松田恒次の名言

松田恒次のプロフィール

松田恒次、まつだ・つねじ。東洋工業(現:マツダ)3代目社長・会長。マツダの前身である東洋工業創業者の松田重次郎の息子。三輪自動車メーカーの東洋工業を四輪自動車メーカーに変更し、国内シェア3位まで成長させる。また、ロータリーエンジンの開発・量産に世界で初めて成功する。現在のマツダの基礎を築いた経営者

松田恒次の名言 一覧

私の場合、座右の銘はひとつやふたつにとどまらない。読書から得るものもあれば、「公私の別を明確に」「無駄を省いて贅沢を」といったように、生活体験に基づくものもあり、また他人の言っていることでも、心打たれれば、どしどし取り入れて自分の生活の規範にしようとしているからである。


社会組織が分業になっている以上、私たちは「この道にかけては俺がいなければ」というほどの責任と自負を持ち、お互いがお互いその道のオーソリティ(権威)になる、それがつまりは世間に尽くすことになるだろうと思う。同じことを会社に当てはめて考えてみれば、その道、その道で立派な人ができれば会社全体が上手くいく。


優れた技術はどしどし導入している。社内にあっても、研究や研究のための施設には惜しみなく資金をかけている。無駄を省いてこそできる贅沢なのである。


どんなに素質のある選手を集めても、その生活環境が恵まれなければ立派な選手は育たない。
【覚書き|破産していたプロ野球球団広島カープに支援し、真っ先に合宿所を建設したことについて語った言葉】


復社してみると、社内の秩序の乱れは以前にもましてひどいように感じられた。私は、あるいは綱紀粛正の先兵のように思われたかもしれないが、とにかく社業を振興させるためには、何をおいても綱紀の粛正はやらなければならないことだった。
【覚書き|一時離れていた東洋工業(のちのマツダ)に戻ったときを振り返っての発言】


私は会社を飛び出したとき、外部から会社を見る機会に恵まれた。社内の綱紀がどんなにタルんでいるかがよく分かった。それにとかくの噂もすぐ耳に入った。


私は広島の地で自動車づくりに専念している身である。自動車づくり、それはたしかに一隅の仕事に過ぎないかもしれない。しかし私は、よりよい車をつくり出そうと努力し、それに生きがいを感じている。しかも幸い社内では、若い人たちが立派に育って多士済々、何ものにも代えがたい宝になっている。かくて私は従来にも増して「一業に徹して世に貢献したい」と念ずるのである。


「IBMを使おう」と言っても、社内ではまだ誰も知らなかった。いろいろ検討した結果の採決でも、賛成3に反対7の実情だったが、私はこればかりは譲れないと、強引にワンマンぶりを発揮して導入した。研究のための施設には惜しみなく資金をかける。いわゆる無駄を省いてこそできる贅沢なのである。


マツダの成長の背景には、我が国の自動車産業が発展期にあったという時の利があった。そればかりか、過去の先輩社員、経営者がまじめに積み重ねてきた努力の結晶が素地にあった。


松田恒次の経歴・略歴

松田恒次、まつだ・つねじ。東洋工業(現:マツダ)3代目社長・会長。マツダの前身である東洋工業創業者の松田重次郎の息子。三輪自動車メーカーの東洋工業を四輪自動車メーカーに変更し、国内シェア3位まで成長させる。また、ロータリーエンジンの開発・量産に世界で初めて成功する。現在のマツダの基礎を築いた経営者

他の記事も読んでみる

枡野俊明

何事も好嫌、優劣、勝負と白黒をつけるのも問題です。仏教は中道といって、黒白を決めません。干渉せず、お互いに成り立つようにグレーでいきましょうというのが仏教のスタイルです。


