名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

板東浩二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

板東浩二のプロフィール

板東浩二、ばんどう・こうじ。日本の経営者。「NTTぷらら」社長。徳島県出身。徳島大学工学部電子工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。九州支社ISDN推進室長、長距離事業本部通信網システム部担当部長、マルチメディアビジネス開発部担当部長などを経てジーアールホームネット(のちのNTTぷらら)社長に就任。

板東浩二の名言 一覧

境遇は選択の余地がないから全力でやるしかない。でも総じて、若い時期に苦しい経験をした人の方が伸びるよと伝えたい。


失敗を恐れることなく、まだ世の中にない新しい事業を真っ先に投入していく。今後もご利用のお客様が満足していただける魅力的なサービスを提供していく。


成功も、奇跡も、それを信じた者のところにだけ訪れる。


(経営危機のとき)社員全員が「営業」し、求められているサービスや料金を追求することで新規会員を獲得した。


板東浩二の経歴・略歴

板東浩二、ばんどう・こうじ。日本の経営者。「NTTぷらら」社長。徳島県出身。徳島大学工学部電子工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。九州支社ISDN推進室長、長距離事業本部通信網システム部担当部長、マルチメディアビジネス開発部担当部長などを経てジーアールホームネット(のちのNTTぷらら)社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤優

判断や決断にはリスクが伴います。リスクをとるのは怖い。これは人間の本性。いま即断するリスクと、判断を先延ばしにするリスク、その2つのリスクを比べたときに、いま即断するリスクの方が高いと考えてしまう。だから先延ばしにする。ですから自分は何のリスクを恐れているか、客観的に考えられるかどうかが大切。


堀紘一(コンサルタント)

意味のあることは、自分の頭で考えたり、他人の意見を聞いたりすることで生まれます。ですから、「考える・調べる」と「分析する」のあいだをぐるぐる回りながら仕事をするのがいいのです。一見すると回り道のように思えますが、ゴールに辿り着くまでの時間は確実に短縮されます。


エドマンド・バーク

我々が人間の心に発見する最初にして、最も単純な感情は好奇心である。


金川裕一(経営者)

企業の社会的責任は雇用にある。


小池龍之介(小池龍照)

一般的に、日々の生活で精神的に満たされていない人、自分の力を実感できない人ほど、その欠乏感や無力感を覆そうとして、買い物に走るケースが多いように見受けられます。こうした心のカラクリに気づけば、過度なローンを組んだり、買い物をしすぎたりといったことが、自戒できるようになるのではないでしょうか。


川原泉

『月夜のドレス』や『中国の壺』で女装癖を扱っていますが、それもマイノリティーとか難しい思想ではなくて、ただ「完璧でない男性」を描きたかったんです。完璧でないから人間なんですよね。自分が理想的人間でないのに、それを相手に求めるのはおかしい。「お互い様だよね」っていうのがいいんじゃないでしょうか。


遠山正道

三菱商事の社員だった当時、会社の肩書で仕事をし、時には偉くなったように錯覚している自分に疑問を感じていました。そんな時、子供の頃から描き続けてきた絵の世界で自分を試してみたいと思い、仕事とは関係なくタイル画の個展を開きました。その個展は70点の作品がすべて売れるほど成功したのです。この丸裸の自分をさらけ出して勝負した経験が転機となりました。この時、私は「成功することを決めた」のです。


なかにし礼

世の中には、「昨日と今日を同じように生きていき、来年も再来年も平坦でいいんだよ。人間だもの」という価値観があります。ぎりぎりの選択などしなくてもいい。人間だもの、と。これは楽ですよね。しかし、あなたが自分自身の命を意味のあるものにしたいと望むなら、その価値観に身を委ねることを許してはいけません。なぜなら、人間は進化してこそ、人間だからです。


碓井稔

自分たちの資産を使わず外注したら、収支が合うわけがない。


藤沢武夫

良い管理は次の良い管理につながるし、アイデアはアイデアを生む。


坂東眞理子

これからの時代、働いている以上は、新しい仕事を与えられるのは当然のことです。それまで経験したことや、自信のあることしかできません、などと言っていては置いていかれてしまいます。


久恒啓一

情報整理というと、キーワードを個条書きにまとめるだけで終わりという人をよく目にします。しかしこれでは、問題解決にとって重要なものごとの因果関係や全体構造まで考えが深まりません。たとえば、部署の現状の問題を整理するときも、問題点を列記しただけでなんとなく整理できた気になって、そこで思考が停止。「どの問題がとくに重要か?」「それぞれの問題の関連性は?」といったところまで、思考が進んでいかないのです。図で考えることが重要です。