名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

松田友一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松田友一のプロフィール

松田友一、まつだ・ゆういち。日本のセールストレーナー。中央大学卒業後、大手国産自動車販売会社に入社。営業マンとして大活躍する。米国系研修会社トレーナー・トレーニング部長、国内能力開発研修会社トレーニング部長・取締役などを務めたのち独立。多くの営業マンの育成に携わった。

松田友一の名言 一覧

お客様の求めるものとズレたアピールの仕方をしても、まったくのムダ。したがって、「この商品のよさをわかってください」ではなく、まずは、お客様のニーズを引き出すことに力を注ぐべきです。


いまは見込み客でなくても、半年経てば状況は変わるもの。どんな人でも、見込み客になる可能性はあるのです。ですから、お客様の様子をきちんとメモし、時期がくるまで何度かアプローチを繰り返すことも重要です。


病院の患者は、医者を信頼しているからこそ、自分の症状を正直に話します。だからこそ医者も、的確な治療を施せるわけです。営業だって同じこと。お客様に営業マンに対する信頼感があれば、自分が抱える問題点を正直に話すはずです。すると営業マンも、状況を把握したうえで的確なプレゼンテーションを行ない、クロージングに結びつけることができます。つまり、お客様との信頼関係の碓立こそが、契約成立の最も重要なポイントなのです。


「決めてください」「判子をください」などと、無理に契約を迫っても、お客様は首を縦には振らないでしょう。洋服であってもボールペンであっても、他人から無理やり買わされるのはイヤなものだからです。なによりも、「自分で考え、自分で判断して購入を決めた」とお客様に納得して購入していただくことが大切です。


会社名を名乗らずに営業の電話をかけることは、常識的に考えて失礼なことです。お客様から不備感をもたれ、信頼関係の構築が厳しくなります。


テレアポのときには、まず自分の立場と想いの内を、ストレートに伝えることが大切です。「また売り込みの電話だよ、と思われるだろうな」という気待ちと、「ウチの商品はほかとは違うから、わかってほしい」という気持ちを抱きながら、ダイヤルに手をかけるものです。その二つの気持ちを、素直にお客様に話せばいいでしょう。


松田友一の経歴・略歴

松田友一、まつだ・ゆういち。日本のセールストレーナー。中央大学卒業後、大手国産自動車販売会社に入社。営業マンとして大活躍する。米国系研修会社トレーナー・トレーニング部長、国内能力開発研修会社トレーニング部長・取締役などを務めたのち独立。多くの営業マンの育成に携わった。

他の記事も読んでみる

糸井重里

理想は、誰かに役立つようなやりがいと利益が矛盾なく結びつけばいい。こうしたテーマの追求こそ、今後の企業のあり方を示唆するように感じます。


杉山登志郎

かつて僕が診ていた子でこんな子がいました。発達凸凹があり、得意な教科はあるのに、学校ではできないところばかり指摘されて本人は鬱屈していました。非行と不登校を繰り返して僕のところにやってきたのですが、調べてみると非常に高いIQを持っていることもわかりました。そんな彼に僕は自由な校風のアメリカンスクールを勧めました。これが彼には非常に合ったようで、その後アメリカのハイスクールと大学に進学し、いまやアメリカ企業でバリバリ働いています。もう日本になんか帰ってきませんよね。こういう子は実は結構いるんです。


戸次鑑連(立花道雪)

いま私の部下が失礼をしたが、この者は戦場では何人分もの働きをする。とくに槍の扱いなどは当家一であろう。
【覚書き|部下が酒の席で失敗したとき、客に謝りながら語った言葉。部下思いの道雪の人となりを表すエピソード】


豊島逸夫

結局「投資」とは、自らリスクを取って、市場に突入していく以外にすべはない。


細田収

経営者にとっては、自分自身も商品です。周囲に自分の人柄や夢を伝えれば、その分、「あなたから買いたい!」と言ってくれる人を増やせます。営業が苦手でも、決して人任せにしてはだめ。特に独立して問もない時期は、営業力を磨いて自らお客さまを開拓すべきです。


門昌央

「いいひと」をやっていると、いつかは我慢ができなくなって爆発してしまうこともあります。それは最悪です。周囲の人が逃げていってしまいます。社会では怒った方が負けです。自己主張が苦手な人であっても、言うべきことはきちんと主張するなど、甘いだけの人じゃないんだよという顔を見せておくべきでしょう。


治山正史

従来と同じようなスーツを売っていたら市場は縮小していく。圧倒的な付加価値を持った商品を作って世に送り出せば、市場は何倍にも拡大する。


越智直正

POSを導入した当時、靴下業界では発注の最低単位は通常10足でしたが、私たちは物流センターで1足単位で仕分けして出荷するようにしました。注文された分だけを作る「ラーメン屋」の理想に近づいたわけです。


稲垣えみ子

普通は1円でも安く買うことが「お得」って思うけど、それだと相手が損をすることになって人間関係は広がりません。それよりも、チームの強化だと思って、むしろ多めに払いたいくらいの感じだと関係が強化される。結局、お互いが得をする関係が生まれる。


松岡修造

人は長所を認められると、もっと上に行こうとします。テニスでも褒めると上達しようとし、弱点だと思っていた部分さえ自然と修正されていくことが多いものです。逆に短所ばかり指摘されて、「こうしろ、ああしろ」と直されていると、得意だった部分までおかしくなってしまうことがあります。


河辺よしろう

商品を買う時には、必ず目的ときっかけがあります。目的はお客さまが決めますが、きっかけはこちらでつくれます。「問題解決」「負担の軽減」「楽しませる」の3つの要素につながる提案をしましょう。


上窪政久

私がいなくても仕事が回るように、あえて会議には出席しないこともあります。そして自分のスケジュールに余裕を持たせておき、メンバーが緊急事態を訴えてきたときに対応できるようにしています。