名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松澤大之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松澤大之のプロフィール

松澤大之、まつざわ・ひろゆき。日本の公認会計士、税理士。東京出身。明治大学商学部卒業。同大学在学中に日商簿記1級に合格。卒業後、大原簿記学校で講師をしながら税理士、公認会計士の資格を取得。中央青山監査法人で8年間実務経験を積んだ後独立。企業のコンサルティングや監査を行った。

松澤大之の名言 一覧

学習内容の再現には暗記が大前提です。それは理解するうえでも有効です。理解したから暗記できたとえうのでなく、暗記したから理解できたとえうことが学習ではよく起こります。効率よく学習を進めていきたいのであれば、暗記→理解という流れで勉強を進めていくことをお勧めします。


効率的に学習するには、学習の範囲を限定するのがコツです。すべてを暗記するのは非効率ですし、そもそも不可能なので、学習内容に優先順位をつけて、出題の可能性や配点が低かったり、多くの受験者が解答できなかったりする範囲はあえて捨てます。その代わり、重要な部分に集中して労力を投入するのです。こうしたメリハリをつけて勉強することは、忙しい社会人には特に必要だと思います。


私が資格学校の講師を務めていたとき、受講生から「授業は理解できるのに、問題が解けない」という相談をよく受けました。頭ではわかっていても、解答できないという人が多かったのです。それに対して私は、「わかることと、できることは違うんですよ」と答えてきました。わかっていても解答できないのは、インプットはできていても、アウトプットの段階まで到達できていないからです。


アウトプットに不可欠なのが「暗記」というステップです。頭でわかっていても、重要な用語や数字を暗記していなければ、学習内容を解答用紙に再現することができません。それでは当然合格もできない。暗記さえすればすべての問題に解答できるわけではありませんが、暗記して再現することが、正解に近づく確実な方法であることは間違いありません。私のいう暗記とは、いわゆる丸暗記のことではありません。ここでいう暗記は、「なるほど、そういうことなのか」という理解を伴った暗記のことです。


松澤大之の経歴・略歴

松澤大之、まつざわ・ひろゆき。日本の公認会計士、税理士。東京出身。明治大学商学部卒業。同大学在学中に日商簿記1級に合格。卒業後、大原簿記学校で講師をしながら税理士、公認会計士の資格を取得。中央青山監査法人で8年間実務経験を積んだ後独立。企業のコンサルティングや監査を行った。

他の記事も読んでみる

中村利江

失敗し、苦労を重ねても、それを乗り越えたら、ひと回り大きな人間に成長できる。


水口和彦

タスクに使える時間は、ポジションが上がるにつれて減る傾向にあります。なぜなら、アポイントメントや予定外の仕事が増えていくからです。ただし、この2つの仕事ももしかすると減らせるのではないか、という視点は持っておくとよいでしょう。


犬塚尚美(悠木そのま)

予定を立てるときは「1.2倍の法則」をふまえてください。所要時間の見積もりは、実際にはその1.2倍かかる。たとえば1時間かかると思ったら、実際には1時間12分かかるものと思っていたほうがいいですね。


今野敏

作者が楽しいんだから、その楽しさは絶対読者にも伝わると思う。


大塚雅樹

経営者仲間で話をすると、寝床で仕事のヒントを思いついたとおっしゃる方が多いです。


福地茂雄

いまはあらゆる分野に変化が起き、しかも変化の奥行きが深く、スピードも速いという三次元の変化の時代です。私たちは変化に流されることなく、適応していく必要があります。流されることと適応することとは大きく違います。適応するためには、確固たる判断の軸足を持っていなければなりません。


池田全徳

化学はすべての産業の源を生み出すと、私は信じています。それほどに裾野が広く、どんなものにも化けることができる。つまり、化学会社はこれからも世界で戦っていける。


斎藤広達

インターネット上に流れている情報は、まさに「千三つ」です。1000あるうち、自分に有用なものはせいぜい3つしかないということです。その3つを求めて、2時間、3時間と時間を費やすのは非効率であると同時に、時間の無駄です。


兒玉圭司

弊社の監査役である高橋浩氏も元卓球選手ですが、彼は3度も世界チャンピオンになった中国の荘則棟(ツァンヅートン)という伝説的な選手に対し、世界でただ一人、3勝1敗と勝ち越した人物です。あるとき、高橋氏は中国のテレビ局から「荘則棟に2勝も勝ち越した感想は?」と聞かれて、「私は頭の中で荘選手と500回試合をして、すべて勝った。だから私の戦績は、3勝1敗ではなく、503勝1敗です」と言ったのです。これは誇張ではなく、彼は本当に500回、イメージを描いたのです。だから、あれだけの強豪に勝つことができた。イメージの力はそれほど絶大なのです。


吉越浩一郎

トリンプ時代、課長代行制度を設けていた。若手の中から特に優秀な社員を選び出し、資格制度を無視して課長代行に任命し、本来の課長と同じ仕事をしてもらう制度である。最大2年間のうちに、本物の課長になってもらうか、あるいは元の仕事に戻ってもらう。私の持論で「人は教育できない。自ら育ってもらうのだ」と言っているのだが、そのために、そういった立場に早く立たせるのが目的だった。


林雄司

最近は伝えづらいことほどメールで伝える人が多いですが、それでは数字や文字以上のことが伝えられません。でも直接会えば、数字や文字にできないことを伝え合うことができます。たとえそこで仕事を受けてもらえなかったとしても、会って話すことで意外なアイデアが出てきて、逆に仕事的に大きなプラスになったりします。


三瓶芳

みなさんは一人一人、寿司職人になってください。寿司職人の仕事は、お客様に美味しい寿司を喜んで召し上がっていただき、また来ていただくこと。そのためには自分の目で見極めたネタを市場で買い、仕込みをし、お客様の注文に応えて目の前で握る。召し上がるお客様の反応を見て、改善点を把握し、次の日に活かす。そして、最後にはお客様からお金をいただくのです。