名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松田正男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松田正男のプロフィール

松田正男、まつだ・まさお。日本の経営者、教育者。教育事業の「拓人」創業者。千葉出身。個別指導塾「スクールIE」、児童教育「チャイルド・アイズ」、英会話スクール「ウィンビー」、学童幼児保育「キッズデュオ」などを展開し、10期連続二けた成長を達成した経営者。

松田正男の名言 一覧

金儲けが目的の人は、学習塾経営は絶対に成功しません。人を育てるという視点を忘れないでください。


将来のイメージを描いてもらうことは、生徒のやる気につながります。勉強する理由を知ったあとの子供たちは、学習意欲に満ち、目がキラキラ輝いています。


私たち高成長は、退会する生徒がとても少ないことが、そのような結果につながる要因のひとつだと思っています。いろいろな学習塾が数多くありますが、そのなかでも、私たちは退会率5%以下と、退会者が最も少ない学習塾ですから。


すでに同業他社が教室を展開している地域に進出するのは、あまり得策とは思えません。ただ、どこに教室を開講するかは、しっかりと調査しています。


上位校への高い合格率を競うような市場に参入する気はありません。むしろ、学力の底上げに力を入れたいと思っています。勉強の苦手な子供はいまも昔も多い。ビジネス的にいえばそこにニーズがあるということでもあります。また、私たちはその層の学力向上にとくに定評がありますから。


どのような学力の生徒が来ても私たちのすることはただひとつです。真剣に彼らと向かい合うだけです。


私は38年前に学習塾の経営を始めました。12年ほどは集団指導型の塾で、経営的には順調だったものの、何かしら心の片隅に引っかかるものがありました。集団指導型のクラスには、いろいろな学力の生徒がいます。「できる子は伸びる機会を失い、できない子は授業についてこられない」。そんな思いに日々悩みました。そこで、個別指導型の学習塾を始めることにしました。個別指導であれば、生徒一人一人に応じたきめ細かな対応ができます。様々な個性と向き合いながら、人を育てるという教育の原点を改めて確認しました。


成績アップシステムは各学習単元のつながりを示した系統図に基づき、生徒はどこでつまづいているのかを的確に分析します。生徒の理解していない分野を、学習単元ごとに把握でいるのです。弱点を図示することにより、理解できない原因となっている単元がわかり、復習すべきポイントが明確になり、効率よく学習することができるのです。


自分で考え、自分で行動する自分力は、今日のような混沌とした時代に、とても大きな財産です。他人の評価に振り回されたりすることなく、納得のいく人生を切り拓いていくうえで不可欠なものです。


私たちは単なる学力向上よりも、自信とやる気を重視しています。というのは、どんな人生においても、必ず試練は訪れるものですが、自信とやる気があれば、その試練にひるまず立ち向かえるのです。


生徒一人一人の個性を尊重しながら、きめ細かな指導により、それぞれの目標達成を支援しています。生徒は、この目標達成を繰り返し経験することで、学力だけでなく自信とやる気を高めていくのです。


早寝早起きのような生活習慣は、しっかり勉強する上での基礎となるとても重要なものです。肉体や精神を健全に整えながら、夢を抱ける環境づくりを進めていくのです。


私たちは児童心理学者らとともに、生徒の学習意欲を引き出すための特別な200の質問を開発しました。これらの質問からは、あらゆる生徒の性格を知ることができます。一人一人の個性をしっかり把握したうえで、その子に最適な指導法や講師を選定するのです。


差別化戦略を意識的に進めていることで、保護者からも、子供たちからも高い満足をいただいております。高い学力だけでなく、混迷する時代を切り拓いていく自分力を身につけることができるのです。そこがほかの塾とは違います。


授業料はできるだけ安くしたいという考えは持っております。ただ、私たちはこれ以上授業料を下げるつもりはないのです。私たちは商品に自信がありますから。
【覚書き|同業他社の値下げ合戦について語った言葉】


従来の教育は、教師の勘や経験に頼ってきました。しかし、数値を使って可視化することで、目に見えるデータに基づいた教育を行うことができるようになります。これによって生徒は自分を再確認し、保護者は子どもをより深く理解し、先生は接し方や教え方が分かり、教室責任者も加えた4者が一つの情報を共有して話し合うことができるようになります。


