名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

林厚見の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

林厚見のプロフィール

林厚見、はやし・あつみ。日本の不動産プロデューサー。東京出身。東京大学工学部建築学科卒業、米国コロンビア大学不動産開発科修了。米国系経営戦略コンサルティング会社マッキンゼーを経て、スペースデザインに入社。財務担当取締役として資金調達、プロジェクト推進、経営企画等に従事。その後、株式会社スピークを共同設立。不動産プロデューサーとして活動した。

林厚見の名言 一覧

楽しみつつ、社会的意義があることを実行するためには、実行力のあるプロである必要がある。ロマンとそろばんを共に持たないと、本当に面白いことは起こらないと思います。


僕にとっての幸せとは、やりたいことをやれる自由と好奇心を持っていられることです。


マッキンゼーに就職したのは、経済にも興味を持ったからです。「なぜつまらない建築物が多いのか。社会構造に問題があるはずだ」と。建築家ではなく「別の道から街を変えよう」というスタンスで、入社しました。


いとこの影響で、大学で建築学を選んだら面白くてはまって。建築デザインの世界にどっぷり浸りましたが、同時に、才能がないとわかってしまった。自分の道を探るうちに「デザインの世界とリアルな現実社会との間で動くプロデューサー」のイメージが出てきた。ただ、当時はまだ漠然としていましたが。


不動産プロデュースとは、投資銀行などから資金を調達、土地を見つけて企画を立て、ゼネコンや建築家を見つけ開発する仕掛け人です。たとえば、由緒ある古い建物を保存したくても、思いだけで「すばらしい建物を壊すなんて間違っている!」と反対運動をしても限界がある。でも、建物を残して不動産価値を上げる方法があります。ホテルとして再生して、住居も付加すれば、儲かります。プラン実行のため、この会社と組んで、金融はこうしましょう」と。おカネだけを考えるファンドの理屈だと、建物への愛着などは関係ない。それだと、均質的になって、世の中はつまらなくなる。


林厚見の経歴・略歴

林厚見、はやし・あつみ。日本の不動産プロデューサー。東京出身。東京大学工学部建築学科卒業、米国コロンビア大学不動産開発科修了。米国系経営戦略コンサルティング会社マッキンゼーを経て、スペースデザインに入社。財務担当取締役として資金調達、プロジェクト推進、経営企画等に従事。その後、株式会社スピークを共同設立。不動産プロデューサーとして活動した。

他の記事も読んでみる

佐々木かをり

もともとフリーランスで翻訳や通訳の仕事をしていたのを、会社組織に法人登録したというような感じなんです。会社組織だともっと仕事を回せるんだけど、とまわりの方々に言っていただいて、そんな流れから、大きなビジョンを掲げたり、いまのように事業計画書を書くといったことはまったくなしに会社を作りました。


小池百合子

自分のやりたいことを実現するため、どのような手段をとるべきか。転職や起業という選択肢もあるでしょう。しかし、その前に現在の会社をどこまで活用できるのかを考えてもいいはずです。結果的には、そのほうがより早く人生の大目的に到達できるかもしれません。転職や起業は手段にすぎません。自分にとっての目的や課題は何か。それを掘り下げることが重要です。


吉野真由美

話すスピードは、相手のペースに合わせるのが基本。ゆっくり話す人に対してはゆっくりと、早口で話す人に対してはテンポよく話します。


井上真央

私の健康法の基本は精神論。連休がたまにあると風邪をひくことのないよう注意していますし、今は倒れることのないよう気を引き締めています。


喜多川泰

子供というのは、好きな子が希望している学校を目指して急に猛勉強をはじめたり、失敗することで強くなることもあるので、その成長のきっかけを邪魔してほしくないんですね。人は自分が痛みを経験することで他人に寄り添うやさしさを知るので。


東国原英夫(そのまんま東)

「命もいらず、名もいらず、官位も金も要らぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難を共にして、国家の大業は成し得られぬなり」西郷隆盛が残した言葉です。名誉やカネなどにつられない人間は厄介だが、そういう人間でなくては国づくりのような大業は成しえないということです。要するに欲のないやつが一番強いということです。


家入一真

新しい環境に飛び込むことに、漠然とした不安を抱く人も多いようです。「逃げた先で新しいことを始めて、失敗したらどうしよう」と考えてしまう。その不安は、「本当のリスクとは何か」を考えていないために生まれているように思います。


日野原重明

僕はいつも考えている。考えるヒントはいたるところにある。


上島昌佐郎

コーヒー市場をさらに拡大していくためには、消費者の細分化された嗜好に応える新機軸の商品を開発したり、アイデア溢れる飲み方を紹介したり、おいしいコーヒーを簡単に淹れられるサーバー製品を開発したりなど、「いつでも」「どこでも」「誰にでも」おいしいコーヒーを手に取ってもらえるように、我々から消費者の皆さんに積極的に提案していくことが重要だと考えています。


船ヶ山哲

今後のビジネスをどのように展開していけばいいのか。それは、ビジネスにおける根源的要素をもう一度、振り返ることです。そこにこそ、ビジネスを勝ち抜く秘訣が隠されています。


草野顕之

先日、小学校の教壇に立つ卒業生と話をしたのですが、彼女はまず生徒の言い分をじっくりと聞き、感情に寄り添うことが、困難な問題を氷解していく力になることを実感していると言っていました。


ロマン・ロラン

この世にヒロイズムはない。もしあるとすれば、それは現実を直視し、しかも愛することである。