名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

林雄司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

林雄司のプロフィール

林雄司、はやし・ゆうじ。日本のライター。「デイリーポータルZ」編集長。東京都出身。埼玉大学教養学部卒業後、富士通子会社・ジー・サーチに入社。富士通のプロバイダー事業運営に携わり、ニフティに転籍。デイリーポータルZのウェブマスター・編集長を務めた。

林雄司の名言 一覧

アナログの根回しは、ネット全盛時代だからこそ効果抜群。


最近は伝えづらいことほどメールで伝える人が多いですが、それでは数字や文字以上のことが伝えられません。でも直接会えば、数字や文字にできないことを伝え合うことができます。たとえそこで仕事を受けてもらえなかったとしても、会って話すことで意外なアイデアが出てきて、逆に仕事的に大きなプラスになったりします。


私の仕事は、ネットメディアだけに、デジタルでのコミュニケーションが中心だと思うかもしれませんが、実は肝心な部分はアナログでやってきました。それが奏功したのか、初めはたった5人だったライター陣も、いまでは40名を超えるまでになりました。


期待感を持たせるには、見せ方も結構重要。たとえばサイトの月間ページビュー数を上司に伝えるのなら、ただ月別に数字を並べるのではなく、数字を積み重ね式にしてグラフにする。これならどうやっても右肩上がりになります(笑)。


ぜひ使ってほしいテクニックは、「第三者から褒めさせる」こと。私はよく、発注先であるライター同士を飲み会などで会わせます。そこで何が起こるかというと、ライターAさんがライターBさんに「あの記事は良かった」などと褒め始めてくれるのです。すると、私が直接褒めるよりも真実味が増します。「林さんのところで、もっと書きたいな」と思ってくれるのです。


「相手と直接会って頼む」というのは、想像以上に大きな効果があります。たとえば同じ昇進祝いを伝えるのでも、メールで書いても「儀礼的に送ってきたんだな」と思われかねません。でも、対面で笑顔で「おめでとうございます!」といえば、「本当に祝ってくれてる!」と伝わります。直接会うほうが微妙なニュアンスが伝わるし、伝えられる言葉の量も断然多い。だから同じ「予算は少ないですが、なんとかお願いできれば……」とお願いするのでも、メールで書くのと直接会って話すのでは、親近感や心の距離が段違いなのです。


成果があがらずピンチの案件があれば、期待感を演出してみてはどうでしょう。たとえば熱心な顧客を集めてイベントや飲み会を開いて上司に見せたり。もし人数があまり集まらなくても、部屋の隅によってもらってギュウギュウ詰めで写真を撮れば「盛り上がってます感」は演出できます。トータルはダメでも、部分で見れば期待感の持てるデータを引っ張り出してきて報告するのも手です。そしてその間に、肝心の成果の方もなんとかあげていきましょう。


「デイリーポータルZ」は立ち上げて10年以上も赤字続きでした。続けてこられたのは、たとえ利益はまったく出なくても、会社にちょっと待ってもらう方法を見つけたからです。立ち上げて数年が経った頃、社内に「もうやめた方がいいのでは」という空気が漂っていました。そんなとき、「会社全体でイベントをやるので、デイリーポータルZも何かやってくれないか」と言われました。数は少ないけど、熱心な読者がいました。彼らに呼びかけたところ、当日は300人ものファンが集まってくれた。会社の評価が大きく変わったのはそれからでした。人間、実際に人がたくさん集まっているのを目にすると、期待感を生む。「こんなに人が集まっているのなら、そのうち何かやってくれるんじゃないか」「将来大化けするかも」「もう少し待ってみよう」と。


林雄司の経歴・略歴

林雄司、はやし・ゆうじ。日本のライター。「デイリーポータルZ」編集長。東京都出身。埼玉大学教養学部卒業後、富士通子会社・ジー・サーチに入社。富士通のプロバイダー事業運営に携わり、ニフティに転籍。デイリーポータルZのウェブマスター・編集長を務めた。

他の記事も読んでみる

ベンジャミン・フランクリン

女と火明りのない家は、魂の抜けた体やお化けのようなものだ。


松本大

一番重要なのは本当にやりたいことなのかということで、自分の人生観とかそんな偉そうなことを言う気はありませんが、「やんなきゃいけないんだ、自分がこれやるんだ!」という使命感があるのかどうか、そこがすごく重要だと私は思っています。


野口健

失敗とか弱さをさらけ出すと、助けてくれる人が現れる。大人になって学んだ「人の巻き込み方」のコツです。多くの人を巻き込むと、自分一人頑張るだけではとうてい実現できない大きなことも形に出来るんです。


西多昌規

効果的なのは、「こうなりたい」と望む自分像をイメージすること。なりたい自分を思い描くことが前に進む原動力になる。


ウィル・ダノフ

暴落が起きた08年や翌年の09年に私が取った行動を振り返ろう。それは平時と同じだ。ベスト・オブ・ブリード(最高品質)の企業の株に集中しようとした。それらの価格も、現在の10分の1や20分の1に下がっていたからだ。

【覚え書き|リーマンショック時を振り返って】


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

日本も豊かな時代を経て、黙っていてもお客様は来てくれるもの、商品は入れてくれるもの、銀行は貸してくれるもの、という感覚に慣れきってしまい、商いの本質を忘れてしまったような気がします。小売業でも、単品管理だとかCS(顧客満足)といったもっともらしい言葉は氾濫しているけれど、根本の問題がわからずに技術に走ってしまって駄目になっている。


井村雅代

達成感を味わって自分が先に進めたことを実感したら、さらにその先に行きたくなるのが人間。それは、今の若い人も同じ。


坂根正弘

正しい方向で機能したリーダーシップが、いつしか間違った方向に進み始めることがある。名経営者の任期があまりにも長くなり、後継者問題が最大の経営リスクになるケースも少なくない。


上山眞文

景気が良くても悪くても利益を得る方法が必ずあるのが不動産投資の面白さ。景気が良くなれば不動産価格が上がるので、所有する物件を高く売却できる。景気が悪くなれば不動産価格が下がるので、すでに所有している物件の家賃収入を元手にもう一棟買い足して、さらに大きな収益を生むチャンス。状況に応じて最適な方法を選択すれば、どんなときでも収益を生むことが可能なのです。


星野佳路

組織文化はどのようにつくるのかというと、大切なのは環境を整えることです。たとえば、上司とは異なる意見を発言したら人事査定に影響したという環境は良くありません。どんな発言でも人事査定には影響しないという信頼感が必要です。


戸塚隆将

一方的に指示をするのではなく、「君ならどうする?」「その結論に達した理由は何?」と、こまめに問いかけましょう。これは部下育成と同時に、自分を鍛える効果もあります。


斉藤由多加

ディズニーランドの行列の近くには必ず推定待ち時間が表示してあり、これがなかなか正確。待ち時間にある程度の目安がつくなら、待つこともさほど苦にならないのが人間心理。逆に病院での待ち時間は、目安がなく宙吊りにされたような状態ですからイライラが募ってしまう。待ち時間の長さはマイナス要素でも、ちょっと配慮するだけで期待値に変換することもできるのです。