崎ひろみ

当社は常に、ニッチな分野でのナンバーワンを目指しています。業界別に担当を分けて、各業界で、ここで人を紹介させたらJACの右に出るものはないと言われる仕事をしたいと思っています。


中尾清(経営者)

中国法人社長就任当初、現地スタッフは他人のせい、顧客のせいにして弁明する傾向が見られましたが、「自分の仕事にプライドを持て」と口を酸っぱくして注意すると、次第にわかってくれました。


佐藤裕之(経営者)

秋田は風がいい。逆にいうと他のエリアはそんなに風がよくないので、風がいいのは野菜が美味しいのと同じで地域資源なんです。ハタハタ、比内地鶏、きりたんぽ、しょっつる、そして風。それと同じなんです。秋田が元気になって雇用が生まれて、みんながそこそこ豊かな方向へ向かえる一つの起爆剤として風力発電に対する期待、これは大きいものを感じます。


藤野英人

SNS(交流サイト)などでの情報発信にも力を入れていますが、まずは発信そのものよりも、それを通して「受け取る」ことの方が投資家としては重要だと考えています。人間はどうしても自分の立場や年齢、考えが近い人の情報ばかりをフィルタリングして選択するようにできている。知らず知らずのうちに視野が狭くなるのを避けるために、私はSNSを使って意図的に自分とは違う生活をしている人たちの考えを取り入れるようにしています。


井上礼之

M&Aを成功させる4つの要諦

  1. M&A、提携、連携を日常茶飯事ととらえよ。
  2. 相手の弱みも補完し、シナジー効果を創出せよ。
  3. 買収後の共同チームでグローバル人材を鍛えよ。
  4. お互いの納得感や信頼感の醸成がM&Aの効果を高める。

佐久間俊行

道場も、お客様がいてお金の流れがあるのは会社と同じです。「道場=会社」ととらえて経営を学びました。
【覚書き|22歳で極真会館の道場ひとつを任されたときを振り返っての発言】


牛田一雄

変化に対応できないと生き物は滅びていく。


鈴木健(スマートニュース)

生命は「核」と「膜」で境界線をつくって、内に資源を囲い込もうとします。この機能を弱めて、世界を「網」としてとらえる仕組みをイノベーションによってつくっていこうというのが、僕の考えです。