名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

林原健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

林原健のプロフィール

林原 健、はやしばら・けん。岡山の代表的バイオメーカー(株)林原の社長。(株)林原は不動産事業と特許により大きな利益を生み出しているため上場せずに非公開会社として成長を続けていた。

林原健の名言 一覧

人生で一番大切なことは、今を生きること。若い人で老後のことを考えるなんてナンセンス。


研究一本で特化していって、会社が大きくなると、経営に目が行き届かなくなる。そうすると大企業とほぼ変わらなくなってしまう。


番大事なのは雇用の確保。お得意さんに迷惑をかけないという2点だと思っている。


一度は死ぬのだから、とにかく前を向いて死ねばいい。後ろを振り返って心配する暇があったら、前に進む。それで死んだら仕方ない。
【覚書き:22歳で帰郷し、苦境に陥っていた林原の再建に取り組んだ時の言葉】


ソニーは井深大さんがモノを作り、盛田昭夫さんがそれを売って歩いたからうまくいった。ホンダも本田宗一郎と藤沢武夫のコンビで成功した。得意な分野は得意な人が手掛けた方が、両方が良くなるじゃないですか。


製造と販売を手掛けると、規模が大きくなってしんどい。研究開発は楽しいけれども、つくったり売ったりは、僕は楽しいことだとは思いません。


自分で最後までやろうとしたら、ベンチャーは成功できません。モノを創造することとモノを売ることとでは、まったく別の能力を必要とするからです。自分ができないことは、どんどん他社に頼って楽になるべきです。いまのベンチャーを見ていると、研究開発も販売も自分でやろうとする。それでは大企業と競争になって最後は潰されるのがオチです。


人と同じことをしなくてもいい環境が生まれている。かつては新製品が売れるようになるまでに5・6年かかっていましたが、いまはみんなが新しいものを探し求めていますから、新製品を出したとたんにワーッと売れる。売れるようになるまでの時間のリスクを省くことができるようになったんです。そのぶん独創にかけることができるわけです。


インフレの時代はモノが足りないわけですから、モノをつくれば売れました。仮に売れなくても、安くすれば売れました。ところがデフレの時代を迎えた今日は、良いものでなければ売れない。安くしても売れません。独創的でなければリスクの塊です。人真似ほどリスクの高いものはありません。


ペンシルロケットを開発した糸川英夫先生に「創造性を高める方法は、関心のある分野の知識や経験をできるだけ持つことだ」と教えられたことがあります。異分野の組み合わせから新しい発想が生まれるという考え方です。違った分野の組み合わせがA・Bの二種類だけではいけない。A・B・Cと三つ持っていれば、もっとたくさんの組み合わせができるわけです。五つ持てばほとんど無限大になります。【覚書き:ペンシルロケットとは東京大学生産技術研究所が開発した小型ロケット。大型ロケットが作れないなら小型ロケットで基礎実験をすればいいと逆転の発想で糸川博士が発案。様々な実験が行われ、収集されたデータは以後の日本宇宙技術に活用された】


弊社がメセナ(企業が芸術・文化活動にカネ・ヒト・モノを支援提供すること)に力を入れているのも、実は全社規模で異分野の経験をし、異分野の知識を持ちたいと考えているからなんです。たとえば、漆に関わる職人さんを社員として抱え込んでいますが、それは彼らとの交流から社員一人一人が知識的にも、文化的にも豊かになればと思うからです。


社員が心豊かな人間になればその個人はもとより、会社にとってもプラスになります。メセナといった場合、多くの人がお金を出しておしまいですが、うちはそういうことをしない。いまいったように、かかわった文化事業では、たとえば関係の職人さんごと抱え込んでしまいます。メセナ(企業が芸術・文化活動にカネ・ヒト・モノを支援提供すること)は社員の頭を柔軟にし、組織を柔らかくするためにも必要です。本業だけに関わっていたら、新しいアイデアは生まれません。創造とは、頭をひねって難しいことを考えることではありません。


林原健の経歴・略歴

林原 健、はやしばら・けん。岡山の代表的バイオメーカー(株)林原の社長。(株)林原は不動産事業と特許により大きな利益を生み出しているため上場せずに非公開会社として成長を続けていた。

他の記事も読んでみる

杉村富生

景気後退の局面で大切なのは、業績などの数字ではなく言葉に耳を傾けること。言葉とは、経営者のコメントや業界の動向、つまりトレンドを見ること。トレンドに敏感になり、そこから業界への期待感や株価への反映を探るように、銘柄の見方も変えるべき。


