名言DB

9412 人 / 110637 名言

林和人(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

林和人(経営者)のプロフィール

林和人、はやし・かずと。日本の経営者。スマホ特化型証券会社「One Tap BUY」社長。大阪府出身。関西大学商学部卒業後、岡三証券などを経てユナイテッド・ワールド証券を設立。その後、「One Tap BUY」を設立。

林和人(経営者)の名言 一覧

IPOは株主のためにやらないといけないと思っているんですが、2回目の起業ですから、IPOで一獲千金というのはもうないし、自分の株のシェアも気にしていません。それよりも、投資家を育てたい。日本人で株をやっている人は全体の8%といわれていますが、残り92%の投資家を育てたい。


銘柄選択や買いのタイミングを、自動で教える仕組みを作りたい。それから、みずほ銀行とつないで、うちの口座にお金がなくてもみずほにお金があればそこから引っ張ってきて買えるという仕組みを作ったのですが、これがもう全体の40%を占めています。これを他の金融機関にも拡大して、さらに、プリペイドカードからもお金を引っ張ってこれる仕組みも作れるなと思っているところです。要はもっともっと、簡単に、便利にしていきたい。


前に経営していた中国株を扱う証券会社の経営が苦しくなってテコ入れを考えていた時に、世界の企業の時価総額を自動的に計算して、時価総額と成長率順に載せている個人のサイトをたまたま見たんです。それを見ると上位はアメリカや中国、イスラエル、英国の会社。日本の企業はほとんど出てこない。海外の企業に投資しないと駄目だというのが、そのサイトを見ると一目瞭然なんですよ。当時はその自動計算のプログラムも面白いと思ったので、サイトをやっている人に連絡を取ってみたら、中国から来て早稲田大学を出たという人だった。その彼と会って、得たものが今につながっています。


林和人(経営者)の経歴・略歴

林和人、はやし・かずと。日本の経営者。スマホ特化型証券会社「One Tap BUY」社長。大阪府出身。関西大学商学部卒業後、岡三証券などを経てユナイテッド・ワールド証券を設立。その後、「One Tap BUY」を設立。

他の記事も読んでみる

井上雄彦

「何かに気づく目」というのは、少なくとも急いでいる時には使えない。


田中通泰

創業者は「会社にまつわるすべての者の要望に応える」「会社の永劫の存続をはかる」という経営理念を設けました。この経営理念は一切ブレていません。


鎌田和彦

ほとんど行き当たりばったりです。遠い先に自分はこうなるんだという明確な目標を置いて、そこに到達するための道筋を細かく設定する。そんなカーナビのようにはいかないのが、人生ですから。


中野雅至

右肩上がりの時代はキャリアアップの道は、いまより多かった。現場から入っても、叩き上げで経営層まで上昇するような事例もありました。しかし、グローバル化とIT化の進展で、人の選別は強まっている。単純労働ではずっと賃金も上がらず、キャリアアップは難しいのが現実。


田中靖浩

大前提として、会社が低価格戦略をとる背景には、販売単価を下げることで、販売数量を増やし儲けを高める狙いがあります。よって、値下げを敢行するには、いくら販売量を増やしたらもうけが出るのか。値下げ率と販売数量をめぐる損益分岐点をきちんと定めておかなければいけないのです。


ドナルド・トランプ

今の時代、力を合わせて働くことは成功はもちろん、生き残りにも不可欠なもの。


永井浩二(経営者)

当社は創業以来「顧客第一主義」と言ってきたのですが、人間はややもすると環境に流されます。ですから、本当にお客様のことを考えて仕事をしているかということを常に振り返って、何回も何回も立ち止まって考える、そういう時期に来ています。


田中伸明(医師)

スポーツやトレーニングも、楽しみながらやれば「無我」の境地をつくり出せます。メンタル強化のためには身体づくりが基本。


天野浩

大学の役割も変わらないと駄目です。シーズを作り企業に提供するだけではなく、量産しないまでも、大学が実用化への具体的な道を示す必要があるでしょう。私がトップを務める未来エレクトロニクス集積研究センターでは、複数の研究室と40社を超える企業が協力して、素材やデバイス、そしてシステムを作る取り組みを加速しています。大学でも、インベンションを超えてイノベーションを起こしたいのです。


山口真由

ものを記憶する場合、身体の器官を多く使うほうが覚えやすいので、「読む」「聞く」「話す」「書く」、の4つすべて活用するのが理想。


桐山一憲

社長就任時に私は「初の日本人社長」と日本のメディアから注目されましたが、当社のようなグローバル企業では、社長の国籍はほとんど問題にされません。性別、年齢、宗教なども同様です。そのようなダイバーシティ(人材の多様性)は、当社では企業戦略の一部であり、積極的に多様化を進めて競争力を高めるという考え方があります。


松井忠三

報連相の重大な弊害は、バイアスがかかりやすいということ。部下はどうしても、上司が喜ぶような報告をしたがります。反面、ミスやトラブルはできるだけ報告したくないものです。だからそうした情報はニュアンスを歪めて報告したり、報告を遅らせたり、ときには隠したりします。これでは情報のやりとりが正確・迅速に行われません。とくに事故やクレーム、重大トラブルが起こった際は、対応の速さが何より重要です。そこで情報伝達がスムーズに行われないと、会社を揺るがす大損害をも招きかねず、赤字の原因の1つでした。


古屋大貴

自分にセンスがあるかどうか、また、どの分野でセンスがあるのか自覚するのは大切。多くの人は「私はセンスがある」と考えていますが、それは思い込みにすぎません。センスの有無は、周囲の人が決めるもの。


土光敏夫

自分で考えて、自分で自分の将来を切り拓いていくしかない。


浅野寿和

女性の場合は「自分が男性や価値ある人に選ばれる存在であることを証明したい」がためにマウンティングを行います。男性を敵に回したくはないため、男性にはわからないように、女性間で陰湿かつ巧妙に行うケースが多い。ただ、自分が特別な存在である証明さえできればそこで満足します。厄介なのは男性で、相手を排除するまで追い込んでしまうこともあります。