染谷和巳の名言

染谷和巳のプロフィール

染谷和巳、そめや・かずみ。日本の幹部育成コンサルタント。東京都出身。東京教育大学(のちの筑波大学)卒業後、出版社、社員教育機関勤務などを経て独立。部下の指導法などを経営幹部に教えている。著書の『鬼とならねば部下は動かず』は50万部の大ヒットとなり、いまなおロングセラーとなっている。そのほかの著書に『統率力と指導力』『上司が鬼とならねば組織は動かず』『めざせ!仕事のプロ』『仕事のプロになるための成功法則99』など。

染谷和巳の名言 一覧

叱るのは瞬間的な判断です。その場の行為を見て、「このやろう」と思ったときに叱るのです。タイミングを失ったら叱る効果がなくなります。しかも、私は人前で叱るべきだと思います。そうすることで周囲の人間にもぴーんと響きます。次の日、応接間に呼んで叱っても意味はありません。叱るにもタイミングが大切なのです。


お客様がいらしても挨拶をしない社員がいるとします。もちろん教えますし、注意もします。しかしそれでも、お客さんに対して知らん顔をしている社員がいたら、私なら真っ赤になって怒鳴りつけますね。そうすると、その社員は直るんですよ。そのかわり、私のことを憎むでしょう。恨んで復讐しようとするでしょう。しかし、それはしょうがないことなんです。上司というのはそういう役割なんです。


部下との間に敵対関係ができるのを恐れるから、大半の上司はグッと我慢をしています。叱らないで済まそうとするのです。しかしどうでしょう。叱らないで済むこともありますが、済まないことの方が多いと思います。


上司が叱ることができないから「話し合いましょう」「よく説得して」と別の手段を持ち出すことになるわけです。しかし、叱ることと話し合うことや説得することは、まったく違います。叱るというのは最後の手段です。その前に、「教える」「注意をする」というステップを踏んでいます。そのうえで、部下が何回注意されても直さない。たとえば、いくら言っても遅刻を繰り返す。そういうときに、上司は頭に来るわけです。感情を込めて「何やってるんだ、お前!」と怒るのです。本当はそうすることは自然です。


叱ることのできる上司が減っているのは煎じ詰めれば、心の弱さです。また、いまどきの上司たちが受けてきた学校教育の在り方も問題です。先生の言うことを真に受ければ、叱ってはいけないことになります。家庭教育でも、子供を叱るときに殴ってはいけないことになっています。殴られず、叱られず。そうやって育ってきた人が叱る側に回っても、叱れるわけはないですよ。


ガツンと叱ることのできる上司はどんどん減っています。絶滅しているといってもいいでしょう。人を叱るには多大なエネルギーを使います。たとえば、やっちゃいけないことをしている人間に「そんなことはするな!」と言いますね。これは相手を否定することです。プライドや心を傷つけます。だから相手は、言ってくれた人間を憎みます。嫌います。最悪の場合は殺したいと思います。それを感じるから、上司は叱ることを躊躇するのです。


職場では「鬼」という鎧を身にまとう。とくに上司には、その必要がある。叱る、褒める、注意する。これは全部、上司の仕事なんですよ。部下を指導・育成するために不適切な行為を指摘する。その勇気を持ってるかどうかが、優秀な上司になるかダメ上司になるかの境目。


部署や相手を良くするための正論を言って、相手に嫌われるのは勲章。大体、嫌われることを恐れるといっても、軽蔑されたら終わりですからね。相手に迎合してばかりで、厳しいことを言えなくなれば、今度はナメられて、心がすり減るんじゃないですか。むしろ、いつも厳しいことを言ってる人が、相手を認めて褒めたら、すごく効果が高いですよ。


いまの人は職場のコミュニケーションを取り過ぎてすり減ってるんです。もっと社内の人間関係は距離を取ればいい。コミュニケーションは潤滑油なんだから、適度にあれば気持ちよく仕事ができます。とはいえ、なければなくてもいい。むしろ潤滑油がありすぎるとツルツルと滑って逆効果。私が見てきた経験上、社内の人間関係がギクシャクしてる企業のほうが業績が上がってます。多少は上司と部下の仲が悪いくらいのほうが緊張感もあるし、見返してやろうと部下も仕事を頑張るものです。


「いままで私は皆さんに甘かった。これからは細かいことも厳しく言わせていただきます」と宣言して、その日から厳しくすればいい。最初は慣れてないだろうし、周囲からも反発を食らいますよ。でも、やり通すこと。当社の研修を終えた人も、やり続ければ板についてくる。周囲も受け入れてくれるから、この人の言うことを聞かなければダメだと上下関係がピシッとします。


染谷和巳の経歴・略歴

染谷和巳、そめや・かずみ。日本の幹部育成コンサルタント。東京都出身。東京教育大学(のちの筑波大学)卒業後、出版社、社員教育機関勤務などを経て独立。部下の指導法などを経営幹部に教えている。著書の『鬼とならねば部下は動かず』は50万部の大ヒットとなり、いまなおロングセラーとなっている。そのほかの著書に『統率力と指導力』『上司が鬼とならねば組織は動かず』『めざせ!仕事のプロ』『仕事のプロになるための成功法則99』など。