堺屋太一

組織が死に至る病のひとつは、機能組織の共同体化だ。たとえば、官庁や軍隊、自治体、企業などは特定の目的のために設立された機能組織である。軍隊なら戦争に勝つ、官庁なら行政サービス、企業なら利益を上げるといった目的がある。ところが、組織が大きくなって強くなってくると、その組織は構成員のための共同体になってしまう。会社なら社員たちの共同体だ。したがって、当初の目的ではなく、社員の心地よさが求められ始める。そこでは、内部の競争がなく、人の和を乱すような個性的な行動や特異な発想は嫌悪される。官僚や潰れる心配のない大企業の社員の間では、「大切なのは報・連・相」といわれた。何ひとつ価値を生まない組織内の情報交換が重要な仕事となったのだ。そんな組織で新たな価値をつくり出せるわけがない。


菅谷信一

「稼げる脳」を持つ起業家は、顧客開拓が業績に直結することを知っています。ですから、顧客開拓の戦略を練り、YouTubeやアメブロなどネットを使った広報活動、手紙や自らの近況を伝える「自分通信」といったアナログな手段などを使って、顧客へのアプローチを欠かしません。


川上量生

昨年、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんのラジオ番組に出演させていただいたんですよ。「面白そうな人だな、この人の下で働いてみたいな」と思ったので弟子入りを鈴木さんに志願したところ、希望がすんなり通っちゃったんです。今年初めからジブリの社員です。


藤重貞慶

不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)。経営者として迷うことはよくあるのですが、そんなとき、いつもこの言葉を噛みしめています。この言葉は、中国の古典、荘子の内篇にあり、「道をわきまえる人は、去るものは去るにまかせ、ものごとの去来に応じて心に留めるようなことをしない。その心が虚であるから、どんな変化にも対応することができて、我が身を損なうことがない」という意味です。平たく言えば、過去や未来に執着しすぎるなと説いているのです。


出口治明

日本の正社員は年間約2000時間働いていますが、約1500時間しか働いていないユーロ圏よりも成長率が低い。長時間労働が価値を生む時代ではないからです。短い時間で成果を出し、浮いた時間で人生を楽しむ英国人を見て、その思いを強くしました。


梅原一嘉

自分が楽しいと感じていないものは長続きはしないし、誰も共感も応援もしてもらえない。まずは自分が楽しむ。それから一緒に取り組む仲間も楽しく取り組めるように心がける。それが一番の近道。


倉重英樹

「やりたいことができないから」と転職を繰り返している暇があるなら、上から命じられたことを早く、確実にこなしつつ、自分がやりたいことを固め、それを発信する力と人を説得する力を養っておくべきです。


江幡哲也

社会には、10人が10人おかしいと感じていながら、そのままになっていることがたくさんあるじゃないですか。そういう不条理や不合理を見つけて解決策を考えたら、それこそビジネスのネタが尽きることなんてことはありません。なにせ、私のテーマは仕事を通じて「世直し」することですから。


中山勇

日本のフランチャイズチェーンには海外のそれにはない、独自の強みや魅力があります。例えば教育が行き届いているので、アルバイトの方でもお客様のことを最優先に考えた対応ができます。お客様が困っている姿を見たら助けてあげる、こういうことが当たり前のこととしてできるのです。ところが海外では、時給なりの対応になってしまいがちです。マニュアルは確かに重要なものですし、なくてはならないものです。しかし、何でもかんでもマニュアル通りでは、物事をうまく処理できないことも多々あります。その場の状況に応じて、柔軟に対応できるところは日本の素晴らしさだと思います。


古森重隆

私の転機は、入社6年目にある新任課長と出会ったことでした。彼は私がじゃじゃ馬のような人間と理解したうえで、「それでもポテンシャルがある」と言って、あるグループのリーダーに抜擢してくれたんです。会社が私に責任を与えるのであれば、会社に報いよう、会社のために全力で生きよう――。このとき、ようやく会社に対する強い忠誠心が芽生え、オーナーシップに目覚めました。ここで、ヒツジとは言わないまでも、飼い慣らされたオオカミぐらいにはなったんです(笑)。


田中仁(経営者)

浮き沈みから学んだのは、起業して成功するには、「ビジョンや志がないとダメだ」ということです。「木」でたとえると、ビジョンや志は「根っこ」の部分になります。本当は商売を始める前に考えなければなりません。新しい戦略を生み出す際に必要なものがビジョン、つまり「根っこ」だからです。