名言DB

9425 人 / 110833 名言

林悦道の名言

twitter Facebook はてブ

林悦道のプロフィール

林悦道、はやし・えつどう。日本の格闘家。格闘技道場「士心館」館長。「林流喧嘩術」創始者。岐阜県出身。空手、少林寺拳法、古流柔術、棒術、中国拳法など様々な武術を学ぶ。士心館を設立し実戦空手の指導を行った。

林悦道の名言 一覧

ルールが決められた格闘技と違って、街での喧嘩では、打撃技や投げ技だけでは勝負がつかないこともある。そんな時、有利になるには環境を利用することが重要。


自分が勝つ確率が最も高い方法を最初に見極め集中的に実践すれば、喧嘩は7~8割勝てる。ビジネスも同じ。


街での喧嘩と企業間競争は、本質的には同じ。単純な話、喧嘩はより強いエネルギーを敵にぶつけた方が勝つし、企業間競争も競合相手より強いエネルギーを顧客にぶつけた方が勝つ。喧嘩に勝つための鉄則の多くは、企業同士の顧客を奪い合う戦いにも応用できる。


ルールに守られた格闘技のスキルは、実際の喧嘩では意外なほど役に立たない。それと同じで、交渉術やマーケティング術をいくら勉強しても、現実の企業間競争では応用できないはず。企業同士の喧嘩に強くなるには、教科書的ではない別のノウハウが必要になる。


喧嘩では相手に近づけば近づくほど、打撃などのエネルギーは効率的に伝わり、勝利の確率は高まる。企業間競争も同じ。顧客との距離感を縮めるほど自社の熱意や技術的優位性は、効果的に相手に伝わり、顧客を奪い取れる確率は高まる。


林悦道の経歴・略歴

林悦道、はやし・えつどう。日本の格闘家。格闘技道場「士心館」館長。「林流喧嘩術」創始者。岐阜県出身。空手、少林寺拳法、古流柔術、棒術、中国拳法など様々な武術を学ぶ。士心館を設立し実戦空手の指導を行った。

他の記事も読んでみる

山田隆持

ドコモはいまでも野武士集団でありたいと思っているのです。ただし、野武士集団は野武士集団なりに、内部でのベクトルが揃っていないと単なる野盗になってしまいます。これではいけません。


矢沢永吉

矢沢のファンは、矢沢にうしろを振り向いて欲しくない。そう思っていると思う。俺、もし自分でこれ以上できないって思ったら、その年は休もうと思ってる。銭のためにってやるんだったら、俺やめる。


八木洋介

社長の仕事はビジョンを掲げ、それを実現することだ。


世古詞一

さらなる育成段階では、あえて自分で考えさせるマネジメントも大切です。これには時間と忍耐がいりますが、部下の成長のためには、いずれそうした関わり方も必要です。


齋藤孝(教育学者)

決断が早い人は大きく3つの認識を持っています。

  1. ビジネスの決断に100%の完璧さは必要ない(=大きな方向性さえ間違えなければよい)と達観している。
  2. 最良の選択肢がなくても決断するという意識を持っている。
  3. いくらでもやり直しがきくという鷹揚さを持っている。

越智直正

困難に直面しても逃げずに明るくふるまうために大切なのは、素直な心です。素直な心を持っていれば、物事を理屈だけでとらえない。何事もあるがままの姿を見ようとします。素直は「素(もと)」に「直結」と書きますね。素というのは「天地の素」で、宇宙のことです。そこに直接つながっている。経営者はそういう考え方を会得できたらいいんじゃないでしょうか。


中村邦夫

権限を委譲したら、トップと前線の社員がダイレクトに意思疎通できる仕組みを整えることが欠かせません。社長から役員、役員から本部長、本部長から部長に情報を降ろしていく時代ではないのです。


上田輝久

苦労しましたが、自ら方法を考えて、やりたいことをやれる体制にやりがいも感じました。


鎌田恭幸

社長さん達の講演では、株価や業績の話でなく、それぞれの思いを伝えていただきたいとお願いしています。そうした堅実で誠実な経営者に会って話を聞くと、投資家は襟を正し、株価ではなく事業そのものの価値で投資する大切さと誇りを感じてくれます。それは企業にとっても同じですよね。信頼は信頼で返そうと、お互いに思えるようになるのです。


大崎洋(大﨑洋)

対象との距離感を上手くとれる知性……とまではいいませんが、この業界で働いていく人にとって重要なポイントはそこら辺りだと思います。