松浦正則の名言

松浦正則のプロフィール

松浦正則、まつうら・まさのり。産業用工作機械メーカー株式会社松浦機械製作所社長

松浦正則の名言 一覧

予見性がなければリーダーにはなれませんから、最先端のアップツーデート(最新)な情報を集めて検証していくことです。そのためには頻繁に現場に行くことだと思います。米国だろうがどこであろうが、必要なときには積極的に会いに行く。私はそれを実行しています。


リーダーはバランスよく全体を見ることです。全体を大きくとらえて小さく実行することが必要ではないでしょうか。それから長期的な視点で物事を動かすには、常にトップと付き合い、ネットワークをつくっていくといった言わば情報戦略が重要になります。


松浦正則の経歴・略歴

松浦正則、まつうら・まさのり。産業用工作機械メーカー株式会社松浦機械製作所社長

他の記事も読んでみる

鷹城勲

当社は設立当初からチャレンジ精神にあふれた会社なんです。レンタカー事業の認可第1号は当社ですし、空港に免税店を持ってきたのも当社です。リムジンバスもそう。だから、今の社員にその精神をあらためて感じてほしい。


千本倖生

私が第二電電をつくろうと思った根本的な動機には、キリスト教の精神に裏打ちされた社会のあり方があった。つまり社会はフェアでなければいけないという、不公正さに対する一種の憤りというんですかね。国民生活を支える通信網が、国家の独占であるのはよくないと思った。


森山未來

『ネジと紙幣』という舞台に出演した時、ある方から、こんなアドバイスをいただきました。「限りなく本物に近い偽物を演じるなら、思いきり偽物を演じたほうがいい」と。僕は人殺し役で、リアルを追求していたのですが、行き詰まってしまった。そんな時にその話を聞き、「リアルだけにこだわらなくてもいいんだ」と。きっと、こうした積み重ねが、芝居に対する考え方を広げるんだろうなと思っています。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

いまでも仕事をしているとき以外は、大体ゲームをしています。自社の歴史ゲームから他社のロールプレーイングゲームまで何でも。面白いとエンディングまで行きますから、一つのゲームで50時間ぐらいかかるでしょうか。


たむらけんじ

これは経営の師匠といえる方から教えていただいたのですが、「何かあったら逃げられる」ようにしておくことを重視しています。たとえば2号店の賃貸契約は5年間入居し続けるという縛りがあります。でも、5年というと長いので、どうなるかわかりません。そこで2号店だけ別会社にしているんです。ひとつの会社で全部やっていたら、そこが駄目となると全部倒れてしまうけど、別の法人をつくっておけば、最悪その会社だけ売っても本体は残ります。もし会社が潰れたら芸人活動にも響いてきますから、小さくても堅実にやっていきたいんです。


小田豊(経営者)

おでんで例えれば、「勤勉」という汁の中に、明るい人から暗い人まで、個性豊かな具が詰まっている。そんな組織を目指しています。


小路明善

ビジネスの世界も、最初から「銀メダル」や「銅メダル」を目指して闘う者はいません。


荒井邦彦

どんな会社でも、結局は人で成り立っています。当社の企業理念は「人をつくり、人につくす」です。


宮沢俊哉

若い頃の私は能力に関しては甚だ不十分。若いので当然経験もない。また中卒で働いてきたので、大卒の人に比べたら知識もない。その差を埋めるのは熱意、つまりやる気しかない、と感じてきました。


奥村綱雄

会長に代表権があろうがなかろうが、大した違いはない。大きい組織では、誰が最高の中心者であり責任者かといえばもちろん社長である。またそうでなくてはならぬ。その社長の地位や権限を少しでも縮めたり制約するような会長であったら、会長制は初めから敷かぬがよい。


小山田浩定

会社は社会からの預かりもの。自分のものだなんて、とんでもない。


楠木建

最も危険なのは、商品を中途半端な改良でだらだらと延命を続けること。


中井政嗣

人はお世話になったら、あとでお返しをするものです。小さな損を重ねて「お世話」をし、やがて大きな得として返してもらう。それを待たずに、早めに利益を回収しようとすると間違えるのです。


茂木友三郎

ただ売らんかなでは勝つことは難しい。全ての分野において優位に立っていなくてもいいのです。特定の分野でこれは絶対に負けないぞというものが必要です。


ジョルジョ・ヴァザーリ

修道院長はレオナルドに休まずに絵筆を持ち続けて仕事を完成させるように頼んだ。彼にしてみれば、レオナルドが時には半日も思索にふけったりするのが不思議に思えたのだ。彼は、レオナルドに庭を耕す労働者のように、絵筆を離さず仕事をしてもらいたかったに違いない。【覚書き:修道院長=ダ・ヴィンチに最後の晩餐を依頼したサンタマリア・デル・グラーツィエの修道院長。上記は最後の晩餐制作中のダ・ヴィンチが急に休みを取った時のエピソード】


ページの先頭へ