林ハミルトンの名言

林ハミルトンのプロフィール

林ハミルトン、はやし・はみるとん。「ラグジュアリーカード」アジア地域代表。日本生まれ、ニューヨーク育ち。コロンビア大学国際公共政策大学院修了。シティグループ、JPモルガン・チェースなどを経てラグジュアリーカードアジア地域代表に就任。

林ハミルトンの名言 一覧

ラグジュアリーカード創業者からスカウトされて入社を決意しました。これを逃すと、チャレンジする機会は一生ないのではないかと感じました。成功するか、失敗するかは別として、このリスクをとらないと後悔すると思ったのです。


米アップルの「iPhone」の成功はケーススタディとして尊敬の念を持っています。デザイン、機能など誰も気が付かなかったことを実現し、一度慣れたら離れられないくらい素晴らしい。逆になぜ、今まで誰も考えなかったのだという唯一無二の存在になっています。我々は同じような考え方で商品開発を続けています。


我々はクレジットカード会社である以上に「ライフスタイル提案企業」として、お客様が人生を過ごす中でいかにもっとお役に立てるか、挑戦していかなければならないと思っています。


お客様にとって「ふさわしいカード」でありたい。カードだけでなく洋服などでも、どこまで自分に似合っているかを知ることは非常に難しいことです。しかし、その中で「このカードは私に一番フィットしている」と言っていただくことは一番大きいと思います。それはイコール、我々がお客様を理解し、サービスを提供できているという表れにもなりますから、それを目指していきます。


クレジットカードの進化はどちらかというと遅い。逆にそれは我々にとってはビジネスチャンスです。特に日本におけるプレミアムカード市場は、長年プレイヤーの参入がありませんでしたので、少し保守的になっているように見受けられます。他国ではもっと複数の競合他社が戦っていますから、挑戦しないと追い抜かれるという危機感の中にあります。我々はまだ小さい「蟻」のような存在ですが、マーケットを変えて、さらにお客様に新しい商品やサービスを提供していきたいと思います。


まだ日本は現金が「王様」であり、改善や進化が遅れています。それだけ現金を利用している人が多いということは逆に言えばクレジットカード市場を開拓する余地があるということです。他社もそうだと思いますが、クレジットカードには利便性、安全性、そしてサービスなどの特典がありますから、カードを持てばより楽しく、より便利に生活できるということをお伝えしていきたいと思います。


以前はグローバルの大企業の中で仕事をしておりましたが、ここまでハードルが高かった挑戦は、私のこれまでのキャリアの中ではありませんでした。ベンチャー的に新しい会社、ブランドをゼロから立ち上げるという、これまでとは全く違う経験をしているという意味で、非常に勉強になっています。


仕事をする上での信条は、常に諦めないことです。日本で数年間仕事をさせていただきましたが、日本人は新しいアイデアを聞くと、それを上手く実現できるかということよりも、なぜできないか、どう問題になるかというネガティブな方をまず考えてしまう。わざとではないのですが、それが基本になってしまっています。そうするとどうしてもネガティブな回転になってしまいます。ですから今、社内には常に挑戦する、難しいから諦めるのではなく、どうやって実現できるかを考えて欲しいと言っています。まずはやってみなければわかりません。必ず方法はありますから、成功させるしかないと考えることが大事です。


私自身、この(ラグジュアリーカード立ち上げの)仕事を引き受けた時、家族も含め、周りの人からどれだけ心配されたかわかりません。特に元の同僚からは「なぜ、こんな仕事をやるのか?」、「無理じゃないか」と思われたと思います。私も不安でした。まずはカード発行会社と提携しなければならず、その提携先を決めるのが私の最初の仕事でした。しかし、保守的な業界ですから、我々のような新しい企業が提携先を探すのがどれだけ難しいか。私の元同僚も、私自身も知っていました。既存の発行会社にもプレミアムカードを作るリソースがあることはわかっています。しかし、その力があっても実際にはやらないだろうと思っていましたから、どこか1社は面白いと思ってくれると信じて交渉を続け、最終的に選んだのが新生銀行グループのアプラスでした。


林ハミルトンの経歴・略歴

林ハミルトン、はやし・はみるとん。「ラグジュアリーカード」アジア地域代表。日本生まれ、ニューヨーク育ち。コロンビア大学国際公共政策大学院修了。シティグループ、JPモルガン・チェースなどを経てラグジュアリーカードアジア地域代表に就任。

他の記事も読んでみる

岸上克彦

商品の価値をどう伝え、ブランド力を高めるにはどうしたらいいか。今も変わらず持っている問題意識です。


丸谷智保

コンビニはFC方式で店舗を増やすのが一般的です。しかし当社は徐々に直営で出店することに舵を切りました。店舗運営を標準化しやすく、本部の施策を素早く反映できるからです。現在は約7割が直営店です。コンビニ経営の常識からみれば異色でしょう。


