名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

柏原純一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

柏原純一(経営者)のプロフィール

柏原純一、かしわばら・じゅんいち。日本の経営者。「ウェルネス」社長。

柏原純一(経営者)の名言 一覧

新たに学ぶことも多く、一から勉強しています。与えられたチャンスを生かすべく新たな分野にチャレンジし、成長を実感しています。


使命感に裏打ちされた熱意ある志を持った人材に期待しています。自分の可能性に挑戦し、欠かすべからざるインフラとして、「あらゆる人を受け入れ、あらゆる人を生かすための情報の創造と提供」という当社の理念の下、新たな人材と共に永続的に発展していきたい。


我々の会社は、もともと一般の方に情報提供をするためにつくられました。創業から27年たち、当社のデータベースは国や自治体などにも活用されるようになりました。情報インフラとして医療機関情報が一層普及し、定着するために利用実績の積み上げを図っています。また当社は最大級の医療機関情報提供元として、品質の自主基準を設けています。


今後ますます成長が予想されるメディカル・ヘルスケアサービスならびにデータヘルス関連領域では、個人の様々なデータを活用した新しいサービスの提案やコンサルティングが求められており、そのようなニーズに迅速に応え事業を発展させるために、(コールセンター事業の)分社化を決断しました。


社内にR&D(研究開発)部門を立ち上げました。患者と医療機関を結ぶ我々の仕事の根拠を、一層明確にするために大学と提携し研究開発を推進しています。テキサス大学とのアドバイザリー契約などの経験をもとに、患者へのよりよい情報提供のあり方を追求し、また、東京大学と共同して、人工知能を用いてWEB上の医療情報をどのように整理するかという研究も行っています。


ウェルネスはその成り立ちと性格から、今後医療機関の評価業務を期待されており、そのような観点から他社資本を受け入れるつもりはありません。しかしながら(分社化してつくった)ウェルネス医療情報センターでは他社と組みフレキシブルな事業展開を期待しています新サービスをつくり新しい取り組みをドンドン進めようとしています。


人口当たりの病院の必要なベッド数などは、地域ごとに大きく異なるため、現在の医療資源を視覚化するシステムを開発し無償提供しました。八王子市で医師会の先生方と共同構築した地域医療連携システム「まどころネット」では当社のデータベースを生かしながら、ICTを活用した情報共有ツールとして、医師や看護師、薬剤師やケアマネージャーなど多職種間で患者情報を共有することができます。今後地域包括ケアを担うシステムとして期待しています。


柏原純一(経営者)の経歴・略歴

柏原純一、かしわばら・じゅんいち。日本の経営者。「ウェルネス」社長。

他の記事も読んでみる

八田進二

家庭でもそうですが、子供は親の背中を見て育ちます。従業員はトップの背中を見ているわけです。だからトップが内と外で違うこと言っていたら、社員も「自分たちもそれでいいではないか」となってしまいます。やはりトップの軸がブレずにいけば、下のものはそれに必ず従ってきます。範を垂れる、率先垂範。これが一番重要なことだと思います。


今井登茂子

会話の糸口を見つけ、互いの距離を縮めるのに最も効果的なことは、相手の会社に関する時事ネタです。それもホットな、プラスの話に触れることが肝心です。相手の会社の創業記念日や社長の叙勲、担当者の栄転など、先方のお祝いごとは事前に調べて必ずチェックしておくこと。相手は、「うちにこれほど関心を持ってくれている」と嬉しい気持ちになるでしょう。それが好感度アップの第一歩です。仕事ができる人というのは、こうしたプラスアルファのひと言がさらりと言えるのです。


澤穂希

私は自分のキャプテンシー(チームを統率する力)は「プレーで見せる」「グラウンドで結果を出す」ことだと考えていました。「私の背中を見て」というタイプだったかもしれません。何もしない口だけの人についていこうとは誰も思わないでしょうし、行動で示すのが何より大事だと思っていました。


勝海舟

俺が海舟という号を付けたのは、(佐久間)象山の書いた「海舟書屋」という額が良くできていたから、それで思いついたのだ。しかし海舟とは、もと、誰の号だか知らないのだ。安芳というのは、安房守(あわのかみ)の安房と同音だから改めたのよ。実名は義邦だ。


島田昭彦

コンセプトが集約されたわかりやすいフレーズには、アイデアを広げ、具現化する力があると思います。ですから、感じたことを言葉にしてノートに書き込む際は、ただなんとなく走り書きするのではなく、「これだ」というワンフレーズを見つけ出して書き込んでほしいですね。


鈴木剛(経営者)

たとえてみれば木綿着のようなホテルにしてほしい。木綿でも、織とか染め柄によって、高価な絹織物よりも、遥かにいい効果が出せるのだから。


熊谷正寿

経営者は絶対に会社を潰してはならない。その会社に時間=命を捧げてくれている仲間の命を無駄にすることになるうえ、仲間の家族の人生までを左右することになる。


佐々木洋寧

昔のシステムキッチンは観音開き、高齢者が収納された食器を取るにはきつい姿勢です。当社のリフォームで引き出し式のシステムキッチンに変えたことで、「料理が楽しくなった。片付けも楽になった」というお客様の声をいただきます。高齢化社会が進む中で、快適な住環境を実現するリフォームの役割は、ますます大きくなってくると思います。


梅原勝彦

人件費や材料費が上がったから値上げするというのは、お客様は一度や二度なら認めてくれるけれど、それを続けていればいつか見捨てられるし、ライバルにも負けてしまいます。だから、コストダウンは言われなくても続けないといけません。


杉良太郎

姿勢を正して話を聞かなければ、物事が入っていかない。


西山知義

最初は素人集団でしたからクレームが多かった。ならばもっとクレームをいってもらって改善の方法を探ろうと、「会計時にお店の悪いところを聞かせてくれたら300円割引します」とやったんです。カイゼンできることはすべて取り組みました。そうしたら半年後には行列ができるようになっていました。

【覚え書き|牛角が1店舗だった頃を振り返って】


小早川智明

法人相手のソリューション営業で鍛えられたため、危機的な状況や課題をどうやって乗り越えていくのかを考えるのは、得意分野でもあり、燃える部分でもある。