名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

林厚見の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

林厚見のプロフィール

林厚見、はやし・あつみ。日本の不動産プロデューサー。東京出身。東京大学工学部建築学科卒業、米国コロンビア大学不動産開発科修了。米国系経営戦略コンサルティング会社マッキンゼーを経て、スペースデザインに入社。財務担当取締役として資金調達、プロジェクト推進、経営企画等に従事。その後、株式会社スピークを共同設立。不動産プロデューサーとして活動した。

林厚見の名言 一覧

楽しみつつ、社会的意義があることを実行するためには、実行力のあるプロである必要がある。ロマンとそろばんを共に持たないと、本当に面白いことは起こらないと思います。


僕にとっての幸せとは、やりたいことをやれる自由と好奇心を持っていられることです。


マッキンゼーに就職したのは、経済にも興味を持ったからです。「なぜつまらない建築物が多いのか。社会構造に問題があるはずだ」と。建築家ではなく「別の道から街を変えよう」というスタンスで、入社しました。


いとこの影響で、大学で建築学を選んだら面白くてはまって。建築デザインの世界にどっぷり浸りましたが、同時に、才能がないとわかってしまった。自分の道を探るうちに「デザインの世界とリアルな現実社会との間で動くプロデューサー」のイメージが出てきた。ただ、当時はまだ漠然としていましたが。


不動産プロデュースとは、投資銀行などから資金を調達、土地を見つけて企画を立て、ゼネコンや建築家を見つけ開発する仕掛け人です。たとえば、由緒ある古い建物を保存したくても、思いだけで「すばらしい建物を壊すなんて間違っている!」と反対運動をしても限界がある。でも、建物を残して不動産価値を上げる方法があります。ホテルとして再生して、住居も付加すれば、儲かります。プラン実行のため、この会社と組んで、金融はこうしましょう」と。おカネだけを考えるファンドの理屈だと、建物への愛着などは関係ない。それだと、均質的になって、世の中はつまらなくなる。


林厚見の経歴・略歴

林厚見、はやし・あつみ。日本の不動産プロデューサー。東京出身。東京大学工学部建築学科卒業、米国コロンビア大学不動産開発科修了。米国系経営戦略コンサルティング会社マッキンゼーを経て、スペースデザインに入社。財務担当取締役として資金調達、プロジェクト推進、経営企画等に従事。その後、株式会社スピークを共同設立。不動産プロデューサーとして活動した。

他の記事も読んでみる

吉田秀雄

仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。


矢野龍

これは私なりの考えですが、古代文明はメソポタミアやエジプトから始まりましたが、なぜそこで栄えたかといえば森林があり、水があったからです。ただ、残念ながら木を伐採して活用した後に、もう一度木を植えて育てて、収穫してという我々の言葉でいう「保続林業」、サスティナブルな形にしなかったことで古代文明は滅びました。木は、地球上で唯一再生可能な「太陽エネルギー資源」です。数億年かけて蓄積されたものは地下資源ですが、再生可能な森林をきちんと手入れせずに、世界全体が地球上でこの先、百年、千年生きていけるでしょうか。


中村健一郎(経営者)

社会へ出る前に、自分の夢について良く考えてみてください。夢が自分の腹にストンと落ちると、自然と道が拓けてくる。少なくとも私はそうだと信じ、これまで進んできました。


三木谷浩史

管理すればするほど社員のモチベーションは落ちるもの。


西村晃(経済評論家)

お金を貯めたり運用したりする時、0円から100万円にするのと、100万円から200万円にするのとでは、前者のほうがはるかに大変です。しかしひとたび100万円に到達したら、そこから200万円、300万円にするための労力はずっと少なくなる。


出雲充

起業をサポートする方にお願いしたいのは、もっと優しくファシリテートしてほしいということだ。「大いにやりたまえ」と背中を押したら後は本人が勝手に勉強していくはずだ。


山元賢治

振り返ってみると、僕にとって純粋に上司と呼べる存在は、日本IBM時代の3人の課長だけだ。もちろんアップル・ジャパンの社長だった時代も、スティーブ・ジョブズに呼び出しを食ってクビを覚悟したこともあれば、ティム・クックにレポートを提出しなければならないこともあった。でも、僕はマネジャーになった瞬間から上司はいなくなると考えているから、彼らを上司とは呼ばないことにしている。


荒井裕樹

最近では徹夜してまで終わらせるということはないですね。徹夜をすると生活リズムが崩れてしまい、悪影響の方が大きいですから。土日は家で家族と過ごすのを大前提にはしていますが、ときには月曜締め切りの仕事をやむを得ず片づけていることもあります。


岡野雅行(岡野工業)

俺はいつも3年先、5年先を見て仕事をしている。


小川直也

プロレスというのは、世の中と常にリンクしているものです。会社でも、よく3代目が潰すっていいますよね。プロレスでは力道山さんたちが第一世代、猪木さんたちが第二世代。そして自分たち第三世代が、猪木さんたちの遺してくれた貯金を食いつぶしているのが現状です。このまま潰すわけにはいかないので、大手の団体にもいろいろ言ったけど、全然ダメ。「それなら自分たちで立ち上げるしかない」ということで始めたのが『ハッスル』です。


徳光正子

長い歴史の中では、よい時代もあれば、辛抱が必要な時代もあります。花外楼も、初代のときは追い風が吹き、百畳敷きの大広間をつくったりしましたが、2代目になると、昔からあった店以外、すべて手放す事態に陥りました。180年、ずっと好調だったわけではないのです。ですが、そんななかでも、絶えず余力を残しながらやってまいりました。もちろん、会社だから儲けなければなりませんが、自分たちの仕事をとおして、できる範囲で、社会や支えてくださっている皆様にご恩返しをさせていただきたいと、常々思っております。


平尾誠二

本番では、人間は普段通りの力さえ出ませんよ。ましてやそれ以上の力なんて期待してはいけない。120%出せなんて無理。80%も出せたら、ようやった。90%出したらやりすぎちゃうかですね(笑)。