名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

枝並千花の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

枝並千花のプロフィール

枝並千花、えだなみ・ちか。日本のバイオリニスト。新潟県出身。4歳からバイオリンを開始。桐朋女子高等学校音楽科卒業、桐朋学園大学卒業。東京交響楽団を経てソロ活動を開始。ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリン・コンクール優勝。

枝並千花の名言 一覧

私はどちらかと言えば不器用だと思っていて、だからコンサートでは一瞬で流れていく部分でも、「この一音のために何時間使ってるんだろう」というくらい練習します。その地道な積み重ねが音の深みや個性になっていくと思っているんです。


世界一有名な(バイオリン制作者)ストラディバリも、音を良くするというより何か人と違ったことをして新しい価値を生み出そうと、ネックやボディーに彫りを入れたのだそうです。


クラシックの演奏家というとドレスを着てステージに立っている優雅な姿を想像されると思いますが、練習はむしろアスリートに近いですね。ストレッチや筋トレから始め、学生時代は8~9時間、今でも3~4時間連続で弾くのは普通。冬でも半袖で、汗だくで弾いてしまう感じです。


私たちは正確に楽譜通り弾ける技術があることが大前提。でもそれだけでは駄目で、正確さの遥か先にある「その人にしか出せない音色」がないと、「この人の演奏をまた聴きたい」とはならない。音を通して感じられる人間性と言いますか。


若い人の「ありがとうございます!」という挨拶も元気でいいんですが、80過ぎの方がやっと聞こえる位の小声で「ありがとう……」とおっしゃるのには、それまでの人生が重なっていて深みがありますよね。楽器も同じで、私が普段使っているのは1761年製なんですが、これまでいろんな人の所を回って私の元に来ていますから、その分深い音がします。なので私自身も多くの経験をして、人に何か良い影響を与えられる音色を目指したい、と普段から思っています。


枝並千花の経歴・略歴

枝並千花、えだなみ・ちか。日本のバイオリニスト。新潟県出身。4歳からバイオリンを開始。桐朋女子高等学校音楽科卒業、桐朋学園大学卒業。東京交響楽団を経てソロ活動を開始。ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリン・コンクール優勝。

他の記事も読んでみる

瀬戸大也

金メダルを獲るためには何が必要で、ひとつひとつのレースに対して何をしなければいけないのかという課題を持って挑むようになった。たとえば、このレースでは勝負にこだわって力を抑えるのではなく、タイムを狙って前半から積極的に挑んでみようとか。


白井一幸

見方を変えれば、ファイターズは長く低迷していたために、改革をしやすいチームだったともいえます。これが、毎年ある程度の成績を残しているチームだったら、大改革などできなかったでしょう。当時の我々にアドバンテージがあったとしたら、それは改革ができる土壌があったことかもしれません。


鬼塚喜八郎

志あるところに道は開かれ、求めるところに師は現れる。


ボブ・パーソンズ

社員が会社に対して情熱を持ち、会社の商品に対して情熱を持ち、その気持ちを商品に乗せることによって、それがお客様にも伝わる。


天坊昭彦

事業は人が中心です。人を大切にし、事業を通して一人ひとりが世の中で信頼され尊敬される人間に成長していけば、会社も社会で信頼されるようになり、世の中に貢献できる。


太田彩子

普段は忙しくてイライラする人も、朝は余裕があるので穏やかです。「おはようございます」と元気に声をかければ、たいていは笑顔で応じていただけます。これは電話営業も同じです。朝の方が話を聞いてもらえる確率は高いと思います。


神田昌典

いま、営業マンやマーケッターの存在理由が問われていると思います。私はこれらの業種が、不要になるとは考えていません。しかし求められる役割や能力は、今後確実に変化するはずです。


稲本健一

遊びながらとにかく楽しくやろうというのが原点。


鎌田恭幸

日本は、子供がお金や経済について触れる機会、勉強する機会などをもっと増やすべきだ。お金って何なのか。より会社の経営者はどんな発想をするのか。企業との接点を増やすのはよいことだ。当社の説明会には、高校生や子ども連れの親もやってくる。小さいけれども、こんな企業も日本には存在していることを知ってほしい。


片岡勝太郎

日本人社員の海外勤務は最低五年以上でなければ意味がない。二・三年では現地の従業員と人間的な関係ができない。管理職やエンジニアも現地の人間になりきらないと経営はできない。【覚書き:アルプス電気はアジアなどへの工場移転を他社に先駆けて行った。海外に拠点をシフトする心得を語った言葉】


渡部卓

話す時の主語は「私」にして、「私はあなたのミスが残念だ」などと表現すれば反発を招きにくい。「あなたが不注意だから」など2人称から始まると、本人は余計に責められる印象を持つ。


ディオン・ワイズラー

分社化が決まって、私は改めて、自分たちが作ってきた製品を冷静に見つめ直した。このノートパソコンを見てほしい。13年に発売した法人向けの主力製品だ。CPUパワーもセキュリティ機能も高く、米軍の調達基準を満たすほど頑丈。でもある日、10代の2人の娘に製品の感想を聞いたら、素っ気なく「欲しくない」と(笑)。「いいものをつくっていれば売れる」という姿勢が驕りであったことに気付かされた。