名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

染谷和巳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

染谷和巳のプロフィール

染谷和巳、そめや・かずみ。日本の幹部育成コンサルタント。東京都出身。東京教育大学(のちの筑波大学)卒業後、出版社、社員教育機関勤務などを経て独立。部下の指導法などを経営幹部に教えている。著書の『鬼とならねば部下は動かず』は50万部の大ヒットとなり、いまなおロングセラーとなっている。そのほかの著書に『統率力と指導力』『上司が鬼とならねば組織は動かず』『めざせ!仕事のプロ』『仕事のプロになるための成功法則99』など。

染谷和巳の名言 一覧

叱るのは瞬間的な判断です。その場の行為を見て、「このやろう」と思ったときに叱るのです。タイミングを失ったら叱る効果がなくなります。しかも、私は人前で叱るべきだと思います。そうすることで周囲の人間にもぴーんと響きます。次の日、応接間に呼んで叱っても意味はありません。叱るにもタイミングが大切なのです。


お客様がいらしても挨拶をしない社員がいるとします。もちろん教えますし、注意もします。しかしそれでも、お客さんに対して知らん顔をしている社員がいたら、私なら真っ赤になって怒鳴りつけますね。そうすると、その社員は直るんですよ。そのかわり、私のことを憎むでしょう。恨んで復讐しようとするでしょう。しかし、それはしょうがないことなんです。上司というのはそういう役割なんです。


部下との間に敵対関係ができるのを恐れるから、大半の上司はグッと我慢をしています。叱らないで済まそうとするのです。しかしどうでしょう。叱らないで済むこともありますが、済まないことの方が多いと思います。


上司が叱ることができないから「話し合いましょう」「よく説得して」と別の手段を持ち出すことになるわけです。しかし、叱ることと話し合うことや説得することは、まったく違います。叱るというのは最後の手段です。その前に、「教える」「注意をする」というステップを踏んでいます。そのうえで、部下が何回注意されても直さない。たとえば、いくら言っても遅刻を繰り返す。そういうときに、上司は頭に来るわけです。感情を込めて「何やってるんだ、お前!」と怒るのです。本当はそうすることは自然です。


叱ることのできる上司が減っているのは煎じ詰めれば、心の弱さです。また、いまどきの上司たちが受けてきた学校教育の在り方も問題です。先生の言うことを真に受ければ、叱ってはいけないことになります。家庭教育でも、子供を叱るときに殴ってはいけないことになっています。殴られず、叱られず。そうやって育ってきた人が叱る側に回っても、叱れるわけはないですよ。


ガツンと叱ることのできる上司はどんどん減っています。絶滅しているといってもいいでしょう。人を叱るには多大なエネルギーを使います。たとえば、やっちゃいけないことをしている人間に「そんなことはするな!」と言いますね。これは相手を否定することです。プライドや心を傷つけます。だから相手は、言ってくれた人間を憎みます。嫌います。最悪の場合は殺したいと思います。それを感じるから、上司は叱ることを躊躇するのです。


職場では「鬼」という鎧を身にまとう。とくに上司には、その必要がある。叱る、褒める、注意する。これは全部、上司の仕事なんですよ。部下を指導・育成するために不適切な行為を指摘する。その勇気を持ってるかどうかが、優秀な上司になるかダメ上司になるかの境目。


「いままで私は皆さんに甘かった。これからは細かいことも厳しく言わせていただきます」と宣言して、その日から厳しくすればいい。最初は慣れてないだろうし、周囲からも反発を食らいますよ。でも、やり通すこと。当社の研修を終えた人も、やり続ければ板についてくる。周囲も受け入れてくれるから、この人の言うことを聞かなければダメだと上下関係がピシッとします。


部署や相手を良くするための正論を言って、相手に嫌われるのは勲章。大体、嫌われることを恐れるといっても、軽蔑されたら終わりですからね。相手に迎合してばかりで、厳しいことを言えなくなれば、今度はナメられて、心がすり減るんじゃないですか。むしろ、いつも厳しいことを言ってる人が、相手を認めて褒めたら、すごく効果が高いですよ。