北野武(ビートたけし)

いまのたった今の時点で努力していない奴らは死ぬときに必ずオロオロするんじゃないのかって思う。それまで何もやってきていないんだから。なにひとつ自分に満足していないんだよね。駄目な奴は。じゃあお前はどうだって言われると、いったい何をしてきたんだろうかって考えると、もう愕然としてくる。強烈なんだ。その問いかけは。どんなに素晴らしい人でも、それは誰にでも当てはめて言えるわけだし、これをしてきたって言える人間はいない。やればやるほど、人間は抜けた部分に気づく。だからやっぱり、人間自分の目の前にあることを一生懸命やるしかない。


近藤宣之

私は運に恵まれるために日頃から次の5つのことを心がけています。

  1. いつも明るくニコニコと笑顔を絶やさない。
  2. いつも感謝する。
  3. 昨日より今日、今日より明日と成長する。
  4. 絶対に人のせいにしない。
  5. 身のまわりに起こることは必然と考え、すべて受け入れる。

小幡績

発音が下手でもいいので、流行の言い回しなどでなく、品のある言葉遣いを心がけるべきでしょう。


谷厚志

何らかのトラブルで怒っている方は「自分がどんな嫌な目に遭って嫌な気持ちになったか」や「お前のミスによって私の立場がなくなった」ことをわかって欲しいと思っているので、まず何か起きたのかを理解する。そのうえでお詫びをするのです。「交換します」「代金はお返しします」と、早くその場を収めようとする人も多いのですが、かえって怒りに油を注ぎかねません。


北条重時

一時の腹立たしさから、部下を勘当して追い出すようなことがあってはならない。腹立たしい気持ちも治まり、過去の出来事といまの振る舞いとを比べて、改心の気持ちがない様子なら、仕方なく勘当しなければならないこともあるだろう。ただ、腹立ちまぎれに事を処理したならば、後悔しなければならない。


望月晴文

資金の有効活用というと、今は海外のM&A(合併買収)しか考えていない面があります。もちろん事業展開を早めるために必要だとは思いますが、自分のやるべき事業に、自らの技術と能力を使って投資するというのが最も資金効率がいいはずなんです。


吉田修一(小説家)

小説家って、「分からない」人間たちのことを、なんとか「分かりたい」と思いながら書く、それだけなんじゃないかなと思うんですよね。


小倉広

外発的動機づけは、報酬・昇進・称賛などを得るために、あるいは減給・左遷・叱責などを避けるために頑張るといった、外から与えられる条件により起こるもの。しかし、外発的動機づけには限界があるため、上司などに依存する非自律的人間を生んでしまいます。


塚本勲

昔、ある社員が米国で修理サービスの会社を立ち上げたいと言うのでやらせました。最初の3年は儲かりましたが、4年目と5年目に損を出して8000万円ほどの赤字がたまりました。その社員にリカバーできるかと聞いたところ、「いや、自信がありません」と言ってきました。そこで「もう、すぐやめようよ。今なら8000万円の損で済むんじゃないの」と、その会社を売却して撤退しました。単なる失敗話ではありません。その社員は米国で長期間滞在したことで現地の技術者と不自由なく話せるようになっていたのです。その後、技術統括の責任者として、新しい技術の動向をいち早く把握するなど活躍しました。


松下幸之助

人は様々です。短気な人もいれば気の長い人もいる、緻密な人もいれば大雑把な人もいる。理論派もいれば人情家もいる、というようにそれぞれの持ち味が皆異なります。しかも、同じ人でも心というものは刻々と動いて、千変万化の様相を呈しています。ですから、自分の考えを伝えようとすれば相手の人がどのような人で、いまどのような心の状態にあるかよく知ったうえで、その人に一番受け入れてもらいやすいような言い方を工夫する必要があります。


松下幸之助

経営者というものは、知識は最高でなくてもかまわん。知恵も技術も最高でなくてもかまわん。けれども、真実にもとづいて経営せねばならん、という使命感だけは誰にも負けずにもっていなければいかん。


酒井田柿右衛門(14代目)

伝統と言えば古臭いものだと思われるかもしれません。しかし、350年以上の伝統がある柿右衛門は、時代が変わっても変化しないものもあれば、時代とともに変わるものもあります。変わらないものは技術です。伝承された技術の上に、いまの人に受け入れられる作品を作っていくことが伝統だと思います。


田岡信夫

いままで成功してきた新製品開発のケースは、いわゆる差別化の練りに練られた戦略があったから成功したのである。思いつき的差別化で成功したケースはまずない。やはり、実に練りに練った成功といってよい。


ページの先頭へ