他の記事も読んでみる

千田琢哉

大学に入るまでマンガ以外はほとんど読んだことがなかったのですが、大学時代は1000万円くらい本に投資して読みまくりました。その結果、就職後、駆け出しの若造でしたが、本で得た知識のおかげで百戦錬磨のエグゼクティブたちと共通の話題が持てたんです。


佐藤可士和

悩むよりも、まず決断する。仕事はそこから拓けていくもの。


藤沢久美

ビジョンさえ明確であれば、社員をわざわざ動かさずとも、自発的に動いてくれるようになる。


ケリー・マクゴニガル

同僚をはじめ、あらゆる人と強い絆を築く最善の方法は、ほかの人の成功や幸運を心から祝福すること。


安田隆夫

多事多難から学んだ最大の教訓は「社会と共に生きる企業でなければならない」ということ。


中村好文

自分の仕事にとってのひとつの転機になったのは、40代の後半になってから雑誌に連載した『住宅巡礼』です。20世紀の名作住宅をひとつひとつ訪ねてルポルタージュを書くというものでした。400字詰の原稿用紙で20数枚というまとまった文章を書くなんてはじめてでしたからね。それが最終的には19回分の連載になったので、大変さは半端じゃなかった。世界各地の名作住宅を、ほとんど一人旅で30軒ぐらい訪ねて回りましたね。旅費と宿泊費が取材費を大幅に上まわって、毎回、大赤字だったけど、その経験で得たものは、自分にとってはお金なんかに換算できない生涯の財産になりました。この連載をきっかけにして、文章を書くことが僕のもうひとつのライフワークになり、自分の進むべき文章の世界の扉が開いたんですよ。


福地茂雄

長い過去も、これからの行動いかんによって評価される。輝かしい過去ではなく、これから先の仕事によって、経営者としての評価が変わっていく。


柳井正

父から洋服屋を引き継ぎ、一人で仕入れ・販売・経理とやった。苦労の連続でしたが、毎日苦労をしていて、問題を克服していくので、楽しくなる。もう苦労が普通だと思えたら、これほど楽しいことはない。課題とか問題を発見できることは、チャンスを発見できるということと一緒。楽しいし、達成したら、次が見えてくる。で、その次、次、次とやっていたら、今日の姿になった。


池谷裕二

私が研究生活を続ける中で、はじめて「サイエンスの研究とは、本当はこういうものだったのか」と実感したのは、2年間、コロンビア大学に留学していたときでした。世界中から集まって来た最先端の研究者たちを観察していたら、日本のサイエンティストたちとは「集中力」と「議論をする力」が根本的にちがうな、と気づいたのです。日本の大学では、食事や休憩のときに研究の話をはじめると「おい、メシの時ぐらいは研究の話はやめようや」と面倒なやつのような扱いをされたけれど、コロンビア大学では、四六時中、ものすごく濃く研究についての議論をしていました。私は幸い、自分の関わるジャンルにおいて、まさに世界最先端と言える研究室に留学できたのですが、そこでは世界最先端とはいえども研究している時間そのものはそれほど長くはなくて、とにかく、議論によって濃い時間を蓄積しているのだ、と自分なりにはわかりました。結局、アイデアは、コミュニケーションからしか生まれないようなのです。


樋口泰行

マイクロソフトはパソコン向けに数を売るビジネスから始まったため、なるべく人を少なくして、製品開発にできる限り投資し、マーケティング力で需要を喚起する考え方でした。しかし、法人向けは、お客様にきちんと説明し、ニーズに合った製品をお届けしたうえで、保守していくというビジネスモデルですから、まだまだ人は足りないと思います。


岸見一郎

先日、ある企業の研修の場に講師として招かれ、役員会で話をしました。もうすぐ定年という人がほとんどでしたが、「人は働くために生きているわけではない」という話をしたとき、皆さんがぐっと身を乗り出してこられた。恐らく、自分が何となく疑問に感じていたことが、言語化されたことに驚かれたのでしょう。仕事において突出した課題があるとき、その課題に集中して取り組むことは悪いことではありません。ただ、仕事さえ頑張って成功すれば、幸せになれるというわけではないのです。多くの人が、成功こそが幸福であると勘違いしています。


クリストフ・ウェバー

医薬の世界で武田ほど歴史があり、「誠実」を核にした価値観が明確な製薬会社は多くない。これは信頼を得る強いアドバンテージだ。社長就任を決意したのも、挑戦的な目標と価値観への共感からだった。


森川亮

大企業では肩書や権限が大事で、それがないとなかなか人は動かない。裏を返せば、肩書や権限さえあれば、その人がたとえ無能でも、部下は表面的には従うわけです。しかしベンチャー企業では、人は肩書きや権限では動かず、マインドで動く。そして成果重視です。


壺阪龍哉

モノは溢れているときほどなくなりやすく、探すのにも時間がかかり、仕事効率が下がります。重要なものを整理した状態に保つためにも、不要なモノは捨てるべきだと心得ましょう。


谷真

ニーズをつかむために一番大事なことは、現場に足を運んで、お客様の行動や表情を見ること。だから私は、今も現場に足を運び続けています。


ページの先頭へ