名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

松浦正則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松浦正則のプロフィール

松浦正則、まつうら・まさのり。産業用工作機械メーカー株式会社松浦機械製作所社長

松浦正則の名言 一覧

予見性がなければリーダーにはなれませんから、最先端のアップツーデート(最新)な情報を集めて検証していくことです。そのためには頻繁に現場に行くことだと思います。米国だろうがどこであろうが、必要なときには積極的に会いに行く。私はそれを実行しています。


リーダーはバランスよく全体を見ることです。全体を大きくとらえて小さく実行することが必要ではないでしょうか。それから長期的な視点で物事を動かすには、常にトップと付き合い、ネットワークをつくっていくといった言わば情報戦略が重要になります。


松浦正則の経歴・略歴

松浦正則、まつうら・まさのり。産業用工作機械メーカー株式会社松浦機械製作所社長

他の記事も読んでみる

加谷珪一

「どこかに特別な情報がある」というのは妄想で、お金儲けには新聞と雑誌を読むだけで事足りるのです。目立たないベタ記事まで含めて、一通り目を通していれば「この話、別のところでも読んだな」とピンとくるときがきます。


川村益之

私はプレッシャーを感じるよりも、事業を成功させるために必要なことなら、乗り越えようとする気持ちの方がずっと強いのです。入社してすぐ、先輩に言われた言葉が強烈に印象に残っています。「自分がいいと思ったら、まず一歩踏み出せ」。いいか悪いかは、やってみないとわかりません。


内田和成

自分の勝ちパターンをいかに作っていくか。また、そのパターンが脅かされた場合に、それをどのように守るのか、あるいは変えていくか。これが企業の経営戦略のポイント。


馬渡晃

まずは、なにか目標を決め、自分でルールをつくり、実践してみましょう。目標は、大きなものよりも、達成できそうな小さなものを。やるべきことをイメージしやすいし、達成感も味わうことができる。自分で仕組みを作る楽しさに気づくはずです。


ダライ・ラマ14世

苦しみに対して、それに目を近づけて見ると、視界がふさがれて、やたらとその苦しみは大きく見えるものです。同じ苦しみでも、遠くから眺めるようにすると、自然とまわりのものが見えてきます。たったこれだけのことで、状況は大きく変わるでしょう。


船津康次

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」。リクルートの元会長・江副浩正さんの言葉です。私は仕事の中でこの言葉をとても大事にしてきました。振り返ると、自ら機会を創り出すことによって自分自身が変わってきたと実感しています。


堤清二

投資銀行やヘッジファンドなど、資本主義の主要な担い手たちがなぜ堕落したのか。大きな理由は東西冷戦が終結し、社会主義陣営という資本主義への批判者が地球上からいなくなったことです。どのようなシステムであれ、批判者や対抗者が存在しなくなった途端に堕落は始まります。


佐々木正

今後、電機業界は、電機、自動車、建築……さらに新しい学問がミックスされた業界になるかもしれません。そういうときに大事なのが、共創という考え方です。独創的な人間が協力し合えば、創造性は何倍にも膨らみます。共創は独創よりも、もっと高次元のものなのです。


村上太一

雑談の最大の目的とは、相手に気持ちよく話してもらうためのアイスブレイクにあると私は考えています。相手が緊張していたままでは思うように話ができず、商談などもうまく進まなくなってしまいますよね。まずは、相手が興味を持っていそうな事柄やお互いに話しやすい共通の話題から入って、緊張を解きほぐすことが雑談の意義ではないでしょうか。


安藤忠雄

最初は誰も相手にしてくれませんでした。社会が認めてくれない。事務所を開いても仕事がない。「今月は生きていけるだろうか?」という、常に追い込まれた状態の中で仕事を続けてきました。しかし、その経験をしたことで、多少のことでは動じない平常心を身に着けることができました。


鈴木みゆき(経営者)

私自身はものごとをシンプルに考えるため、あまり失敗を恐れないタイプですが、その代わりたくさん失敗をしてきました。一度はモバイル決済の会社を自分で立ち上げたものの、利用者の伸び悩みから資金繰りが悪化し、会社を売却せざるを得なかったこともあります。苦渋の思いをたくさん経験してきましたが、失敗こそは成功の糧だと信じています。


尾崎元規

国際感覚とは、経験を積み重ねて、トライアンドエラーを繰り返しながら、ようやく獲得できるものです。それを助ける強い意志や使命感は、よきモノづくりから得られる人々の反応や、やり取りの中から生まれるといえるでしょう。たとえ未体験の世界だったとしても、そうした環境に身を置いて、自分を磨くことが大事なのではないかと思います。