名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

林信秀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

林信秀のプロフィール

林信秀、はやし・のぶひで。日本の銀行家。「みずほ銀行」頭取。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、富士銀行(のちのみずほ銀行)に入行。約13年間海外勤務を経験(主にニューヨーク、香港)。みずほコーポレート銀行執行役員営業第十三部長、みずほフィナンシャルグループ常務執行役員営業担当役員、常務執行役、みずほ銀行副社長などを経てみずほ銀行頭取に就任。

林信秀の名言 一覧

これからは多様な人材が1つのゴールに向かって働くことが、企業や組織の強みになっていく。


不透明感と不確実性を深めている時代。従来のように均質な価値観を持った人材による画一的な発想では、ビジネスで成果を挙げることが難しくなっている。


意識改革をして、個を尊重する文化をつくるためには、経営側の強いコミットメントが必要。


たとえ失敗しても、そこから学び、成長すればよい。企業には、そのような「失敗から学んで成長すること」を前向きに評価し、社員一人ひとりの強みを伸ばしていくことが求められる。


今後、ビジネスで勝ち残っていくには、「社員一人ひとりの多様なアイデアによって新しいものを創り出すこと」「失敗を恐れずに挑戦すること」「主体的に働くこと」が必要。


20代後半で経験したニューヨーク支店時代、厳しくつらい日々ではありました。思い返せばそれが私の仕事の原点になっています。


その道の人であれば当たり前と思うことが、別の目線で見ると、間違っているのではないかと気付くことがある。


現場が活躍できるよう本部は黒子に徹する。それが、お客様から評価され、みずほの成長につながる道だと考えています。


協調性は大事ですが、自分の意見は何かを言葉にして伝えなければなりません。


私の最大のミッションは、純粋に企業価値と社員満足を上げていく組織をつくること。それが顧客からの信頼回復にもつながる。


早くから海外のビジネスカルチャーを体感することに、大きなメリットがある。グローバルで活躍できる人材育成のために、海外赴任する日本人社員を増やしています。


難しい舵取りを迫られる時代ではありますが、だからこそ、私は挑戦し続ける。


人事というのは社員に対するメッセージでもある。いくら綺麗事を言っていても、偉くなるのは今までと同じような人ばかりではしらけてしまう。自分の強みを伸ばすために頑張った人、あるいは挑戦した人がきちんと報われる。そういうことをきちんと人事評価に反映していけば、社員もその変化を肌で感じられるはず。


「他と何が違うのか」「どんな付加価値があるのか」「昨日の自分と何が違うのか」を絶えず自分に問いかけよう。これは自分の強みを認識し、それを活かしながら、自主性をもって働くためには必要な視点。


まだまだ課題はありますが、この数年で社員の意識も組織も確実に変わりつつあります。とはいえ、このような変化は持続的なものでないと意味がありませんので、経営陣も取り組みに対して、エンドレスにコミットし続けないといけないと考えています。


当行では「全社員が活躍する」「絶えず成長する」「能力を100%発揮する」「長く活躍する」という4つのキーワードを核に、雇用形態や国籍、年齢に関係なく、社員一人ひとりが能力を発揮し、年を重ねても活躍できる体制を構築すべく、人事運営の抜本的改革を進めているところです。


挑戦をすれば、当然失敗することもあります。そのたびに、「百折不撓(ひゃくせつふとう)」の精神を思い出し、常に前を向いて進んでいきたい。そうすれば必ず道は開けると信じています。


頭取になった今でも、時代の変化を肌で感じ、新しい考えを毎日でも出せるようにしたい。そのために、毎朝6時すぎに出勤し、8時半くらいまで、今日すべきこと、一週間で、一カ月で、一年で考えるべきことを整理し、新しいアイデアを考えています。


ニューヨーク支店時代、チームをまとめるために考えたことは、常に新しいアイデアを持つこと。そして、それをメンバーと共有し、チームを鼓舞すること。もちろん、最初はコミュニケーションを取ることも大変で、苦労もしましたが、「林はいつも新しいアイデアがある」と前向きな姿勢を現地の部下も理解してくれ、下手な英語でも聞いてくれるようになっていったんです。


ニューヨーク支店時代に学んだことは、サムシング・ディファレント、サムシング・ニュー。「おまえはほかの人と何が違うんだ」「おまえの付加価値は何だ」と絶えず問われ続けたんです。上司に能力がないと思ったら、彼らは信頼してくれません。自分の存在意義、付加価値を示し続けなければ、部下はついてこないわけです。


国際業務が長かったこともあり、頭取に就任した時には「現場を知らない」との声を頂きました。そこは否定しませんが、だからこそできる改革があります。


危機の最中での頭取就任ではありますが、この危機にこそ、「自分にできることをする」という信念を行動に変えて、信頼回復と成長に努めたいと考えました。


20代後半、ニューヨーク支店時代、語学もままならない中で担当したのは非日系企業。同僚も外国人ばかりです。そこでは、「おまえだからこそできることは何か」を常に問われました。


頭取就任以来、全国の店舗を回り、そこで若手社員たちと車座になって意見交換をしています。最初は、支店長が変に気を使っていたようです。無難な質問や意見しか出てきませんでした。現場は本部に何を言っても変わらないと思っていたのです。「これじゃあ意味がないんだよ」と自分の思いを伝えたところ、本音が出始めました。


米国と香港に合わせて約13年駐在した。入行5年目でニューヨークに赴任。日系企業との付き合いは、銀行の看板が後ろ盾になってくれることもあるが、非日系企業だとそうはいかない。「あなた個人の付加価値は何で、どんなメリットをもたらしてくれるのか」が問われた。


林信秀の経歴・略歴

林信秀、はやし・のぶひで。日本の銀行家。「みずほ銀行」頭取。岐阜県出身。東京大学経済学部卒業後、富士銀行(のちのみずほ銀行)に入行。約13年間海外勤務を経験(主にニューヨーク、香港)。みずほコーポレート銀行執行役員営業第十三部長、みずほフィナンシャルグループ常務執行役員営業担当役員、常務執行役、みずほ銀行副社長などを経てみずほ銀行頭取に就任。