名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

林厚見の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

林厚見のプロフィール

林厚見、はやし・あつみ。日本の不動産プロデューサー。東京出身。東京大学工学部建築学科卒業、米国コロンビア大学不動産開発科修了。米国系経営戦略コンサルティング会社マッキンゼーを経て、スペースデザインに入社。財務担当取締役として資金調達、プロジェクト推進、経営企画等に従事。その後、株式会社スピークを共同設立。不動産プロデューサーとして活動した。

林厚見の名言 一覧

楽しみつつ、社会的意義があることを実行するためには、実行力のあるプロである必要がある。ロマンとそろばんを共に持たないと、本当に面白いことは起こらないと思います。


僕にとっての幸せとは、やりたいことをやれる自由と好奇心を持っていられることです。


マッキンゼーに就職したのは、経済にも興味を持ったからです。「なぜつまらない建築物が多いのか。社会構造に問題があるはずだ」と。建築家ではなく「別の道から街を変えよう」というスタンスで、入社しました。


いとこの影響で、大学で建築学を選んだら面白くてはまって。建築デザインの世界にどっぷり浸りましたが、同時に、才能がないとわかってしまった。自分の道を探るうちに「デザインの世界とリアルな現実社会との間で動くプロデューサー」のイメージが出てきた。ただ、当時はまだ漠然としていましたが。


不動産プロデュースとは、投資銀行などから資金を調達、土地を見つけて企画を立て、ゼネコンや建築家を見つけ開発する仕掛け人です。たとえば、由緒ある古い建物を保存したくても、思いだけで「すばらしい建物を壊すなんて間違っている!」と反対運動をしても限界がある。でも、建物を残して不動産価値を上げる方法があります。ホテルとして再生して、住居も付加すれば、儲かります。プラン実行のため、この会社と組んで、金融はこうしましょう」と。おカネだけを考えるファンドの理屈だと、建物への愛着などは関係ない。それだと、均質的になって、世の中はつまらなくなる。


林厚見の経歴・略歴

林厚見、はやし・あつみ。日本の不動産プロデューサー。東京出身。東京大学工学部建築学科卒業、米国コロンビア大学不動産開発科修了。米国系経営戦略コンサルティング会社マッキンゼーを経て、スペースデザインに入社。財務担当取締役として資金調達、プロジェクト推進、経営企画等に従事。その後、株式会社スピークを共同設立。不動産プロデューサーとして活動した。

他の記事も読んでみる

川原秀仁

日本はものづくりばかりに過剰に重きを置いてきた。高品質という言葉は必ずしも物質を示しているだけではない。優れたサービスこそが収益を高め、価値を生みだしていることを認識すれば建設業界に新たなバリューチェーンを導入することができる。単なる市場調査に収まらないマーケティングを徹底し、高品質を全うするために社員一人一人がアイデアを実現化するためのスキルを地道に磨き続けることが重要だ。


白石達

リーダーはPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルを回していくことができるかどうかです。動きながら考え、必要に応じて修正していくということ。


向谷匡史

自慢ばかりする人は、実は扱いやすい人。頼み事をすればいいんです。たとえば顔の広さを自慢する人には「今度、その人を紹介してもらえない?」と頼む。そうするとそこまで親しくない相手はプレッシャーを感じるようになって、自然とこちらを敬遠するようになります。徹底的におだてるのも有効です。


國分文也(国分文也)

仕事はすべて順調に行くはずがないので、失敗することもある。そのときにどれだけ強く自分をコミットできるかで変わってくる。


すはらひろこ

「満タン状態」は整理の敵。隙間なく埋まった引き出しや書類立ては、出し入れや探し物を考えると不便。また、無理に押し込むことで書類が折れて、見つかりにくいところに紛れ込んでしまうなどのリスクもある。利便性を追求する意味でも、いらないモノを捨てて空間を確保しよう。空いているスペースがあると何となく物足りなさを感じることがあるかもしれないが、そこには意味がある。


小林栄三

日本の組織はともすれば、不得手な仕事を無理にやらせたり、逆に突出した部分は叩いて均一な人材をつくろうとしがちですが、これでは力を十分発揮させられません。それぞれが得意なことをしっかりやってもらい、それ以外は組織の中で助け合えばよいのです。だからこそ、それぞれの部下との出会いも大切にし、それぞれを理解しようと努めなくてはなりません。


田中マルクス闘莉王

自分自身は今シーズン、ハットトリックも決めて、多くの点を取ることができていますけど、ゴールの喜びが目標ではありません。第一は、チームを勝たせること。点はおまけみたいなものです。


ニクラス・ゼンストローム

スカイプは国境を越えて世界中に広がりましたが、振り返れば2つの点で成功要因があったと思います。まず、スカイプは文字や動画を使ってコミュニケーションをするツールです。コミュニケーションは世界中のみんなができることであり、また求めているものでもあります。プロダクトそのものに国を問わない普遍性が内包されていたと言えます。もうひとつはイノベーションを起こすために自分自身を信じたことです。


滝久雄

アントレプレナー(起業家)というのは、いろんなことを好きでやる好奇心の強い人でないと成り立たない。


永守重信

井戸水はくみ上げて減らしてやれば、次の朝には同じ水位まで湧き出ています。つまり、水はくまないと湧いてこないのです。アイデアや改善策も同じ。どんどんくみ上げれば無限に湧き上がってくる。湧き上がってこないのは、くみ方が足りないからです。限界なんてありません。


弘兼憲史

当時の松下電器は、真剣に怒る会社だった気がします。寮に帰ると、「今日怒られて、めっちゃへこんだ」といった話をみんなでよくしました。後々それが自分のためになったことがわかるのですが。
【覚え書き|松下電器時代を振り返っての発言】


和田秀樹

自分の能力を人と同じ基準で競っているうちは芽が出ない。他人が決めた尺度での勝ち負けで現状打破は難しい。現状を突破するのは、自分の尺度。