名言DB

9412 人 / 110637 名言

松野鶴平の名言

twitter Facebook はてブ

松野鶴平のプロフィール

松野鶴平、まつの・つるへい。日本の政治家、実業家。熊本県出身。菊池電気軌道(のちの熊本電気鉄道)社長、衆議院議員、鉄道大臣、参議院議長などを務めた。

松野鶴平の名言 一覧

政治家は喧嘩をしても一分を残せ。その一分が必ず生きてくる。


松野鶴平の経歴・略歴

松野鶴平、まつの・つるへい。日本の政治家、実業家。熊本県出身。菊池電気軌道(のちの熊本電気鉄道)社長、衆議院議員、鉄道大臣、参議院議長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ハンス・ヴェストベリ

エリクソンは1876年にスウェーデンで創業しました。「コミュニケーションは人間の基本的な欲求である」という創業者の確信は、現在にも引き継がれています。この先見性の高さが会社成長のひとつの要因と言えるでしょう。


植木義晴

最も避けなければならないのは、トラブル発生時に解決策を決められずに時間だけが過ぎてしまうことです。あるいは、完璧を目指そうとするあまり、決断までに時間をかけすぎてしまうことです。


本田健

お金というものは、「自分が世の中に提供した価値と世の中から受け取った価値の差額」。より多くのものを世の中に提供すれば、より大きなお金を手にできる。


国吉拡

目標を設定したら、必ず期限を切ること。期限のある目標は実現できますが、期限のない目標はいつまでも夢物語のままです。たとえば、「今月はお客様を100件訪問する」と決めたら、一日当たり何件訪問すればいいのか、そのための時間をどうやって確保するかなど、目標を達成するための段取りを具体的に考えていきます。現時点で何が足りないかをひとつひとつ確認していくと、次にやるべきことが明らかになってきます。そのやるべきことをきちんとこなしていけば、自然と目標達成は近づいてくるでしょう。


進藤晶弘

人間、「不可能だ」と思うと、そこで思考が止まります。私はエンジニアたちに、「問題点ばかり探すのではなく、どうすればできるかを考えてほしい」と反論しました。


川口盛之助

高齢化は、生産年齢人口比率を低下させると同時に医療費や社会福祉費を増大させ、国家財政を疲弊させつつ産業競争力を削いでいく。ただ、この試練は「次世代の競争力を身に付けるための好機」にもなり得るということを忘れてはならない。


八城政基

日本の大企業は30代半ばまで誰もが平等に扱われるから、有能だった人も平均点になっちゃう。企業でも政治でも、リーダーなんて自然に出てきやしないよ。作らなくちゃ。その人が能力を発揮できる環境を作って、ダメなやつは落としていく。


五郎丸歩

100人いたら100通りのリーダーシップがあると思いますが、僕は運良く、信念を貫くリーダーに出会うことができました。芯を持ちブレないリーダーであれば、どんなタイプだろうと付いていくことができますよね。


城谷直彦

これからの当社の資本政策としては、様々な分野の外部の企業と業務提携をしていくうえで、資本提携を加速させたいと思っています。自動運転分野のほか、セキュリティ関連のベンチャーにも出資しています。新しいビジネスチャンスに繋がる若い企業の研究開発を支援してます。


大前研一

一から十をやれば問題解決ができるとわかっていても、当事者にそれを実行するだけの能力がなければ、絵に描いた餅で終わってしまう。そういう場合は相手を見て、できる範囲のことだけを提言し、それができたら次はこれというように、順番を考えて少しずつ前に進めていけばいい。これは個人の問題解決でも同じだ。


山田進太郎

私は起業家ですが、一方でエンジェル投資家としての活動も2年前まで行っていました。エンジェル投資家として出資をするときは、ほとんど直感です。そのとき、決め手となるのは、事業計画書のプランを見るというよりは、やはり人です。私の場合はインサイト(洞察力)があるかどうかを見ます。私と違う新しくて深い考えをどれだけ持っているのか。そうした知識欲のある人は、常に新しい情報によって、自分自身もアップデートでき、起業家としても成功する可能性がある。私も国内外問わず、何か新しいサービスが出たときは、それがどれくらい伸びるのか、その後の動向も定期的にチェックしています。


谷田千里

年賀状はこれまでお付き合いのあった人だけでなく、その1年に新しく出会った人と、もう一度縁を結び直しましょうという、日本的な素晴らしい習慣です。中途半端なタイミングであいさつのはがきを出すと「何? 営業?」と思われてしまうかもしれませんが、新年のごあいさつとして出す年賀状なら、少しくらい営業的なメッセージが入っていても許されます。ビジネスにおいても、年賀状を大いに活用すべきだと思います。


西浦三郎

私がこの会社に来たときは、オフィスのウエートが全体の85%もありました。それを今65%まで落としています。というのも結局、オフィスも労働人口が今後15年で1千万人も減りますから、当然減ると見ているからです。


森章(経営者)

世界、社会の資金の流れがどう変わっていくのかを常に見ていきなさい。


寺尾玄

いくら、いま売れている商品を見たところで、そこから生まれるのは横並びの商品に過ぎない。私たちはそもそも横並びの商品をつくろうとは思っていませんから、売れ筋商品を見る必要がない。