名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松田正男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松田正男のプロフィール

松田正男、まつだ・まさお。日本の経営者、教育者。教育事業の「拓人」創業者。千葉出身。個別指導塾「スクールIE」、児童教育「チャイルド・アイズ」、英会話スクール「ウィンビー」、学童幼児保育「キッズデュオ」などを展開し、10期連続二けた成長を達成した経営者。

松田正男の名言 一覧

金儲けが目的の人は、学習塾経営は絶対に成功しません。人を育てるという視点を忘れないでください。


将来のイメージを描いてもらうことは、生徒のやる気につながります。勉強する理由を知ったあとの子供たちは、学習意欲に満ち、目がキラキラ輝いています。


私たち高成長は、退会する生徒がとても少ないことが、そのような結果につながる要因のひとつだと思っています。いろいろな学習塾が数多くありますが、そのなかでも、私たちは退会率5%以下と、退会者が最も少ない学習塾ですから。


すでに同業他社が教室を展開している地域に進出するのは、あまり得策とは思えません。ただ、どこに教室を開講するかは、しっかりと調査しています。


上位校への高い合格率を競うような市場に参入する気はありません。むしろ、学力の底上げに力を入れたいと思っています。勉強の苦手な子供はいまも昔も多い。ビジネス的にいえばそこにニーズがあるということでもあります。また、私たちはその層の学力向上にとくに定評がありますから。


どのような学力の生徒が来ても私たちのすることはただひとつです。真剣に彼らと向かい合うだけです。


私は38年前に学習塾の経営を始めました。12年ほどは集団指導型の塾で、経営的には順調だったものの、何かしら心の片隅に引っかかるものがありました。集団指導型のクラスには、いろいろな学力の生徒がいます。「できる子は伸びる機会を失い、できない子は授業についてこられない」。そんな思いに日々悩みました。そこで、個別指導型の学習塾を始めることにしました。個別指導であれば、生徒一人一人に応じたきめ細かな対応ができます。様々な個性と向き合いながら、人を育てるという教育の原点を改めて確認しました。


成績アップシステムは各学習単元のつながりを示した系統図に基づき、生徒はどこでつまづいているのかを的確に分析します。生徒の理解していない分野を、学習単元ごとに把握でいるのです。弱点を図示することにより、理解できない原因となっている単元がわかり、復習すべきポイントが明確になり、効率よく学習することができるのです。


自分で考え、自分で行動する自分力は、今日のような混沌とした時代に、とても大きな財産です。他人の評価に振り回されたりすることなく、納得のいく人生を切り拓いていくうえで不可欠なものです。


私たちは単なる学力向上よりも、自信とやる気を重視しています。というのは、どんな人生においても、必ず試練は訪れるものですが、自信とやる気があれば、その試練にひるまず立ち向かえるのです。


生徒一人一人の個性を尊重しながら、きめ細かな指導により、それぞれの目標達成を支援しています。生徒は、この目標達成を繰り返し経験することで、学力だけでなく自信とやる気を高めていくのです。


早寝早起きのような生活習慣は、しっかり勉強する上での基礎となるとても重要なものです。肉体や精神を健全に整えながら、夢を抱ける環境づくりを進めていくのです。


私たちは児童心理学者らとともに、生徒の学習意欲を引き出すための特別な200の質問を開発しました。これらの質問からは、あらゆる生徒の性格を知ることができます。一人一人の個性をしっかり把握したうえで、その子に最適な指導法や講師を選定するのです。


差別化戦略を意識的に進めていることで、保護者からも、子供たちからも高い満足をいただいております。高い学力だけでなく、混迷する時代を切り拓いていく自分力を身につけることができるのです。そこがほかの塾とは違います。


授業料はできるだけ安くしたいという考えは持っております。ただ、私たちはこれ以上授業料を下げるつもりはないのです。私たちは商品に自信がありますから。
【覚書き|同業他社の値下げ合戦について語った言葉】


従来の教育は、教師の勘や経験に頼ってきました。しかし、数値を使って可視化することで、目に見えるデータに基づいた教育を行うことができるようになります。これによって生徒は自分を再確認し、保護者は子どもをより深く理解し、先生は接し方や教え方が分かり、教室責任者も加えた4者が一つの情報を共有して話し合うことができるようになります。


