名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

林田英治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

林田英治のプロフィール

林田英治、はやしだ・えいじ。日本の経営者。「JFEホールディングス」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、川崎製鉄に入社。経営企画部海外事業管理室長、経理部長、JFEホールディングス専務執行役員、JFEスチール副社長、社長などを経てJFEホールディングス社長に就任。そのほか日本鉄鋼連盟会長などを務めた。

林田英治の名言 一覧

真のリストラとは会社をより筋肉質にすること。


景況感の良い今こそ「真のリストラクチャリング」を実施すべき。


競争を勝ち残るためにも、お客様と一緒になって開発に取り組む。これが重要。


経理が理解できると、「ここを工夫するとコスト削減のインパクトが大きい」など現場の人とも活発に議論できる。


交渉の場で、その場しのぎのウソはダメ。都合が悪いことも明かして、誠心誠意、相手ととことん話をする。


入社して、最も希望しなかった会計課に配属になりました。ただ、結果としては、非常によい勉強ができたと思います。


世の中にどうやって価値をつくり出すか。ゼロから何かを生み出さなければいけないのに、日本の会社はゼロから1が生み出されたら、1をn倍にすることしか考えていない。


私は、本を読む目的は3つあるのかな、と思っているんです。一つはストレス解消、リラックスですね。2番目は自分の生き方を考える。あとは仕事関係。


これまでのように作り手の論理で開発していては、お客様の求めるスピードについていけません。求められている技術を、開発の早い段階で把握する必要がある。


いまの当社に必要なのはマーケティングです。具体的には、ニーズを正確にとらえた製品を迅速に生み出すことです。鉄鋼業界には20世紀まで、セールスという言葉はあっても、マーケティングという言葉はなかったそうです。しかし、今はそれでは通用しません。


各事業会社の細かなことには口を出さず、彼らが気づきにくい大きなトレンドを見てアドバイスをしていく。


私たちが見極めなくてはいけないのは、求心力と遠心力。財務的に難しい局面なら求心力を働かせてグリップを締めなくてはいけないし、逆に成長が見込める局面では遠心力を働かせてサポートしていく。


経理部長になったとき、指示を受けて数人のチームで(NKKと川崎製鉄の)統合の検討を始めた。具体的には、両社の財務内容をとことん精査した。それまで日本企業の統合には暗黙の了解で決まる部分があったが、私たちは外資系投資銀行を統合交渉に参加させて、お互いのデューデリジェンス(資産価値の算定)を徹底的にやった。事前に、お互いの財務上の問題などがすべてオープンになっていたからこそ、統合がうまくいった。


労働組合の役員を務めたが、大変勉強になった。旧川崎製鉄本社の組合員は気性が激しいことで有名。そのため難しいところがあったが、理屈を明確にして誠実に説明することで理解してもらえた。この経験は、その後の海外との提携交渉などでも活きた。


入社後、最初の配属が経理だった。正直に言うと最初は「製造会社に入社したのに、なぜ会計なんだ」と思っていた。しかし、上司の言う通り勉強していくと、会社の仕組みがわかってきて面白くなってきた。


林田英治の経歴・略歴

林田英治、はやしだ・えいじ。日本の経営者。「JFEホールディングス」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、川崎製鉄に入社。経営企画部海外事業管理室長、経理部長、JFEホールディングス専務執行役員、JFEスチール副社長、社長などを経てJFEホールディングス社長に就任。そのほか日本鉄鋼連盟会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

あなたが市場に新たな価値を創出し、その市場の立場をコントロールできなければ、あなたは誰かにコントロールされる運命。


高原良午

クオリティー、スピード、コストパフォーマンスの3つにこだわり抜いています。例えば、お客様から先方へ贈った花の画像を納品後、メールで報告しています。「オーダーした花がこんなアレンジで届けられた」という納品証明にもなり、お客様の信頼を得ています。


澤田秀雄

闇雲に仕事を任せれば、若手が伸びるわけではありません。まずは任せられるレベルまで育つように環境を整える。そのうえで育っていく過程を見極める。つまり、仕事を任せるまでの過程が大切なのです。


田中良和(GREE)

昔読んだ本に、優秀な営業マンがマネジャーに出世した途端、駄目になるといったエピソードが載っていました。その人はモノを売る力はあっても、人を動かす力はなかったんですね。これはポジションによって、求められているものが違うということに他なりません。


松田譲

研究者はテーマを決めて自分の研究に没頭していれば、周囲とのコミュニケーションに気を配らずにあまり会話をしなくても済むことがあります。しかし、実際に研究テーマを詰めていくには、研究者同士のディスカッションは極めて重要だし、研究の成果を商品化して世に問う際にはメッセージの伝え方で評価が違ってくることもあります。


大沢幸弘(経営者)

待遇を引上げたいなら、サービスレベルを上げて、顧客満足度を向上させるしかない。


ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)

人生における使命というものは、つくるものではなく発見するものである。すべての人は人生における独自の使命あるいは仕事を持っている。その点において、誰もその人の代わりになることはできないし、代わりの人が自分の人生を反復させることもできない。したがって、すべての人に与えられている使命とそれを実施する機会は、その人独自のものである。


鍜治真起

数独が大ヒットしても、非拡大路線は変わりません。いまでも書店一軒一軒の配本部数を合計して、刷り部数を決めています。こうすると、たとえば広島のある書店の配本が、5部から20部になったら、「この前、僕が広島のラジオに出演したからだな」などと、理由もちゃんとわかるんです。


寺井広樹

目や耳に入った情報は、まず、ひっくり返してみます。もしかしたら、そこに、ヒントがあるかも。また、人の心の奥底を観察すると、「涙活(るいかつ)」など、新しいアイデアが浮かぶこともわかりました。


滝久雄

人生を充実させる仕事に邁進するためにはポイントがあると思います。まず、自分が本気になれるライフワークとなる仕事を設定すること。しかも、きちんとした社会性を持った仕事でなければ絶対に長続きしません。単なる金儲けの手段や、一時的なブームに便乗するようなビジネスでは、仕事を本気で楽しめないでしょう。


近藤宣之

評価制度で大事なのは、社員本人がつけた点数と上司がつけた点数に差がある場合、なぜその差が生じたのかを、時間をかけてしっかり説明することです。当社では年に2~3回、個別に面接して本人評価と経営評価との差について納得のいくまで話します。その結果、評価のズレは年々小さくなっていきました。


兼本尚昌

時には部下の言い訳が一理あるケースもあります。たとえば上半期の目標が未達成だった営業マンが、「今期は競合他社のキャンペーンがすごくて、お客さんに十分訴求できませんでした」と言い訳したとします。この場合は「何が駄目だったのか」ではなく、「その中でもうまくいったものは何なの?」と聞くようにします。部下自身に、「駄目な理由=犯人探し」でなく、「うまくいった=将来の芽を探させる」。すると「来期に商談延期となったのが3件あります」といった話が出てきます。そこで「わかった。来期は大丈夫だろうね」と伝え、勝てる方法を考えさせます。競合の弱みを探させ、ウチはどの強みで勝負するか、具体的にどう勝つかを考えさせます。