名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

板谷由夏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

板谷由夏のプロフィール

板谷由夏、いたや・ゆか。日本の女優、キャスター。福岡県出身。福岡女学院大学短期大学部卒業。『PeeWee』の専属モデルとして活躍。その後女優としてドラマや映画に出演。主な受賞にヨコハマ映画祭 最優秀新人賞、毎日映画コンクール 女優助演賞、高崎映画祭 最優秀助演女優賞ほか。

板谷由夏の名言 一覧

私が大事にしているのは「決めつけない」ことです。例えば「自分はこういうタイプの役者だ」と決めつけてしまったら、演技の幅も広がりません。


変化や成長を遂げるのは、簡単ではないと思いますが、やはりそのなかにこそ物事の醍醐味があります。


キャスターの仕事に誘われたとき、初めは「えっ、私が?」と思ったけれど、実際チャレンジしてみると、多くの方との出会いのなかに様々な発見があります。その積み重ねは、きっとお芝居にも生きてくるだろうと思います。


板谷由夏の経歴・略歴

板谷由夏、いたや・ゆか。日本の女優、キャスター。福岡県出身。福岡女学院大学短期大学部卒業。『PeeWee』の専属モデルとして活躍。その後女優としてドラマや映画に出演。主な受賞にヨコハマ映画祭 最優秀新人賞、毎日映画コンクール 女優助演賞、高崎映画祭 最優秀助演女優賞ほか。

他の記事も読んでみる

江副茂

従業員にもいろいろな考え方の人がいますよね。その中で今のように会社側の考えを伝え、話し合っていくうちに、自分の考えとは違うけど会社にいるのだからこれはもっともだな、と納得してもらう。そういうことを徹底してやっていくのが理想。


岡田圭右

お笑い界における僕のポジションは会社でいえば、万年係長でしょうね。たまたま最初の頃の出世は早かったけれども、そこからはなかなか上に行けず、長年にわたって、上下にはさまれ続けている。肝心なことは相談されないけれども、その場を明るくすることはできる、いじられ係長。


朝倉千恵子

人生の節目、節目に誰と出逢うかが人生の質を決める。


渡邉美樹

10歳で「将来、社長になる」と決めてからは、漠然とですが「いまの自分に必要なのは、社会をよく知ることだ」と思い、それには本を読むことが一番手っ取り早いと考えました。そこで野球少年だった私は、生活の中心を読書へと切り替えたんです。野球は大好きだったのですが、高校では部活にも入らず、ひたすら本を読んでいましたね。歴史から文学、哲学、宗教……と、それこそ手当たり次第に。ただ、大学を卒業してからは進むべき方向が決まったので、「外食」と「経営」に関係する本を読みあさりました。


木村俊昭

私は「地方」ではなく、より広い視点での連携を重視する観点から「地域」という言葉を使いますが、地域創生の大きな流れは「情報共有」→「役割分担」→「出番創出」→「事業構想」だと考えています。まずは情報共有。行政、商工会議所や農業団体などが、これまで何をしてきて、今後どうしようとしているのかをすり合わせる必要があります。各々の組織が一生懸命頑張っているが、方向性がバラバラだったり、施策が重複していたりというのはよくあるパターン。こうした非効率を解消しなければなりません。そのうえで、それぞれの組織や世代に役割を担ってもらい、出番をつくっていく。そして、地域の活性化を事業の視点で構想し、実践していくわけです。


潮田、滋彦

私はこれまで、数えきれないほど多くの研修に参加してきましたが、研修スタートのあいさつや案内の姿勢で研修の雰囲気がセットされてしまうことにほとんどの人が気づいていません。それはたった1分の事務連絡でも、5分の人材開発課長のあいさつでも、30分の役員基調講話でも同じです。その企業の人材開発に対する本気度が、ハッキリと受講者に「空気」として伝わってしまうのです。


望月実

課長にとって重要な管理会計の能力は、「部下の数値目標をかみ砕いて小さなプロセスに落とし込む」ことです。優秀な部下は、ノルマなどの数値目標を与えられると、その数字を達成するためのプロセスを自ら組み立てられますが、それができない部下もいます。そうした部下に力を発揮してもらうには、数値目標を与えてほったらかしにするのではなく、さまざまなデータをもとに、目標を達成するために必要なプロセスを一緒に考えていくことが大切です。


小山五郎

強い者とケンカする方が楽なんです。強い人はこっちを甘く見るけど、こっちは逆に誠心誠意ぶつかる。それが相手に通じる。


カルロス・ゴーン

危機はリーダーの真価を問う最良の機会であり、危機を経験することでリーダーは大きく磨かれます。


吉野真由美

テレアポでアポを取るために何を話せばよいか。それは、相手に対するメリットです。お客様が興味を持つのは、「自分(もしくは自分の会社)に何をしてくれるのか?」「どんないいことがあるのか?」ということだけです。単なる商品説明には興味を持ちません。そして、メリットは15秒ほどの短いトークで簡潔に伝えること。ダラダラ話していると、「もう結構です」と電話を切られてしまいます。


丹羽宇一郎

日本は資源が乏しく、武器となるのは人と技術しかありません。私は頭脳流出だけでなく、若い人の理工系離れについても危機感を持っています。これから少子化で人はどんどん減りますから、技術まで落ちぶれたら日本経済の将来に大きな支障をきたす可能性があります。アメリカも理工系学生が減ってきたそうですが、奨学金と先生を増やしてテコ入れすると言っています。中国もドイツも同じように理工系離れを食い止めようとしています。


前川洋一郎

企業の事件はあらゆる利害関係者、すなわち創業家、役員、組合、OB、取引先、仕入先、顧客、業界、官公庁、マスコミ、地域社会などから「お灸」を据えられ、「お小言」を呈され、正しい方向へとナビゲートされていくのである。