名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

林和人(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

林和人(経営者)のプロフィール

林和人、はやし・かずと。日本の経営者。スマホ特化型証券会社「One Tap BUY」社長。大阪府出身。関西大学商学部卒業後、岡三証券などを経てユナイテッド・ワールド証券を設立。その後、「One Tap BUY」を設立。

林和人(経営者)の名言 一覧

IPOは株主のためにやらないといけないと思っているんですが、2回目の起業ですから、IPOで一獲千金というのはもうないし、自分の株のシェアも気にしていません。それよりも、投資家を育てたい。日本人で株をやっている人は全体の8%といわれていますが、残り92%の投資家を育てたい。


銘柄選択や買いのタイミングを、自動で教える仕組みを作りたい。それから、みずほ銀行とつないで、うちの口座にお金がなくてもみずほにお金があればそこから引っ張ってきて買えるという仕組みを作ったのですが、これがもう全体の40%を占めています。これを他の金融機関にも拡大して、さらに、プリペイドカードからもお金を引っ張ってこれる仕組みも作れるなと思っているところです。要はもっともっと、簡単に、便利にしていきたい。


前に経営していた中国株を扱う証券会社の経営が苦しくなってテコ入れを考えていた時に、世界の企業の時価総額を自動的に計算して、時価総額と成長率順に載せている個人のサイトをたまたま見たんです。それを見ると上位はアメリカや中国、イスラエル、英国の会社。日本の企業はほとんど出てこない。海外の企業に投資しないと駄目だというのが、そのサイトを見ると一目瞭然なんですよ。当時はその自動計算のプログラムも面白いと思ったので、サイトをやっている人に連絡を取ってみたら、中国から来て早稲田大学を出たという人だった。その彼と会って、得たものが今につながっています。


林和人(経営者)の経歴・略歴

林和人、はやし・かずと。日本の経営者。スマホ特化型証券会社「One Tap BUY」社長。大阪府出身。関西大学商学部卒業後、岡三証券などを経てユナイテッド・ワールド証券を設立。その後、「One Tap BUY」を設立。

他の記事も読んでみる

進藤孝生

相手のカルチャーを理解するのは、その国に住むのが一番。海外には200社くらいのジョイントベンチャーがあるので、そうした会社に出向してもらって経験を積んでもらうようにしています。もちろん技術者にも行ってもらっています。


田中靖浩

行き詰っているときだからこそ、新しい企画が通りやすいはずです。やらされる新規事業の逆で若手が参加したくなるようなプロジェクトを中間管理職が率先して立ち上げる。これなら関わる社員は活き活きと働きます。日本企業の習性で、この中から成功例がひとつ生まれれば、あとはどんどん出てくるでしょう。このことで、より大きな挑戦が許される土壌もできてくるでしょう。


柳井正

海外ではナイーブでは生きていけない。反対に、相手の気持ちが分からないとダメ。そのバランス感覚を経験や交渉によって培っていかないといけない。


羽鳥兼市

最寄り駅から自宅に歩いて帰る際、「10分で行けるけど暗くて人通りのない道」と、「13分かかるけど繁華街で人通りの多い道」の2つの選択肢がある場合、私は必ず「13分かかる道」を通ります。道中の人、洋服、看板、新店など様々なものを毎日見続けることが、必ず仕事に活きてくるからです。要は目先のお金や時間にとらわれず、将来的な目線を持つべきという考え方。


柳沢幸雄

大人になってから挫折を味わうとダメージが大きく、立ち直れない場合もある。負ける経験はなるべく若いうちにしておいた方がいい。


宇都出雅巳

記憶には、「繰り返し」が不可欠。それも「最初に覚えたとき」を思い起こしながら反復することが重要。たとえば、会議の直後や、本を読み終わったときには、その内容を書き出したり、人に説明するなど、反復の機会を積極的に作りましょう。何度も「思い出す」ことを繰り返せば、思い出す力そのものが上がります。つまり思い出す力を強化するには「思い出すクセをつけること」、これが最強の策なのです。


渡邊陽一

いまでも決して安泰ではないと思っています。だから、危機感を持ち続ける工夫も必要。


塚越寛

遠きをはかる上で、過去の偉人の考え方は参考になる。科学技術がどんなに進展しても、人間とは何かの本質は、いまも昔も、そして100年先の未来も変わらない。人の本質が100年後も変わらないとすれば、残るビジネスが何かおのずと見えてくる。


福田浩一(銀行家)

山口銀行は「堅い」というイメージで見られていると思うのですが、実は少し違っています。「健全なる積極進取」、つまり現状維持は後退の始まり、新しいものを積極的に取り入れようという行是があり、「挑戦する」ということが行員みんなの共通認識になっています。


鈴木徹哉(経営者)

当社では、「おいしい」「やさしい」「たのしい」を追求し続けることを、会社の方針としています。この中で、他の2つのベースとなる最も大事な考え方が「やさしい」。食品の安全・安心を示す「やさしい」は、追求し続けることが必須事項になります。この「やさしい」を追求し続けながら、「おいしい」と「たのしい」を高める努力をする。判断に迷うことがあっても、こうした基本方針に立ち戻る。そうすればおのずと、仕事においては「安全・安心に関することを後回しにしない」と考えられます。


松田洋祐

我々には高品質なコンテンツを提供してきたDNAがある。これを守りつつ、変えるべきものを変えることで、この激変をチャンスにできると確信している。


菊間千乃

まず「できる」と言ってしまって頑張るしかない状態に自分を追い込むのも、私のやる気の出し方の一つです。