名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

柏村美生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柏村美生のプロフィール

柏村美生、かしわむら・みお。日本の経営者。「リクルートスタッフィング」社長。明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業後、リクルートに入社。上海赴任、CAPカンパニー美容情報統括部部長、リクルートライフスタイル執行役員、リクルートホールディングス執行役員などを経てリクルートスタッフィング社長に就任。

柏村美生の名言 一覧

就業システムを改革することは簡単ではありませんが、トップの意識が変われば、着実に変わっていくはず。


地道な取り組みですが、これこそが近道。


多様な人々の多様な働き方を受け入れる仕組みを整えることで、ビジネスの源泉である人材の価値を最大限に引き出し、強く成長していくことができる。


私は大学時代から「すべての人に役割のある社会を創る」という目標を持っています。多様な働き方のスタイルを生み出すことで、この大きな目標に近づけると考えています。


人材サービス事業に必要なのは「未来の習慣を創る」こと。今は現実的でないと思われる働き方も、未来では当たり前のことになるはず。そう信じて取り組んでいます。


柏村美生の経歴・略歴

柏村美生、かしわむら・みお。日本の経営者。「リクルートスタッフィング」社長。明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業後、リクルートに入社。上海赴任、CAPカンパニー美容情報統括部部長、リクルートライフスタイル執行役員、リクルートホールディングス執行役員などを経てリクルートスタッフィング社長に就任。

他の記事も読んでみる

梅本純正

上司の前に立った時には見識を述べよ。たんにいくつかの案を示すだけでなく自分が最適と判断した案を語れ。何でも結々諾々と従う人より、意見をはっきり言う骨っぽい人が好ましい。上司は部下の判断に拒否権を発動できる見識を持て。上司も部下も日ごろの蓄積が見識となって現れる。


庄司充

派手な大ワザで一発逆転を狙うのは過去のやり方。いまは小さな工夫をどれだけ積み重ねるかの勝負になりました。実際、いま結果を出している営業マンは、誰にでもできるカンタンな工夫を重ねて、自分なりの勝ちパターンをつくっています。


東英弥

仕事だけをしているとお付き合いの範囲が狭くなりますから、知見を持った人の話を聞いて、仕事に落とし込んで、それを社員やお客様に展開していく。これを今日まで続けてきたことが、よかったのではないかと思っています。


大岩俊之

リアル書店では世間の流行を把握できるというメリットもあります。話題になっている本は目立つ位置に平積みされています。どんな人がどんな本を手に取って見ているのか、観察してみても面白いでしょう。


安田佳生

決まっていた予定でも、より優先順位の高い重要な予定がそこに入ってきたら、前の予定を変更せざるを得ません。未確定の予定も記入するという人は、予定が変わることを前提にしているのです。一方、予定が確定するまで書かない人は、予定をいったん書きこんだら、それはもう変わらないものだと思っている。言い換えれば優先順位という発想ではなく、ただ決まった順、来た順に仕事をこなしているということでもあります。それでは自分からスケジュールをつくりだすことも、仕事のパフォーマンスで他人に差をつけることもできません。


川邊健太郎

物事を決める際には、自分一人で考え込まずに議論をすることも大事です。それも、できれば自分と立場の違う人がいい。同じ会社の同じくらいの階層の人では、視点が同じになりやすいからです。社外の人との交流を持っておくことは、意思決定の速度を高める意味でも重要だと思います。


一戸明美

ヘッドスパサロンを開設したきっかけは、マッサージが上手だけど美容師としてのセンスが不足していた男性スタッフに、活躍の場を与えたかったから。採用した従業員をプロデュースして、輝かせるのが私の使命。


オスカー・ワイルド

若いときの自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。
いま、歳をとってみると、その通りだと知った。


澤上篤人

有力誌ビジネスウィークが「株式の死」と題した大特集を組むほど米国の株価が長期低迷した時代。1960年代に始まるボックス相場でダウが700ドルから1000ドルの間を行ったり来たりした16年半においても、個別企業を選別する我々長期投資家は、そこそこの運用成績をあげていた。


関家一馬

この会社をいかに良い会社にするか、というのは私の人生のテーマです。私がいる間だけ良いんじゃなくて、私が辞めた後もずっと良い会社であってほしい。私のゴールは社長が誰であれうまくいく会社にすること。そのための形を会社に残す必要があるんです。


川田達男

人の成長には何よりも経験が大切です。だからリーダーが育つための必要な環境を与える、つくっていくことは経営陣の役割でしょう。しかし、その中で揉まれながら、何を変えていくべきかを考えるのは本人が肌で感じる問題です。経験が経験として生きるか、生きないかも本人の問題が大きい。


石川康晴

派遣にしていたらノウハウが溜まらないどころか、怖いのは競争相手に行ってしまうことです。ノウハウ、リソースを確保しておくには正社員制度は必要なことです。