名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

板谷由夏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

板谷由夏のプロフィール

板谷由夏、いたや・ゆか。日本の女優、キャスター。福岡県出身。福岡女学院大学短期大学部卒業。『PeeWee』の専属モデルとして活躍。その後女優としてドラマや映画に出演。主な受賞にヨコハマ映画祭 最優秀新人賞、毎日映画コンクール 女優助演賞、高崎映画祭 最優秀助演女優賞ほか。

板谷由夏の名言 一覧

私が大事にしているのは「決めつけない」ことです。例えば「自分はこういうタイプの役者だ」と決めつけてしまったら、演技の幅も広がりません。


変化や成長を遂げるのは、簡単ではないと思いますが、やはりそのなかにこそ物事の醍醐味があります。


キャスターの仕事に誘われたとき、初めは「えっ、私が?」と思ったけれど、実際チャレンジしてみると、多くの方との出会いのなかに様々な発見があります。その積み重ねは、きっとお芝居にも生きてくるだろうと思います。


板谷由夏の経歴・略歴

板谷由夏、いたや・ゆか。日本の女優、キャスター。福岡県出身。福岡女学院大学短期大学部卒業。『PeeWee』の専属モデルとして活躍。その後女優としてドラマや映画に出演。主な受賞にヨコハマ映画祭 最優秀新人賞、毎日映画コンクール 女優助演賞、高崎映画祭 最優秀助演女優賞ほか。

他の記事も読んでみる

藤井フミヤ

初めてやることは失敗するものだと思っていた方がいい。初めて肉じゃがをつくっても、最初からそんなに美味いものがつくれないでしょ。それと同じで、初めてのことはだいたい失敗する。そのなかで意外と上手くできたというのが、案外、成功なのかもしれない。


森泉知行

20年前、住友商事にいたころ、カナダにタイヤの輸出入会社をつくることになり社長として赴任したのですが、多額の負債を抱えて、最終的には会社を清算することになりました。生まれて始めて社長になったことで張り切り、無理に無理を重ねた結果、清算に追い込まれたわけです。ただ、この失敗から多くのことを学びました。この経験があったからこそ、いまがあるともいえます。


永山嘉昭

伝わらないのが不安なせいか、アレもコレもとなんでも入れ込み、かえってわかりにくくなっている資料が多い。そもそも何のためにその資料を作るのか、意味がわかっていない。意味がわかっていれば、必要な情報はおのずと絞られてくるはず。まずはそこから見直してみましょう。


ラース・レビアン・ソレンセン

デンマークは国土が小さく、資源も少ない。共存共栄の考え方を持たなければ、生き残れません。そうした点は日本も同じで、米国の企業とは大きく異なる部分だと考えています。


宗次徳二

ココイチは飲食業界のなかでもかなり細かい部分までマニュアルを定めている方だと思います。しかし、マニュアルだけでは絶対に対応できない細かな部分は当然存在します。それを指導するためには、やはり現場に入ることが大切なのです。


上田準二

コンビニはお祭りです。誰もが元気になれる店をつくりましょう。


岩崎由純(岩﨑由純)

「言われた内容や文脈よりキーワードのイメージだけが伝わってしまう」ことのわかりやすい例は日常にもあります。電車の駅のアナウンス。「駆け込み乗車はおやめください!」と注意を促す言葉が流れた途端、バタバタっと駆け込む人が後を絶ちませんよね? 駅員は「お客様、おやめください!」と注意しているのに、乗客は「駆け込む」というキーワードとそのイメージしか残らないから「駆け込んだらまだ間に合うかも」と、ダッシュしてしまうのです。声をかけたせいで、間違った行動を喚起してしまうわけです。


和田秀樹

人間の認知行動として、好き嫌いは大きな影響を与える。好きな人の言うことは間違っていても正しく聞こえる一方、嫌いな人の発言にはどんなに正しくても「間違っている」と決めつけがち。だから、ケンカの前に相手と積極的にコミュニケーションをとったり、味方になりそうな人に根回しをする必要があります。基本ですが、周りに気を遣うことです。


金光サリィ

日頃から「でも」「だって」「どうせ」のようなマイナスの言葉を使っていたら、言うのをやめてください。そして、反省する癖もあるようなら、それもやめましょう。


寺畠正道

海外ではM&Aの出物は減ってきましたし、大規模な買収は独占禁止法の観点から難しくなりました。しかし、変化を待つのではなく、自ら能動的に手を打っていけば、成長のシナリオは国内外ともに描けると確信しています。


西浦三郎

我々は大手ではありません。自己資本も多くないため、大手と同じことをやっていたら必ず負けてしまいます。ですから常によそのやらないことをやろうと考えています。だからといって奇をてらったことをやるのではなく、当たり前のことを当たり前にやっていく。これを徹底しています。


長谷川和廣

本当の仕事のプロになれる人は仕事で楽をせず、限界まで挑戦する人です。そして、揺るぎない仕事のスキルを持つ人です。