名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松田洋祐の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松田洋祐のプロフィール

松田洋祐、まつだ・ようすけ。日本の経営者。ゲームメーカー「スクウェア・エニックス・ホールディングス」社長。富山県出身。東京大学教育学部卒業後、三井生命保険に入社。公認会計士資格を取得しアクタス監査法人など複数の監査法人に勤務したのち、スクウェアに入社。スクウェア・エニックス執行役員経理財務部長、代表取締役専務などを経てスクウェア・エニックス・ホールディングス社長に就任した。

松田洋祐の名言 一覧

我々には高品質なコンテンツを提供してきたDNAがある。これを守りつつ、変えるべきものを変えることで、この激変をチャンスにできると確信している。


一年単位などと悠長なことは言えない。緊急に改革をやらないといけない。


現在、最終赤字の要因のひとつは、開発から発売までの遅れだ。そうしたタイムラグは、ユーザーとの接触頻度の減少を意味する。我々はもっとタイムリーにお客様の要望に応えていく体制を整える必要がある。


特に重要な経営指標は「資産回転率」だ。開発者たちはものづくりに時間とカネをかけたい。だがそれは資産回転率の低下に繋がる。そこをいかにバランスさせるかがポイントだ。


昔はゲームの世代交代には3~5年ほどかかった。いまはリリースしたタイトルは日々更新されていき、3カ月程度で状況が一変する。こうしたスピードに対応するには、開発と販売の一体化が急務だ。


昔のゲームビジネスはゲームセンターで「コインをいかに投入してもらうか」から始まった。その後、家庭用機器が普及し、ゲームデザインと課金は切り分けられ、当社はそこで成長した。だが現在盛んなオンラインゲームでは、再度「いかに課金を得るか」がテーマとなり、開発と販売が不可分となった。そして遊べる場所もあらゆるデバイスへと広がった。


私は98年に旧スクウェアに入った。2000年に一度辞めたが、和田(洋一)が社長になるときに誘われ01年に再入社した。当時は「ドットコムバブル」が騒がれ、いろいろと魅力的な企業もあった。だがシステムで儲ける世界より、コンテンツの世界で勝負したいと思い、誘いを受けた。


松田洋祐の経歴・略歴

松田洋祐、まつだ・ようすけ。日本の経営者。ゲームメーカー「スクウェア・エニックス・ホールディングス」社長。富山県出身。東京大学教育学部卒業後、三井生命保険に入社。公認会計士資格を取得しアクタス監査法人など複数の監査法人に勤務したのち、スクウェアに入社。スクウェア・エニックス執行役員経理財務部長、代表取締役専務などを経てスクウェア・エニックス・ホールディングス社長に就任した。

他の記事も読んでみる

奥田務

会長兼CEOを退く前の最後の仕事として、子会社のピーコックストアを売却しました。この売却によって良い意味で社内に緊張感が生まれました。「赤字を出していては売却されるかもしれない」という緊張感が出たのはメリットでしょう。


ジェイ・エイブラハム

最初から大きすぎる目標を持つ必要はありません。まずはあなたの周りの人々に価値を与えることから始めるのです。その小さな一歩の積み重ねに意味があります。


柏木理佳

大して実力があるわけでも、学歴が高いわけでもないのに、まったく違う職種にキャリアアップした転職成功者もいます。彼らは、自分のやりたいことを追求し、使えるキャリアの磨き方を知っていました。いくら頑張って学校に通い、多くの資格を取っても、使えないキャリアなら無駄です。資格がなくても具体的に自分のやりたいことを分析し追求することで、使えるキャリアを形成していけば適職に出会えるのです。


高畑正幸

湯船に浸かってぼーっとしている時に何かを思いつくことも多いので、風呂場には耐水ノートを常駐させています。ペンはいろいろ試してみましたが、耐水のペンを使うまでもなく、万が一壊れてしまっても困らない、安いプラスチック製のシャープペンシルで十分だと分かりました。金属部品の少ないものなら、それほど簡単には壊れません。


ジェームズ・ダイソン

ダイソンの製品は、他社の製品よりも確かに高価です。新技術を搭載したので研究開発にかかった費用を回収する必要があるからです。ほかのモノマネ企業は研究開発費をあまりかけずに新商品を投入します。当初は、高い値段で売れると思っていたのでしょうが、いざ市場に投入すると値下げせざるを得なくなり安売りを始めるのです。私たちはそのような事業をするつもりはありません。


永守重信

「感情的に部下を叱ってはいけない」と教える人がいるようですが、それはおかしい。感情がこもっているからこそ、こちらの熱意が伝わります。もちろん褒めるときも同じです。


夏野剛

ゆったりと構えて細かいことは気にしないのが、人間関係を長く続けるコツ。


鈴木眞理

地域づくりでは他者との対話や議論を通して答えのない課題を解決していく力が欠かせない。


四方修

世の中を見渡すと、問題を起こすのは、権力を盾に現場の思いを顧みない「上から目線」のリーダーです。一方で世の中をよくするには、強いリーダーシップが必要です。


山口純史

僕の役割は、現場に降りていき、現場経営をやることです。僕のことを社長と呼ぶなと言っています。若い連中は僕のことを「JJ」と呼んでいるんですよ。もう呼び捨てにしています。タイトル(役職)で人を呼ぶと、もうそれだけでプレッシャーになって、社長の前でしゃべれないやつがいっぱいいます。その辺のおじさんだと思って議論せいと言っています。
【覚書き|JJとは海外勤務時につけられた山口氏のニックネーム。ジャパンもしくはジャパニーズの「J」と純史の「J」をつなげたもの】


八幡紕芦史

多様化し複雑化した環境において、組織力やブランド力だけでビジネスは成功しない。組織のリーダーである経営者個人が何を語るか、プレゼン力が問われる時代だ。


宮内直孝

将来入社する人達のために良い会社にすること。それが私の使命。歴史と伝統に拘ることなく、中計実行に全力で邁進する年とします。