林望の名言

林望のプロフィール

林望、はやし・のぞむ。日本の作家、エッセイスト、日本文学者。別筆名に沢嶋優、なるしま・ゆう。東京出身。慶應義塾大学文学部国文学科卒業。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。イギリスに渡り、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の双方で研究を行う。イギリス滞在中にケンブリッジ大学のピーター・コーニツキと執筆した『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』が国際交流基金国際交流奨励賞を受賞。帰国後、東横学園女子短期大学助教授、東京藝術大学助教授などを務めながら執筆活動を行う。『イギリスはおいしい』で日本エッセイスト・クラブ賞、『林望のイギリス観察辞典』で講談社エッセイ賞受賞。そのほかの主な著書に『リンボウ先生シリーズ』『東京坊ちゃん』『帰らぬ日遠い昔』など。

林望の名言 一覧

手紙に限らず、相手のことを思い浮かべ、語りかけるように書くということが文章の骨法。


僕は、歩く合理主義を自任しておりまして、合理的じゃないことはやりたくない。そのためにはまず最悪のところから考える。もし、最悪のおことが起こったらどうするか?「人生にはどんなことでも起こり得る」というのが僕の信念ですから。


いつ死ぬかは誰にもわかりませんし、いまの日本はこれから先が読めない時代になりました。だからこそ自分がどうしたいかを明らかにする。惰性で暮らすのではなくて、いまの時点でビジョンを立てておくことが大切です。


節約するといっても、ケチケチしみったれたことをやるのはよした方がいいでしょう。幸福を追求するために節約をするのであって、自分の幸福の獲得のためには、役に立たないことはやらない合理性を持ちたい。自分が何をしたいかをよく考えて、そのために、金を惜しまず使う。余計なことには使わない。メリハリが大切です。


意識して「こう自分の人生を組み立てていくんだ」という合理性を持たないといけません。お金の使い方でも「これはまずい」と思ったら、改めるに躊躇することなかれです。まず行動してください。


病気になるといろんな意味で人生の質が低下します。何かやろうと思ってもできない。家族にも迷惑がかかる。仕事もなく、年収も失われる。健康問題は人生の最大のリスクです。40歳を過ぎたら、それまでの生活を総点検したほうがいいですね。


お酒もへべれけに酔っぱらうまで飲むようでは駄目です。酒を飲むなとは言いませんけれど、定量飲みというのが大事です。ワインはグラスに一杯とか。それを最大限に楽しむようにしたいですね。量で楽しむんじゃなくて質で楽しむ。おいしいものをちょっとだけ飲む。そういう暮らしの方が豊かだろうなと思います。


お金の使い方には、センス・オブ・プロポーション(重要か否かを見極める能力)が大切です。ある商品にこの金額っていうほどよい分配具合があるだろうと思うわけです。世の中にはたいした給料をとっていなくても、何十万円もするバッグを欲しがるような人もいますが、おかしな話だと思います。収入が20万円しかないなら、バッグは8000円でいいのです。物を持ち運ぶ機能は変わりません。


投資の中で一番確実なのは、子供への投資です。子供が一人前にプロフェッショナルとして食っていけるだけの教育を親が与えてやる。そこさえきちんとやっておけば、親が死んでしまったあとでも、子供たちはしっかり独立できる。親の財産をあてにしなくて済むのです。


いま僕が提唱しているのは、貯蓄の反対の「減蓄」というものです。これからは「減蓄家」という肩書を使おうかと思っています。62歳になりましたが、だいぶ資産が増えて、持っているものも増えてきた。だから、手持ちの資産を順次処分しつつあるんです。それを死ぬまでに使い切って死にたい。資産を残しても、死んで持っているわけにはいきませんし、残された子供が相続争いするのが関の山です。これぞ究極の節約じゃないかと考えています。


不思議なもので、本の内容は身銭を切らないと決して頭に入らないのです。ブックオフを利用してもいいから、身銭を切ること。すると切実さが違ってきます。自然と一生懸命に読もうという心構えになります。


習慣化しているものには、必ず無駄がこびりついています。そこに切り込んでいく気概を持ってほしい。


お金がないことを悲観することはありません。自分の生き方を再評価する大チャンスだと思えばいいのです。ただし、ライフスタイルの点検は必ず自分で行うことです。酒やタバコでも、人から言われて直るものではありません。自分で気づき、猛省し、実践する。すると必ず身になるのだと思います。


節約とはノウハウではなく、心の持ちようの問題なのです。倹約ノウハウばかりを並べるばかりでは、ぎゅうぎゅうと雑巾を絞るようで希望がありません。引き算の発想です。そこで未来のために時間投資しようという足し算を持ってくるのです。


小遣い月に3000円なら、20日稼働として1日200円以下。極めて厳しい。これくらい厳しいとむしろすがすがしい。腹をくくって頭を使わざるを得ないからです。お金のないときこそ、ライフスタイルを再点検する好機ととらえればよいのです。案外、厳しい条件下での経験が、その後の人生を豊かにしてくれるものです。