松田正男の経歴・略歴

松田正男、まつだ・まさお。日本の経営者、教育者。教育事業の「拓人」創業者。千葉出身。個別指導塾「スクールIE」、児童教育「チャイルド・アイズ」、英会話スクール「ウィンビー」、学童幼児保育「キッズデュオ」などを展開し、10期連続二けた成長を達成した経営者。

他の記事も読んでみる

出雲充

ミドリムシのビジネスをやっていて、ダサイね、と言われることだけは納得がいかない。世の中にダサイとかくだらないというものが本当にあるのか。くだらない、しょぼいと言われようが、この本(『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』)によって、何か「小さなチャレンジ」に取り組もうとしている方が少しでも勇気づけられれば、これほどうれしいことはない。


田中美香

私たちは手持ちの物件をただ売るのではなく、お客様のニーズをうかがったうえで、それに合った物件を「オーダーメイド」で探します。ここが他社とは大きく違う点です。だからこそ、お客様の資産内容はもちろん、家族構成からどのような将来設計を持っていらっしゃるのかまで、親身になってお聞きし、一人ひとりの方に最適な投資プランを組み立てます。オーダーメイドで探すため、多少お待ちいただくこともありますが、そのぶん、ニーズにぴったりの物件を見つけることができる。


池田貴将

「もっと良いものを作りたい」など「主観的理由(自分がどうしたいか)」を仕事の目的にすると、モチベーションを比較的一定に保つことができます。他人との競争が悪いわけではありません。ただし長期的視点で見ると、他人と比較することはストレスになります。成長したいという意欲を伸ばすには、過去の自分と比べて伸びを実感させることです。


バートランド・ラッセル

幸福な人とは、客観的な生き方をし、自由な愛情と広い興味を持っている人である。


やましたひでこ

整理と言っても、ただ今あるモノを引き出しにきれいに仕舞い込むだけでは、きっとまたゴチャゴチャの状態に逆戻りすることでしょう。モノを絞り込むための「選択と決断」がないために、仕舞い込んでそのまま、不要なモノの存在を忘れてしまうからです。


大和田哲男

食料問題は深刻です。いまは野菜や魚が取れすぎると捨てていますが、CAS(細胞を壊さずに限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術)で保存すれば、捨てる必要がなくなります。


高島郁夫

可能性を秘めた若い人材は、いっぱいいると思います。ただ、バルスという企業がかなり出来上がってしまっているので、その殻を破って新たなことをやるのは、社内の人間にはなかなか難しいかもしれません。


童門冬二

私たちがよく使う「風土」は、国土や国民性などの地理上の情景をいいますが、「風度」は心の情景のことをいいます。この言葉はある中国文学者によると、中国の古い言葉だそうです。風度が高い、または低いというのは、その人の人徳の度合いを示しています。古代中国で民衆から尊敬されていた人たちは、風度を高めようと自己研鑽を積んできたのです。この風度があれば、内容に多少納得がいかなくても人は従ってくれるのです。「うちの社長は凄い。歩く姿にオーラがある」とか、「うちの課長はいつもお客様のことを考えている。言っていることに説得力がある」などと部下がしみじみ思うような、にじみ出る風格を確立しなければだめだということです。


古川雅一

私がよく使う比喩ですが、富士山は、東京から眺めると小さく見えます。一方、目の前の高層ビルは、富士山よりも実際には遙かに小さいのに、とても大きく見える。目先の利益に目が行ってしまうのはそれと似ています。


伊藤傳三

返品やできそこないのソーセージをリヤカーにうず高く積んで、真夜中に葦合区の生田川じりへ20貫、30貫と捨てた。運びながらこらえきれなくなって涙がポロポロ出た。
【覚書き:魚肉ソーセージをデパートに納入し、一時的な成功を得たものの、製品に保存性などの問題があり大量返品が来てしまう。その時を振り返っての言葉。このあと、研究に没頭し伊藤ハムの主力商品であるプレスハムの開発に成功した】


出口治明

人間は、好きなこと・得意なことをやっているときが一番幸せです。そして、社員にそうさせる方が企業にとっても得なのです。


八ツ井慶子

人は常に合理的な判断をするわけではない。特に値動きが大きくてリスクの高いいまは、相場で一喜一憂する難しいときでしょう。潔く損切りできるかが大事です。