名言DB

9413 人 / 110706 名言

枝並千花の名言

twitter Facebook はてブ

枝並千花のプロフィール

枝並千花、えだなみ・ちか。日本のバイオリニスト。新潟県出身。4歳からバイオリンを開始。桐朋女子高等学校音楽科卒業、桐朋学園大学卒業。東京交響楽団を経てソロ活動を開始。ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリン・コンクール優勝。

枝並千花の名言 一覧

私はどちらかと言えば不器用だと思っていて、だからコンサートでは一瞬で流れていく部分でも、「この一音のために何時間使ってるんだろう」というくらい練習します。その地道な積み重ねが音の深みや個性になっていくと思っているんです。


世界一有名な(バイオリン制作者)ストラディバリも、音を良くするというより何か人と違ったことをして新しい価値を生み出そうと、ネックやボディーに彫りを入れたのだそうです。


クラシックの演奏家というとドレスを着てステージに立っている優雅な姿を想像されると思いますが、練習はむしろアスリートに近いですね。ストレッチや筋トレから始め、学生時代は8~9時間、今でも3~4時間連続で弾くのは普通。冬でも半袖で、汗だくで弾いてしまう感じです。


私たちは正確に楽譜通り弾ける技術があることが大前提。でもそれだけでは駄目で、正確さの遥か先にある「その人にしか出せない音色」がないと、「この人の演奏をまた聴きたい」とはならない。音を通して感じられる人間性と言いますか。


若い人の「ありがとうございます!」という挨拶も元気でいいんですが、80過ぎの方がやっと聞こえる位の小声で「ありがとう……」とおっしゃるのには、それまでの人生が重なっていて深みがありますよね。楽器も同じで、私が普段使っているのは1761年製なんですが、これまでいろんな人の所を回って私の元に来ていますから、その分深い音がします。なので私自身も多くの経験をして、人に何か良い影響を与えられる音色を目指したい、と普段から思っています。


枝並千花の経歴・略歴

枝並千花、えだなみ・ちか。日本のバイオリニスト。新潟県出身。4歳からバイオリンを開始。桐朋女子高等学校音楽科卒業、桐朋学園大学卒業。東京交響楽団を経てソロ活動を開始。ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリン・コンクール優勝。

他の記事も読んでみる

奥田陽一

毎月、私は社内のイントラネット上で「拝啓、奥田です」というコラムを掲載して、社員にメッセージを送っていますが、これもデジタルだけでは不十分だと思っています。そこに書いた内容は社内の成功事例発表会など、社員と直に話せる場でもう一度説明しています。


栗原博

長い時間をかければ、世界中のニーズにかなった商品や事業を作れるかもしれませんが、市場は待ってくれない。事業化のスピードを上げないと取り残されてしまう。


加地倫三

スケジュール調整などはほかのスタッフに任せます。自分の能力を一番発揮できる「演出」に精力を注ぎたいのです。例えば、僕が出演者とのスケジュール調整までやってしまったら、その分、演出に使える時間が減り、番組の質が落ちるかもしれない。それなら、演出以外の業務は、信頼できる、別のスタッフに任せた方がいい。


小林喜光

平日のスキマ時間や休日に、じっくり考えることが多いです。盆栽と、飼っているメダカの世話をしながら、ゆったりとした気持ちで、長い目で物事を考えます。


田島弓子

苦労のない成功より、学びのある失敗の方が、たくましいビジネスパーソンとしての成長につながります。


兼元謙任

目標を決めろといっても、一生の目標を決めろといっているのではありません。いま自分のやりたいこと、実現したいことを、とりあえず「仮決め」すればいいのです。仮決めですから、途中で軌道修正をしてもいいし、変更しても構いません。


弘兼憲史

昇進は半分以上、「運」です。そう言い切ると、身も蓋もロマンもありませんが、現実だから仕方ない。しかし間違えないでほしいのは、運とは決して偶然ではなく、日頃の努力からなる「実力」と「タイミング」が作用すると僕は思います。


嶋津良智

中間管理職は、効率的な時間の使い方が求められる一方、「最小限の労力で最大限の成果を出す」ことも求められます。そのためには、いかに「他人の力」を借りるかがポイントになります。他人の力を使って実力以上の成果を出す、いわば自分の仕事に「レバレッジをかける」のです。


佐々木かをり

朝の時間帯の活用も時間管理のひとつの型であって、何が何でも朝早く起きて仕事をしなくてはならないわけではありません。その人がしっかり時間管理ができて行動計画通りの行動ができて初めて、朝の時間帯を活用する効果も高まるのだと思います。


阿部観

高校時代は、ただひたすら野球に打ち込む日々でした。その中でレギュラーになるためには何かを犠牲にするしかなかった。毎日朝5時から夜11時まで練習。しかし、それをしているだけでは他の人と同じで、前に出ることはできない。だから自分の時間、休む時間を削って自主練習する。そういう努力をするから抜きん出ることができる。


小池利和

次世代や次々世代に向けて事業を転換し続けていくためには、異質な人間を排除せず、むしろ活躍できる環境を整えなければならない。それが経営者に与えられた課題だと肝に銘じています。


原丈人

祖父の言葉に大きな影響を受けました。「人は無一物でこの世に生を受け、父母の恵み、恩師の導きにて社会に出て、天職を与えられる。天職には貴賤の別なく、人は生ある限り、自らの全力を尽くして全うせねばならぬ。誠心誠意、不言実行。これが私の経営の信条である」という。


エレン・クルマン

必要なのはまずイノベーションです。デュポンでは年間20億ドルもの研究開発投資をしていますが、半分は私がその進捗を見ているプロジェクトに使います。残りの半分は事業部門の研究開発向けです。このようにして、短期的、中期的、長期的にどのような成果が期待できるかを見ているわけですね。


林田英治

交渉の場で、その場しのぎのウソはダメ。都合が悪いことも明かして、誠心誠意、相手ととことん話をする。


伊藤由美

日々の努力なくして、35年もお店を続けることはできなかったと思います。