松田正男の経歴・略歴

松田正男、まつだ・まさお。日本の経営者、教育者。教育事業の「拓人」創業者。千葉出身。個別指導塾「スクールIE」、児童教育「チャイルド・アイズ」、英会話スクール「ウィンビー」、学童幼児保育「キッズデュオ」などを展開し、10期連続二けた成長を達成した経営者。

他の記事も読んでみる

山田昇(ヤマダ電機)

優秀な社員ほど企業理念を気にします。会社は自分たちをどう思っているか、とか、どこに目標を置いてやっていくのかということを一番気にします。それに答えるには企業理念がしっかりしていないといけません。


ラモス瑠偉

日本にきて35年になるのか……。2年でブラジルに帰るつもりで来たのに、まさか、こんなに長くいることになるとは(笑)。わかんないもんだよ、人の運命なんて。


熊谷正寿

人は自分を制約しておかないと、なんとなく新聞を読んだりニュースを見たりして、ぼんやり時間を過ごしてしまいます。それが普通の行為なのでしょうが、普通のことをしていたら普通の人になってしまいます。それでは絶対にいけない。情報収集の前に頭の整理をするのは、普通にならないように自分を律しているというのが正直なところです。


北橋健治

今こそまさにピンチをチャンスに変えていく強い意志が求められている。


和田一郎(経営者)

商売は「小さく始める」のが一番のリスクヘッジ。


香藤繁常

社員に「グローバルマインドを持て!」というのはたやすい。だがそれには、日本の伝統と諸外国の文化・慣習を理解しなければならない。コミュニケーションのための語学力はもとより、総合的な教養も必要になってくる。欧米の、ビジネスマンに比べて、日本人は、この部分が弱い。しかし、商売の話だけでなく、相互の信頼関係を生むのは、そうした人間的な魅力にほかならない。


森永卓郎

私は、ミニカーやフィギュア、うまい棒のパッケージなどを集めていますが、「こんなレアなものが!」と、新しいモノを見つけるたびに興奮しています。これが、いまでも少年のような心を保てる秘訣かもしれず、仕事のアイデアにも活かせています。


岡ノ谷一夫

コミュニケーションでは場の共有、情報の共有のふたつが共に大切です。どちらかだけでは間違ってしまいます。情報の共有の場合はとかく「情報習慣病」に陥りがちです。メールやネットでつながっていると思い込む「情報習慣病」は、実際には何の情報も行き来していないのに、それだけ仕事をしたつもり、友情を育んだつもりになってしまいます。場の共有では、たとえば相手を殴ったり、抱き締めたりできる。そんな究極的な感情表現もありうるのです。


中原淳

自分自身がどんなことにハマれるかは、実際にやってみないとわかりません。そこで最初は、少しでも興味があることをいくつも試してみましょう。5つ試したら、1つくらいは面白いものが見つかるはず。「役に立つことを学ぼう」と力むより、肩の力を抜いて「面白いことに出合えればいい」というくらいの感覚でいたほうが、良い出合いがあるはずです。


大嶋啓介

みんなが最初から明るいわけでも、夢や目標をしっかり意識できているわけでもないんです。でも、毎日「スピーチ訓練」や「ナンバー1宣言」で自分の考えをちゃんと言葉にして伝えるようにしていると、行動が変わり、少しずつ、なりたい自分に近づいていきます。そうすると自信が出てきて、自然と明るく元気になります。人を育てることの一番の基本は、やっぱり習慣づくりなんだなあと思っています。


鈴木敏文

防空壕を掘ってた頃からすれば、自由や平和が当たり前にある時代なんて想像もできなかった。それと同じように、これからもきっと、今では思いもつかない時代が来るはずです。


林下清志(ビッグダディ)

前向きではないんですよ。刹那的なの。その瞬間、その瞬間を考えているだけ。前向きという言葉には、いかにも物事を考えて生きているニュアンスがありますけど、俺にそれはないので。基本、明日の朝飯以降のことは考えない。たぶん、それが一番楽だったんですよ。出て行った嫁を憎んだり、保証人にされたことを思い出して、歯ぎしりして暮らすなんて馬鹿らしい。今を面白く暮らしていれば、誰も恨まなくていいですから。まあ、憎む暇もなかったしね。借金を返しながら子供たちとの生活を回すためには、とにかく働くしかなかった。