村上太一

データテクノロジーへ投資していて、リブセンスアナリティクスというデータ収集の基盤を強化しています。今後はどのようなデータを取り、それをいかにユーザー体験に繋げるかが肝要です。以前から採用したか否かのログは取ってきましたが、その他にたとえば「サイトを何秒見ているか」「どのくらいスクロールしているか」「求人情報が表示されてから何%クリックされたか」といったデータまで取ることで、ユーザー体験を高めていきたい。今のところ、データテクノロジーは自社サービスの質向上に役立てていますが、今後はこのノウハウを他社サイトに導入するようなビジネス展開をして、よりスケールさせていきたいと考えています。


孫正義

我々の時価総額を5倍にできるという自信のない人は後継者になってもらったら困る。


やましたひでこ

要らなくなったがらくたを片付けることは、その人が心に抱えている物や事との関係性を絶つことにつながります。そうすることで新しい物や事を受け入れる余裕が生まれます。


柴田励司

努力しても成果が出ない社員の特徴は、「性急に結果を求める」ことでしょうか。ちょっと努力して結果が出ないとすぐ別のことを始めてしまい、「努力の食べ散らかし」になる人が多いのです。それでは結局、自信の持てるものが身につかず、足踏みすることになります。


妹尾八郎

貴重な情報をたくさん持つと「情報の施主」になれます。それから、弊社は一目置いてもらえるようになった。大手デベロッパーだって施主にはペコペコしますよね(笑)。それだけ施主というのは強い立場なんですよ。


清水克衛

「まさか自分がそんなこと……」と思えるようなことをやれ。そうするとびっくりするくらい人は変わる。


澤田秀雄

重要なのはスピードです。速く決断し、速く行動しなければ勝つことはできません。もし判断を間違えたとしても、スピードが速ければ結果も早く現れますから、仮説の修正がすぐにできます。


藤田晋

希望的観測で中途半端な企画を通すと、提案者だけでなく、プロジェクトに関わったすべての人が悲惨な運命を辿ることになる。


須田将啓

博報堂のマーケティング局に勤めていたころ、あるCMのプロジェクトでクリエーティブ局の有名ディレクターと仕事をしました。この人がまさに、「こだわりぬく」人でした。「細部にこそ神が宿る。絶対おろそかにするな」が口癖で、たとえばCMの表現が9割がた決まっている段階でも、ひっかかるところがあれば、それまでの蓄積をひっくり返してまた一からやり直したりするのです。広告表現の世界では、最後のひと踏ん張りや、最後に付け加えるほんのちょっとした工夫によって、驚くほど結果が違ってきます。そのために彼らは、中途半端を許さず、徹底的にこだわりぬいた仕事をしているのでした。


ロバート・キヨサキ

ボストン大学のカレン・アーノルド教授は、イリノイ州内の高校を首席で卒業した優等生たちの追跡調査を行った。調査で明らかになったのは、「大学で学での成績が良いのは高校の時の成績が良かったからと言えるが、こうした学業の成果は、必ずしも実社会での成功につながるものではない」ということだった。「首席で卒業した」ことからわかるのは、テストの点数といった学校の物差しで測れる範囲で優秀な成績を収めたということだけで、人生の試練や浮き沈みに対する適応能力については何もわからない。


猪子寿之

人間の能力にはそんなに差がない。そういう個人の問題じゃないかもしれないですね。個人の能力やクリエーティビティーの多くは、プロセスや環境の問題じゃないかな。人間は環境依存性が高い生き物だから、クリエーティビティーを発揮できるような環境を作ることが重要だと思います。


齋藤孝(教育学者)

互いに情報やアドバイスを提供し合えるような組織は強い。


永井浩二(経営者)

お客様にいかに楽しんでいただくかが大事。まわりの人を慮る、どのような場面でも相手を思い気遣うことが最高のマナー。


中野淳一

より多くの社員に挑戦と達成の場を与えることでのみ人材は育つものと思います。その人材が会社を引っ張っていきます。社員の自己表現の場が増えるということは、会社の成長そのものなのではないでしょうか。


ページの先頭へ