名言DB

9412 人 / 110637 名言

林子平の名言

twitter Facebook はてブ

林子平のプロフィール

林子平、はやし・しへい。江戸時代後期の経世家。江戸出身。姉が仙台藩主伊達宗村の側室となったため仙台に移り住む。江戸や長崎の蘭学者たちと交わり、『三国通覧図説』『海国兵談』そのほか多数の著書を書いた。江戸湾防備を説いたが幕府から弾圧され蟄居中に病死した。

林子平の名言 一覧

親もなし、妻なし子なし、板木なし、金もなければ、死にたくもなし
【覚書き|上記の板木とは、木版印刷に使う自著の版木のこと。上記の句は幕府に著書「海国兵談」「三国通覧図説」を発禁指定され、原版も没収されていることについての皮肉。幕末の国防を説いた海国兵談は出版してくれるところがなく、自費出版として出版し、版木は林子平本人が手彫りした】


林子平の経歴・略歴

林子平、はやし・しへい。江戸時代後期の経世家。江戸出身。姉が仙台藩主伊達宗村の側室となったため仙台に移り住む。江戸や長崎の蘭学者たちと交わり、『三国通覧図説』『海国兵談』そのほか多数の著書を書いた。江戸湾防備を説いたが幕府から弾圧され蟄居中に病死した。

他の記事も読んでみる

西川晃一郎

最初からできないことを前提にせず、どうしたらできるかを考えて欲しい。不可能と困難は違うのだ。


松本幸夫

私はビジネスパーソンを対象にした研修の講師を務めることが多いのですが、「残業を減らす方法を教えてほしい」という要望は、最近とくに多くなっていると感じます。そうした方々にはまず、自分の時間の使い方を記録して、それを分析することから始めてもらうのですが、そこで愕然とする人も多いようです。その人自身としては、「仕事量が多い」「予定外の仕事が発生する」といった理由で自分の残業が多くなっていると思っていたのに、どうもそれだけが理由ではない、という事実がわかってくるからです。


箭内道彦

人と衝突するのは面倒くさいし体力がいります。そのうえ上手くいく仕事も、上手くいかなくなります。


村尾和俊

書類ケースの中にある書類も四半期に1回は整理して捨てます。捨てないとどんどん陳腐化していき、引き出しの開け閉めがスムーズでなくなります。引き出しをすっきりさせておくと頭の中もクリアになるから不思議ですね。


土岐大介

私が証券会社の営業をしている頃、最初に学んだのは、顧客である投資家が意思決定するために「今何が起きているか」「なぜそれが起きたのか」「では、どうすればいいのか」の3点を簡潔に伝える、ということでした。それは、上司に伝えるときにもまったく同じことが言えます。


村田昭治

経営者は力強く歩んでいかなければならず、そのためにもサポートしてくれる先輩・友人の存在は欠かせない。私は幸いに多くの先輩・友人に恵まれた。その恩恵は深く何物にも替えがたい。毎日、その日お目にかかった方からいただいた学びを就寝前に想起する習慣を、いまも続けている。


坪田信貴

勉強をするとき、「机の前に座ってやらなくては」「このノートを使わなくては」などと考え出すと、その条件が満たせないときに、身体が止まってしまいます。トイレの中で勉強してもいいですし、ノートがなければチラシの裏で代用すればいいのです。学びに関連することを、とにかく何かしてみる。それを毎日少しずつ続ければ、振り返ったときに膨大な勉強量となっているはずです。


杉浦広一

これまでの34年間、特別話し合ってはいないものの、我々夫婦が守ってきたことが3つあります。それは(1)公私混同しないこと。(2)たとえ意見が違っても互いの考えを尊重すること。(3)ずっとチャレンジを続けること。とくに3番目のチャレンジを大切にしてきました。


熊谷正寿

20代の頃から、競合相手が現れても負けないためにはどうしたらいいのか、競争力を失わないためにはどうしたらいいのかを考え続けてきました。その結果、電気やガスと同じように消えてなくなることのない、インターネットのインフラやサービスインフラに経営資源を集中させてきました。また、生き残るためにはナンバーワンでなければならない。そして、継続的に収益が入ってくるストック型のビジネスなので経営も安定します。


井上勝弘

ダメ出しされそうだと思ったら、ぬかりなく、綿密に、根回しですよ。企画を絶対に通したいなら、芝居や根回しもやるべき。


長谷川穂積

1年中ずっと気を張っているわけじゃありません。俺はボクシングしか頑張らないんで。プライベートはゆったりしたもんです。この間も嫁のおかあさんに「俺、10回防衛したし、最近ちょっとオーラ出てきてないっすか?」と聞いたんですよ。そしたら、「そらなぁー、ええもん着るようになったら、ええように見えるわ」ですから(笑)。特別扱いもなにもない。でも、今日履いているこのジャージ、めっちゃ高いんです。マジ、セレブですよ(笑)。


村上憲郎

創造性というと、新しいことに挑戦する意欲、すなわちアンテナを高くすることばかりに目が行きがちですが、原理がわかっていないと応用がききません。私自身も20代のころは、最初に入った日立電子で徹底的にこの原理原則を叩きこまれました。


越智直正

商売人は自分が持っている力を振り絞って良いものをつくり、あるいは探してきてお客に提供してこそ商売人たり得るんです。


茂木健一郎

困難なことにぶつかると、当然脳は緊張します。大きな課題を乗り越えるためには、自分をできるだけフロー状態に近づけて、あらゆる視点から解決策を導いていかなくてはなりません。ユーモアを持って脳を前向きにすると同時に、リラックスした状態にすることで、それが可能になります。


森山透(経営者)

それぞれの会社に企業ミッションもありました。ですが、一緒になるのですから共通の意識が必要です。合併が完了してから3年目に、企業ミッションと、5つの行動指針をつくりました。もちろん、社員それぞれに出身組織への誇りがありますから、どこかの会社の理念をそのまま使うことはせず、新たな言葉を掲げました。