林望の経歴・略歴

林望、はやし・のぞむ。日本の作家、エッセイスト、日本文学者。別筆名に沢嶋優、なるしま・ゆう。東京出身。慶應義塾大学文学部国文学科卒業。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。イギリスに渡り、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の双方で研究を行う。イギリス滞在中にケンブリッジ大学のピーター・コーニツキと執筆した『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』が国際交流基金国際交流奨励賞を受賞。帰国後、東横学園女子短期大学助教授、東京藝術大学助教授などを務めながら執筆活動を行う。『イギリスはおいしい』で日本エッセイスト・クラブ賞、『林望のイギリス観察辞典』で講談社エッセイ賞受賞。そのほかの主な著書に『リンボウ先生シリーズ』『東京坊ちゃん』『帰らぬ日遠い昔』など。

他の記事も読んでみる

川崎秀一

ビジネスモデルは時代とともに変わっていきます。一方でモノづくりの原点、技術、心――そういったものは継続・継承していかなければなりません。ここのバランスは常に考えています。企業の永遠の課題なのだと思います。


中村維夫

私たちは純増シェアというのは、あまり気にしていない。最大のターゲットは解約数であり、解約率なんです。新規加入なんてほとんど増えないんだし、もうジタバタしても始まりません。新規の数は、どんなもんだかもうわかっています。やはり、解約していくお客様をいかに少なくするかということです。お客様の満足度というものも、ここに表れるわけですから。


渡辺捷昭

私が昭和39年の入社、奥田(碩)にしても昭和30年入社ですから、労働争議そのものは生で経験していません。でも、若いころに諸先輩方たちから辛酸をなめた時代の話を集中豪雨的に聞いていますから、身にしみついているんです。ただ、いまは豊かな時代に育って入社した世代ばかりです。苦労性と言われるかもしれませんが、語り部として危機感を後進に語り継いでいるつもりなんです。


田村邦明

ラグビーで学んだのは一人は皆のために、皆は一人のためにの精神です。その集団の組織力によって発揮される凄さという力学、そういう価値観を踏まえたスポーツに取り組み実践出来たことが、今考えると大きな収穫だったと思います。


桑野幸徳

創造とは常に前に向かって進んでいくことです。嘆く時間があるなら、前に向かって走れと私は言っています。歩みを止めた途端、後ろから来た人に追いつかれ、追い越されてしまう。いまは急な坂道を登らなければならないつらい時期ではあるけれど、上がれないのなら負けるしかありません。


鑄方貞了(鋳方貞了)

会社経営で資産を守ろうとすると、たいてい徐々に目減りしていくものです。逆に前向きに成長を目指して攻めの姿勢を貫けば、逆境にあってもその苦難を乗り越えられる確率は高くなります。ポジティブ思考は経営者に不可欠の要素です。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

大人の社会では、「仕事で謝ることは負けだ」と思う節があるように思います。トップが潔くミスを認め、謝る姿勢は、必ず組織風土にプラスの影響を与えます。風通しがよくなり、ミスを隠したりせず認め合い、許し、リカバリーする健全な自己治癒的な組織力が備わっていきます。


岡田甲子男

運は生かさないといけません。


松田龍平

最近思うんですが、欲って大事ですよね。生きる活力ですよ。


植木理恵

内発的動機づけを高める褒め方は、「ご褒美をあげること」でなく、「認めてあげること」。人間は誰でも、他人から「認めてほしい」という気持ちを持っています。心理学では、これを「承認欲求」と呼びます。この承認欲求を満たすことで、内発的動機づけは高まる。


久保田隆(経営者)

インドネシアに駐在したときに実感したのは、相手の文化を尊重し、相手の視線でモノを考え、伝えることの大切さです。日本人同士なら、使い慣れた専門用語だけである程度は意思疎通できるし、「ポンチ絵」を描けば設計の意図が伝わります。しかし海外ではそうはいきません。技術や設計の本質を理解したうえで、明確で単純な言葉で表現しなくては、言いたいことが伝わらない。


宗次徳二

ココイチの店舗では欠品は厳禁です。どこの店舗に、いつ行っても、同じメニューが食べられる。このことはお客様との約束なのです。もし売れ行きがよくて材料がなくなりそうになった場合は、工場や隣接の店舗から欠品になる前に何としても届けます。私も新幹線を使って店舗に届けたことが何度かあります。そこまでこだわるのは、約束を守れないことで、「このカレーが食べたかったのに」と、お客様の期待を裏切ってしまうことが許せないからです。


野原蓉子

時には嘘も方便。相手を傷つけないための嘘ならば、ある程度は許されると思います。言い訳も使い方次第ですね。上司に対していきなり言い訳から始めるのはダメな典型例ですが、「本当に申し訳ありません、言い訳になるのは重々承知しているのですが……」と前置きを入れれば、相手が抱く不快感はかなり減少します。


星野佳路

会社にはビジョンがなければならないし、そのビジョンを実現するための組織やチームには目標がなければなりません。しかし、それに連動する目標を個人に設定するという発想は私にはありません。個人に目標なんていらないと思っています。一人一人がノルマを背負わされている状態は精神的にもきついだろうし、そんなもので追い込んでも、たいして働かないのは目に見えているからです。


山本昌(山本昌広)

悪いときに諦めないことが大切。僕も、「このままじゃ終われない」と思ってやってきました。僕、しつこいんですよ。


ページの先頭へ