松浦弥太郎の名言

松浦弥太郎のプロフィール

松浦弥太郎、まつうら・やたろう。日本の経営者、編集者。「カウブックス」主宰、「暮しの手帖」編集長。東京出身。18歳のときにバイトで貯めた資金で単身渡米。ビンテージジーンズ輸入業などを経てオールドマガジン専門店m&co. booksellersを開業。その後、「暮しの手帖」編集長などを務めた。

松浦弥太郎の名言 一覧

自由への覚悟を持てば、他人と違ったって、ちっとも悪くない。堂々と胸を張って生きていける。


生きるとは弱い内面と向き合うこと。


仕事に臨むには社会性、好奇心、美への感受性、マナーのすべてが必要です。それらへのヒントを与えてくれるという点でも、流行に準じたものではない、普遍的な本の価値にぜひ目を向けたいですね。


膨大な量のビジネス書を読んで分かったのは、「書いてあることは合理的だけど、内容はオリジナルではないな」ということ。カーネギーやナポレオン・ヒルといった大御所でも、別の何かから学んだうえでの執筆です。それを発見した時、僕は失望ではなく、ホッとしたことを覚えています。自分はオリジナルなものを何も持っていない、という葛藤をずっと抱えていましたので。


僕にとっては、仕事も生活も「自由と自立」が一番の価値ですが、それゆえにずっと孤独でもある。その孤独を支えてくれるのが本です。


松浦弥太郎の経歴・略歴

松浦弥太郎、まつうら・やたろう。日本の経営者、編集者。「カウブックス」主宰、「暮しの手帖」編集長。東京出身。18歳のときにバイトで貯めた資金で単身渡米。ビンテージジーンズ輸入業などを経てオールドマガジン専門店m&co. booksellersを開業。その後、「暮しの手帖」編集長などを務めた。

他の記事も読んでみる

池田千恵

肉が好きなら、朝から肉でいいと思いますよ。朝食の会などでは、ホテルオークラのボリュームたっぷりのフレンチトーストが人気です。甘いものが好きな人なら、前日にケーキやチョコレートを買って帰って「朝起きたら食べよう」と思って寝ればいいんです。


高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットにとって生命線になるのが、販売する商品の選び方です。カギになるのは「使いやすさ」です。高齢者でも簡単に操作できる商品が最も適しています。買った商品が届いて、使いにくかったらどうなるのか。説明を求める購入者からの電話がカスタマーセンターに集中して、電話がつながりにくくなります。そうなると、他の商品を買ったお客様からの電話がとれなくなり、ジャパネットというブランドの品質を落としてしまいます。そんな商品は売ってはいけません。


寺町彰博

当社のお客様になってもらうには、我々の存在を知っていてもらう必要があります。そして自分たちのレベルが上がったら、次はTHKの製品を使いたい、または使わなければならないと思ってもらうようにならなければいけません。中国では、そうした活動を地道にやってきたお陰で、今では「工作機械分野はTHKでなければ」という評価を得るまでになりました。この政策をさらに広げていきます。


稲盛和夫

社員を雇用しながら利益を出している良い状態は、言ってみれば空中に浮かんでいるようなものです。努力を怠ればあっという間に地に落ちてしまいます。当たり前のことです。


松本晃(経営者)

権限を委譲され、任されると人は元気になり、責任感を持って事に当たろうと努力し、成長する。だから、分権化が必要。分権化を実現すれば、社員の成長が促され、会社のレベルもおのずと上がっていく。


孫正義

勉強の虫であった私は、時間が惜しくてアルバイトができません。何か、短時間で収入が得られる方法はないかと考えた結果、発明を思いつきました。たまたま、松下幸之助さんの本を小さい頃から読んで、電球の二股ソケットなど、ちょっとした発明からあの松下電器産業を興されたことに深く感銘を受けていたので、私のイメージとも合致。そこで、1日5分で、何か1つ発明のアイデアを考え出すことを自分に義務付けました。その結果、1年間で250ほどのアイデアを発明ノートに綴ることができました。その中から電子翻訳機の試作機を作り、それがシャープさんの電子手帳となったのです。


坂根正弘

コマツでは会長と社長が1対1で話す機会を多く設け、社内の人事や人材育成について話し合っている。トップの育成は文章で残せない分、考え方を共有しておくのだ。私が野路(國夫)さんに渡した後継者候補リストにも、現社長の大橋(徹二)さんが入ってた。


吉越浩一郎

現状より5倍以上の効率で仕事をこなすことは、決して非現実的でもなく、誰にでも達成可能な範囲です。自分の胸に手を当ててみれば、就業時間の中で、自分が本気で仕事に集中している時間がどれくらいあるのか、本人が一番わかっているはずです。日本のホワイトカラーの平均でいえば、おそらく3~4時間くらいじゃないでしょうか。


是川銀蔵

相手が破産寸前だからと、十億も二十億円もの価値のあるものを買い叩こうなど、そんな残酷なことはおやめなさい。これから大事業をやろうとしている時に、そんな精神では成功しませんぞ。相手が弱っておれば、それだけ高い値段で買ってあげなさい。私はつねづね、人の不幸に乗じてカネを儲けたくない、そう思ってきた。それが私の人生観であり、モットーである。


水上勉

美しい女とは、貧富に関わらず、己を無にして生きている女性のことをいう。私はそのように解釈している。己を無にするといったのは、つまり頭の中をいつも空っぽにして、世間というものの恐ろしさ、美しさ、さびしさを、身に染ませつつ生きるということでもある。


斎藤一彦(スパリゾートハワイアンズ)

私たちの商売は施設勝負だと思われるかもしれませんが、突き詰めると人がすべて。働く人がつぶれてしまったら再開もあり得ません。


石川康晴

起業した頃、アパレル起業の新参者として、同業の先輩経営者に話を聞きに行くことがよくありました。その際に言われたのは「人は調整弁と思え。正社員なんて入れたら、切れないぞ」と。理論的には正しいのかもしれないですけど、「それ、社員の前で言えますか?」と思いました。それ以来、僕は「社員の前で言えないことはやらない」と決めました。創業してから20年間は100%正社員で賄ってきました。


岡島悦子

努力して積み重ねることができるので、「技(スキル)」を身に付けている人は相当多いと考えるべき。「技」だけで、自分を差別化できると考えるのは危険です。


冨山和彦

変わることりができた会社にはチャンスが広がるけど、変われなかった会社は消えていくだけ。そういうことを腹を据えてトップが決断できるかどうか。


田原総一朗

孫(正義)さんは会社を大きくしたけれど、その後も節目節目で、のるかそるかの大勝負を仕掛けています。松下幸之助や本田宗一郎もそう。社会的評価を得た後も、現状に満足せず勝負できるかどうか。それを続けられる人が、歴史に名を残す経営者になるのです。


ページの先頭へ