いまの人は職場のコミュニケーションを取り過ぎてすり減ってるんです。もっと社内の人間関係は距離を取ればいい。コミュニケーションは潤滑油なんだから、適度にあれば気持ちよく仕事ができます。とはいえ、なければなくてもいい。むしろ潤滑油がありすぎるとツルツルと滑って逆効果。私が見てきた経験上、社内の人間関係がギクシャクしてる企業のほうが業績が上がってます。多少は上司と部下の仲が悪いくらいのほうが緊張感もあるし、見返してやろうと部下も仕事を頑張るものです。


染谷和巳の経歴・略歴

染谷和巳、そめや・かずみ。日本の幹部育成コンサルタント。東京都出身。東京教育大学(のちの筑波大学)卒業後、出版社、社員教育機関勤務などを経て独立。部下の指導法などを経営幹部に教えている。著書の『鬼とならねば部下は動かず』は50万部の大ヒットとなり、いまなおロングセラーとなっている。そのほかの著書に『統率力と指導力』『上司が鬼とならねば組織は動かず』『めざせ!仕事のプロ』『仕事のプロになるための成功法則99』など。

他の記事も読んでみる

兼元謙任

洗脳とかマインドコントロールとか言うと、胡散臭いと感じる人もいるかもしれません。でも、現実をどう感じるかは認識、心の問題です。自分の認識を変えれば、たとえば「会社の業績が悪くて給料が下がる」という状況は同じでも、不安は減らせます。


森川宏平

江崎玲於奈さんが言っておられた「組織化された混沌」という言葉が好きです。個々の混沌とした状態でありながら、全体的には同じ方向を向いている。(会社にとっても)それが一番良い形だなと思います。


渋沢栄一

言葉は真心を込め、行いは慎み深く、事を取りさばき、人に接するには必ず誠意を持って臨め。


南部靖之

私は、世の中のリーダーには、共通する四つの力があると考えています。一つは「活力」、次に「共有力」、それから「影響力」、最後に「今を見る力」。


蜂谷二郎

信用金庫でも私はリテール部門で個人のお客様とのビジネスを担当していました。そのときに感じていたのは、お客様の奥の奥まで見ていない限り、お客様にとっての最大のメリットを引き出すプレゼンはできないということでした。


木村沙織

人間ですからミスもある。ただ、調子がいい時と悪い時の差をできるだけ埋めることは心がけました。やはり安定感のある選手の方が、監督からの信頼も厚くなります。そのためにも、数字の良し悪しで一喜一憂するようなメンタルではダメだと思うんですよね。


眞形隆之

注目度が低く、覚えてもいないようなことを詳細に語ると、事実だと信じ込ませやすい。自信満々に詳しく語ると、それが嘘でも聞いている側は検証のしようがないため、「そんなに細部を覚えているなら、本当なんだろう」と信じてしまう。


栗原博

新しい取り組みほどやり抜く覚悟が必要。


道脇裕

発明はけっこう戦略的にやっています。たとえばこの技術が公開されたら企業はこう動くだろうから、いまのうちにこれを発明して特許申請を出しておこうという具合に、先回りするんです。


堤清二

投資銀行やヘッジファンドなど、資本主義の主要な担い手たちがなぜ堕落したのか。大きな理由は東西冷戦が終結し、社会主義陣営という資本主義への批判者が地球上からいなくなったことです。どのようなシステムであれ、批判者や対抗者が存在しなくなった途端に堕落は始まります。


波頭亮

将校は一兵卒とは違ってノーブレス・オブリージュ(高貴な身分の者に課せられた義務)を発揮しなければなりません。将校は一兵卒より美味しいご飯を食べ、寝心地のいいベッドに寝る。しかし、いったん事が起きたときは、先陣を切って出陣しないといけません。


佐々木洋寧

毎年、大工や塗装など職人のスキルアップを目的とした「職人選手権」を開催しています。選手権ではお互いの技術を競うだけではなく、普段は目にしないほかの職人やチームの施工方法も学べます。選手権を通じて効率的な施工方法を会社全体で共有することで、現場での労働生産性の向上につながっています。